2019年09月22日

夏の記録

先週末から急に空気が冷たくなってきました。
トンボの群れはまだ見かけないけれど、すっかり秋の空気に入れ替わった感じです。

さて、この夏の諸々を随分溜めこんでおりましたので、一気に書き出したいと思います。
この夏はキャンプには行かれず(車の修理が長引いたため)、ほぼご飯ネタ。

---------------------------------------------------------------------------

蕎麦の『此花』さん。(南区・藤野) 食べログ 

こちらは、黒松内のそば粉を使用されているそうです。
丁寧なお仕事ぶりがよーく伝わってきて、それだけで嬉しくなりました。
器も素敵で、オットも母も感激していました。

何故か写真が見当たらず。
初回は、梅おろしそば+とろろそば+鴨せいろ
2度目は、せいろをいただきました。
蕎麦の風味がしっかり感じられて美味しい。

母がとても気に入り、車いすを使っている伯母たちを誘って介護タクシーで再訪。
伯母たちも喜んでくれたそうです。
昼のみの営業ですが、次から次へとお客さんがやって来る人気店。
そろそろ新蕎麦の時期ですね。
また行こう。

---------------------------------------------------------------------------

山菜とうどんのお店 『うどん山菜 塩屋』さん (南区・簾舞)

P7035387.JPG
山菜定食

P7035385.JPG
塩屋定食

P7035386.JPG
海鮮塩セット

うどんは黄色みがかっていてモチモチ。
山菜定食の山菜はどれも味付けが違って、飽きずに食べられます。
塩屋定食は山菜もうどんも付いてきて、お得感一杯。

「塩屋」さんというだけあって、外には塩作りの機械がありました。

帰りにかわいらしいパン屋さん、『ラ・ビスタ』さんに寄って、角食を購入。
レーズン酵母でじっくり発酵させたパンは美味。
塩屋さんに来た時は、また買って帰ろう。

---------------------------------------------------------------------------

フレンチレストラン 『マッカリーナ』さん (真狩村)


札幌が記録的な猛暑に襲われていた8月の初旬、
母の傘寿のお祝いに、神奈川から姉・弟・姪っ子がお祝いに集まってくれました。

初日はなごやか亭のお寿司を持ち帰りにしてもらい、家で賑やかに食事。
暑さには強い神奈川チームですが、クーラーのない我が家の蒸し暑さに相当参っていました。
扇風機3台回しても、人数が多いからか暑い暑い。(本気でクーラー欲しい)

翌日は、野菜が美味しい事で有名な真狩村(ニセコ近く)のマッカリーナさんへ。

洞爺湖サミットでファーストレディが食事をした事でも話題にもなったお店です。
真狩温泉隣の駐車場に車を止めて坂を50mくらい下って行くと、マッカリーナさんはあります。
窪地のためレストランからは目の前の林が見えるくらいで、残念ながら羊蹄山は見えません。
上のほうにある真狩温泉のほうが絶景かもしれません。

P8015468.JPG
こちらは併設するホテル棟。

12:30の予約で、しばらくロビーで待ちました。
ロビーは冷房が効いておらずちょっと蒸し暑かったですが、レストラン内は快適でした。

P8015449.JPG


まずは食前酒で、乾杯。

P8015457.JPG

前菜
色とりどりの野菜の美しさと美味しさに、皆感動しながらじっくり味わいます。

続いては季節(旬)の野菜。(写真撮り忘れ)
細長くカットされたブロッコリーが2本カッコよく盛り付けられた一皿でした。
その斬新さに、「おぉー」と歓声が上がります。^^
味の濃いブロッコリー、まずはそのままで。
エシャロットとベーコンのソースをかけると更に美味。
家でも早速真似して長くカットして茹でてみましたが、マッカリーナさんのように美味しくは出来ませんでした。
茹で方にコツがあるのでしょうね。

P8015459.JPG
スープはビシソワーズ。
なめらかで美味しい。

そしてまたまた写真撮り忘れの、シャルキュトリ。(生ハムとメロン他)
メロンは苦手。
なんで生ハムにはメロンなのかと思います。
イチジクじゃダメ?または桃とか。

P8015461.JPG
メイン。
私は魚で、他5名はお肉に。
熱々の鋳物の鍋に野菜(ナス・ビーツなど)が入っていて、そこからお皿に取り分けるという演出。
お肉チームはお肉が厚めなため切りづらそう。かなり苦戦していましたね。

P8015463.JPG
デザート。

この後に美味しいコーヒーとクッキーが出ました。

目でもたっぷり楽しみ、お腹もいっぱい、母も皆も大満足のようでした。

この後、近くの湧水の郷のお豆腐屋さんに寄ったり、ニセコの高橋牧場に寄って羊蹄山ドーンを眺めて姪っ子の写真撮影会を。
ニセコは札幌より湿度が低い分涼しく、快適でした。


---------------------------------------------------------------------------

イタリアン 『セレーノ』さん (豊平区・平岸)

たまには新規開拓をと、やってきたセレーノさん。

先客は1組。
二つあるBOX席の一つが空いていました。
オーダー時や配膳の際は愛想はないけれど、お会計の時にはにっこり笑ってくれると言う噂のママさんは、皆さんがおしゃる通りのキャラでした。^^

生パスタとマルゲリータノランチセットを注文

P8225495.JPG

モチモチの生パスタはとっても美味でした。(写真撮り忘れ)
ピザはとっても大きくボリューミーで、どうぞどうぞとオットと譲り合うほど。
ただ、セットのアイスコーヒーが微妙で一口しか飲めなかったのが残念でありました。

---------------------------------------------------------------------------

カフェレストラン『ヴィーニュ』さん  (南区・藤野)

此花さんがお休みだったため、以前どなたかのブログで紹介されていたこちらのお店に初訪問。
エルクの森にある隠れ家的レストラン。
パークゴルフ場がメインで、ワイナリーやガーデンもあります。
奥まった場所にこんなお店があったのかとちょっと驚きましたが、レストランはとても賑わっていました。

P9055620.JPG

パスタセットを注文。(道産小麦100%のオリジナル生パスタ)
オットはジェノベーゼ。

P9055619.JPG

私は噴火湾ホタテとベーコンのブルーチーズクリーム のパスタ。

P9055615.JPG

生パスタはモチモチでとても美味しく、写真ではお上品な盛りにみえますが、お皿が深い分丁度いいボリューム感。
他に、パンとサラダ・飲み物・ケーキがセットで付きます。

お店を出ると散策コースの案内が目に入りました。
食後の散歩をする事に。

こちらは自由に歩いていいそうです。

P9055621.JPG

P9055633.JPG


階段を登って行くと、開けた所に出ます。可愛らしい小屋がポツンと建っていて、とても不思議な空間。

P9055629.JPG

このお庭の先には、広大な敷地のパークゴルフ場がありました。
開放感がすごい。
プレイをしていたおじ様たちの話によると、このような素晴らしい環境のコースはまず他にはないそうで、おまけに空いているからここは最高だよと。
熊が出たと騒ぎになってたのは、実はこのあたりだったらしい。ワイルドだゎ。

散策コースは一部パークゴルフ場を突っ切って、更に登っていくとブドウ畑に出るそうです。
今回は時間の関係で、途中で引き返してきました。
お花目当てなら、6月頃が一番きれいかも知れませんね。

ヴィーニュさんは食後の散策の楽しみが付いてくる、素敵なところでした。
次回は歩きやすい靴で。








posted by マメコ at 11:14| 北海道 ☔| Comment(0) | 美味しい北海道 | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

クラリオン星から来た少年

久々に楽しい動画をみました。
クラリオン星からやって来たという、日本の小学3年生の男の子のお話。
この少年、清々しくて最高にかわいいです。
是非、ご覧くださいまし。

https://www.youtube.com/watch?v=4EOn8jvrpOs&feature=youtu.be

この少年の願いは、25歳で日本の総理大臣になる事だそう。
私たちのこの日本をなくさないために、そうしたいのだそうです。
有難くて泣けてきます。
その目的のために、今の内からこうして活動をして、皆さんに顔を覚えてもらうようにしているのですって。
計画性もバッチリ、素晴らしいゎ〜。

こんな宇宙意識を持った子供たちが大人になって彼らの時代が来た時、経済戦争や兵器を使った戦争なんてものは時代遅れで、民族間の争いも世の中からなくなっていくでしょうね。
楽しみだゎ。
ガチガチの思考の大人たちは、邪魔をしないように、スケールの大きな彼らを応援しましょう。
この日本を末永く存続させられるよう、ジジ・ババ達もお手伝いしますょ。

少年の話によるとこの地球には、
純地球人・地球人と宇宙人とのハイブリット・純宇宙人の、3パターンの人々が存在しているらしい。
だけど、見た目ではわからない。
さてさて、自分はどれになるのかなぁ?







posted by マメコ at 19:44| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

「良心的”知識人”を警戒せよ」って?

台風10号が通り過ぎ、北海道に夏が戻ってきました。
久しぶりの30℃越え....。
しばらく暑い日が続きそうです。

さてこの夏、こんな本を読んでいました。
ホワイト国から除外されることになったかの国絡みのもの。我ながら偏ったラインナップだとは思いますが、知りたい気持ちを十分満たしてくれました。
(この路線、まだまだ続きそうです

P8175489.JPG


韓民族こそ歴史の加害者である

誰も教えないこの国の歴史の真実

売国議員

在日特権と犯罪

坂東さんやカミカゼじゃあのさんの本はかなりどぎつい内容ですが読みやすく、今の日本が置かれている状況を知ることが出来ます。
また、石平さんの韓民族こそ歴史の加害者であるもとても興味深かったです。
これ、かなりおすすめ。

高句麗・百済・新羅の時代から、民族同士の争いが絶えなかったかの国。
そんな争いの歴史から、かの国の民族性・思考パターンが見えてきます。
地政学的にも大国に挟まれ、苦労が多かったことは理解できます。
しかし、歴史から学ぶこともなく同じことを繰り返し、その度に他国を巻きこんできたかの国。
その被害は甚大です。

白村江の戦いで、日本は既にかの国特有の『事大主義』は経験済みだったのに、(https://ja.wikipedia.org/wiki/白村江の戦い)
福沢先生も「脱亜論」を唱えていらっしゃったのに、それなのにまたも関わってしまったのは、一体どんな因果なのでしょう。
今も昔も変わらない事大主義&民族主義に凝り固まった隣国とは、やはり距離を置いた方がよいのだと、この本を読み改めて思い知らされました。
子供たちに間違った教育をしている以上、この先もそう簡単には変わらないのでしょうね。
この点は日本も同じだと思いますが。


さて今日の本題。
今韓国でベストセラーになっている本があるそうです。
「反日種族主義」(反日の間違いを問う本)

1.jpg

この「反日種族主義」の共同著者、イ・ウヨンさんが昨晩(8/16)のBSフジ「プライムニュース」にご出演。
見応えのある2時間で、地上波ではまずお目にかかれない、そんな深い内容でした。

ハイライトムービーはこちら。(1週間で消えるみたいです)
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/day/d190816_0.html

イ・ウヨン氏は、韓国の経済研究所の研究者です。
数年に渡る丹念な証拠集めや史実の検証から、日韓の間で問題になっているいわゆる徴用工や慰安婦問題は嘘だとの結論を出されています。
国連のシンポジウムでも「徴用工のウソ」に言及されています。

https://www.youtube.com/watch?v=eb58ys2pr4U

思わず拍手。
本来こういう検証や行動は、日本側が積極的にするべきですね。
外務省や、日本の歴史家たちは一体何をしているのでしょう。
日本にとっては大変ありがたいご発言ですが、韓国国内ではイ・ウヨン氏に危害を加える輩もいるようで、心配です。
この「反日種族主義」の日本語版が出たら、是非読んでみたいものです。

プライムニュースでのイ・ウヨン氏のご発言は、私にはとてもしっくりきました。
出たらめの歴史を論破。スカッとしました。
隣に座っておられた一橋大学の准教授、権容奭氏(コン・ヨンソク氏)は、さぞお困りだったでしょう。
こうも真っ向から正論を突き付けられては、ぐうの音も出ないご様子。
どちらが真実を述べているか、どちらが誠実かはもう明らかでした。

そして、イ・ウヨン氏は最後にこう締めくくられました。

日本人に言いたい事として、

「学会・マスコミを中心とした、“良心的”知識人を警戒せよ」 と。

爆弾発言のような痛烈な一言です。

(ハイライトムービー 8/16 後編17:30頃 )http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/day/d190816_0.html

日本にいる知識人(似非?)に気をつけろということですね。
この意味、おわかりになるでしょうか?
そもそもいわゆる徴用工問題は、日本側から積極的に提起され、現在も支持されているという事です。
これは、慰安婦問題などと同じ構図。
似非日本人が日本国内で、せっせと反日活動をしているわけです。💢

西岡力さんの「でっちあげの徴用工問題」の巻末には、2010年 日韓知識人共同声明日本側署名者一覧があります。

P8175491.JPG
でっちあげの徴用工問題

540名もの日本側の知識人(自称?)が名を連ねています。
この540名の方々は日本の戦時中の「罪」をかの国へ積極的に進言している模様。
発起人は東京大学名誉教授の和田氏。https://ja.wikipedia.org/wiki/和田春樹

作家の赤川次郎さんや、ノーベル文学賞の大江健三郎さん、ジャーナリストの佐高信さん、映画監督の井筒さん、嘉納昌吉さん。
サンデーモーニングにご出演中の、ジャーナリストの青木氏や姜尚中氏などお馴染みの名前も。
やっぱりね、日頃の言動からして一貫性があります。^^

他には弁護士・社会活動家・宗教家のお名前があるのですが、
何と言っても圧巻は、大学教授のセンセー方がズラ〜リと名を連ねているところです。
歴史家・学者研究者のくくりで、東大、京大、一橋、阪大、東北大、北大、早稲田・慶応、津田塾、奈良女、琉球大...。
現・元合わせて290名以上のセンセー方のお名前があります。
540名の半数以上が教育関係者って、もう目が点ですよ。
そもそも、この人たちを日本の知識人と呼んでいいのかとさえ思いますけど。

上の540名とかぶりますが、「韓国併合」100年日韓知識人共同声明の署名用紙のようなものが今もネット上にあり、
声明文や賛同者のリスト(日本側100名)などが見られます。
強烈な文面と、それを支持する奇妙な皆様方の一覧です。

http://www.maroon.dti.ne.jp/rekikakyo/movement/nikkannseimei20100528.pdf

この100名が540名まで増えたのが、西岡さんの本の巻末にあったリストのようです。

日本の大学のセンセー方がこんな事になっているので、日本側からまともな史実の検証が発信出来ない事情がうっすら見えてきます。
これ、かなりまずくないですか?
日本の大学が乗っ取られ始めている何よりの証かと。
大学の入学式などで日の丸の掲揚をしなくなっている根っこは、こういうことだったんですね。
お子さんの大学選び、学部選びは慎重に。
うっかりこれらのセンセーのゼミなんかに入ってしまったら、あちらの思想に染められてしまうやもしれません。
「チュチェ」とか言うあの思想は、かなりアブナイみたいですからね。
沖縄に広がる「主体思想」とは https://www.youtube.com/watch?v=EI0I2uJDl1A
この話、日本人は知っておいたほうがいいです。

補足ですが、日本政府が行った韓国に対する『輸出管理制度の厳格化』の撤回を促す署名運動をしている中心にいるのも、またまた和田氏だったりします。
https://peace3appeal.jimdo.com/
もう、ガチで。

和田氏他、このリストに出ている人たちの本質は、どうやら親北で反韓で反日ということのようです。
親北で反韓。
親韓ではなく反韓。
北のマンセーの人。
いわゆる「チュチェ」思想の人たちってことですね。
南北統一を目指す彼らは、韓国問題で日本を叩いて賠償金を奪い取り、その裏で韓国を弱体化させて、北が南を統一って構図をもくろんでいるのでしょうか?
ややこしいゎ。

私たち日本人はしっかりこのあたりを見抜いておかないと、ですね。

100歩譲って自虐史観の刷り込みは、GHQの方針であったとしましょう。
日本人が二度と白人に歯向かう事がないように、教育改革を押し付けられたのだとしましょう。
教育で徹底して自虐史観を刷り込み、恥ずかしい思いや罪の意識を日本人に被せて、私たち日本人を弱体化させる。
これがGHQが行った「WGIP」。
東大の総長と京大の総長がプリンストン大学に招待されて「日本の戦後教育はかくあるべし」とGHQの方針に従わされたのだとしても、
それが昭和までなら、まだいいです。
でも、平成・令和と新しい時代になり、誰もが簡単に情報を手に入れられるそんな時代に、未だに日本の子供たちにこんな間違った歴史観を植え付け続けるのだけは見過ごせません。
どんだけ時代錯誤なんだ。
本当に腹立たしく思います。

日本の国土に生かしてもらいながら、その恩恵に感謝するどころか売国紛いの事をしているなんて、本当にバチ当たりなこと。
そういえば、恩を仇で返すのはあちらの常套手段でした。
日本に居ながら、日本人の誇りを奪い賠償の名のもとに日本の資産をむしり取る事ばかりを考える人たちには、早々にご退場いただきたいものです。
そんなに日本が憎いなら、さっさと日本から出て行けばいいのに出て行かないから不思議です。

彼らは『死んだら終わり』とでも思っているのでしょうか。
違いますよね。
たとえ今の肉体を離れても魂は永遠です。
学び終えるまで、別の肉体でまた同じテーマでの学びを繰り返すことになります。
いつまでそんな不毛な事を続ける気なんだろう。
ご苦労様です。


近頃物凄いスピードで嘘や闇が暴かれています。

NHKの闇。
トリエンナーレでばれちゃった、芸術の世界の闇。
反日勢力。
日本の歴史の嘘。
韓国の歴史の嘘。
そして、アメリカの某エプスタイン氏の闇、など。

「日本の敵は日本の中にいる」とよく言われていましたが、
マスコミや政界のみならず、教育者にも反日思想を持った人が沢山紛れ込んでいるという、そんな話が表に出てきました。
しかも、韓国人が日本のマスコミでそれを痛烈に批判されたところに新しい流れを感じます。

これからますます真実が明らかになって、わたしたち日本人もかの国の人も自国の本当の歴史を知る事になるのでしょうね。
あの大東亜戦争の真実も。
楽しみです。

もう、北でも南でも右でも左でもどっちでもいいから、過去のことは清算しておしまいにして、おのおのが自分にぴったりの場所で心地よく暮らしたいものです。
これからはどんどん2極化して行き、振り分けもあると聞いています。
身軽な世界、そんな未来を楽しみにしている次第です。






posted by マメコ at 09:30| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

偏向報道祭り

8/2は記念すべき1日となりました。
ホワイトday。
「大韓捨祭(だいかんしゃさい)」なんて、上手い事を言った人もいましたっけ。
丁度横浜から姉が来ていたので、大いに盛り上がって、乾杯〜 ♪♪♪

1日にニセコに行ったのですが、かの国のご一行が大型バスで来ていましたょ。
こんなご時世だから、絶賛ボイコット中なのかと思っていましたが、普通に観光していました。(某有名牧場)
国を挙げて日本を敵国扱いして大騒ぎしているのに、観光してて大丈夫なのかな?
SNSに上げたりしたら、バッシングとかされるみたいだし。
マスコミが一部の反応だけを大きく取り上げてるのかしらん?
うむ。

さて、今朝のサンデーモーニングは、予想通りの展開でしたね。

大宅女史も、青木某も

あからさま過ぎて、笑った、笑った。
もう皆知ってるのに、80歳の母だって知ってるのに、本当によくやるなぁ。
大宅さんたら、今かの国の景気がいいとか、日本との技術差が縮まっているとか、えぇぇえぇぇえ?な発言を連発。
それを聞いて、隣にいた姜さんが薄ら笑いを浮かべたのがこれまた寒かった。

皆さん一様に、日本政府の小さな発言のミスを突いてばかりで、
事の発端のかの国の問題には一切触れないというお決まりのパターンでした。
オイオイ、一体どこの国の放送局で?
あの番組に携わっている人たちは、何のために日本に住んでいて、何のために日本のテレビで日本を悪く言っているのかしらね。
日本の恩恵を受けているにも関わらず日本を貶める人たちって、本当に罰当たりです。
海を渡って、ご自分の波動に合う場所に行けばいいのに。

そもそも、ホワイト国からかの国を除外した一番の理由は、
兵器に転用される恐れのある原材料の、使途不明(横流し)の懸念があったからですよね。
それはかの国の管理に非があったからで、その説明責任はあちらにあったはず。
にもかかわらず、使用データの提出も解決策も提示できず国内外に日本政府非難を繰り返しているうちに、日本ではホワイト国から除外する閣議決定の日を迎えちゃった。
アホなの?

ホワイト国からの除外を受けて、
日本を「盗人猛々しい」などと、強烈に口撃。
まったくね、どの口がそれを言う?

義兄が勤めている会社がサンデーモーニングのスポンサーになっているそうです。
株主総会で
「何故偏向報道を続けるようなサンデーモーニングのスポンサーになっているのか?降りるべきでは?」という意見が出たそうです。
会社は「貴重なご意見として承ります」的な返事しかしなかったそうですが、
スポンサーへの抗議が殺到してスポンサーを降りる企業が増えるのが、番組には一番堪えるらしい。
毒されるから、反日偏向番組は見ないのが一番。

「マスコミから国民を守る党(M国党)」

が出来たなら、私は一票入れますょ。
N国党とM国党で日本のマスコミから売国分子をちゃっちゃと追い出して欲しいゎぃ。
反日マスコミは早く消滅すればいいのに。
朝日新聞なんて、(朝)鮮(日)報の略かと思うほど酷いから。

渡邊哲也さんの『腐ったメディアとの戦い方』はコチラ。https://youtu.be/uGrPrAFcA4o
2年前のものですが、とても興味深いです。吉本の話とかもチラリ。^^

今回のホワイト国解除の件で、面白いくらいに炙り出されていますね。
どこの局の、『どの番組』の、『誰』があちら系なのかが、良〜く見えてきます。
まるで踏み絵のよう。

所詮地上波はそんな番組ばっかりです。
ニュースさえ微妙にニュアンスを変えて流すので、世耕さんや河野さんのツイッターで確認すると随分事実と違う事に気付かされます。
BSのプライムニュースや深層NEWSは、専門家が出ているので、まともかと。
最近は地上波は殆ど見なくなり、情報は専らYouTubeやツイッターで。
宮脇淳子さんのアジア史が最近のお気に入り。
一度にはとても観きれないので、少しずつ楽しませていただいています。

日本に巣くう反日勢力って本当に厄介。
内なる敵ってやつです。朝日とか毎日とか共同とか。

ビザ発給厳格化も、なる早でお願いしたいものです。





posted by マメコ at 10:24| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

ホワイト国解除と、注意喚起情報

外務省が19日、韓国の日本大使館前で起きた車両放火事件を受けて、
注意喚起のスポット情報を出しています。

在韓国日本国大使館付近での車両の炎上事案に関する注意喚起

続いて22日には、釜山にある日本総領事館に学生たちが侵入した件で再度注意喚起。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2019C084.html

注意喚起ですが、下の映像を観るともっと危険な状況になっているのでは?と感じます。

総領事館侵入の動画がこちら。

https://youtu.be/JgNmdHAiwmw

ちょっと驚くレベルの騒ぎです。
この動画、日本人も見てるんですよー、ドン引きしてますよー。

法を犯して侵入して、排除されるとギャーギャー喚き散らす、この激しさは一体何なのでしょうね?
韓国の学生さんのようですが、なんでこんなに攻撃的になっちゃうんだろう。
お互い、捏造された歴史に踊らされてきたんです。
歴史を正しく理解したら、あなた方が抗議すべき相手は、自国の政府だったと気付くでしょう。

レーダー照射、大使館へのテロ行為、領事館侵入、産経新聞乱入、竹島上空でのロシア機への威嚇行為、WTOへの提訴、徴用工差し押さえ資産の現金化、見せかけの不買運動、
もうお腹いっぱいなくらい、やらかしてくれていますが、こうやって騒げば騒ぐほど益々こじれて日本人の心証が悪くなっていくのが、彼らにはわからないみたいですね。

経産省のホワイト国解除に関するパブリックコメントは、今日が締め切りです。
それに合わせたように、
かの国はホワイト国解除を撤回して欲しいと言って来ているそうですが、自分たちがその原因を作った事を反省するわけでもなく改善策を打ち出すわけでもなく、相変わらずトンチンカンなご都合発言を繰り返しています。
もうどうしようもない。

渡航禁止→金融制裁→○○なんてシナリオもあるかも...。

気の済むまで反日やって盛り上がって、巨大な墓穴でもせっせと掘り続けてればいいのだ。
もう放っておけばいい。

相変わらず反日マスコミは、吉本のどうでもいい話ばかり。
公共放送にも外国人が多数在籍しているって、異常事態ですよね。
こんな反日マスコミはもう要らないから、一緒に墓穴に放り込んじゃえ。

マスコミの中の健全な日本人勢力、ガンバッテ!!

「ホワイト国解除」の発動が楽しみなだなぁ。
まともに付き合う事など所詮無理な相手なのだと、日本国民の大半が気付きました。
極力関わり合いを減らして、これ以上ネガティブに引っ張られないようにしたいものです。

李承晩がかの国の人々に信じ込ませた捏造の史実。
これは非常に受け入れがい事でしょうが、ここから始めないと何も始まらないような気がします。
かの国の人々におかれましては、いつの日か真実を受け入れて想いの方向を修正するきっかけとなれば、救われる日も必ず来るかと。

それにしても、日本はこれまでよく我慢してきたなと思います。
捏造の歴史で罵詈雑言を浴びせられ続け、代償として日本国民の血税が吸い取られ、数多の侮辱・屈辱に耐え、長い間歯がゆい思いをしてきました。
経産省が正当に反論しただけで、こんなにあちらが大騒ぎになるとは...。
こんなに脆い国だったとは、いやはや驚き。
ようやく悪夢から解放されるのかと思うと、感無量です。
ホワイト国解除のついでに、日本の中に巣くう勢力(反日マスコミとか)から日本を取り返せたら、
本当にサイコー。
そんな日も遠くないですよね。


これから先は、燻り続けて留まるのも、軽やかな方へ行くのも、個人の自由。
今は大事な時期らしいですから、いつまでも争ったり憎悪にまみれていたら、
また重たい世界での体験を延々と繰り返す....。

なんてね。






posted by マメコ at 17:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

パブリックコメント

経済産業省が、
韓国に対する輸出貿易管理令の一部を改正する政令案について、パブリックコメントで国民からの意見を募っています。
(7/1〜7/24まで)

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=595119079&Mode=0

私も書いてきました。
「大賛成」と。

「W・G・I・P」

この言葉をご存知でしょうか?

これは、「War Guilt Information Program」 の略です。
大東亜戦争後の昭和20年から、サンフランシスコ講和条約発効によって日本が主権回復を果たした昭和27年までの7年間の占領期間に、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が占領政策として行った、

戦争への罪悪感を日本人の心に植えつける宣伝計画
です。

詳しくは、関野通夫さんのこちらの本に書かれています。




多くの方がご存知のように、日本には日本人と見分けのつきにくい「かの国」の人たちが沢山います。
戦後GHQが彼らをうまく利用したのでした。

駅前の一等地にド派手なパ〇ンコ店。普通に考えたらおかしな事ですよね。
在〇には特権があるとか年間凄い金額が流れているとか、
帰化した国会議員が某政党には沢山紛れ込んでいるとか、
その弊害はキリがないほどです。
ヤレヤレ。

また、マスコミの乗っ取られぶりは今や周知の事実。
かの国のダメージになる報道や日本の国益に沿う報道はなるべくスルー。
偏向報道やりたい放題です。
ヤレヤレ。

2008年に起きたリーマンショック。
アメリカ発のサブプライムローンに端を発するリーマンブラザーズの経営破綻。
原因は諸々ありますが、
リーマンブラザーズ経営破綻の直接的な引き金を引いたのが実はかの国だったと、今回の件で知りました。
これは、日本では殆ど報道されなかったそう。
そんなこんなで、世界中から信用を失っているかの国の銀行。
その信用保証を、実は日本の銀行がしているのですって。
これも初耳でした。
銀行もビジネスとして行っている事ですが、「信用状」というのだそうです。
かの国では、日本の銀行のお墨付きを得る事で海外との取引が成り立っているわけです。
もし、この信用状の保証が停止したら...。

そんなおんぶにだっこ状態なのに、捏造の歴史でいつまでも日本に難癖をつけてくるのは、一体どういう思考回路で?
よくわかりませんね。
ベトナムのライダイハン問題に、彼らはどう答えるのだろう?

それにしても、幼少期から熱心に反日教育をして日本を敵視している国を、よりによって「ホワイト国」に認定していただなんて、ブラックジョーク過ぎて笑えませんよ、まったく。
日本人のお人好しも度が過ぎると、本当に危ないと思っています。
脱亜論」にもあったように、
やはり付き合う相手はよくよく考えた方がいいのかも知れませんね。

嘘つきとはもう付き合えないよ、という事で粛々と対処して欲しいと切に願います。
信用を得るのには時間がかかるけれど、失うのは一瞬ダ。

騙したり、陥れたり、呪ったり、恨んだり、裏切ったり。
これは〇流歴史ドラマでよく見かけるパターンですが、
21世紀の今も同じような事を延々と繰り返していることに、ただただ驚くばかり。ある意味おめでたいのかもね。
こんなに情報が溢れている時代に生きているのに、ネガティブな感情に雁字搦めの人生に疑いを持つことはない?
子どもや孫の世代にも、捏造の歴史を継承させていくおつもりか?
それで幸せ?

そんな空気の中で生きるなんて、考えるだけでゾッとします。
早く自国の嘘に気付けばいいのになと思います。

戦後教育で自虐史観を刷り込まれ、私たちは日本人としての誇りを奪われ続けてきましたが、それもそろそろお終いにしないとね。
教科書では教えない、日本の本当の歴史を私たちに早く公開して欲しいものです。
今回の件は、日本人のまあるい愛国心にポッと火を灯す、そんな出来事になるのかも知れません。

宅急便の箱がきれいなまま届くとか、
レジに並んでいて嫌な思いをする事はめったにない、とか、
公共の場のトイレが綺麗で気持ちがいい、とか、
ゴミ出しのルールをみんなで守っているとか、
日々当たり前の光景も、ありがたい事ばかり。

かの国や日本国内にいる反日にやられっぱなしの日本ではありますが、
龍神様の背中の上で、(友人談)
宇宙に届く日本語を話す、(友人談)
そんな日本に日本人として生まれ育ったことに、心から感謝。






posted by マメコ at 11:17| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

しおりルーペ

久しぶりに地図を買い替えました。
カーナビの使い勝手がイマイチで、全体を把握するにはやっぱり地図が頼りになります。

地名が大きくて見やすいのを選んだつもりだったのですが、

P7045410.JPG


小さ過ぎて笑ってしまったのが、高速道路の料金表。

P7045399.JPG

SA名も料金もどちらも全く読めません。(私には模様にしか見えないレベル)

高速はめったに使わないので、普段殆ど開かないページではあるのですが、
いざ調べようと思うと、お手上げなくらいのミクロの世界です。
いちいち虫眼鏡を探すのも面倒なので、地図に挟んでおける「しおりルーペ」を購入してみました。

P7045396.JPG

カメラ型の、薄いルーペです。




3倍なので、実際に見えるのはこんな感じ。

P7045403.JPG

まぁ、何とか見えるようになりました。





posted by マメコ at 12:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

スパイスカレー

スパイスカレーがマイブームです。
昨年ジャドプールさんで美味しいインドカレーを食べて以降(ミルチさんや豊平峡ONSEN食堂のインドカレーも美味しいです)、TVでインドカレーの番組を目にする事も多く、家でスパイスカレーを作るようになりました。

まず初めは、AIR SPICE(カリ〜番長水野さん)の月替わりのスパイスセット(レシピ+スパイスセット)を購入して作ってみました。http://www.airspice.jp/

P1314411.JPG

おしゃれなパッケージで届きます。

P1264373.JPG

ホールスパイス、パウダースパイス、レシピ入り。

P1264382.JPG

P1314416.JPG


P1314429.JPG

P1314438.JPG

P1314453.JPG
(鶏肉とヨーグルトは別入れ)

P1314458.JPG

このセットは2〜3人分用。
美味しかったですが、濃い味に慣れてしまっている息子はやや物足りない様子。

スパイスカレーの本を色々借りてきて、

P1284398.JPG

本の中の基本のチキンカレーも作ってみました。
こちらもややあっさりめの味。

次に書店で見つけたのが、鎌倉のオクシモロンさんのレシピ本。
お店のレシピが惜しげもなく公開されている、お宝本です。
我が家の好みの味でした。



鎌倉OXYMORONのスパイスカレー 〜スパイス5つからはじめる、旬の野菜たっぷりの具だくさんカレー〜

最初はレシピ通りに作り、
2回目からは、はじめのスパイス(ホール)を増やしてみたり辛さをプラスしてみたり、アレンジして作っています。
定番のチキンカレーはもう何度もリピートしていて、和風キーマカレーも好評でした。
(よく作るページはコピーして使用しています)

P2154538.JPG
(2日目のチキンカレー 息子の大盛りver. )

ただ、オクシモロンさんのカレーは水野さんのレシピに比べると、スパイス(パウダー系)の使用量がかなり多めです。

P2284635.JPG

スーパーで売っているGABANの小瓶や、カルディのスパイスはすぐに使い切ってしまうので、

P1254362.JPG

インド雑貨・アジア雑貨-TIRAKITAさん(https://a.r10.to/hvdBRz)で、大きめのボトル入り(100g)をまとめ買い。

P2234582.JPG

P2244605.JPG

調子に乗ってフェヌグリークやマスタードシードなども購入しましたが、いまだ出番はなし。

クミンやコリアンダーは特に多く消費するので、すでに残り僅かです。
次回は大容量の袋入りを買ってみようと思います。

スパイスカレー用の鍋も購入。
スパイスカレーは、たっぷりの玉ねぎを飴色になるまでよく炒めてから煮込むのがコツ。
この作業なかなか根気がいるので、炒めやすい少し深めの鍋があると良いです。
東京カリ〜番長さんのオリジナル鍋やレミパン、ruhru、グリーンパンなど候補に挙がりましたが、いずれコーティングがダメなってしまうテフロン鍋やセラミック鍋はどうも気が進まず、鍋探しはかなり難航しました。
あちこちで情報を求めて最終的に落ち着いたのが、made in japanのステンレス鍋でした。
宮崎製作所さんのジオ鍋です。


P7055426.JPG

P7055433.JPG
(片手鍋20p・18cm)

宮崎製作所 ジオ 片手鍋 20cm 日本製 IH対応 オール熱源対応 15年保証 GEO-20N
宮崎製作所 ジオ 片手鍋 18cm 日本製 IH対応 オール熱源対応 15年保証 GEO-18N

ネット購入がお得です。

20cmは、5人分のカレーがたっぷり作れるサイズ。
オールステンレスで耐久性抜群(15年保証付き)。
鍋の柄は熱くなりにくく、素手で持てます。
厚手で、玉ねぎをじっくり炒めてからの煮込みもバッチリ。
焦げ付かず、気持ちよく使えています。
一つだけ難点を言えば、少し重たい事でしょうか。
柄の向こう側の小さな取っ手(熱くなりますが)は、鍋を移動させたい時などに両手で持つことが出来てとても便利です。

少し小ぶりな片手鍋の18cmも後から買い増しました。
こちらは常備菜作りや揚げ物に大活躍。

美しく丈夫なGEO鍋。
とても気に入ったので、次はすき焼きにも使える浅めの両手鍋を仲間に加えたいな。

ターメリック(ウコン)は高齢者の脳にもいいらしく、今月80歳の誕生日を迎える母もスパイスカレーを気に入ってくれています。
この夏もスパイスカレーの世界を楽しみたいと思います。



posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 料理 | 更新情報をチェックする