2009年11月27日

干しりんご PART2

再び干しりんご。

少し前に、薄くスライスした干しりんごを作りましたが、ちょっとイメージと違ったので
リベンジしました。 (前回の記事はコチラ

「長野産のサンふじ」が出回る11月中旬頃までは、なかなか美味しいりんごに会えません。
シワイりんごばかり。
そんな時には干しりんごを作りましょう♪

今回は紅玉や秋映など3銘柄を使って、煮てから干すやり方にしました。
8等分にしたりんごを100%のりんごジュースで煮て、透き通ったら火を止め
お鍋の中で一晩寝かせます。


P1040537(1).JPG


お鍋から取り出したところ。
この状態でかなりトロトロのやわやわです。
品種によっては崩れやすいのがあるようです。 
そっと水気をふき取り、ネットに入れて干しました。

天気のいい日に外に干したり暖房をたいている部屋の中で干したりすること10日間。
初めの数日はほとんど変化が見られず、ただただじっと我慢です。
表面の色が少しずつ濃くなってきて、堅くなったら、おそらく完成です。
途中カビがはえるんじゃないかと、ドキドキしましたが、
大丈夫でした。


P1040598(1).JPG


一回り小さくなりましたが、半生で味が濃くて甘酸っぱ〜い、干しリンゴが出来ました。
とっても美味しいです。
密閉容器に入れて、大切に食べましょう。
前回のスライスタイプより、断然こっちのほうが美味しいです。
これが正解なのかはわかりませんが、ほぼイメージ通りのものが出来ました。

生のままでは美味しくなかったシワイりんご達が、見事おいしく大変身です。
サンふじで作るのは、ちょっと勿体無いかな。
春先にまたシワーイりんごに出会ったら作るとします。






ラベル:干しりんご
posted by マメコ at 11:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 手作りパン・手作りお菓子 | 更新情報をチェックする