2010年04月17日

錯覚の不思議

先日、次男と図書館に行って借りてきた本。

「視覚ミステリー」

P1050433(1).JPG


子供たちが小さい頃よく読んでいた、「ミッケ」に似たつくりなのですが、
とにかく不思議です。


例えば、粘土にスタンプを押したようなこの写真。


P1050439(1).JPG


本を逆さまにして見ると、アラ不思議・・・。


P1050440(1).JPG


何故だか凸凹が逆に見えるんです。
チェスの駒もBも4もみんな、膨らんでます。

でも、周りの小物をじーっと見てから視線を移すと、今度は凹(へこ)んで
見えるからまたまた不思議です。
凹んだと思ったらまた出っ張って。

自分の脳が一瞬にして見方を変える、その瞬間が不思議でたまりません。


もう一枚。


P1050444(1).JPG


木片が散らばって見えますね。
逆さまにしてみるとまたまた不思議・・・。


P1050443(1).JPG


森の動物が現れました。
これもじっと見ていると・・・、
また木片が見えてきて、また動物に戻ってしまう。

一瞬で錯覚を起こす脳。

とても不思議。

そして、よく出来てるなぁと関心したのでした。



posted by マメコ at 13:43| ☁| Comment(2) | 読書記録+おすすめの本 | 更新情報をチェックする