2011年11月08日

ハンガリー王妃の石けん

この秋の石けん作りはまだまだ続行中〜☆。
購入したオイルや他の材料を無駄にしないために、せっせと作っています。
(次回はアボカド石けんの予定デス。)

今回は、「ハンガリー王妃の石けん」。
いつもながら、若返りを狙ってます。
以前ハンガリーウォーターを作りましたが、あれとは別で前田京子さんのレシピで作ってみました。

白ワインの辛口で、ラベンダー・ローズマリー・ジュニパーのハーブを煮出し、アルコール分をしっかり飛ばします。
部屋中にいかにも若返りそうないい香りが漂いました。
もったいないので、鍋の前で何度も深呼吸。スーハー・スーハー。

P1070807(1).JPG

あら熱がとれたらビンに入れ、冷蔵庫でしっかり冷やします。
こんなきれいな色になりました。
ここまではいい感じだ。

そして、これに苛性ソーダを溶かしてオイルと合わせると・・・。

!!!

P1070810(1).JPG

「ガビィーーーン!」
まさかのドドメ色。
そして、何とも妙な匂い。。。
エリザベートはどこへ行った?
見た目も匂いも、とっても怪しくなってしまいました。
苛性ソーダと、アルコールかハーブどちらかが反応した様です。

確か前田さんの石けんは、ワイン色+茶色の半透明のような素敵な渋い色でした。
多くのソーパーさんたちが「あの写真の色にならない」、とお嘆きでしたが、私も左に同じ。
「ハンガリー石けん」は、くり返し作っている方がとても多く、
色はともかく、香りと使い心地が最高!と評判がいい石けんです。
香りが落ち着く事を祈るとしましょう。

この石けんのために、辛口白ワイン・酸化防止剤なし、を買いに行きました。
私は何か間違えたのかな。
煮きりが足りなかったのかな。

P1070958(1).JPG

只今熟成中ですが、日に日に色は濃くなってきているような気がします。
スタンプも痛々しく、更に残念な感じが漂っています。

怪しい匂いも少し和らいで、多少エッセンシャルオイルのいい香りが主張するようになってきました。
1ヶ月後にはどうなっているやら。
温かく見守りつつ、12月の解禁日を待つとしましょう。




posted by マメコ at 10:05| Comment(0) | 手作り石けん | 更新情報をチェックする