2019年11月09日

冬支度とうつわの話

こんにちは。
札幌は昨日雪が降り、少し積もりました。
タイヤ交換がまだなので焦りました。(すぐ融けたけど)

今年はいつもより早くディーラーさんに予約の電話をしたのに、
その頃はまだ暖かかったので危機感がまるで無く、呑気に11月半ばの予約を取ってました。
初旬にしておくんだったと悔やまれますが、どうかそれまで降らないでと祈るしかありません。

タイヤ交換の予約は失敗しましたが、
今年はいつもより早めに動いている事が幾つか。

増税前の滑り込みでプチリフォームをしました。
キッチンのガス台とレンジフードを交換しました。
10月には、屋根の塗装と押入れの改装、建具の交換など。
それに合わせて大胆に断捨離したので、今年の大掃除はいくらか楽になりそうです。

早々と年賀状も買ってきました。
お正月の準備も開始。
2020年のおせちはお盆にのせたワンプレートおせちにしようと思い、半月盆や小皿や箸置きなどちまちまと買い足しています。

数年前器づかいの達人「ほ助さん」のブログに出会ってから、モニター越しですが器の素敵な世界に触れて、目覚めてしまいました。(笑)
ほ助さんの真似は出来ないけれど、我が家の食卓を大いに反省し器の大事さを考えるようになりました。
引き出物などいただいお皿が家には沢山あって、割れない限り処分しないので、自分で好みのお皿を揃えずにきた事にある時気付いてしまったのです。
不満はなかったけれど満足もしていなかったのだと、今頃ですが。

少しずつ好みのお皿を買い足していくようになったのは2年前くらいから。
白山陶器さんのカタログを取り寄せたり、無理のない範囲でまずは量産の磁器のお皿から少しずつ。
量産品は買い足すことが出来るので何より安心です。
好みの器があると、テンションがあがりますね。
器を変えるだけでご飯が美味しそうに見えるのですから、これには家族も文句を言いません。ウヒヒ。

うつわ作家さんにも興味を持つようになりました。
作家さんものは一桁違うものと思い込んでいましたが、案外普通のお値段+αで購入出来るものもあり、
根気よく入荷を待ち続け、この秋ようやく意中のお皿をお迎えする事が出来ました。

久野靖史さんの、しのぎ楕円皿。

PB106545.JPG

一見錆のように見える部分は赤銅色でキラキラしていてとっても綺麗です。おまけに軽い。

PB106550.JPG

色違い、サイズ違いもいつか...。(これを器沼と言うらしい)
12月に憧れの作家さんの個展が札幌近郊で開催されると聞きました。
気忙しい時期だけど、万障繰り合わせて何が何でも行くのだ、と今からとても楽しみにしています。

先ほど、注文していたひょうたん箸置きが届きました。
早速開封。
丁寧に包まれていて、手書きのお手紙が同封されていました。

PB096528.JPG

ガラス製の箸置きです。
お正月用に、おめでたいゴールドとシルバーを2ケずつ購入。

PB096530.JPG

想像以上にカワイイ。

PB096539.JPG

ぷっくりした形とこの風合い、個体差があるのも手作りならではで、たまりません。(笑)

PB096537.JPG

ゴールドもシルバーも、どちらもイイ!
眺めているだけで、おめでたい気分になります。






グリーンの入荷を待ち続けているのですが、
こうもかわいいと、全色揃えたくなりますね。


あと一つ、
鉄製で、及源か岩鋳か釜定で迷っているものがあります。
あれを食べる時に使うアレです。
早く決めないと売り切れてしまうーと思いながら、まだ迷ってます。
急がないと。

後は浄水器のカートリッジの交換と、
雪かき道具の点検くらいで冬支度はオッケーかな。







posted by マメコ at 11:11| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

秋の愉しみ

秋の活動報告。

1) 毎年恒例の、八剣山でとうもろこし狩り。

今年は大豊作で、8・9月に3回もおじゃましました。
トウモロコシ好きにはたまらない聖地。(笑)

P9055634.JPG

例年以上に立派です。(無農薬・1本100円)

P9055637.JPG

お鍋に入らないくらい大きくて、半分に折って蒸しました。
甘くてジューシーで、もう最高に美味しい。
毎年感謝しかありません。
すっかり顔なじみになりまして、
苺の苗が順調に育っているとの事で、「来年のいちご狩りは期待できますよ」と嬉しい情報もいただきました。(喜)


2) 小樽 エグヴィグさんからの散策

小樽へ向かう5号線で、マリオに遭遇。
このおじさん、去年の同じ時期に円山で見かけたマリオだ!(笑)

P9045500.JPG

どこまで行くのかな?
お気をつけて〜。

P9045501.JPG


エグヴィグさんへの道がいつの間にか変わってました。
今まではトンネルの手前を右折しなければならず、いつも怖かったのですが、
その道が閉鎖されトンネルを出た先から安全に右折できるようになっていました。
これは有難いです。

久しぶりのエグヴィグさん。改装後初めての訪問になります。
変わらず素敵で、階段を上る時からワクワクしてしまう。
平日のお昼前ですが、ひっきりなしに車が止まります。

P9045504.JPG

クロワッサン4つ、フルーツぎっしりの、他で、3.000円超え!(およよ)

P9045502.JPG

このクロワッサン、本当に最高!

P9055600.JPG

P9055613.JPG

P9065640.JPG

P9055609.JPG


忍路の海。絶景かな〜。

P9045509.JPG


オタモイ付近を散策。

P9045517.JPG

P9045537.JPG

P9045542.JPG

P9045536.JPG



祝津(小樽)のニシン御殿。

P9045584.JPG

釣り人がいますね。
どうやってあそこまで行くんだろう?

P9045574.JPG

P9045572.JPG

帰りに、かま栄でカマボコを。
閉店間際で残り僅かでしたが、ムッチムチのかまぼこ美味でした。

P9045594.JPG


今回安全にエグヴィグさんまで行かれるとわかったのが大収穫。
雪が降る前にもう一度クロワッサンを買いに行きたいところです。



3) 新蕎麦を食べに。

札幌中心部にある「春のすけ」さんへ。

PA026257.JPG

PA026262.JPG

PA026261.JPG

きれいなおそば。
器も素敵でした。


4) 夕日の綺麗なカフェ「Diamant Pur」さんへ。

お蕎麦の後は、石狩の先の厚田まで足を伸ばしました。

PA026351.JPG


外のテラスは若いカップルで一杯かと思っていましたが、
意外や意外、奥さまグループが多くて一安心。(笑)
終始笑い声が響いていました。


PA026306.JPG

PA026285.JPG

PA026335.JPG

PA026353.JPG

居心地が良い空間で、ノンビリ海を眺めて過ごしました。



5) 札幌 離島キッチン

PA106390.JPG

PA106380.JPG

PA106383.JPG

どれも美味しかったので、また行きたいな。


6) 江別の町村農場

江別にあるパン屋さん「そら」さんの帰りに少し寄り道。

PA036370.JPG

PA036364.JPG

ソフトクリームうまし。
風が強かったので、2階席を利用。

近くに「野菜の駅」がありました。
新鮮野菜やお米もあって、これが安いのなんのって。
ビーツも売っていました。(これは貴重)


7) まるいコーヒーマルシェ

今年も行ってきました。
お目当てはバッハグループの福岡の豆香洞さん。
「マツコの知らない世界」にも出られた後藤さんに会いに...。
素敵でした〜。

PA136445.JPG

試飲でお腹たっぽたぽになります。

PA136448.JPG

PA126427.JPG

PA116420.JPG

コーヒーよりお高いチョコレート。
大事に少しずついただいております。

PA116415.JPG



8) 北大のイチョウ並木

今年はバッチリのタイミングでした。

PA306492.JPG

PA306477.JPG

PA306479.JPG

ただ、外国からの観光客が増えたせいなのか、ロープが張ってあったり警備員さんが絶えず注意をしていました。
車通りのないイチョウの絨毯のお気に入りエリアは、工事関係者の駐車場になっていて。
素敵な空間なのに残念。
こちらは来年に期待します。


9) 映画「イエスタデイ」




息子から面白かったと聞いて、オットと観に行きました。
この映画「ボヘミアンラプソディ」ほどは話題になっていないようで、平日の昼間はガラガラ。
札幌ファクトリーの平日は大概そうなのですが、映画はとても面白かった。
その後数日間は、ビートルズを聞きまくるあるあるでした。


比較的穏やかでお天気にも恵まれた、2019年の秋。

そろそろ(冬が)来そうなので、心の準備をするとします。







posted by マメコ at 15:20| 北海道 ☔| Comment(0) | 美味しい北海道 | 更新情報をチェックする

保江さんの本と動画

昨日の「即位礼正殿の儀」、まるで絵巻物の中の世界のようで、見入ってしまいました。
テレビに向かって万歳三唱をしていたら、次男に鼻で笑われましたけど、オットもその時間店で万歳をしていたとか。
「そりゃ万歳するでしょ」と申しておりました。
日本人にとって大変おめだたい1日でしたからね。

4月に、保江邦夫さんの「祈りが護る國 アラヒトガミの霊力をふたたび」を読みました。
平成から新しい年号に代わるタイミングに、どうしても読んでおきたいと思った本でした。

PA236465.JPG
祈りが護る國 アラヒトガミの霊力をふたたび


保江さんの本は今までにも何冊か読みましたが、この本は今までと少し違っていて、何故かちょっと改まったというかかしこまった文体でした。
それは、天皇陛下のお話をされるからだったのだと、読み進めていくうちに理解しました。
今までの本も(動画も)ミラクルな話題が多くて面白かった保江さんですが、今回はエリア51・52の話や、トップシークレットの天皇陛下の「秘密のお・ち・か・ら」の話まで、アンタッチャブルな話が満載でした。

ご高名な物理学者さん(湯川博士の最後のお弟子さん)が語る、オカルト話。
このミスマッチ感が堪りません。(笑)

先日この本に関する動画がアップされまして、追加情報にまたまたビックリ。
今のところ1/7〜5/7までがアップされています。
この動画では、本の内容そのまま、いえそれ以上のお話をされてます。

以前不思議な友人から天皇陛下の目に見えないパワーについて聞いたことがあります。
なので、この本に書かれていることはあり得るかもと思いながらも、こんな大胆な事を書いて保江さんは大丈夫なのだろうかとドキドキしながら読みました。
が、この動画を見て一安心。
この本の内容(天皇陛下の箇所)は、○○庁のお墨付きだとか。
そのやり取りに更に驚くわけですが。



1/7

凄いお話をなさっています。必見です。


3/7

個人的にとっても面白かったのが 3・4・5。(6・7も楽しみ)

日露戦争の話や、薩長を動かしていた鍋島藩、
明治天皇〇〇説の真相のお話が凄かった。
随分前になりますが、少し興味を持ったフルベッキの写真。

Verbeck_picture.jpg

中央にお座りのこのお方は、どなたなのか?
囁かれていた替え玉説をご存知の方も多いと思いますが、第三の説が保江さんの口から飛び出しました。
えーーーっ!な展開。実に鳥肌物。
そんなトリックがあったのか...。
宮中祭祀を司っていた伯家神道...。
でも考えてみたら、そうですよね。
霊統が大事なのですから、すり替わって済むような話じゃないのです。

また、本にも書かれていますが、昭和天皇の霊力でB29を消されたお話もされています。
B29の話は矢作さんからお聞きになったと別の場所でお話しされていましたが、その矢作さんは並木良和さんと講演会をしていらっしゃる。
なので、いつか保江さんと並木さんの対談が実現しますようにと、お二人のファンとして切に願うところです。

にわかには信じられないでしょうが、ぜひご覧いただきたい動画です。
不思議の国ニッポン、龍体日本の面白さと有難さを、当の日本人が知らないなんて勿体ない。

保江さんの出版記念講演の動画も幾つかYOUTUBEにアップされていますので、興味のある方は是非ご覧くださいませ。

来年出版される新刊(日本の裏歴史)が、楽しみ〜。







posted by マメコ at 13:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

署名をば。

上念さんがツイッターで拡散されていた件、署名しました。

https://t.co/7thvC9nPyT?amp=1

※ 10.000人まであと少しと思っていたら、現在は25.000人に近付いています。

「蛍の闇」とか全く知らなかったけれど、これにもこの人絡んでる。
「利権・リケン・りけん」に群がる、怪しい面々。

篠原さんのYOUTUBEが最近のお気に入りです。

上念さんの深堀  https://youtu.be/7Hcush_ObJw
いわんかな    https://www.youtube.com/watch?v=reLgYJetjqM

沖縄にも北海道にも、チュ〇ッパの影...。
アイヌ新法も問題だらけ、これも利権絡み。
日本の中にいる「日本の敵」、これが一番厄介だ。

「一体どうすればいい?」 と、自分なりに考えてみよう。










posted by マメコ at 12:26| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

函館プチ旅 後編 

函館旅行 2日目の続きです。

2日目のお宿は、湯の川の「ホテル万惣」、ベイエリアから15分くらいで到着です。

P9196116.JPG


函館の名産、お茶目なイカの照明がお出迎え。

P9196109.JPG

P9196108.JPG

立派なラウンジでございます。

P9196106.JPG


さてさてお部屋は...。
畳みスペースが少しある落ち着いた感じのお部屋。

P9186084.JPG


今日は、夕・朝食ともバイキングのプランです。
バイキングでガッツリ食べるのを楽しみにして来たので、昼の函太郎寿司は控えめにしておきました。

オットは美味しく夕飯を食べたいからと、先にお風呂に入りに行きました。
私はテレビをつけてゴロゴロ。
バルコニーから顔を出すと、左奥にチラリと海が見えました。

陽も傾いてきました。

P9186094.JPG

バイキングは、18:00から。
スタート直後は混んでいるだろうからと、少し時間をずらして部屋を出て、1階の会場まで降りて行くと、
ワォ!
とっても豪華です。
蟹・お刺身・ステーキ・お寿司・焼き物・五島軒のカレー・イタリアン・お惣菜・ラーメン・お蕎麦・その他諸々...。
若者も熟年も楽しめるメニューがずらずら〜と並んでいます。
HPの写真に偽りなしです。(撮影は自粛したので画像がありません。)

cuisine_main.jpg
HPから画像をお借りしました。
https://www.banso.co.jp/cuisine/


今回ワンドリンクサービスがあり、弱いのにサワーをゴクゴク飲みまして、これが大失敗となりました。
バイキングは立ち歩くものだから、酔いが回る・回る。
トングで掴んでお皿に盛るのも段々危うくなってきまして、まだまだ食べたいのに足元がふらついて取りに行かれません。
代わりにオットが私の食べたいものをせっせと取りに行ってくれました。(感謝しかない)
だんだん酔いも醒めて、デザートもしっかり食べて、コーヒーで〆て、大満足で部屋に戻りました。

お腹がはちきれそうだったので、また部屋でゴロゴロして、遅くなってからお風呂に。
色んなお風呂に入って楽しんで、露天風呂でノンビリ。
あんまり遅いものだから、お風呂で寝ているんじゃないかとオットは気が気じゃなかったらしい。



「チチチッ。」

朝です。
函館最終日です。
良いお天気です。

今朝もバイキング♪♪♪

7時過ぎに会場入り。朝からご馳走が並んでいます。
まずは、勝手丼を作ります。
マグロ・ホタテ・イカ・イクラなどを麗しく盛り付けまして、冷ややっこや小鉢をチョコチョコっと付けて、和定食に。
昨晩お寿司コーナーだったところは、今朝はパンエリアに。
五島軒のカレーを使ったパイや、美味しいパンが沢山ありました。
和定食の他にパンにサラダにスープにと、朝からまた食べ過ぎてますが、バイキングってそういうものだから仕方ない。
最後はプリンとコーヒーで〆て、大満足のバイキングでした。
ご馳走様でした。


本日の予定。
午前中、北斗市のトラピスト修道院(男性)へ向かいます。
ホテルの近くにトラピスチヌ(女性)がありますが、こちらは割愛してトラピストの方へ。
9時ごろにチェックアウト。
トラピストに行く前にHakoBAさんの目の前にあるお土産屋さんに寄って、お土産を調達。

P9196124.JPG
(9:00からやってます)
松前漬けの種類の多さに圧倒されました。

P9206216.JPG

松前漬けを3つと他に塩辛やラーメンなど購入。


さてと、海沿いの気持ちい道を走ってトラピスト修道院へ向かいましょう。
40分ほどでトラピスト修道院に到着。

ポプラの並木。

P9196142.JPG

奥には修道院。

P9196138.JPG

P9196152.JPG


手入れが行き届いていてとてもキレイな所です。

少し散策してから、
売店でトラピストクッキーとバターを購入して、

P9206214.JPG

お楽しみのソフトクリームも忘れずに。

P9196171.JPG

ソフトクリームは濃厚だけどしつこくなくて、とっても美味。
トラピストクッキーがスプーン替わりに一枚。
子供のころから大好物の、このトラピストクッキー。
以前札幌で探しましたが売っている所を見つけらませんでした。
(今は千歳空港と函館でしか売っていないようです)
久しぶりに食べたトラピストクッキーは、昔食べた味そのままでやっぱり美味しい。
祖父母や従兄たち、子供の頃の思い出が甦りました。

そろそろ帰りましょうか。
函館には戻らず、
途中大沼公園に寄って、

P9196189.JPG


ついでに東大沼キャンプ場も見学させてもらって、

P9196180.JPG


函館で行きそびれたラッキーピエロでバーガーを食べて(大沼店)、

P9196200.JPG


八雲で、オートリゾート八雲(キャンプ場)を見学して、
ハーベスト八雲で休憩して、チキンをお土産に買って、

P9196208.JPG

P9196202.JPG


そんな寄り道ばかりをしていたらすっかり暗くなり、雨も降ってきました。
ここからまだ3時間はかかります。
オットと代わりばんこに運転して、札幌に着いたのは8時でした。
お疲れ様〜。


お天気に恵まれて、あちこち回って、色々食べて、楽しい3日間でした。
函館は魅力がいっぱい詰まった町。
美味しいものもいっぱい。

多分混み合うでしょうけれど、桜の時期にまた五稜郭公園を訪れたい。
次回は眺めの良い海沿いを走る電車に揺られて、ノンビリ行くのもアリかなと思います。

これにて函館プチ旅を〆たいと思います。

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。





posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 北海道 LOVE | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

函館プチ旅 中編 

函館旅行 2日目です。

今日は市電に乗って五稜郭に行きます。
ホテルで朝食を済ませて、

P9185861.JPG


P9185860.JPG
(素泊まりにして、朝ごはんは外で食べれば良かったかなと)

チェックアウトまで時間がたっぷりあるので、食後の散歩に出かけます。
まずは、HakoBAさんの他に興味があったホテル、『開港庵』さんへ。
HakoBAさんから徒歩5分くらいの所に開港庵さんはありました。

P9185892.JPG

良い味出してますね。
開港庵さんは生憎この時期の平日は休館となっていたため、今回はHakoBAさんに宿泊したのでした。

途中、明治天皇上陸記念碑や、

P9185884.JPG

P9185883.JPG

北海道第一歩の地の碑などがありました。

P9185898.JPG


貸店舗の看板が出ている建物も発見。
家賃幾らくらいだろう?などと妄想を膨らませつつ、



ブラブラ人通りの少ない道を歩くのも楽し。
真ん中の木造の建物は建築事務所で、

P9185878.JPG

奥は郷土資料館。

P9185879.JPG

素敵な函館の街並みを楽しむ事が出来るのも、地元の皆さんの努力によって歴史ある貴重な建物が残され(生かされ)ているおかげです。


そろそろホテルに戻りましょう。
9時ごろチェックアウト。
車は夕方までタイムスに停めたままにして、
面白そうな通りを眺めながら、市電の停留所まで少し歩きます。

日本最古の電信柱がありました。

P9185944.JPG

四角い電柱です。
今も現役で頑張ってます。

P9185939.JPG


道案内もカワイイ。

P9185947.JPG

P9185948.JPG


さてと、十字街の電停に到着。

P9185954.JPG

電停前には、はこだて工芸舎さん。
ここは帰りに寄るのを楽しみにしておきます。

P9185956.JPG

今回は見られませんでしたが、
週末には雑誌でもよく見かけるレトロ列車(特別列車)が走るそうです。

P9185961.JPG

スクラッチ式の1日乗車券。

P9276245.JPG

便利でした。

P9276243.JPG

これから向かう五稜郭は、オットが楽しみにしていた場所。
市電(路面電車)に乗っている時、窓の外を見てこんな事を言い出しました。
オットはよく空を飛んでいる夢を見るらしいのですが(子供の頃の自分)、「あれは多分ここだと思う」と言うのです。
この景色をよく知っていると。
なるほど。
だからずっと五稜郭が気になっていたのね。
市電に乗ったのもそう言う事だったのか。
謎が解けて何より。(笑)

P9185972.JPG

ゆらゆら市電に揺られることおよそ25分で、五稜郭駅に到着。
駅から10分ほど歩くと、五稜郭タワーが見えてきました。

P9185976.JPG

タワーへは後で寄る事にして、
まずは五稜郭を見学。


五稜郭は五芒星型のお堀に囲まれた城郭です。(箱館奉行所)

P9185978.JPG

P9185979.JPG

P9185981.JPG

P9185985.JPG

広い広い。

P9186010.JPG

ここ、五稜郭(箱館奉行所)の建設にご尽力された武田斐三郎さん。



P9185986.JPG

箱館戦争で使用された大砲が、郭内に展示されています。

P9185987.JPG


奉行所。
中国の方をはじめ、外国の方が沢山来られていました。

P9186006.JPG

P9186001.JPG


ぐるっと一周回るとかなり時間がかかりそうなので、1/3ほど回ってから五稜郭タワーに移動。

チケットの渋さに嬉しくなりながらエレベーターに乗ると、壁に素敵な仕掛けがありました。
洒落てるな。

P9276247.JPG


上から見た五稜郭は見事に五芒星のカタチ。
美しいです。


P9186014.JPG

展望デッキなだけでなく、展示物が色々あります。
下田に続いて函館にやって来た、ペリーさんのジオラマ。
ペリーさん、リアルです。

P9186018.JPG

多くの方が見入っていたのが壁に描かれた歴史の流れ。
1854年、日米和親条約により函館の開港が決まり、始めて北海道に白人がやって来る事となった時の人々の様子から始まり、
1857年、五稜郭の築造開始、
1864年完成、
2年後の1866年、江戸幕府崩壊、
戊辰戦争を経て旧幕府軍が五稜郭(函館奉行所)を占拠、
そして新政府軍との箱館戦争へ...。
ご存知新撰組副長、土方歳三さんの話など、展示物の説明はまるでドラマを見ているようにこの地で起きた出来事をわかりやすく教えてくれました。
オットは真剣に展示を見て、この場所の歴史を心に刻んでいるようでした。

『新撰組最後の地』なる場所が私たちが宿泊したホテルの先にあるようで、こちらも気になっている様子。
せっかくだから、帰りに寄ってみよう。

イケメンな土方さんと。

hizikatasanto.jpg


一階には土方さんの凛々しい立像も。

P9186039.JPG

五稜郭タワーで何とも言えない感動を覚えた私たちでしたが、気付けば一時間以上も居たようです。
「来て良かった」を連発しながら、遅いお昼を食べに函太郎寿司五稜郭店に向かいました。


P9186053.JPG

P9186050.JPG

20分くらい待ちました。
札幌で「なごやか亭」に慣れ親しんでいるせいか、ネタの種類がやや少なめな印象。
この日は帆立もなく、ちょっと残念。
でも、ネタは大きく始めて食べたホッケの握りが最高でした。
イカも美味しかった〜。

お腹も満たされ、市電で函館駅に向かいます。
北海道初のコーヒー焙煎店、「美鈴コーヒーさん」へ。

P9186060.JPG

以前本で見た2階からの眺めを楽しみにおじゃましたのですが、
現在2階は使われていませんでした。
チーン。
おまけにお店の奥からタバコの煙がモクモク。
オットも私もタバコが苦手。
それでもせっかくだからとアイスコーヒーを一気に飲み干し、早々にお店を後にしました。

市電1日乗車券をフルに活用し、十字街まで戻ります。
朝から楽しみにしていた、はこだて工芸舎さんへ。

P9186080.JPG

P9186077.JPG

P9186078.JPG

映画のロケにも使われたというお店の中は味があって、素敵でした。
ただ残念ながら、お目当ての和食器は見つけられず。
それでも素敵な空間におじゃまできて大満足。

再び十字街から市電に乗って、終点の函館ドックへ。
先ほど五稜郭タワーで見た、「新撰組最後の地」へ向かいます。

電停のすぐ横の公園にそれはひっそりとありました。
ここが最後の地。
手を合わせます。

P9186066.JPG

そして、
ドックの入り口前の駐輪場に、

P9186069.JPG

弁天台場跡。

P9186068.JPG


何とも言えない寂しい気持ちになりましたが、五稜郭やこの跡地など見て回れて良かったです。


さてと再び市電に乗って末広町まで戻ります。
ホテル近くに停めておいた車を引き揚げてから、今日のお宿湯の川の「ホテル万惣」さんへ。


長くなったので、
後編に続きます。



posted by マメコ at 16:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 北海道 LOVE | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

函館 プチ旅  前編

先週、2泊で函館に行ってきました。

P9175740.JPG

今回はキャンプではなく、ホテル泊。
函館のベイエリアに1泊、2泊目は湯の川の温泉ホテルの夕朝食付き(バイキング)プラン。

函館は実に25年ぶりで、夫は2度目、私は4度目です。

25年前オットと来た時は、ハリストス正教会などを見て回って五島軒でカレーを食べて、函館山に上って夜景を楽しんで、といった感じの定番コースだったと記憶しています。

今回の旅で周りたいポイントは、
オットは五稜郭と、塩ラーメン、北海道初のコーヒー焙煎の美鈴コーヒーさん、もう一軒美味しいコーヒーが飲めるカフェ。
私は夕日の見えるカフェと、和食器のお店。
2人共通で、函太郎寿司、トラピスト修道院、帰りに大沼キャンプ場の下見。

あまりに久しぶりの函館なので、今回は函館関連本を数冊読み込んで下調べ。
実際とても役立ったのがコチラの本でした。

P9226235.JPG
旅行ガイド (ことりっぷ 函館)

巻末に付いてきた函館MAPが大当たり!
どんな地図より函館市内の名所が細かく載っていて、この地図を頼りにあちこち回ることが出来ました。

P9226233.JPG

他の本からの情報も書き足して、印をつけたり付箋に定休日や営業時間を書き加えて貼っておきました。

P9226230.JPG

3日の間でこの地図を何度開いた事かというほど、大活躍。


それでは旅のスタートです。

1日目

朝9:30出発です。(いつもながらのスロースタート)
5時間くらいかかると予測して、オットと1時間ずつ交代で運転。
中山峠→洞爺湖→豊浦→長万部→八雲→函館 ルートで、高速は使わず下道をひた走ります。

洞爺湖を見下ろすように立つウインザー城のお姿を左に見上げながら、豊浦へと下って行くと海が見えてきました。
海沿いの道を走り、途中山側にそれた後は、再び海沿いを走ります。
とってもいい眺め。

長万部で美味しいカニ飯を食べたかったものの、リサーチ不足でドライブインでカニ弁当をテイクアウト。

P9175684.JPG

P9175688.JPG

味の付いたパサパサしたカニ弁で、かなり残念な結果となりました。

P9175690.JPG

しっかり調べておくんだった。

長万部〜八雲間は信号もあまりなく、ひたすららまっすぐな道。ついついスピードが出過ぎてしまいます。
八雲を抜けて森町に向かう途中、前方に駒ヶ岳がドーンと見えてきました。

P9175707.JPG

大沼を過ぎ、ようやく函館市に入りました。

この時点で14:30。
家を出てから5時間、想定通りでしたがやはり函館は遠いのでした。
函館駅を過ぎると、異国情緒あふれる古い建物があちこちに見られます。

本日宿泊のホテル「HakoBA」さんの少し手前に、函館市地域交流まちづくりセンターがありました。
まずは車を裏の駐車場に停めさせてもらって情報取集をば。

P9175730.JPG

こちらの建物は大正時代に建てられたそうです。
元はデパートだったそうで、とてもいい雰囲気です。

P9175726.JPG

P9175727.JPG

P9175722.JPG


この建物には日本最古の手動のエレベーターがあります。

P9175720.JPG

見ていると、係りの方が4階まで乗せてくれました。

P9175709.JPG

内部もレトロ。

P9175710.JPG

趣のある素敵なエレベーターでした。(募金箱がエレベーター内にあります)

1階の案内所でパンフレットなどをいただき、「drip drop」さんでコーヒー豆を購入。
一番煎りの深い、マンデリン・トバコにしました。

ついでに、市電の1日乗車券(600円)も一緒に購入。

P9185870.JPG

明日は市電を利用して五稜郭まで行く予定。
この1日券はスクラッチタイプの一日乗車券で、使用日を削って使います。

さて、ホテルに向かいましょうか。
まちづくりセンターから数分の所に今日のお宿、「HakoBA」さんはあります。



Hakoba さんは2年前に出来た新しいホテルで、以前銀行だった建物をリノベーションしたそうです。
シェアホテルとなっており、2棟に分かれています。
赤茶の建物はドミトリータイプの「DOCK棟」、ベージュの建物はホテルタイプの「BANK棟」。

P9185872.JPG

P9185918.JPG

P9185907.JPG

函館港が目の前。
ホテル前の道を上ると、函館で人気の素敵スポット八幡坂。
金森倉庫まで数分、ホテルの2軒隣には函館で超有名なバーガーショップ、ラッキーピエロ本店。
ここは観光には最高の立地ですね。

HakoBAさん前の路上に車を停めて、チェックイン前に八幡坂や他の坂を見て回るとします。
なかなかに急な坂です。
冬は人も車も登るの大変だろうなと思いつつ振り返ると、

P9175741.JPG

いい眺め。(イマイチ伝わらないか)

P9175748.JPG

外国からのお客さんも多数いらしていて、(ハングルは聞こえなかった)皆さん撮影を楽しんでいました。
坂の上にはカフェや甘味処など。

P9175751.JPG

案内もカワイイ。

P9175736.JPG

P9175755.JPG

オットのお目当ての元町珈琲店さんを見つけて喜んだものの、あいにくお休みでした。

P9175743.JPG

16時過ぎ、ホテルにチェックイン。
後ろの山は、見事な夜景が見られる函館山。

P9185926.JPG


P9175774.JPG

絨毯の色柄といい、とってもカッコイイ内部。

P9175771.JPG

私たちはホテル棟のツインルーム。

P9175767.JPG

P9175765.JPG

ホームページの写真通りですが、天井が高い分とても広く感じられ、明るく清潔で気持ちのいいお部屋でした。
サニタリールームも広々。
朝食付きプランで2人で諭吉さん1枚くらい。
とってもリーズナブルで大らかで、素敵なホテルです。

建物内には共有スペースの書庫や、

P9175847.JPG

シェアキッチン、

P9175833.JPG

屋上テラスなどがあり、自由に利用できます。
外国の方や、お子さん連れの若いご夫婦、私たちと同じくらいの歳のご夫婦など、利用客は様々なようでした。

部屋で少し休憩してから、今日のこれからの予定の作戦会議を。

日没で閉店する「ティーショップ夕日」さんに今ならギリギリ間に合いそう!という事で急いで向かいます。
ホテルから5〜6分で「ティーショップ夕日」さんに到着。
こちらは日本茶のお店で、海を眺めながら美味しいお茶をいただけます。

木造のピンクの建物。

P9175799.JPG

外観はラブリーですが、店内はとても落ち着いた雰囲気です。
本日の日没は17:48分だとか。1時間弱滞在できそうです。
海側の席が一つ空いていました。
とても居心地のいい席です。

P9175789.JPG

ぜんざいセットが売り切れだったので、私は葛プリンセット。

P9175786.JPG

オットは冷たい煎茶セット(あられつき)にしました。

P9175785.JPG

素晴らしい眺めを見ながらいただくお茶は最高でした。
もうしばらくここに座って海を眺めていたいくらしでしたが、店主さんの「そろそろ閉店になります」のお声で、席を立ちました。

P9175821.JPG

お店を出た頃には、空がきれいなピンク色に。

P9175819.JPG

夕日に照らせれたティーショップ夕日さん、それはそれは可愛らしくしばしウットリ。


さて、ホテルに戻りましょう。

P9175828.JPG

まずは最上階(DOCK棟)のテラスに直行します。
きれいな眺めに間に合いました。

P9175840.JPG

夏だったら、キッチンで何か作ってテラスで食べるのもとっても楽しそう。
ビールも美味しかろう。

P9175844.JPG


18:40頃部屋に戻り、今夜の夕飯の打ち合わせ。
オットが行きたがっていたラーメン屋さんが、19:00閉店だとこの時初めて気付くのですが、あとの祭り。
第二希望のラーメン屋さん、湯の川の「一文字」さんへ向かうとします。(車で15分くらい)

二人とも一番人気の塩ラーメンを注文。
目の前で炙られた厚めのチャーシューが、とっても柔らかくて香ばしくて美味。
麺も細目で好み、スープも美味しい。
大満足でした。
この後もベイエリアで何か食べる予定で、餃子は我慢しておきました。
次々とお客さんが来て、大繁盛の一文字さんでした。

ホテルに戻って、ホテルから50mくらい先のコインパーク「タイムス末広町第2」に駐車。
24時間停めて400円と格安。(11台)
長時間停めるなら、こちらが断然おすすめです。

夜のベイエリアを散策。

金森倉庫

P9175854.JPG

P9175857.JPG

P9175852.JPG

大好きなあじさいラーメンが、こんな近くにもあった!

P9175858.JPG

夜のベイエリアを満喫し、ホテルに戻ります。

明日は五稜郭観光。






posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 北海道 LOVE | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

夏の記録

先週末から急に空気が冷たくなってきました。
トンボの群れはまだ見かけないけれど、すっかり秋の空気に入れ替わった感じです。

さて、この夏の諸々を随分溜めこんでおりましたので、一気に書き出したいと思います。
この夏はキャンプには行かれず(車の修理が長引いたため)、ほぼご飯ネタ。

---------------------------------------------------------------------------

蕎麦の『此花』さん。(南区・藤野) 食べログ 

こちらは、黒松内のそば粉を使用されているそうです。
丁寧なお仕事ぶりがよーく伝わってきて、それだけで嬉しくなりました。
器も素敵で、オットも母も感激していました。

写真が見当たらず。
初回は、梅おろしそば+とろろそば+鴨せいろ
2度目は、せいろをいただきました。
蕎麦の風味がしっかり感じられて美味しい。

母がとても気に入り、車いすを使っている伯母たちを誘って介護タクシーで再訪。
伯母たちも喜んでくれたそうです。
昼のみの営業ですが、次から次へとお客さんがやって来る人気店。
そろそろ新蕎麦の時期ですね。
また行こう。

---------------------------------------------------------------------------

山菜とうどんのお店 『うどん山菜 塩屋』さん (南区・簾舞)

P7035387.JPG
山菜定食

P7035385.JPG
塩屋定食

P7035386.JPG
海鮮塩セット

うどんは黄色みがかっていてモチモチ。
山菜定食の山菜はどれも味付けが違って、飽きずに食べられます。
塩屋定食は山菜もうどんも付いてきて、お得感一杯。

「塩屋」さんというだけあって、外には塩作りの機械がありました。

帰りにかわいらしいパン屋さん、『ラ・ビスタ』さんに寄って、角食を購入。
レーズン酵母でじっくり発酵させたパンは美味。
塩屋さんに来た時は、また買って帰ろう。

---------------------------------------------------------------------------

フレンチレストラン 『マッカリーナ』さん (真狩村)


札幌が記録的な猛暑に襲われていた8月の初旬、
母の傘寿のお祝いに、神奈川から姉・弟・姪っ子がお祝いに集まってくれました。

初日はなごやか亭のお寿司を持ち帰りにしてもらい、家で賑やかに食事。
暑さには強い神奈川チームですが、クーラーのない我が家の蒸し暑さに相当参っていました。
扇風機3台回しても、人数が多いからか暑い暑い。(本気でクーラー欲しい)

翌日は、野菜が美味しい事で有名な真狩村(ニセコ近く)のマッカリーナさんへ。

洞爺湖サミットでファーストレディが食事をした事でも話題にもなったお店です。
真狩温泉隣の駐車場に車を止めて坂を50mくらい下って行くと、マッカリーナさんはあります。
窪地のためレストランから羊蹄山は見えません。
上のほうにある真狩温泉のほうが絶景かもしれません。

P8015468.JPG
こちらは併設するホテル棟。

予約をしていたものの、しばらくロビーで待つことに。

P8015449.JPG

横に長く作られているレストランの中に入ると、窓から林の緑が目に飛び込んできます。
落ち着いた感じですが堅苦しさはありません。

まずは食前酒で、乾杯。

P8015457.JPG

前菜
色とりどりの野菜の美しさと美味しさに、皆感動しながらじっくり味わいます。

続いては季節(旬)の野菜。(写真撮り忘れ)
細長くカットされたブロッコリーが2本カッコよく盛り付けられた一皿でした。
その斬新さに、「おぉー」と歓声が上がります。^^
味の濃いブロッコリー、まずはそのままで。
エシャロットとベーコンのソースをかけると更に美味。
家でも早速真似して長くカットして茹でてみましたが、マッカリーナさんのように美味しくは出来ませんでした。
茹で方にコツがあるのでしょうね。

P8015459.JPG
スープはビシソワーズ。
なめらかで美味しい。

そしてまたまた写真撮り忘れの、シャルキュトリ。(生ハムとメロン他)
私はメロンが苦手です。
なんで生ハムにはメロンなのかといつも思います。
イチジクじゃダメなのかな?それか桃とか。

P8015461.JPG
メイン。
私は魚で、他5名はお肉に。
熱々の鋳物の鍋に野菜(ナス・ビーツなど)が入っていて、そこからお皿に取り分けるという演出。
お肉チームはお肉が厚めなため切りづらそう。かなり苦戦していましたね。

P8015463.JPG
デザート。

この後に美味しいコーヒーとクッキーが出ました。

目でもたっぷり楽しみ、お腹もいっぱい、母も皆も大満足のようでした。

この後、近くの湧水の郷のお豆腐屋さんに寄ったり、ニセコの高橋牧場に寄って羊蹄山ドーンを眺めて姪っ子の写真撮影会を。
ニセコは札幌より湿度が低い分涼しく、快適でした。


---------------------------------------------------------------------------

イタリアン 『セレーノ』さん (豊平区・平岸)

たまには新規開拓をと、やってきたセレーノさん。

先客は1組。
二つあるBOX席の一つが空いていました。
オーダー時や配膳の際は愛想はないけれど、お会計の時にはにっこり笑ってくれると言う噂のママさんは、皆さんがおしゃる通りのキャラでした。^^

生パスタとマルゲリータノランチセットを注文

P8225495.JPG

モチモチの生パスタはとっても美味でした。(写真撮り忘れ)
ピザはとっても大きくボリューミーで、どうぞどうぞとオットと譲り合うほど。
ただ、セットのアイスコーヒーが微妙で一口しか飲めなかったのが残念でありました。

---------------------------------------------------------------------------

カフェレストラン『ヴィーニュ』さん  (南区・藤野)

此花さんがお休みだったため、以前どなたかのブログで紹介されていたこちらのお店に初訪問。
エルクの森にある隠れ家的レストラン。
パークゴルフ場がメインで、ワイナリーやガーデンもあります。
奥まった場所にこんなお店があったのかとちょっと驚きましたが、レストランはとても賑わっていました。

P9055620.JPG

パスタセットを注文。(道産小麦100%のオリジナル生パスタ)
オットはジェノベーゼ。

P9055619.JPG

私は噴火湾ホタテとベーコンのブルーチーズクリーム のパスタ。

P9055615.JPG

生パスタはモチモチでとても美味しく、写真ではお上品な盛りにみえますが、お皿が深い分丁度いいボリューム感。
他に、パンとサラダ・飲み物・ケーキがセットで付きます。

お店を出ると散策コースの案内が目に入りました。
食後の散歩をする事に。

こちらは自由に歩いていいそうです。

P9055621.JPG

P9055633.JPG


階段を登って行くと、開けた所に出ます。可愛らしい小屋がポツンと建っていて、とても不思議な空間。

P9055629.JPG

このお庭の先には、広大な敷地のパークゴルフ場がありました。
開放感がすごい。
プレイをしていたおじ様たちの話によると、このような素晴らしい環境のコースはまず他にはないそうで、おまけに空いているからここは最高だよと。
熊が出たと騒ぎになってたのは、実はこのあたりだったらしい。ワイルドだゎ。

散策コースは一部パークゴルフ場を突っ切って、更に登っていくとブドウ畑に出るそうです。
今回は時間の関係で、途中で引き返してきました。
お花目当てなら、6月頃が一番きれいかも知れませんね。

ヴィーニュさんは食後の散策の楽しみが付いてくる、素敵なところでした。








posted by マメコ at 11:14| 北海道 ☔| Comment(0) | 美味しい北海道 | 更新情報をチェックする