2011年06月10日

水で悩む

先週末、6月の爽やかな南風に乗って北海道にも「彼ら」が大量にやってた模様です。
ドイツ気象庁の予測図で一喜一憂。。。
明日も来そうな風向き!
http://www.witheyesclosed.net/post/4169481471/dwd0329
これからの季節、こんな日が多くなるのでしょうか。あゎゎゎ。

3月に東京都の水道水からヨウ素が検出された直後、札幌でもペットボトルの水が品薄でした。
特に2Lはどこにも無かったです。
品不足に加え、被災地や関東地方の親族に送っていた方が多かったようです。
店頭から水が消えたのには少々焦りました。
大きな顔して売り場に鎮座する[ジュース類]がどれだけ恨めしかった事か。。。

今は殆どの店で2Lの水を購入できるようになりました。
そして、私の意識も水からだんだん遠のき・・・。
備蓄用の水をつい美味しいからと飲んでしまう有様です。

以前不思議パワーの友人に母の病気の件で相談をした時、水を多めに飲ませるよう言われました。
沢山飲んでる薬が体に蓄積するのを防ぐために、多めに摂って体外に排出するようにと。
出来れば浄水器を通した水を。

我が家には未だに浄水器はついていません。
特にマズイと感じた事は無いけれど、塩素その他も一緒に飲んでると思うと気持ちのいいものではないですね。
わかってはいたけれど、やっぱり水道水はダメか。。。
どんな浄水器がいいのか姉に意見を聞いてみると、
「通販活のを以前使ってたけど、交換用フィルターが高くて困るのよー。
今じゃ、蛇口に取り付ける簡単なの使ってる。これで充分美味しいよ!」

なるほど。
第一候補が通販活のだっただけに迷ってしまいます。
水の本を借りてどんな水がいいのか調べてみましたが、一口に「水」と言っても色々あって、本も諸説あって一体どれが正解なのかわからなくなってきました。
水にミネラルを求めるべきなのか、あくまでただの水分でいいのか。
一度沸かした水は体にいいのか悪いのか。
身近な「水」がこんなに難しいとは思ってもみませんでした。

そんな時目にしたのが蒸留水。
一度沸かして水蒸気になったのを冷やし、再び水に戻したのが蒸留水のようです。
塩素など薬品が混ざった水は蒸留するのが一番、という説に目が止まりました。
他の愛読ブログ2箇所でも蒸留水をすすめていました。

早速不思議パワーの友人に「蒸留水ってどう?」と質問。
残念ながら彼女は蒸留水には詳しくなく、「普通の浄水器でいいと思うよー」との返事が返ってきました。

散々悩んだ挙句、友人のアドバイスのとは違うけれど「蒸留水器」に決めました。
放射性物質が気になる今、蒸留と言う方法が良さそうだと思いました。
水はあくまでも水分として体内循環の役目をしてくれればそれでいいかなと。



蒸留水器 台湾メガホーム社製 MH943シリーズ 「水瓶座の雫」 ステンレス・ボディ(黒)ガラス容器

ようやく注文したのがこれの白。
非常時、雨水も蒸留すれば飲み水に出来るそうです。
ただ、電気を使うから停電したらアウト!ですね。^^;
また、蒸留にはかなりの時間がかかるようです。4リットルで7時間とか。
なので電気代もそれなりにかかるようですが、それでも水を買うよりはお得です。
夜間にせっせと働いてもらうとします。

蒸留水、どんな味なんだろう。
届いたら、感想などじっくりと。





ラベル:蒸留水
posted by マメコ at 13:59| 北海道 🌁| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

真実と危険は隣り合わせ

いつもおじゃまさせていただいているブログが、攻撃を受けていたようです。
ここ数日繋がりづらく、少し心配していました。

やはり、都合の悪い事(真実)を書くとどこかの誰かが規制をかけてくる。
震災のどさくさの中で通っていた法案とも関係あるのでしょう。
無事、お引越しを済まされたようで一安心です。

不思議パワーの友人は常々、
「私達のような存在は、決して目立ってはいけない」」
と言っています。
少し前にやっていたドラマ「スペック」を見た時、「目立ってはいけない」という言葉の意味を重く受け止めました。
息子達はただ面白いと言って見ていましたが、私は少しハラハラして見ていました。
その不思議な力を利用したい・悪用したいと考えるモノはいくらでもいるでしょうから。

だから、現在陰謀論を声高に発信し、活躍している人を私は信用する事ができません。
自称「能力者」も同様です。
顔を出して、本を出して、今も安全に生活されている。
もし真実やタブーに触れていたら、本当にマークされたら、無事でいられるはずがない。
目障りな存在を放ってはおかない。
きっと100%真実を突いていないから、中にウソが散りばめられているから、ご無事なのでしょう

そう思いながら、本もブログも話半分で読ませていただいています。

攻撃をしかけてくる側の大元締め(海外)のバックにいる本当の親分は、とても常識では考えられない、人間の想像を遥かに超えたモノだと友人から聞きました。
怖いと言うより笑っちゃう存在。
それはマンガの世界でした。
地球は、人類はそんなモノ達に牛耳られていたとは、本当に驚くばかりです。
でも、それが事実なのだと思います。
守りの強い友人もその存在には太刀打ち出来ないと言っていました。
だから仲間達と目立たないように動いているのだそう。

この話は友人の身の安全のためにも、あまり調子に乗ってペラペラ喋ってはいけないのかも知れません。
もう少し控えないと。

今まで誰が(何が)この地球を支配してきたか。。。
いずれ(数年後)その真相が明かされる日が来ると思います。
その日がとても楽しみです。
みんなで笑い飛ばす平和な日が来たらその時に。☆

よっぽど後ろの守護が完璧でない限りは、真実を追究&発信するのは危険を伴うと言う事だと思います。
管理人さん、どうぞお気をつけて、と祈らずにいられません。






posted by マメコ at 09:52| 北海道 🌁| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする