2010年08月31日

龍神様

昨日、札幌は34度まで気温が上がりました。
8月末としては、観測史上最高の暑さだったそうです。
東北以南にお住まいの皆々様方におかれましては、毎日がそれ以上の暑さで、さぞやお疲れの事とお察し致します。

北海道の一般家庭にはクーラーなんぞ無いので、扇風機でしのぐよりありません。
無風で湿度が高く、夜も寝苦しくてかなりハードな一日でした。
札幌は通常、お盆を過ぎると秋風が吹き始めます。
そして、「今年の夏も終わりだねー」としみじみするわけです。時に寂しくもあり。

そんなセンチメンタルな気分もぶっ飛ぶこの暑さ。
この反動で超ド級の寒い冬が来るんじゃないかと戦々恐々です。
山火事で大変だったロシアで、まさかの雪が降ったなど言われていましたから。

さて、以前龍国日本の話をチラっとしましたが、近頃何やら龍にまつわる話があちこちで話題になっております。
「知っとうや?」さんや「天下泰平」さんなどで。

我が家でも(私だけ)龍騒ぎ?がありました。
それは今年の冬の事。我が家の雨どいに不思議な現象が起きました。
屋根の雪解け水が上手く樋を通らず、樋に沿って地面から2階の屋根まで巨大な氷の柱がドドーンと育っていたのです。
1人氷ばく祭り状態です。
よその家ではもちろんそんな事は起きていません。
後でわかったのですが、原因は屋根の雪を溶かすヒーターを入れ忘れていたからでした。
^^;

初めに見つけたのが私で、思わず「龍神様だー、白龍だー」と口走っていました。
家族からは「そんな風には見えない」だの、「お母さんアホだ」だの散々の言われよう。
でも、私には不思議と白龍に見えたんです。

後に友人に何であんな事言ったんだろう(思ったんだろう)と尋ねたら、自然界からのメッセージだろうと言われました。
白龍は自然神だから、もっと自然(空・風・土・生き物・植物など)に目を向けてという事だろうと。
ナルホド。

龍は本当は怖いものだから、見たと感じても喜んではいけないという説もあるようですが、私にはそんな怖いものには思えませんでした。

天下泰平さんの今日の記事はそんな私の体験を肯定してくれているように思えてとても嬉しかったです。

龍体の上、つまりこの日本に暮らす人々には何か特別な役割・使命があるようだと言われています。

天下泰平さんによれば、
「この日本において、龍たちが騒がしいのは、いよいよ大変革が迫っているからかもしれません。
ただし、この神は現在この国に封印されている状態です…。
龍たちの騒動、この国に封印されし大神が目覚める時が近いのかもしれません」と。

何やら、「選ばれし国ならではの宿命だ」とも書かれています。
富士山がどうかするのかいな?

北海道に移り住んで、ひとつ寂しい事。
それは、富士山が見えない事でした。
川崎にいた頃は、最寄駅に向かう途中から富士山が見え、静岡に住んでいた時は毎日、長野に住んだ時もたまに富士山を見る事が出来ました。
あの雄大で神々しい富士山。
どうかあの美しい姿のままでいてほしい。

そういえば、北海道には蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山があります。
こちらもキレイなかたちの山です。

大変革がいい意味で起きるよう願ってやみません。





posted by マメコ at 10:21| 北海道 ☁| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

ホボット氏と浅川氏の本

以前ご紹介した、ペトル・ホボット氏と浅川嘉富氏の対談本を読み終えました。

新刊のため図書館で扱いがなく、珍しく購入しました。

51nyfHDDtCL__SL500_SL135_.jpg

[UFO宇宙人アセンション]真実への完全ガイド (超☆どきどき)
浅川嘉富氏

とにかくすごい内容でした。
浅川氏が独自のルートで集めた情報を、能力者のホボット氏に一つずつ確認していく「インタビュー形式」で進んでいきます。
浅川氏自身も前世がシャーマンだったりで、只者ではない御仁のようです。
地上絵の秘密、ミステリーサークルの意味、フリーエネルギーの話、UFO、パラレルワールド、そして気になる地球の未来などなど実に盛り沢山。
そしてとても興味深かったのが、日本人の第3のチャクラについて。
ここでも、日本人の特異性に触れられています。

浅川氏が信じていた事が幾つかホボット氏に否定される場面がありますが、私も同じ部分で残念に感じていました。
友人から聞いていた話とホボット氏の答えが数箇所違ったからです。
例えばシャンバラについて。
真相はいかに。

昨日のジェシカさんの動画の内容と共通する話も書かれています。
こういう話に興味のある方には、おすすめの本だと思います。







posted by マメコ at 11:05| 北海道 🌁| Comment(0) | 読書記録+おすすめの本 | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

クリスタル・チャイルド

玉蔵師匠のところで興味深い動画を見ました。





50分を超える長いインタビュー。
以前このシリーズで、カウボーイハットの怪しいおっちゃんや、タトゥーの入った変な兄ちゃんのを見た事がありましたが、内容も風貌も何とも怪しく胡散臭かった。

でも、今回のジェシカと言うこの女性の話は、友人の話とあちこちリンクしていてドキドキしました。
特にラストのメッセージに、やっぱりそうなんだー、と妙にガッテン。
以前なら、トンデモ話と笑い飛ばしておしまいにしていたでしょうが、今は大きくうなずいている自分がいます。
信じてもらえなくても、「アホか」と思われても、もう全然怖くはありません。
我が道を行くのみ。
私の身近でも実際に起きている話なのだから。

この動画を見て、外に情報を求めるのはほどほどにして、自分の内側に向き合ってみようと思った次第です。
この時代に生きているからこそ体験できる、地球の大変換期。
見届けて、体感して、うーんと楽しもう。☆





posted by マメコ at 17:12| 北海道 🌁| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

マヨさんの考察

昨日で我が家の夏休みは終わり。
プール&温泉と、家でノンビリ〜と、映画、であっという間に終わりました。
北海道に越して来て10年目の夏。
今年は珍しくこの時期にも関わらず暑い毎日。

このお盆休みがあけて、日本がいや、世界が大変なことになってなければいいと願います。

以前三峡ダムの事を書きましたが、そこ以外にも中国甘粛省(かんしゅく)の土砂災害、
ロシアの山火事〜核施設への延焼・各国大使館閉鎖&撤退、アメリカの財政破綻危機、
などなど、テレビでは流れないニュースがネット上では囁かれています。

詳しくは、浅川嘉富氏のブログへどうぞ〜。

これからきっと世界規模で食料不足になるでしょうね。
少しずつ備蓄を始めようと思います。
日本人はパニックになりやすい質で、納豆やバナナが売り切れになるほどの洗脳民族ですから。 ^^;

さて、先だってのキムヒョンヒ来日騒ぎから今度は韓国併合100年の菅総理(アカン総理)の談話。
李王朝の文献を韓国政府へお渡しするとか。

ここで、韓国がどういうお国か、まずはおさらい。

長くなるので「韓国は“なぜ”反日か?」のサイトをご覧下さい。
背筋が凍る隣国の怖さをじっくりお勉強しましょう。
自国の惨めな歴史をずっと国民に隠し続けて、日本を常に敵視し、その日本に「賠償」という名のたかりをし続ける国。
歴史認識などあるのかないのか、あっても真実などどうでもいいというご都合主義の国。

「チャングムやチュモンや冬ソナ」にはドップリはまり、楽しませていただきましたが、
それとこれとは別の話。

マヨの本音のマヨさんの考察はいつも鋭く、(とても難しくて半分もわからない)今回のア・カン総理や政府の発表の裏読みをされています。
興味のある方はググッテ下さいまし。(リンクは貼りません。)

他に、
マヨのぼやき。
シバちゃんのため息。
日本歴史捏造研究所も秀逸です。☆






posted by マメコ at 16:37| 北海道 ☀| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

8月6日と原爆と天皇の金塊

65年前の8月6日、広島に原爆が落とされました。
あの日もとても暑かったそうですね。

心よりご冥福をお祈り致します。

世界を支配する国際金融家だ、戦争屋だ、金庫番のロックフェ、ロスチャだのを少し知ると、気になってしまうのがあの「大東亜戦争」です。

近・現代の戦争は、軍産複合体という真っ黒な輩達が仕掛けてきたものだと理解しました。
武器や弾薬を売り、多額の戦費を双方に貸し付け、まるまる大儲け。
戦争ビジネスです。
そして、恐ろしい事に国の支配者達は裏で皆繋がっている。
日本の軍の中枢にも、きっとそのお仲間がいたのだと思います。
この世は「弁証法」、「マッチポンプ」だと気付きます。
何も知らないのは一般国民だけ。

そして今も多くの日本人が南京虐殺・従軍慰安婦などの自虐史観を刷り込まれたまま。
「日本は戦争中、アジアの人たちを苦しめてきたから・・・」
と、日本や日の丸をいつまでも誇れない日本人。
愛国心を持つ事は、軍国主義に繋がる罪だと思っている。
本当にそれでいいの?

若狭和朋氏の日本人が知ってはならない歴史 を読みました。

41S6TWOmYhL__SL500_AA300_.jpg 

日清・日露戦争・満州事変・南京虐殺の真実。
伊藤博文を暗殺したとされる、韓国の英雄「安重根氏」(アンジュングン)のことなど。
今まで、日本人が刷り込まれてきた日本史とは何だったのかと考えさせられます。
意図的に隠され、捻じ曲げられて伝えられてきた史実。
アジア諸国が互いに憎しみ合い、緊張状態にある事が彼らにとって都合がよかったのでしょう。
それは今もずっと続いています。

次に、高橋五郎氏の天皇の金塊

51spcgm23zL__SL160_AA115_.jpg

アジア全土から天皇の名の下、旧日本軍により強奪された莫大な金塊。
いわゆる天皇の金塊=「金の百合」
その金塊の多くがフィリピンに隠されていたという話。
金塊はフィリピンの地中にトンネルを掘り、隠されていた。
しかし、ある夜各トンネルの番をしていた日本兵達175名が一箇所に集まって宴会をしていた時、何者かによってトンネルが爆破され、金塊と共に175名もの日本兵が生き埋めにされた。
爆破の直前、トンネルから静かに立ち去った人物がいた。(昭和天皇の従兄弟)

戦後30年近く経って、終戦を知らずに上官の命令に従い、その金塊の隠し場所をずっと守り続けていた日本兵が発見された。
フィリピンのルバング島のジャングルで発見された陸軍少尉小野田さん。
そして命令を下した上官もまた、上記の皇族その人だった。

そして、日本軍が埋めた金塊を探し当てたもの者がいて、更に横取りをした者がいた。
横取りしたのはマルコス元大統領とイメルダ夫人。(一時、靴のコレクションで話題になりました)
その後、彼らの富はアメリカによって剥奪。

戦後、アジア諸国から多額の補償金を求められるのを恐れた天皇家は、金塊など私財をバチカン・スイス銀行に秘密裏に移し、貧乏な敗戦国「日本」を装っていたと書かれています。
しかし、戦後日本が奇跡的な経済復興を果たし、世界2位の経済大国になったのは、この時の金塊「金の百合」のマネーがあったからだとも書かれています。
そして、日本の天皇家は世界一の大富豪だと。

同じく高橋五郎氏の、天皇の金塊とヒロシマ原爆

51hzsMxlxDL__SL160_AA115_.jpg

こちらは、ナチスのスパイだった「ベラスコ」という人物が語った広島に落とされた原爆の秘密について。
同盟国であった[ドイツ製]の原爆がアメリカに渡って広島に落とされたと書かれています。

アメリカは戦争を早く終結させるため「原爆の投下はやむを得なかった」と言うが、本当だろうか?
ナチスからアメリカに渡った原爆。
手を加えられ完成するまでの間、アメリカによって戦争の引き延ばしが行われていた。
時間稼ぎのその間も尊い命が失われ続けた。
昭和天皇が「やむをえなかった・・・」と言った本当の意味はなんなのか?
日本に落とされた原爆が生態実験だったという説もある。
あえて被爆者に治療を受けさせず、経過観察を行っていたという。

これが事実なら、心底腹が立つ。

およよさん 広島原爆に関する記事 から一部転載

なぜ、広島が狙われたのであろうか?
鬼塚英昭氏は著書『日本のいちばん醜い日』(成甲書房)の中でこう述べている。

天皇一派は、陸軍によるクーデターを心配していた。
敗戦後も天皇を中心とする権力機構を温存したかった。
ただ、その方法が見つからなかった。

そこで外圧を利用することにした。
最大限に利用されたのが、原子爆弾であった。

広島には、第二総軍司令部があった。
広島が爆撃されれば、クーデターが起こせなくなる。

まさに、天佑であった。
  転載終わり

もうムチャクチャ。

そして、鬼塚英昭氏の天皇のロザリオ 上巻 日本キリスト教国化の策謀
を読みました。

41FR544D38L__SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU09_AA115_.jpg

徹底した情報収集の元に書かれています。
戦後GHQのマッカーサーと天皇との細かなやりとりが記されています。
天皇をキリスト教に改宗させようと躍起になっていたローマカトリック教会・マッカーサーらの企みがあったこと。
そして、戦後天皇陛下が巡行された九州で繰り広げられた、人間天皇としての巧みな演出について。

天皇のロザリオについての詳しい考察はコチラのブログがおすすめです。

これらを読むと「天皇陛下バンザイ」と、お国や家族を守るために戦って下さった兵士の方々や原爆の被害に遭われた多くの犠牲は、一体何だったのだろう、とやり切れない気持ちになります。
そして、学校で習ってきた「天皇のご発言」が事実と違っていたことがわかります。

もう、ナンダカナ〜。

一つ気になる本がありました。
日本・原爆開発の真実』について
機会があれば読んでみたい。

戦中・戦後に関わった大物政治家や関係者たちの子息が、今の日本を動かしているのも悲しいかな、現実。
だから、戦後何十年経っても真実が公表されることがありません。

天皇に関して友人とリーマンさん二人共通のこんな話があります。
「天皇は人知れず日本のために秘密の祭儀を行っている。
国民は本当の天皇の姿、役割を知らないだけだ」と。
そうは言われても、凡人には先の戦争と原爆、天皇と秘密の祭儀、これが一本に繋がらないのです。

多くの日本人の命を奪っておいて、日本のための祭儀とは、これ如何に!
この矛盾がわからない。
天皇一家と天皇とは分けて考えるべきなのかな・・・?

そして、いまだにこの世界から戦争・核兵器は無くなりません。
新疆ウイグル自治区(しんきょうウイグルじちく)での度重なる核実験。
そして、核保有の疑いがあるイスラエルとイランが緊張状態だと。
いつまでもこんな事を続けていたら、いずれ地球は誰も住めない星になってしまいます。
本当に愚かな人たち。

一日も早く悪魔崇拝の皆々様方が改心し、
この地球から立ち去ってくれることを願うばかりなり。☆






posted by マメコ at 10:30| 北海道 ☁| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

龍国日本と「カノン」

今年の冬、友人から聞いた不思議な話。
地球創生時の不思議な話です。

ビッグバンにより地球が燃え盛っていた頃、地球は水蒸気に包まれて、そして雨が降り続き、ドロドロの状態になっていた。

そこへ宇宙の根源神(創造神)が龍に姿を変えて現れた。

フーッと息を吹きかけ空を造り、ドロドロの中へ潜って海を造り、龍神が通った後が陸地の起伏となった。
そして、疲れた体を休めるためにあえて龍の姿を残してとどまった。
それが日本列島。

北海道が頭で、沖縄が尻尾。
ちゃんと目もある。

「日の元」「火の元」「日の元つ国」「神気出ずる国」「世界の雛形」
・・・それが本来の日本。

少し前からこういった世界に興味があったので、自分でも驚くくらいにすんなり理解できました。
「龍国日本」とはよく言いますが、本当だったのです。

ブログ「真日本建国」さんから一部転載

一人でも多くの日本人が真コトの「神響き(カムヒビキ)」を鳴り成らせることで、
最後には日本人の意識が「100匹目の猿現象」でガラリと変わり、「真の日本」が現れる。

日本が変われば世界が変わる。
日本が変わらなければ世界も変わらない。

ユダヤの民は「立て替え」の御役
スメラの民は「立て直し」の御役

ユダヤの民は、これまでキッチリと御役を果たしてきた。
これからが本当の日本の出番となる。

ユダヤの勢力の最終目的地は、ズバリ「日本」である。
日本は九分九厘までユダヤの勢力に支配されている。
一度は「日本丸潰れ」のようになる時が来る。

ユダヤの勢力が九分九厘まで日本を手中にしたと勝ち誇った時、日本が「最後の一厘」で大逆転し、日本が世界の盟主となるのが、「神のシナリオ」である。
世界の宗教の神々を束ねる大本の「神」は日本に存在する。

「神があるか無いか」の議論は、もはや無意味である。

略奪と破壊の限りを尽くしてきた西洋人が日本を訪れた時に感じた一種の「畏敬の念」は、
「日本人の神性」に触れてしまったからに他ならない。

「神国日本」は理想でも何でもなく、事実なのである。

・・・この話を荒唐無稽と嘲笑する者は、「日本人の神性」を疑うことを意味する。

なぜ日本人に「神性」が宿るのか。

それは、日本が「世界の親」だからであり、そこに住まう日本人は、「子」である外国より“一段も二段も上の身魂”を授かっているからである。

なぜGHQが日本人を骨抜きにしようとしたのか。

それは、日本民族の根底にある「世界に比類なき強さと神性」を見抜き、その底力を恐れたからである。

今こそ、日本人一人一人が、魂の底にある神性を顕現して、真の日本を建国するために立ち上がる時である。


人類史上最大の大戦(おおいくさ)、ハルマゲドンは、既に始まっている。
世界人類、一人一人の心の中では、今まさに霊戦、ハルマゲドンの真っ最中である。

少しでも隙を見せれば、アッと言う間に攻め込まれてしまう。

ケガレ逆巻く今の世に、ケモノとなりて“巻き込まれる”のか
それとも、ヒト(霊止、霊人)として生きるのか

選ぶのは自分。

>転載ここまで

とても深くて、素敵な話です。
神性を失った日本人が、いかにそれを思い出すことが出来るのか。
現実界に心を奪われて、心を失くした今の日本人。
友人は、失われたユダヤ10氏族のうち2部族が日本に来たと言います。
一つは沖縄の琉球族、そしてもう一つは北海道、そう、アイヌ民族です。
本当の日本史、本当の世界史、本当の地球史を知りたい。
近頃そういった事に興味がある人が実に多い事を知りました。

子どもの頃、まんが日本昔話が大好きでした。
「坊やー、よい子だ寝んねしなー」
そういえば、オープニングは龍の背中に坊やが乗った絵でしたね。
日本で生まれた人は皆、神様の背中の上で暮らし、ずっと守られてきたのだそうです。
なんて、幸せ。
「日本、バンザイッ」って気分になりませんか?

また、クラシック界の重鎮、バッハやモーツアルトの楽曲は、神界からの音楽だと聞いた事があります。
バッハの「カノン」は特に好きな曲です。
カノン=神音=観音 なんて面白い説もあります。
友人は、日本語は宇宙語だとも言っていました。

カノンと素敵な画像のコラボです。
幻想的でいて、懐かしいようなとても不思議な感じ。



「龍国日本」は、トンデモ話のようでホントの話です。☆






posted by マメコ at 12:42| 北海道 🌁| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

気になる本

ブログを始めた頃は、お菓子やパン、手作り石けんや天然石のブログにおじゃまするのが楽しみの一つでした。

今でも石けんや天然石のアクセサリーは作っていますが、興味は違う方向へと向いています。

陰謀論どっぷりだった頃は様々なブログやサイトを片っ端から読んでいました。
その結果、怖くなったり、無力感で一杯になったり、鵜呑みにして焦ったり・・・。
そんな私に友人(能力系)は、「読んでいて嫌な気分になるサイトは行かないほうがいいよ」と忠告してくれました。
人の想念(今の心・思い)が一番強いエネルギーだから、充分注意するようにと。
今はネガティブな気分になるサイトや恐怖心煽り系、攻撃型は完全にスルーしています。(訳あってネガティブな情報を流し続ける人もいますから)
入った瞬間、あっ、ここは合わないと感じたら、さっさと逃げます。

ワクワクする、プラスになる、勉強になる、この感覚が今は一番大事です。

毎日必ず読ませていただいている不思議系&真理探究サイト様方。
書かれている内容は、信じる人には実に有益な話ですが万人に通じるワケではありません。
でも、実はこっち側こそが真(まこと)の世界だと思っています。
世間一般の常識に毒されて、目隠しされてしまった、「石頭系」の人たちには受け入れられない話でしょう。

まぁ、それも仕方のないこと。
人はそれぞれ違うのだから、遠い昔の記憶も感覚も違って当たり前。
時期がくれば、きっと気付く人が増えるでしょう。
そういうタイミングってあるんだと思います。

前置きが長くなりましたが、
今とても読みたい本があります。

51nyfHDDtCL__SL500_SL135_.jpg

[UFO宇宙人アセンション]真実への完全ガイド (超☆どきどき)
浅川嘉富氏

この本は、お気に入りのブログ「知っとうや?」さんでも紹介されていました。
浅川嘉富氏のブログは、友人の話と合致する点が多いので、この本にも興味深い話が書かれているのでは、と期待しています。

これからの時代、柔軟な心と頭、感覚を研ぎ澄ませておく事がとても大事になってくるでしょう。
目に見える現実界だけがこの世の全てではないという事です。

目覚める=霊性の目を開く という事なのかもー。 
ついでに、戦後65年のハクチョーの日本支配からも目覚めましょう!




posted by マメコ at 11:24| 北海道 🌁| Comment(0) | 読書記録+おすすめの本 | 更新情報をチェックする