2008年09月17日

ミニさっぽろ 子供お仕事体験

先日小学生の次男が学校から「仕事体験」のお便りをもらって来ました。
友だちと行くからチケット買っといてーと言います。
日頃この手のイベントには全く興味を示さないので、珍しいなと思いながら読んで見ました。

それは市が主催する小学3.4年生対象のお仕事体験でした。
「キッザニア」のミニ版のようなものでしょうか。

10/4.5の2日間、10:00〜4:00まで。
各日定員1.500名、チッケトは完全前売り制で500円。

当日、会場でチケットと交換で「市民証」をもらう。
それぞれの会社の仕事内容の看板を見てどこで働くか決める。

仕事内容は
市役所・消防署・税務署・気象台・銀行・テレビ局・航空会社・ホテル
建設会社・タレント・お花屋さん・ケーキ屋さん などなど

仕事が終わったら働いた会社からお給料をもらう。その名も「ドーレ」
ドーレを使って買い物や食事が出来るようです。
無くなったらまた働いてドーレを稼ぐ。
会場内は基本的に子供だけで行動のようです。

なかなか面白そうです。
2学年限定と言うのがミソですね。

チッケトは何とか購入できましたが人気があるようで早々と売り切れたみたいです。

息子は2年生の頃
「ボク、お相撲さんになりたいな」と突然言い出しました。
エェーッ?と心底びっくりしたのを今もよく覚えています。
小さいキミが、お相撲さん?
昨年の夏、札幌で大相撲巡業があったので見に行き、
間近に見た白鳳に兄弟で大興奮していました。
オーラを放ち、輝いて見えたた白鳳。

その後忘れた頃に「お相撲さんはやめたよ」と言って、この話は終わりました。
なんで、あんなことを言ったのやら?

背は小さいのですが、筋肉だけはなぜか立派で自慢のようです。
はだかでうろうろするのが好きな、チョイナルシスト。^^;






posted by マメコ at 12:36| Comment(0) | 子供 | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

図書館活用のススメ

最近私の住むところの図書館は大変便利になりました。

私の本の借り方は・・・
お気に入りのブロガーさん情報やアマゾンのレビューを参考に
借りたい本を選びます。

それから家のパソコンで市内の図書館の蔵書を検索。
(予約するには一度図書館でパスワードの登録が必要です。)
→あれば予約。
貸し出し中の場合は順番待ちをします。
予約が何人いて今自分が何番目にいるかわかります。

最寄の図書館になくても市内全域から予約した本を集めてきてくれるので、たいがいの本は借りられます。
ひとり4冊から10冊までOKになりました。手(チョキ)

この作業が全部家に居ながら出来ちゃうなんて本当に便利です。
極めつけは最寄の図書館に本が届いたら携帯メールにお知らせがくる事。
おかげで本は買わずにほとんど借りています。
バラバラに10冊も借りるとどれがいつまでに返すんだっけ??と混乱します。
でも大丈夫。ネット上で返却日を確認することも出来るんです。
友達に話してもこのシステムをほとんど知りません。ナント勿体無い・・。

おもに手作り石けんの本・手作り化粧品の本・お菓子作りの本・お料理本・時々子育て本(子供を賢くするには)など借りてます。
借りることで浮いたお金を材料購入にあてています。
何度も借りてやっぱり手元にあったらいいなと思うとき、ようやくお世話になったアマゾンで購入。

さてさて、これから予約していた圧力鍋の本を9冊借りて来るとしましょう。


posted by マメコ at 13:55| Comment(0) | 読書記録+おすすめの本 | 更新情報をチェックする