2010年07月28日

先祖供養

最近、友人にすすめられて先祖供養を始めました。

これは宗教とは一切関係なく、家系のご先祖様への感謝供養です。
(私の実家はキリスト教で、主人の実家は日蓮宗です。)

今まで途切れることなく自分や子どもたちまで脈々と続いてきたこの血のつながりは、当たり前のようでいて、決して当たり前ではない奇跡です。

どんな家系も、辿っていくと膨大な数のご先祖様に繋がっていきます。
中にはこの世に生まれて来る事が出来なかったご先祖様もいるでしょうし、若くして亡く
なったご先祖様もいるでしょう。
そんな面識もない何代も前のご先祖様に思いを馳せ、今この世に生きている私たちが、
感謝してお線香を手向ける事が、何よりの供養になるのだそうです。

お金もかからず、家の中で毎日出来る供養です。
短冊に「○○家先祖代々の霊位」と書きます。
今現在名乗っている姓での供養になります。
そして、毎日3本のお線香を立てて、感謝の言葉を唱えます。

お線香の
一本目が主人の父方のご先祖様。
二本目が主人の母方のご先祖様。
三本目がその他の諸々の霊の方々。
私の実家やご先祖様は、三本目で供養する事になります。

時間にしたら2分ほど。
主人の出勤前に二人で手を合わせています。

先祖供養の詳しいやり方はコチラです。
図解はコチラ

先祖供養を始めて一ヶ月くらい後に友人と話をした時、「ちゃんと届いているからね」と言われました。
ささやかな本当に毎朝数分の私達の供養が、ご先祖様に届いていると言うのです。
そして、カーテンを揺らしたり家の中の音を鳴らして「届いてるよー、ありがとう」と伝えてきてるよ、と話してくれました。

嬉しいけれど、不思議でした。

先祖供養は、人気ブログ「伊勢白山道」のリーマン氏が有名です。
オカルトだ、呪詛だと言う人がいるのはわかっています。
友人から勧められたから始めただけ。
リーマンさんのブログはあくまでも参考程度です。
ただ、友人から聞く話とリーマンさんの話に共通する事がとても多いのは驚きです。(もちろん別人)

入院中の母のために、遠くに住む姉や弟にも一緒に先祖供養しようと勧めてみようと思います。
特に弟が先祖供養をすれば、二本目で母方の家系を手厚く供養出来るのですから。

つまり、多くの人がこの供養をすれば、幾重にも重なって日本中の多くのご先祖様の供養が出来るという事になります。
親戚みんなにすすめたいくらいです。

こういうものは人に言われてやるものではなく、自分の意思で始めるのがいいのでしょうね。
多少キッカケは必要かも知れません。
姉弟達がやる気持ちになってくれるまで気長に待ちたいと思います。
100均でだいたいのものは揃うのですが、短冊立てだけいいのが見つからず苦労ました。
初めは空き箱に切り込みを入れて短冊立てにしていましたが、ケヤキの素敵なものを見つけました。
ついでに弟の分も一緒に購入。
購入先はコチラ
手作りという事ですが、とても丁寧な造りで、短冊がぐらつかずに自立するように、薄い木片もセットされていました。
お値段以上の良いお品だと思いました。

足元(土台)が引き締まると、ちょっと立派になったみたいで嬉しいのです。
ご先祖様も喜んでくれているかな?

毎朝ご先祖様に感謝しながら、逆に自分たちが守られているようなそんな心地良さを感じています。





posted by マメコ at 16:11| 北海道 ☁| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

面白かった本 その2

またまた本のご紹介です。
友人の影響で、不思議な世界の存在を理解し信じるようになりました。
その繋がりで図書館で借りた本です。

この本は著者がアカシックレコードにアクセスして書き上げたのだそうです。
アカシックレコードとは、地球上の歴史が事細かく記録されていると言われているモノです。
一部の能力者は、そのコードにアクセスし、読み取る事が出来るのだとか。

   416RJ468T7L__SL160_.jpg    霊的見地から見た日本史 

平岩浩二著
ナチュラルスピリット (2006/03)

日本史には神武天皇があるお方を奈良の三輪山に黒魔術によって封印をした話や、聖徳太子や足利氏。
源義経=ジンギス汗同一人物説の詳しい記述なども出てきます。
著者によりますと、日本の近・現代史は身内や本人が実在するうちは危険なので書けないとの事でした。


41pDzs2BnVL__SL500_AA300_.jpg霊的見地から見た世界史〈上〉

平岩浩二著
ナチュラルスピリット (2007/08)


4146Bder5FL__SL500_AA300_.jpg霊的見地から見た世界史 中

平岩浩二著
ナチュラルスピリット (2009/2/5)

世界史には大昔の話から、イエスキリスト、ジャンヌ・ダルクやシェイクスピア、ラファエロ、チャングムまで多彩な顔ぶれが登場します。
世界史の(下)が待ち遠しい限り。

あくまでも「アカシックレコード」を根拠としているので、ここに書かれている事が事実であるとの証拠はありませんが、信憑性は別にしても読み物としてとても面白かったです。
ワクワク間違いなしです。
ただ、頭から否定する人は読まないほうがいいでしょう。(笑)
こういう世界を楽しめる人にはオススメです。

友人は、アカシックレコードよりインドの葉に記された膨大な記録のほうが信憑性が高い、と教えてくれました。
インドのとある山奥に、世界中の全人類の記録があると言うのです。
そこにたどり着いた人だけが、その葉に書かれた自分の過去や未来を知る事が出来るのだそうです。
その人が来る時期までも決められているのだとか。(予言されている)
ただ、多くの人はどんなに探してもその場所にたどり着けないんだそうです。

本当に不思議な話ですが、私はまるっと信じております。
友人が本物だと信じているからこそです。(笑)

これからの時期、時代の流れは「OPEN」だそうです。
今後、今まで封印されてきた様々な事柄が明らかにされていくそうです。

「事実は小説より奇なり」
先入観を捨てて、ありのままを受け入れる準備が必要です。

この世は不思議な事ばかり。☆





posted by マメコ at 11:09| 北海道 ☁| Comment(0) | 読書記録+おすすめの本 | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

面白かった本

特に面白かった本をご紹介。

ベンジャミン・フルフォード氏のお馴染みのトンデモ本です。^^;
石油利権に群がる支配者たちによって握り潰されてきた、革新的な技術の数々。
実現すれば人類にとって、地球環境にとっても夢のような技術だったはず。
一部、信用できる内容も含まれており、話半分の読み物としても充分楽しめると思います。


27000487.jpg

闇の支配者に握り潰された世界を救う技術

最近のベンさんは自身のブログで不動産の斡旋を始めたり、ロスチャのエージェントではないかと言われたり(そうかもと思える)で散々なのですが、中にはまともな事も書かれていると思いますよ。(苦笑)



お次は、上記のベン氏の本にも出てくる麻(大麻)の驚くべきパワーが詳しく書かれている
本です。

4828202773_09_MZZZZZZZ.jpg

麻ことのはなし―ヒーリングヘンプの詩と真実

戦前まで日本でも大麻の栽培が盛んでしが、戦後GHQが栽培を禁じたそうです。
大麻と言えば、すぐにアブナイ「麻薬」を連想しますが、実は人類にとってとても有益な植物なのだそうです。
麻酔の「麻」でもあります。
燃料にもなり、プラスチックも作れるのだとか。
まさに、石油に替わる夢のようなエネルギー資源としての可能性を秘めています。
また、太古から天皇家の大嘗祭など、祭祀の際にも用いられてきた貴重な麻。
麻を身に付けると波動が高まるそうですよ。

きっとどこかの誰かにとって都合が悪いので封印されたのでしょう。
日本国内で再び解禁される日が来るのか・・・、楽しみですね。
前半はいたって真面目で読み応えありで、後半は不思議な話が満載です。

私は大麻(ヘンプ)製品は使った事はないけれど、大麻よりしなやかなリネン(フラックス)のキッチンクロスを愛用しています。
他にも、フラックスの種を食用にしたり、体にいいと言われるオイルを摂取していました。

やっぱり「麻」って凄いんだ。





posted by マメコ at 10:14| 北海道 ☀| Comment(0) | 読書記録+おすすめの本 | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

不思議の国 日本

久しぶりのブログは書きたい事が沢山あって、でも上手く表現できない事も
沢山あり、悩んでおります。

自分の頭や心の中を表に出すのは難しい事ですね。

去年の夏から陰謀論にどっぷり漬かり、本当のことが知りたい一心で本を読み漁って
いました。
こんなに本を読み続けたのは、生まれて初めての経験でした。
市の図書館になくても諦めません。
道立図書館という手があるんです。
意外とそういうところにこそ読みたい本があったりして。(謎〜)
それ系(闇&陰謀)のブログも沢山あって、皆さんよくご存知でーと驚きました。

知れば知るほど無力感でいっぱいになり、無駄に正義感に燃えてみたり、トンチンカンな
勘違いをしたり、自分の幼稚さを痛いほど思い知りました。

陰謀論に夢中になってから1年後の私がたどり着いた答え。
今まで、この世のしくみを全く理解せずに生きてきた事を反省しました。
「無知は罪」だと気付きました。
でも、悪事を暴く事(外側)に大事なエネルギーを費やしてはいけない。
全ては、内側=自分自身の中にあるという事。

こう考えるようになってから、興味は陰謀論をスコーンと飛び越えて、人類誕生の不思議や日本の歴史、ご先祖様への感謝へと向かいました。

こんな風に書くと、変な宗教に関わったんじゃないかと思われるでしょうね。

特に何かを悟ったわけではなく、気付いたんです。
不思議なパワーを持つ友人の力も借りて、目の前が晴れました。
前世を聞いて今の自分を理解する事が出来ました。
ほんの少しだけ目を醒ましたような気がしています。
おかげで、毎日気分がいいのです。

この世は不思議な事ばかり。
何より私達の暮らす「日本」がとても特別で素晴らしい国だという事を友人から
教わりました。
神話や昔話はもしかしたら、ただのお話では無いかもしれません。☆

私の実家の両親や祖父母がクリスチャンで、どちらかといえば西洋カブレなところがあり、
日本的な行事・しきたりを大事にしてこなかったのですが、改めて「日本を学び直したい」と
思っています。

最近の日本の政治やマスコミはインチキばかりで本当にイヤになる事が多いですが、
それでも「日本」は素晴らしい国です。特別なものに守られています。
その日本に生まれてきた事に本当に感謝しています。
日本の不思議を知った今は、色々悩みがつきない人生だけれど、「それでも私は幸せだ」と思えるようになりました。

次回、読んだ本をご紹介します。






posted by マメコ at 15:18| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

久しぶりの更新

ブログの引越しを考え始めたのが5月のこと。
結局引越しが面倒になり、思うところも多少アリ、頭の中の整理がつかず、放置したまま
気付けば2ヶ月が過ぎていました。

またコチラで再開することにしました。

心境に変化アリで、今までと少し内容が変わってくると思います。
不思議な話もちょこっと、いえほとんどかも。
そして、この機会にmossan改め、マメコに改名しました。^^;

どうぞよろしくお願いいたします。


posted by マメコ at 12:32| 北海道 ☁| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする