2011年12月18日

映画 インセプション

「インセプション」のDVDを観ました。




夏ごろ一度借りて観たのですが、その時は強烈な眠気に襲われて途中でリタイヤ。
何度トライしてもやはり眠くなって、結局最後まで観れずに返してしまいました。

先日不思議な友人に会った時に質問したうちのひとつ。
フォトンベルトについて。
それに伴い暗黒の三日間は来るのか?

答えはNO。

そして、友人の話はこう続きました。
「よく、天変地異が起きるとか言っている人がいるよね。
あれは決してウソではない。
だけど、本当でもないんだよ。
人の心の中に陰陽があるように、実は地球にも陰と陽があるの。
信じられないかもしれないけれど、もう一つの地球が存在しているの。

私「それって物質的に存在するって事?」

友人「そう、物質として存在している。
パラレルワールドってわかるよね。
並行して存在する異次元の世界って言ったらいいのかな。
今、私達がいるのは陽の地球。
そしてもうひとつの地球、陰の地球にもこの陽の世界と同じ人たちが存在しているの。
で、天変地異を言う人たちは陰の地球で起きるビジョンを観ているの。
どういうわけか、アチラの世界と繋がってしまったんだね。」

私「つまり、陰の地球の未来の話を陽の地球で発信しているって事?」

友「そういう事。
インセプションっていう映画、観た?
あれはね、夢の世界として描かれているけれど、この陰と陽の地球を上手く表現しているなぁ、と関心したよ。
もう一度観てごらん。意味がわかるかも。
陰の世界と繋がる必要はないんだよ。
ここは陽なんだから。
陰の世界を観ている人たちも、映画のように独楽を回してどっちが現実(陽)か気付けばいいんだけどね〜。」

・・・・。

(これらは、あくまでも友人が受け取っているものから導き出した話です。)

去年の夏、弥勒の世について聞いた時、彼女はパラレルワールドについても説明してくれました。
あの時、これからパラレルワールドというものが出来て行くのだとばかり思っていました。
まさか、今既にそのような世界が存在しているとは。。。

これから、本当に意識の分離が起きていくのだとしたら、
それによって、陽の地球の住人を選ぶのか、
陰の地球の住人を選ぶのか、
どちらの世界に住みたいか、どちらの世界に意識を向けるか。
これこそが分かれ道なのかな?と妄想しました。

思わず友人に聞きました。
私は陽の地球にいる?
陰の世界を観ていない?

「大丈夫だよ、ちゃんと陽にいるよ。」
彼女は笑って答えてくれました。

そんな話を聞いた後、もう一度「インセプション」を借りてきました。
やっぱり難しくてややこしいのですが、なるほど〜と思いながらも今度は最後まで観ることが出来ました。

もう一つ彼女に聞いておけばよかった。
「何のために陰の地球があるのか?」

私はフォトンベルト=「天変地異」とは思っていませんでしたが、それはいずれわかる事なのでしょうね。
ただ、今はこの『 陽の地球 』で踏ん張って生きるのみです。




posted by マメコ at 11:45| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする