2018年07月21日

理想の五徳に出会ったかも

おはようございます。

どうやら北海道の梅雨も明けたようです。
本来北海道に梅雨は無いのですが、今年はずっと雨が続いていました。
そんなジメジメが続いていた最中、Pinterestでビビビッと来るアルコールストーブ用の五徳に出会いました。

Trail Hut さんの五徳です。

P7192527.JPG


P7192532.JPG


数種類の五徳の中から、トランギアに最適そうな、「Pot Stand Y」を選びました。
佇まいが美しく、ほぼ一目惚れ。


P7202612.JPG


3枚の脚を開くと、

P7202616.JPG


五徳に変〜身。

P7202561.JPG

この展開する感じ、何故だかガンダムを思い出しました。^^)

とても丁寧な作りで、畳むとコンパクト。
エバニューのチタンの五徳と比ベてみると、こんなサイズ感です。


P7202566.JPG


素晴らしい〜。


トランギアを乗せてみると、ぴったり、しっくり。


P7202572.JPG


安定感が増すように、絶妙な形状になっているのだと思われます。


P7202574.JPG


また、底上げされているおかげで、熱でテーブルを傷める心配も減りそうです。
素晴らしい〜。


念願の火消蓋もバッチリ被せられました。

P7202584.JPG


素晴らしい〜。

エバニューのチタンの五徳も、軽くて美しくて素晴らしいのですが、

P7202579.JPG


残念ながら火消蓋が被せられません。



シェラカップや、

P7202593.JPG


チタンカップ400FDを乗せてみます。

P7202606.JPG

良いよい。
早く使いたいナ。

因みに風防は、EPI(イーピーアイ) ウインドスクリーン A-6502を使用します。

キャンプで手焙煎をする時に使っているものです。
イワタニのミニカセットコンロにギリギリ使えるサイズなので重宝しています。

P5091341.JPG

やや大きくて重たい分、安定感はバッチリ。
オートキャンプなので、風防はこれでヨシとします。


五徳にもケースが必要ですね。(ケース好き)
コーヒー用のアルミ蒸着のクラフト袋と窓付き袋をリメイク。
ミシンで縫いました。

文字は印刷。(似た書体が見つからなかったのでフォントは適当に)

P7202682.JPG


中身が見えるのは、案外良いです。

P7202656.JPG


100均のアルミのTOOLケースに、

P7202643.JPG


2種類の五徳とスライドガストーチが、

P7202667.JPG


収まりました。

P7202660.JPG

五徳のケースは、カチャカチャ音と、ガストーチの傷よけを兼ねています。

元々アルストはオットへのプレゼントでしたが、ケースを作ったりフタに取っ手を付けたり、世話を焼いているうちにだんだん愛着が沸いてきて、今や主がわからなくなってきました。
キャンプ道具のパッキングは私の担当なので、カスタマイズし放題です。(^o^)


UL系の道具には、知恵と工夫が沢山詰まっていますね。(優しさも)
そんな丁寧に作られた道具を手にすると、何とも言えず幸せな気持ちになります。
アウベルクラフトさんの手回し焙煎機と同じくらい、こちらの五徳に感動しました。
大事にガシガシ使わせていただきます。





posted by マメコ at 09:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

ベルギーから、「風になる♪」

ベルギーの街角。
素敵なアレンジの、「風になる」。

https://www.youtube.com/watch?v=5sNnwjgYWLE&list=RD5sNnwjgYWLE


今夜は、ベルギーとイングランドの3位決定戦ですね。

ベルギー、頑張れ!




posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

アルコールストーブのケースを自作

雨降りの午後、ちまちまと小物ソーイングなど。
トランギアのアルコールストーブに、ケースを作ってみました。








使用した生地は、厚手のナイロンオックス生地。





丸い形の小物を縫うのは少々難しいのですが、四角より丸い方が収まりがいいし、何たってかわいいよね?と無理くり丸形にしてみました。
ナイロン素材はちっとも伸びないので、カーブを縫うのに大苦戦。
それでも小さなものは作っていて楽しく、半日で完成しました。


カネゴ〜ン。




火消蓋に付けた持ち手が出っ張る分、高さに余裕を持たせて作りましたが、もう少し背を低くしても良かったかな。





◆◆ ◆◆◆ ◆◆


久しぶりに晴れ間が見えた日、美笛でデイキャンプしてきました。
美笛についたら生憎の曇天、時々晴れ。
贅沢は言いません。


P7122467.JPG


久しぶりに2日連続の晴れ予報だったので、
美笛は沢山のキャンパーさんで賑わっていました。
ソロのおじ様が、ツインピルツタイプのテント(多分海外幕)を張っていたり、若者3人組がコンパクトでかっこいい空間を作っていたり、皆さん思い思いの世界感を醸し出していて、そんな様子をチラチラっと眺めるだけでも、とても楽しいのでした。


珍しく湖畔近くのグッドポジジョンが空いていたので、今回は砂地に張りました。

昼食は焼き肉をして、後はただただ、ノンビリ。


P7122473.JPG


先日プチ改良をしたコーヒーバネットとカリタのウノトールで、コーヒーを淹れてみました。
コーヒーバネットのシリコン加工は、ばっちりでした。(^^)/



P7122478.JPG


P7122486.JPG


バネットはお湯の落ちが良く、かと言って薄いコーヒーになるわけでもなく、とっても優秀。
同じコーヒーを使っているのに、ウノトールの方より美味しく感じます。

さてと、アルストの試運転をば。


P7122493.JPG


アルコールをほんの少し入れて、着火。

P7122489.JPG


日中の屋外では火が付いているのかよく見えず、一瞬火傷しそうになりヒヤリ。
ちゃんと燃えていました。

この五徳を乗せると、火消し蓋が被せられません。
火を消すために熱々の五徳を持ち上げるのは、ちょっと危ない感じがしました。(ワタシ的に)
アルコールを使い切る調理法なら、この五徳は最高なのでしょう。

数分の燃焼でしたが、アルストの底はかなり熱くなっていました。
下に敷いたステンレスのトレーもアッチッチです。

winpy jijiiさんの最新動画は、アルストの五徳の話し。

やっぱりそうか〜。
他の五徳を探すかな。







posted by マメコ at 16:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

コーヒーバネット プチ改良

こんにちは。

大雨の爪痕が徐々に明らかになり、自然の猛威におののくばかりです。
被害に遭われた方、被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

札幌も蒸し暑かったり、大雨が降ったり、急に冷え込んだり、おかしな天気が続いています。
そんな中、キャンプ道具のプチ改良をしてみました。
私たちがキャンプでコーヒーを淹れる時に良く使うのは、ユニフレームのコーヒーバネット。
針金で出来たドリッパーです。


P7072359.JPG


いつから家にあったかな〜?と思うほどの古株で、
きっとこの先も壊れず錆びず、ずっと使い続けられるような気がしています。
単純な作りですが、美味しくコーヒーが淹れられ、携帯にもとっても便利。
そんな頼もしいバネットにも、弱点があります。
接地部分が少ないため、マグカップなどの上でツルッと滑りやすいんです。


P7072356.JPG


風が強く拭いたり、うっかり手が当たってしまうと、ひっくり返ったりもします。
ここだけが、唯一残念。

そこで、マグの上での安定感をアップさせるために、シリコンチューブを装着してみました。


P7072363.JPG


4mm(内径2mm)のシリコンチューブを9cmに3本カットして、上側から通していきます。
この時、オイルをチューブの中に少量垂らしておくと、スルスルっと通ってくれます。


P7072381.JPG


マグに乗せてみると、吸い付くようなフィット感。
ガタツキもなく、安定感が増しました。


P7072383.JPG


少し厚みが出ますが、一応畳めます。


P7072387.JPG














posted by マメコ at 12:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

しんちゃん、お疲れ様

クレヨンしんちゃんの、しんのすけの声を27年に渡り担当してきた声優さんが、先週の放送分をもって降板されました。

声優の矢島さんは、実は中学2年(川崎市のM中)の時の同級生です。
彼女は多分同期で一番、いえM中卒業生一の出世頭かと。^^
9期下には、川崎フロンターレのJリーガーもいたのですがね。
矢島さんは当時演劇部で、弁論大会の彼女はまるで何か乗り移ったかのような、そんな迫力がありました。

しんちゃんの声が矢島さんだと知ったのは、随分後になってから。
控えめな印象だった彼女が、おふざけな5才児のしんちゃんを演じている、そのギャップに驚きもしたし、感動しました。
多分みんなも誇りに思っていたことでしょう。

あのしんちゃんの声がもう聴けなくなるのは、寂しい限りです。

長い間楽しませてくれてありがとう。
お疲れさまでした。







posted by マメコ at 17:10| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

いちご狩り

夏至を過ぎ、季節は夏へと向かっていますが、
ちょっと季節外れな、いちご狩りをしてきました。

露地物のいちごです。

P6202239.JPG



場所は札幌南区の八剣山果樹園さん。
毎年とうもろこし狩りでおじゃましています。
いちご狩りは今回初めて。
先週の金曜日から2018年のいちご狩りがオープンしています。
朝電話で確認したところ、「早めにお越しください」とのことで、支度もそこそこに急いで向かいました。

10時前に到着。
一人、1.000円。
パスポートを首にぶらせて、畑へ向かいます。


P6202259.JPG


P6202230.JPG



遠目だとあまり実がなっていないように見えますが、近付いてみるとあるわあるわ。(喜)


P6202255.JPG


見えるところにも、葉っぱの下にも、沢山の赤いイチゴさん。


P6202220.JPG


P6202231.JPG



P6202248.JPG


見つけるのが楽しくて、ついつい採り過ぎてしまう。


P6202226.JPG


多分、40個くらいは食べたと思います。
オットはもっと食べたらしい。



11時過ぎに畑から戻ってきたら、この日の受付は終わっていました。

P6202264.JPG


週末はオープン前(9時)から並んでいて、定員になったら受付終了になるそうです。
早目がオススメです。


八剣山果樹園さんは、
7月にはサクランボ狩り、


P6202261.JPG


9月にはとうもろこし狩りが楽しめます。
無農薬のとうもろこしがナント、1本80円。
甘くてとっても美味なので、これを何より楽しみにしている我が家。^^


帰りにすぐ近くのカフェ「あゆんぐ」さんに立ち寄り、パンを購入しました。

P6202269.JPG


安・近・短の、美味しい休日でした。








posted by マメコ at 12:07| 北海道 ☔| Comment(0) | 北海道 LOVE | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

初めてのアルコールストーブ

現在キャンプ道具のスリム化を目指しておりまして、コンパクトで携帯に便利な、アルコールストーブを手に入れました。

トランギアのアルスト。
一応オットへの父の日のプレゼントです。
と、その前に勝手に開封&カスタマイズ。(^^)


P6132190.JPG


P6132192.JPG


P6132198.JPG


何故か底に糸がはさまっているのですが、これってゴミですか?
要るもの?(一応そのままにしておこう)


アルスト愛好家の皆さんに習って、火消蓋に取っ手をつけてみます。

本当はjijiiさんが販売されている取っ手が欲しいのですが、金属にドリルで2mmの穴を開けるという工程は私には少々ハードルが高いので、今回はプチカスタマイズでお茶を濁しておきます。

真鍮製のアルストは、新品のうちは金ぴかでとてもキレイ。
ダ〇ソーのリーンクリップ(M)の持ち手を使いました。(本当はLが良かった)


P6112138.JPG


P6112168.JPG


クリップをばらして、穴に引っ掛けただけ。


P6112155.JPG


裏はこんな感じ。


P6112147.JPG


裏側で干渉するので、少しすき間が出来ます。

なので、使う時も、

P6132215.JPG


畳む時も、

P6112166.JPG

御覧の通り、ぴったりとは収まりません。
取り敢えず持ち手付けておいたよ、というやっつけ仕事に見える。(実際そう)
アルストが、おままごとチックになってしまいましたが、持ち手の仕事はしてくれそうです。
ちょっと短めなので、引き続きリーンクリップのLサイズを探します。


手持ちの「カマドスマートグリルB6」で使う予定ですが、
別に五徳があれば更に便利そうなので、エバニューのチタン五徳(大きい方)も入手しました。


P6132181.JPG


P6132186.JPG


この五徳、とっても軽く仕上がりもきれいで、機能美を感じます。


P6132206.JPG


ただこの五徳を使うと、火消蓋は使えない事に気付きました。
熱々になった五徳を掴むモノが、何か必要ですね。






posted by マメコ at 14:53| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

美笛キャンプ場で、手焙煎

お久しぶりです。

昨夜、札幌の一大イベント「YOSAKOIソーラン」が閉幕しました。
大賞は、「夢想漣えさし」。
次男の大学の友人がここに所属していて映るかもというので、TVの前で観覧。
何度かその子が映り、コレコレ!なんて言ってたら、まさかの大賞でした。
おめでとうございます。
一体感があって、かっこよかったです。


先日、美笛でデイキャンプをしてきました。
平日の10時頃に到着しましたが、割と空いていました。
コーヒーの手焙煎を予定していたので、風の影響を受けやすい湖畔は避けて、少し下がった木立の間に陣を構えます。


P6062064.JPG

この日は24度、爽やかで気持ちのいいお天気でした。
デイキャンプはタープを張るだけで荷物も少なく、設営もあっという間です。

お昼まで時間がたっぷりあるので、少しノンビリしてから焙煎に取り掛かります。
今回はマーベラスで焙煎してみます。


P6061994.JPG


豆は、コロンビアのカフェインレス。
カフェインレスは通常の生豆より色が濃く、引き締った感じです。


P6092130.JPG


P6061997.JPG



マーベラスでアウベルさんの焙煎機をセットするには、別売りの普通の五徳をはめ込まないといけません。
でもこうすると、火が遠くなってしまうんですね。


P6062002.JPG

ならばと、特殊な五徳部分をパッカーンと開けまして、直接普通タイプの五徳をセットして焙煎することにしました。
これだと若干火が近い感じですが、取り敢えずやってみましょう。



P6062010.JPG


カフェインレスは下処理がされているため、チャフは殆ど出ません。
焙煎中の香りもそこそこ良く、これは期待できそう。
なんて呑気にクルクル回していたら、
やはり火が強かったようで、どんどん焙煎が進み、8分くらいで慌てて煎り止めとしました。
おかげで、コロンビアがイタリアン並みの色黒さんになってしまいました。


P6062019.JPG


焙煎は火加減が何より肝なのですが、これがなかなか難しいです。
どんな熱源でも温度を一定に出来るよう、何か工夫が必要ですね。

* 翌日飲んでみました。
  意外や意外、飲みやすくて昔飲んだ物足りない感じのカフェインレスとは全然違って、普通に美味しい深煎り豆の味わいでした。


この時期はまだ虫もいなくて、気持ちのいいデイキャンプとなりました。
やっぱり美笛は最高に気持ちのいい場所です。
近くには女性のソロキャンパーさんがいました。
夕方になるとソロの男性が次々といらして、湖畔に小型のテントが立ち並びました。
そんな設営の様子を眺めているだけでも楽しいものです。
「今夜ここに泊まる皆さんが羨ましいね」なんて言いながら、16:30頃には撤収して帰路に着きました。

次回は一泊したいものです。







posted by マメコ at 10:12| 北海道 ☔| Comment(2) | キャンプ | 更新情報をチェックする