2009年03月16日

天然酵母のスコーン

昨日でようやく気がかりな仕事が片付いたので、
開放感に浸っています。バンザーイ!

先週から天然酵母のスコーン生地を仕込んで、冷蔵庫で4日間
低温発酵していました。

1日だとずっしり重く、4日だと軽くなるのだとか。
ベーキングパウダーで作るスコーンとどう違うのか、
楽しみです。

80409m.jpg

レシピは 「天然酵母でつくるお菓子」 より。


P1020007(1)(1).jpg


チョコチップとピーカンナッツを入れました。
一般的なスコーンのような腹割れ(オオカミの口?)は出来ませんでした。

見た目の通り、ずっしりと重く堅いです。


P1020016(1).JPG


外側はパリッとしていて、でも中はしっとり。
息子曰く、「外がミルフィーユみたいだ」

本当にそんな表現がピッタリかもしれません。
特に下のあたりがミルフィーユのようにパリッ・サクッです。

思い立ったらすぐにとはいかない作り方ですが、
4日待った甲斐がありました。

これは大好きな味です。


そうそう、昨日flumppol ホールツアーのチケットを
引き換えて来ました。

チケットを手にして改めて実感がわいてきました。
なかなか良い席でした。
中央より少し元気クン寄りです。

4ヵ月も先だから、無くさないように大事にしまっておかないと。



posted by マメコ at 10:17| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 手作りパン・手作りお菓子 | 更新情報をチェックする