2011年10月29日

大きな節目?

数日前次男に、10月28日に地球が滅ぶって○○が言ってたけど、どう思う?
と聞かれました。
大丈夫、何も起こらないってば、と答えました。(本当はよくわからないけど〜)
長男の友達も似たような話をしていたとか。
今やネットで騒がれているような話は子供達の中でも話題になるのだなぁ、と可笑しかったです。

さて、10月28日=日本時間の10月29日。
コルマンインデックス終了と言われている日だそうで。
コルマン博士の本を読んだ事がないので私にはさっぱりわかりませんが、一体何がどう変わるのでしょう?

今日札幌ではこのコルマンデインデックスに関するセミナーがあるようです。
一度は申し込もうかなとも思いました。
でも、今さら人の話を聞いて何になるのか?
自分の答えは自分の中にしか見つけられないんだし。。。
そう思ったのでやめておきました。
千賀さんがいらっしゃるのならきっと参加していたかと思いますが。^^;

せっかく不思議な友人から教わったこと(ヒント)を私は生かせているのだろうか?
さっぱり私の意識が進化していない事を彼女は「何してるのヨー」、と歯がゆく思ってるだろうな。
何をどうしたらいいのか、今のままでいいのか全然ダメなのかそれさえもわかりません。

以前私が陰謀論にドップリだった頃。
その友人に、「この変てこな世界を変えたいなんて大きな事を考えるヒマがあったら、まず身近な人を大事にする事だよー」と言われ、ドキリとした事がありました。
その個人の集まりが地域を作り、国を作り、世界を作るんだよ。
大きなことは小さな事の積み重ね。小さい事こそ、身近な事こそ大切なんだよ。
すべては意識、一人一人の意識が変わればそれが集合意識の大きな変化になるのだから、と。
あの時はとっても恥かしかったです。
でも教えてもらえて本当に良かった。

集合意識の力はかなり大きいようです。
でもそれは元は個々の集まりでしかないから、やはり個人がしっかりする事が一番大事なんですね。
各々がをどうなりたいと望み、どんな未来を想像(創造)し、選ぶのか。

私は自分が生まれてきた意味(課題・使命)を思い出そうとしていますが、まだまだです。
何を思って(誓って)ここへ来たのか。
全ての人が何かを決めて、この地球へきているのは間違いないと思っています。
でも、多くの人がそれを思い出せないでいる。そんな誓いがあったことすら忘れている人の方が多いかも知れませんね。
私の場合、妄想が一人歩きするばかりで確証はいまだ得られずです。

友人から、「あなたは敏感なんだよ」と言われた事がありますが、それまでは自分はかなり鈍感なほうだと思っていました。
いかに垢にまみれて感度が鈍くなっていたのか、と反省しました。
以前音響療法に行った時、サロンの方からこんな話を聞きました。
自分のアンテナがしっかり立っている人は正しい選択が出来、尚且つ自分に必要な情報に繋がりやすいので、ここへ来た○○さんは、きっとそのアンテナが立っているのだと思いますよー、と。
(アンテナの話は、わの舞の時に千賀さんも同じようにおっしゃっていました。)

何とも照れくさかったです。
でも、私は失敗ばかりだし、間違ってばかりだし、子供達からもアホだねぇと言われるし、人間小さいし、年の割りに成長してないのも自覚しているし、本当に情けない事数限りなく。
それでも自分の課題を思い出したくて、もう少しヒントが欲しくて本を読んだりブログ読んだりしてました。
私のアンテナは時々違う周波数のものも拾ってきてしまう。
きっと先っぽが曲がっているか、錆びているのだろうな。

手っ取り早く友人に聞いちゃおう、なんて思う時もあるけれど、そんなズルをしたら結局何にもならないんだろうな、とも思い直す日々です。
第一友人は、そんなに甘い人ではない。

「今日明日は何かの転換期かもしれない」と言う事を頭に置いて、いつも以上に前向きに思考を保っていたいと思います。
地球人として、明るい未来を選択する集合意識の一部になれますように。






posted by マメコ at 11:28| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする