2020年01月17日

円山教授さんで旨々カレー

円山教授さんに行ってきました。
昨年から気になっていたカレー屋さんです。

お店の前の駐車スペース(2台)は埋まっていたので、少し離れたタイムスに停めました。

P1156892.JPG

P1156894.JPG

P1156895.JPG

BEST3は、浜カレー、痺れチキンカレー、野菜ポークカレーだそうです。
フムフム。

13時を過ぎていたので、待たずに座れました。
店内はとても個性的な作り、ワクワクします。

P1156891.JPG


テーブルから凄みを放つ教授。(笑)

P1156879.JPG


SNS限定の鶏サバカレーに惹かれていましたが、こちらは既に終売だったので、
オットは野菜カレーの辛さ3、(野菜ポークにすればいいのに...。)
私は浜カレーと煮込んだ浜カレーと悩んで、浜カレーの辛さ4に。
ライスのサイズは(小・中・高)から選べるとの事で、お腹を空かせていた私たちは高を注文。
その分ルーも少し増えるとの事でした。(喜)
その上の大(大学?)になると追加料金がかかるようでした。

待つ間、楽しいメニューを眺めたり、historyを読んだり。
6月になったら本店でもある積丹(美国)の田村岩太郎商店に海鮮丼を食べに行ってみようなんて話しているうちに、カレーが運ばれてきました。

オットの野菜カレー。
美しい盛り付けですね。

P1156881.JPG


私の浜カレー。
こちらも美しい。

P1156882.JPG

P1156884.JPG

魚介のエキスが溶け込んでいて、とっても美味でした。
牡蠣とひき肉のカレーも、一番美味しいと書かれていた煮込んだ浜カレーも、痺れチキンカレーやSNS限定カレーも気になります。
また行かなくちゃ。

オーナーさんのメッセージがふんだんに盛り込まれた、楽しくて美味しい素敵なお店でした。








posted by マメコ at 12:42| 北海道 ☔| Comment(0) | 美味しい北海道 | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

ぷーさんに関する反対署名

今年の春、国賓での来日を予定している、C国の国家主席。
それに反対する署名ができます。

国守衆ホームページ  https://kunimorishu.jp/

なぜ反対か、下の動画でわかりやすく説明してくれています。

「呼ぶな、呼ぶな、呼ぶな、習〇平呼ぶな、国賓招待なんてあり得ない ♪」




C国の恐ろしさは、
チベット問題や、




ウイグル人への弾圧、




香港のデモの弾圧などから、日本国民も少しずつ知る事となって来ていますが、

実は日本(北海道や沖縄)への浸透工作も深刻です。
アイヌ利権とセットで進みそうで本当に危険。



この浸透工作は日本のみならず世界中で起きているようですが、
世界はこの事実に気付き、手を打ち始めています。

ITとIRの繋がり。



機関銃トークの萌絵ちゃん、賢くてかわいい。
難しい横文字だらけでチンプンカンプンではあるものの、諸々危ない事になってることは理解出来ました。

さて、日本はどうする?
日本はマスコミも議員も官僚も経団連もあてにならないのが現状だけれど、
わたしたちは内なる敵からこの日本をどう守ればいい?

追記 内なる敵の皆さま。
K国C国べったりの、この3〇〇トリオの選挙区ってどこなんでしょうね?
N氏・N氏・K氏、調べたらすぐわかりますね。
右のお方は、坂東さんです。


もう勘弁して〜。

お正月に読んだ矢作先生と並木さんの共著本に、少しですがC国に関する記述がありました。


失われた日本人と人類の記憶

ウィグル人への弾圧は「レアアース」と関係があるようで、
そして近い将来起きるであろう崩壊についても触れていましたョ。
2024年頃だったかな〜。
経済問題が引き金となるのか、それともあれか?三峡ダム?


私は今、派手にちゃぶ台返しをしたい気分です。

「呼ぶな、呼ぶな、呼ぶな、習近平呼ぶな、
 国賓招待なんてあり得ない ♪」


気概のある日本人のパワーの発動を信じたい。
集合意識こそパワー。





posted by マメコ at 14:21| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

2020年のお正月

明けましておめでとうございます。

P1016798.JPG

今日までお休みの方も多いでしょうか。

年末から年始にかけて札幌は大荒れの予報が出ていましたが、幸いなことに大きく外れ、とても穏やかなお正月でした。
長男も帰って来ましたので、家族で久しぶりにトランプ(ナポレオン)なんぞして初笑い、珍しく沢山お酒も飲んでいい気分になった数日間でした。

初のワンプレートおせちは、新鮮で良かったです。
オットが盛りつけを手伝ってくれて、

DSC00913 - コピー.jpg


おせちが苦手な次男も、珍しく完食。

P1026855.JPG

器のチカラは大きい、と実感したのでした。(喜)

ひとつ反省点。
煮物が濃い色になってしまった。
いつものお醤油なのに、やけに黒々してます。すまぬ。
来年こそは白しょうを使ってみるかナ。

P1026857.JPG


3日の朝、駅伝の復路のスタートを見届けてから、北海道神宮に初詣でに出かけました。
今年は正面の鳥居をくぐりました。
例年裏の駐車場に車を停めて裏の鳥居をくぐっていましたが、正面から入って参道を歩くと何とも気が引き締まる思いがします。
神様にご挨拶をして今年の抱負をお伝えして、おみくじを引いて、お札を購入して。
参拝で冷え切った体を温めるため、神宮前のスタバに寄って窓際の席でコーヒーを飲みながらしばし日向ぼっこ。

いつもとちょっと違う事をしてみた2020年のお正月でしたが、なかなかいいものでした。

思いがけず札幌にオリンピックがやって来ます。
色んな意味で楽しみな2020年。
目いっぱい味わって、愉快に過ごしたいものです。

本年もよろしくお願い致します。






posted by マメコ at 11:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

奥田章さんの企画展

クリスマス明けの26日の朝、江別の蔦屋へと車を走らせました。

26日から陶芸家奥田章さんの企画展が始まります。
蔦屋のオープンは、8:00。
家を出たのは、8:30。(遅い!)

前の晩に少し雪が降り、終始ノロノロ運転。(私の問題)
昨年も奥田さんの企画展は人気だったと聞いていたので、内心ハラハラしながら江別を目指し、蔦屋に着いたのは9:30でした。

駐車場にはすでに数十台の車。
皆さん奥田さんの器目当て?と少し焦りつつ食の棟に入ると、奥田さんの特設コーナーが目に飛び込んできました。
あった、あった。
素敵な器がきれいに展示されています。
周囲には誰も居ません。(スタバがやけに混んでいました)
おかげでゆっくり手にとって見ることが出来ましたが、お目当ての浅どんぶりは見当たらず。

それでも欲しかったポン酢ボウルを一つ購入する事が出来ました。
とっても渋くて趣があります。

外側はザラザラしていて親指がくる所に凹みがあり、持ちやすくデザインされています。

PC276769.JPG


PC276771.JPG

裏には文五郎窯の「文」のマーク。

PC276766.JPG

意外なほどに軽いのです。
鍋用のポン酢やドレッシングなど、沢山出番がありそう。
他に浅いタイプや小さいものもありました。

意中の浅どんぶりは、多分このポン酢ボウルと同じシリーズ。
ご縁を信じてじっくり待とうと思っています。










posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

フライパンの柄

記録的な雪の少なさが続いている札幌から、コンニチハ。

雪かきに時間を取られず、買い物や用事もサクサク済むので助かっていますが、
そんな幸運もそろそろお終いみたいです。
30・31日あたりにドカーンとやってきそうなので、それまでが勝負だ。

そんな年の瀬に、母がフライパンの柄を派手に焦がしてしまいました。
ガス台に乗っていたフライパンの柄に火が当たっているのに気づかず、調理を続けていたようです。
本人鼻がつまっていて、匂いがわからなかったらしい。(危ない)

私が帰宅すると、家中に樹脂が燃えた嫌〜な匂いが充満していて、一時は大変な騒ぎに。
寒さに震えながら窓を全開にして、3日間全ての換気扇を回し続けてようやく収まりました。

今回焦げてしまったのは、柳宗理の鉄のフライパンの柄。
がっつり燃えた後が痛々しいほど。

PC246728.JPG

5年くらい使っているのでもうフライパン自体かなりくたびれていますが、
目玉焼きやオムレツを焼くのにとても重宝していたので、出来れば柄だけ取り換えて使い続けたい。
近くにある取扱店(雑貨屋さん)に聞いてみましたが、部品の取り寄せはしていないとのこと。
札幌のデパートでも取り寄せが出来るようでしたが、時間がかかりそうだったので、大元の日本洋食器(株)さんから取り寄せる事に。
部品代より送料や手数料のほうが高くつきました。

送られてきた柄と金具。

PC246725.JPG

新品のオーラを放っていますな。

PC246736.JPG

柄の穴に金具を差し込んで、

PC246738.JPG

柄の中に通っている長いネジを、
本体から出ているこの金具の穴にねじ込むとしっかり固定されます。

PC246741.JPG


PC246744.JPG

柄だけピカピカ。(笑)
貴重な戦力、取り敢えず使えるようになって良かった。





posted by マメコ at 11:25| 北海道 ☔| Comment(1) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

鏡餅のおざぶ

先日購入したムクガラスの鏡餅。
飾る日が待ち遠しくて何度も箱から出して眺めてはまたしまって、を繰り返しています。

PC086618.JPG

このままでも十分可愛いのですが何か敷きたいなと思い、お座布団作ってみました。
手芸屋さんで丁度良さそうなちりめん布を見つけたので、

PC176674.JPG

キルト綿を挟んでチクチク縫って、ミニ座布団完成。

PC196690.JPG


PC196703.JPG

あら、カワイイ。
更にお目出度さがUPした気がします。

PC196707.JPG

こっちの向きの方が収まりがいいかな。


明後日は冬至ですね。
冬至を境に徐々に日が伸びていくのは、これから厳しい冬に突入する北国暮らしには、とても嬉しい事です。

が、今年の冬は札幌も暖かい日が続いていました。
おかげで11月以降何度か雪は降ったもののすぐに融けて、ナント現在積雪ゼロ。
この時期に道路にも庭にも雪が無いのは、多分初めてじゃないかな。
転ぶ心配もスリップの危険もなく、とっても助かっています。
おかげで気持ちも明るい。(笑)

これから嫌と言うほど降るでしょうけれど、この時期に安心して動き回れるのは本当にいいものですね。
キーンと寒いのに雪がないこの感じ、安曇野(長野)を思い出しました。






posted by マメコ at 14:46| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

お正月の準備など

コンニチハ。

2019年も残すところ1ヵ月を切りましたね。
実に早いこと。
特に11月はあっという間に過ぎて行ったように思います。

プチリフォームをきっかけに、急にあちこち気になり出して、
今までずっと放っていた場所に手を加え、DIYに励む日々です。

そして、令和最初のお正月がとても楽しみで。(いつもと変わらないけど)
新しい事をしてみたい思いが秋以降モリモリと大きくなって、初のワンプレートおせちに挑戦してみようと思っています。
半月盆から始まり、箸置き、豆皿や小鉢、清酒グラスなど細々と買い足してみました。


PC106669.JPG

中でも特に気に入っているのが、瓢箪型の小鉢。
深さのある瓢箪型は、お目出度さもありつつ普段使いもしやすそうです。


--------------------------------------------------------


お正月に欠かせない鏡餅も新展開。
例年スーパーで購入したのを飾って、結局食べることなく廃棄してしまうことが多くて心苦しく感じていた鏡餅。
勿体ないし、でもプラスチックの容器が嫌だし、どうも気が進まないアイテムの一つでした。

時期的に、雑貨屋さんやネットショップなどで木製やガラス、珪藻土の鏡餅を見かける事が増え、そうかその手があったかと、繰り返し使えるガラスの鏡餅をお迎えすることにしました。


PC086618.JPG

創作ガラス寺田さんのムクガラスの鏡餅です。(creemaで購入)

ずっしり重い鏡餅ですが、ガラスの中に雲母が含まれていて、キラキラしてとても綺麗。
水引き(ゴムで取り外し可)も沢山のパターンがあって、選ぶのも楽しい。
三方台もセットで付いてきます。

28日に飾るまでまだ日があるので、
台とお餅の間に、千代紙や和紙など何か敷いてみようかなと思っています。


あと一つ、
鉄製のすき焼き鍋を新調する予定ですが、及源か岩鋳か釜定で迷っています。
餃子にも使えるすき焼き鍋。
スタイリッシュな釜定か、蓋つきの及源か岩鋳か。
早く決めないと売り切れてしまうーと思いながら、まだ迷ってます。
急がないと。




posted by マメコ at 12:05| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

瓢箪の箸置きなど

お正月の準備を始めています。
2020年のおせちはお盆にのせたワンプレートおせちにしようと思い、半月盆や小皿や箸置きなど注文しています。

まずは箸置きが届きました。
早速開封。
丁寧に包まれていて、手書きのお手紙が同封されていました。

PB096528.JPG

ガラス製の瓢箪の形の箸置きです。
お正月用に、おめでたいゴールドとシルバーを2ケずつ購入。

PB096530.JPG

想像以上にカワイイ。

PB096539.JPG

ぷっくりした形とこの風合い、個体差があるのも手作りならではで、たまりません。(笑)

PB096537.JPG

ゴールドもシルバーも、どちらも眺めているだけで、おめでたい気分になります。





グリーンの入荷を待ち続けているのですが、
こうもかわいいと、全色揃えたくなりますね。


数年前器づかいの達人「ほ助さん」のブログに出会ってから、モニター越しですが器の素敵な世界に触れて、ほんの少し器に目覚めてしまいました。(笑)



家にはお返しでいただいお皿や伯母から引き継いだお皿が沢山あったので、自分の好みのお皿を揃えずにあるもので適当に済ませてきました。
その事に気付いた時、今更ながら私は愕然としてしまったのです。
何となく使うのと、選んで使う、この違いはかなり大きい。
これじゃいかんと、図書館で器の本を借り、ほ助さん情報やインスタなどから好みの器屋さんをリストアップ。
ほ助さんの真似はとても出来はしないけれど、自分なりに少しずつ器を選ぶようになり、楽しむようになってもきています。
器を変えるだけで美味しそうに見えるのですから、これには家族も文句を言いません。ウヒヒ。

まずは磁器や陶磁器の、扱いやすいお皿から。
白山陶器さんのカタログを取り寄せたところ、ネットやデパートや専門店などでよく見かける所謂売れ筋とは違うラインに惹かれました。
早速染付地紋シリーズを注文してみました。
量産品は買い足すことが出来るので何より安心。

料理の本を眺めていても器に目が行き、
料理番組でも器が気になり、
お蕎麦屋さんや和食屋さんでも、お皿の裏をこっそり見たり。(失敬)

次第にうつわ作家さんにも興味を持つようになりました。
作家さんものは一桁違うものと思い込んでいましたが、案外普通のお値段+αで購入出来るものもあり、
根気よく入荷を待ち続け、この秋ようやくお迎えする事が出来たのがコチラです。

久野靖史さんの、しのぎ楕円皿。(磁器)

PB106545.JPG

一見錆のように見える部分は赤銅色でキラキラしていてとっても綺麗です。おまけに軽い。

PB106550.JPG

とても気に入ったので、色違いサイズ違いもいつか...。(これを器沼と言うらしい)


12月には憧れの作家さんの個展が札幌近郊で開催されると聞き、
気忙しい時期だけど、万障繰り合わせて何が何でも行くのだ、と今からとても楽しみにしています。






posted by マメコ at 17:05| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする