2017年05月27日

すのこDIY

キャンプ道具を入れている、無印のコンテナBOX。

4549337525986_1260.jpg
無印HPより。

踏み台にもなるくらい丈夫で、とても重宝しているのですが、
やや味気ない気がしていました。
ステッカーでも貼りましょうかね。

キャンプpicで、このコンテナBOXのフタを裏返してセットし、
すのこ板を乗せて道具置きにしている人を発見。
niceアイデア!

早速コンテナBOX大サイズ用を作ってみる事に。

セリアの幅広のすのこが、
コンテナのふたの内側の奥行き(37cm)にピッタリでした。
す・素晴らしい。
4枚のすのこのうち、2枚を解体し、すきまを埋めます。
解体や角を落としてRをつけるなど、細かい作業はオットが担当。
(解体が一番手間がかかりました)

P5244276.JPG

ワックスを塗り、

P5244288.JPG


P5244289.JPG


すきまに解体した板を接着し、
完成。


P5244291.JPG
(2枚に分かれているので、コンテナに収納できます)

木を乗せただけで、ぐっと良い感じになりました。
材料費400円。
板は4枚残ったので、すのこをもう一枚購入すれば、小サイズのも作れそうです。

早速デイキャンプで使用。

P5254306.JPG


置台が出来たおかげで、一つテーブル(荷物)を減らすことが出来ました。
一台で二役。
素敵なアイデアに感謝です。






posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | DIY | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

ハナレグミ

最近よく聞いている、ハナレグミ。

清志郎さんとの サヨナラCOLORを聞いてから、
にわかファンになりました。
いい声だなぁ。🎵

自由で大らかで、HAPPYな感じがたまらない。
中でも、ライブVer.の『オハナレゲエ』を聞いていると
最高に楽しくなって、気分は南の島へ。




posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 好きな音楽 | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

デイキャンプ 定山渓

札幌は、春を通り越して初夏のような陽気が続いています。

先週、定山渓でデイキャンプをしてきました。
おじゃましたのは、定山渓自然の村

ここは、親子や小グループが一緒に楽しく学べる自然体験型の施設です。
学校行事などでの利用も多い、そんな場所。


P5184231.JPG


P5184237.JPG


私達の今回の目的はズバリ、試し張り。
これがおニューの幕だったら嬉しいのですが、
意中のテントは、入手出来る可能性がいくらかでもあるのかないのか、
今はまだ全くわからないという状態...。
近々テント泊を計画中で、この時期オープンタープでは寒く、
ならば物置に眠っているコールマンのスクリーンタープ(16年前の)を使おうと、
立て方のおさらいを兼ねた、デイキャンプとなりました。
テントはモンベルのムーンライト。こちらも長い間物置の住人。
この古いもの同士をどうにかドッキング出来ないか、というのも今回のお題。
その前に使えるのかっていう問題も...。

近場で試し張りが出来そうな公園を探したのですが、意外とないものです。
国営の滝野すずらん公園に問い合わせてみると、
デイキャンプは、入場料・サイト使用料・駐車料金を含めて、大人二人で2.500円。
試し張りに2.500円はちょっとね、と渋りまして近場の定山渓自然の村に決定。

スクリーンタープとムーンライト、その他諸々積み込み出発です。
受付でチェックインをすると、
「本日の利用料金は170円です」と。
人数に関係なく、日帰り利用(9〜17)は、ワンサイト170円なのだそう。
水やお手洗いを使わせていただくのに、申し訳ないくらいのお値段で、
何かレンタルするか、薪でも買おうかと思ったものの、何せこの暑さ(25度)。
結局170円の支払いのみで、本当にスミマセン・スミマセン。

指定されたサイトは、8番。
駐車場からリヤカーで荷物を運びます。
ちょっと距離がありますが、170円ですから贅沢は言いません。

この日の利用客は、私たちの他にデイ1組と斜め向いにソロのお兄さんだけ。
撮影現場から抜け出してきたような、山彦風お兄さん。(ヤッホー


設営手順の図を見ながら、20分ほどで設営完了。

P5184242.JPG

久しぶり。💛

ところどころ汚れがあるものの、使えそうです。

かなやま湖では、家族4人を雨風から守ってくれ、
黒松内や洞爺湖、岩内、楽しい思い出が沢山詰まったタープ。
あの頃のキャンプ場と言えば、右も左もコールマングリーン一色で、
子供たちがどれが我が家か迷うくらいでした。^^(よその子も)
オットと二人でこれを使う日が来るとは思ってもみなかったけれど、
よろしく頼みますョ。

さてと、ムーンライトとのドッキングも試してみましょう。
スクリーンタープなどの中に小型テントを入れる、カンガルースタイル、
あれ1度やってみたかったのですが、
ムーンライト(5型)は大きくて、イン出来ないんですね。

なので、頭隠して尻隠さずの図。(入れ過ぎか)

P5184249.JPG


タープ内から見た図。
やけに大きいけれど、

P5184252.JPG


なんとかいけそうかな。

P5184246.JPG

夕食が終わった頃に、ず・ずいと中に入れて、
テントの中を暖かくしてから眠りたいなと思っています。
意中のテントが手に入るまでの間、
この組み合わせで何回か出かける事になりそうです。


お昼は、五目たぬきそば。

P5184229.JPG


ホー・ホケキョのBGMを聞きながら、夕方までのんびり過ごしました。
片付けを始めた頃、コテージ泊の中学生の団体さんがガヤガヤ到着。
テント泊のお兄さん、
彼があの後どうなったか、ちょっと気になる。





posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | アウトドア | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

カセットコンロ

本日のお題は、カセットコンロについて。
個人的に「ほぉー」となった話です。

長い間使ってきた家のカセットコンロ、
とうとうつまみが回らなくなってきたので、新調しました。

P5023879.JPG
ビストロの達人II ホワイト カセットガス グリルパン CB-GP-W

一応家用ですが、キャンプ目線でも選んでみました。

キャンプで焼き肉をする道具を探していて見つけたのが、
このカセットコンロ、『ビストロの達人U』です。
当初、炭火を使う「ユニセラGTV」や、sotoのデュアルグリルが候補でしたが、
デイキャンプが多い私たちには、炭を使った調理は火熾しから
灰の片付けなど何かと面倒ではないかと、そんな意見がオットから出て、
炭火を候補から外すことにしました。
炭がダメならガスしかない。
カセットコンロなら家でもデイキャンプでも使えるし、
我が家にはビストロみたいなのが丁度いい。

ビストロの達人Uの第一のメリットは、
これ一つで色んなメニューが楽しめるというところ。


4t_02.jpg
画像お借りしました。


付属のプレートを外すと、カセットコンロになるという点もポイント高し。
鍋もOKです。

P5023896.JPG


また、別売りのアクセサリー(焼き肉プレートやたこ焼きプレート)を使えば、
更にメニューの幅が広がります。

焼き肉専用プレート(大)が、気持ちよくフィット。💛


P5023901.JPG


実はこの焼き肉プレート、マーベラスにもセット出来るんだそう。

そういえば、マーベラスには五徳が一つ付いてきました。

P5164152.JPG

裏返すとこんな形状。

P5164155.JPG


購入当初、この五徳を何に使うのかわからずしまいこんでいました。
マーベラスの特殊な台の上にこの五徳をはめ込む事で、
イワタニの別売りのアクセサリーをセットできる仕様に
なっているんですね。(知らなかった〜)


通常マーベラスにポットやお鍋を置く時は、この変わった台座の上に乗せますが、

P5164169.JPG

焼き肉プレートなどのアクセサリーを使いたい場合は、
五徳の足の凹みをマーベラスの台座のこの位置にはめ込みます。


P5164175.JPG

P5164174.JPG

ガッチリ固定されてこんな状態に。


P5164192.JPG


更に焼き肉プレートなどの裏には溝があり、


P5023898.JPG

五徳の凸にはまるようになっています。


P5164212.JPG

P5164210.JPG


少々ガタツキはありますが、
まずまず安定しています。

ほぉー。
なんちゅうアクロバティックな仕様なんでしょう。
こんな風になるとはね。
今回焼き肉専用プレートを購入してみて、ようやくこの仕様に気付き、
あらやだ、マーベラスでも焼き肉出来るんじゃない、となりましたょ。
軽い衝撃...。
きっとマーベラスの箱には、そんなイメージ写真が大きく載っていたんでしょう。
取説読めば、ちゃんと書いてあるんでしょうね。
読まないから、全然気づかなかった。

ただ、焼き肉プレート(大)はマーベラス本体から少々はみ出ます。
マーベラスの風よけになるカバーに当たるので、
カバーを外さないとセットが出来ません。
安定感で言ったら、ビストロのほうがぴったりはまる感じで、
風の影響も受けにくいかな。

焼き肉プレートには鉄製の角型タイプもありまして、
これは唯一「ビストロの達人U」には使えないアクセサリー。
逆に、マーベラスには使えます。
ちょっとややこしい。
プレートに関しては、鉄製の角型の方が良かったかなとも思いましたが、
マーベラスを家でも使うとなると、今度は置き場所に困る...。
とか更にややこしくなるので、取り敢えず丸形で結果オーライという事に
しておきます。
うむ。

P5023884.JPG

『マーベラス』と『ビストロの達人U』の大きさ比べ。

マーベラスはキャンパーに絶大な人気があるコンロで、
アウトドアで使用することを前提に、
保管&持ち運びしやすい工夫があり、
風の影響を受けにくい構造にもなっています。
ただ、家の中で使うにはちょっとごつく、
特殊な形状のカバーでプレート位置が少々高くなる感じ。
やはり屋外が似合うコンロですね。

ちなみに、ビストロは火口がコンロの中に埋まっている形状のため、
キャメロンズのような角型スモーカーはセット出来ませんでした。
なので、キャンプでスモークの予定がある場合は、マーベラスの出番。

また、前回のデイキャンプで失敗だったのが、ビストロでは径の小さなポットが
使えなかった事。
直火エスプレッソなどに使うプレートを置けば、この点はクリア出来ます。
もしくは、小型のガスストーブがあればクリア。

多少の向き不向きがあることを頭に入れて、
メニューによってコンロを使い分ければいいかな。

このビストロ、
餃子、鉄板焼き・焼きそば・ホットケーキ、先日のデイキャンプでと、
早くも大活躍しています。
ビストロによってマーベラスの秘儀(?)を知る事となったので、
めでたし・めでたし、という話でした。

余談ですが、
ビストロでもんじゃ焼きをしようと、はがしを準備。
以前ステンレスのはがしでコーティングをダメにした苦い経験があるので、
ここは木製にこだわりました。
今までのより二回りくらい大きいけれど、口当たりは優しそうです。

P5023930.JPG

イワタニさんは他にも通好みのカセットコンロを色々出していて、
焼き肉専用の「焼きまる」、焼き鳥が得意な「炉ばた焼器 炙りや」など、
渋いラインナップ。
家飲みお父さんの強い味方ですね。^^
http://www.iwatani-i-collect.com/konro/

更にオシャレな外観を纏ったら最強なんじゃないかと、
今後のブラッシュアップに大いに期待しています。





posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

耳より情報

憧れのあのテントが、遂についに再版されるようです。(ヤッホー
まずは会員さん優先のよう。(無理もない)

落ち着いたら、一般Pにも回ってくるかしら?
我が家にお迎え出来るかどうかは、運次第かナ?
とりあえずアンテナ張って、頑張ってみます。







posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

洞爺湖DAYキャンプ

GW明けの平日、洞爺湖でdayキャンプをしてきました。

出発時は私の運転で、オットは助手席。
15分ほど走ったあたりで、アレ?こっちでいいんだっけ?
支笏湖に向かっている間違いに気付きました。
キャンプ道具を積んだので、いつもの支笏湖へと勘違いしたのか、
二人とも全く気づかずにいた事に、驚いたのなんの。
お互い相当ボケが来てますナ。
マイッタ・マイッタ。

2時間くらいで目的地の洞爺湖に到着。
GW中はさぞ賑わっただろう湖畔は、とても静かでした。
洞爺湖は高規格のオートキャンプ場二つと、
林間の仲洞爺キャンプ場が有名ですが、
今回はデイなので、中央公園・小公園・曙公園の3か所を見て回り、
曙公園に決めました。
ここは管理事務所は特になく、夕方係りの人が集金に来るというシステムのよう。

三ヵ所とも車の横づけは出来ないけれど、すぐ近くに止められるので
荷物の出し入れは問題なし。
曙は先客のソロの男性キャンパーさんと私たちだけで、
中央と小公園も2組ずつくらいの利用でした。風があったからかナ。

湖畔は砂地で、2〜3メートルくらい離れると1段高くなってきれいに芝が張られて
います。とても気持ちのいい場所。
この日は時折突風が強くような天気でしたが、芝なのでエリッゼのペグで十分
機能しました。
冷たい風が吹く中、荷物をチャッチャと降ろして、すぐにお昼。
今日のメニューは鉄板焼き。
家で予め準備してきたので、後は焼くだけ。

今日使うのは、イワタニの『ビストロの達人』。


ビストロの達人II ホワイト カセットガス グリルパン CB-GP-W

ガラス蓋つきなので、短時間で野菜も食べ頃に。

P5103971.JPG


P5103976.JPG


この『ビストロの達人』、とても使い勝手が良いコンロです。

炎が風の影響を受けない構造のため、立ち消えの心配が殆どありません。
この点は、マーベラス以上です。
付属の深型プレートで、鉄板焼き・すき焼き・焼きそば・お好み焼き・パエリア
ホットケーキなど、キャンプメニューの大体はまかなえるかと。
別売りの焼き肉専用プレートなど他のアクセサリーを使えばもっと楽しめるし、
付属のプレートを外すと、カセットコンロとしても使えるので鍋料理もOK。
何より、炭の火熾しや面倒な炭の片付けが必要ないので、
手軽なDAYキャンプに最適!

マーベラスより一回り大きいのと、オシャレさでやや劣るものの、
これ一台あれば何役もこなすので、今後マーベラスの出番が減りそう。
ただ、径の小さなポットは安定が悪いので、
エスプレッソ用などのセーフティープレートが必要です。

というわけで、プリムスのバーナーでお湯を沸かして、
食後にオットがコーヒーを淹れてくれました。

P5103994.JPG

P5104022.JPG

P5104057.JPG


白鳥を眺めながら、

P5104109.JPG


コイケヤの湖印パッケージが男前な、ポテチを湖畔でパクリ。
味はいたって普通でありますョ。^^

P5104004.JPG

P5103980.JPG

P5104077.JPG

次第に風も収まり、穏やかな天気となりました。

P5104127.JPG

帰りがけ、仲洞爺キャンプ場に寄って場内を見学させていただき、
次回の参考に。
温泉が目と鼻の先にあり、なかなか渋いキャンプ場でした。
こちらは車乗り入れ&ペット不可エリア。
この時の利用客はゼロ。

P5104128.JPG

P5104136.JPG

P5104133.JPG

P5104141.JPG

車&ペット可エリアには、かわいいワーゲンバスが1台停まっていました。
平坦な場所を探すのが難しい感じがするエリアでしたが、
夏はギューギューに込み合うそう。
ワイルドなんだろうな〜。

昨年秋以来の、久しぶりのDAYキャンプでしたが、
良いウォーミングアップとなりました。





posted by マメコ at 10:47| 北海道 ☔| アウトドア | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

お花見

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?
今年のGWの我が家の休みは、4日の1日のみ。
ポカポカ陽気を通り越し、25度近くまで上がった暑い一日となりましたが、
発寒河畔公園にお花見に出かけました。

白樺の遊歩道。

P5043961.JPG

爽やか〜。

P5043964.JPG


ここ数日の陽気で、一気に桜も開花。

P5043935.JPG


ソメイヨシノは、2分咲きくらい。

P5043951.JPG

P5043960.JPG


キャンプ用のミニチェアと超軽量テーブルは、こんな時とっても便利。

P5043936.JPG


お弁当を途中で調達し、

P5043948.JPG


青空の下爽やかな風に吹かれて、春を満喫しました。

いよいよ来週から、デイキャンプへ繰り出す予定です。
今年は支笏湖以外のキャンプ場にも出かけてみようと、計画中。
来週もお花見が出来るところって、どのあたりかな?





posted by マメコ at 13:00| 北海道 ☔| 北海道 LOVE | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

テント選び

先日、息子の運転の練習に付き合って、朝から夕方まで近場をウロウロ。
本人殆ど家に居ないので、免許を取ってからなかなか練習が出来ずにいましたが、
近所のスーパーや、大型書店、ホームセンターやパン屋さんに立ち寄り、車庫入れを練習。
案外上手で安心して助手席に座っていられたので、
私の希望で、セールの下見を兼ねて秀岳荘まで行ってもらいました。
息子の運転する車に乗るのは、何とも不思議な感覚。
もう、いい大人なんですけどね。^^

この日秀岳荘の屋上では、オガワキャンパルさんのテントの展示をやっており、
気になっていた、新作のツインピルツT/Cなど見る事が出来ました。
ツインピルツT/Cは、天井の中央部分がダランと下がってしまっていて、
私の頭につくほどで、180cmの息子は直立できず。
この事は以前どなたかが現物を見て言っておられたので、想像はしていたものの、
これほど低いとは...。
ロープでピンと張られたら、実際はもう少し広い空間になるのかも知れませんが、
ロースタイルではない我が家には窮屈な感じ。
メッシュが左右上部のベンチレーションにしかなかったのも、
惜しいなと感じました。
虫対策や換気、困りそうです。
そういうわけで、ツインピルツT/Cは我が家の候補から外れました。

あくまでもタープの延長として考えるなら、アリかもしれません。
色んな形に変形出来るのは、面白いでしょうね。
T/C生地の風合いや明るさは良かっただけに、少々残念でした。

私がずっと惹かれているのは、廃盤となったノルディスクのピル。
o0400040013625740974.jpg
画像、お借りしました。

このテントは、側面を開けた時の開放感が、すばらしい。
立てやすくて、居住性も申し分なくて、
デザインの良さはもちろんですが、他にない小技が利いたテント(らしい)で、
人気があるのも頷けます。
唯一の弱点でもあるスカートが無い件は、私がミシンでサクッと縫えば済む話ダ。
(イイキッチャウ?
昨年秋に数量限定で出ていた、レイサのスペリオール情報を逃し、
今年もベージュが出ないかと、再販を期待しています。
レイサのグリーンもいいけれど、やっぱり私はベージュがいいのだ。
スペリオールのフライシートのリコールでは、メーカーの神対応があったそうで、
そんなこんなで本格生産になりはしないかと、しぶとく待っているわけです。

オガワさんのロッジにも一時心が揺れました。
職人気質なテントという感じで、居住性抜群。
ただ、色と重さがネックでした。
コールマンのコーストラインも良かった。
が、こちらはメッシュがなく、おまけにグランドシートと一体で、
相当蒸れそうな予感が...。
開けるか閉めるかのどちらかしかないっていうのが、残念。
今回ツインピルツT/Cの現物を見て購入を見送り、
おかげで一番欲しいテントを待つ覚悟が出来ました。
それまでは、家にあるのを使って楽しめばいいねというのが今の段階での結論。

オットが秋に行きたいと言っているキャンプ場があります。
ちょっと遠いので、今まで敬遠していた所なのですが、
お客さんからも「あそこはイイヨー」なんて聞いてきたものだから、
昨年から行く気満々になっています。
そこは札幌より寒いようで、当初小型の石油ストーブを検討していましたが、
どうせなら薪ストーブをINしようか、といつになく乗り気な様子。
フルオープン&フルメッシュ&フルクローズと出来、尚且つ小窓で外の様子が
見えるピル&レイサは、秋のキャンプを楽しみにしているオットにも魅力的に
映るよう。

珍しく二人の意見が一致したところで、
再販のアナウンスを聞き逃さないよう、アンテナを張る日々です。
こんなに欲しいと思い続けたものが、今まで他にあっただろうかってくらい稀で、
寝る前に手を合わせたりもしていて。
我ながら泣けてくるのダ。^^
まっ、程々に夢見ていましょうかね。





posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| キャンプ道具 | 更新情報をチェックする