2012年01月23日

新年、明けました。

2012年1月23日。
今日は新月です。
地球暦(旧暦)では今日からが新年だそうです。

今年2度目の
「明けましておめでとうございます」ですが、恐らく、こっちが正しいのでしょうね。
グレゴリオ暦って、一体何なのかな?

早速、地球暦にピンを挿してみました。

P1080233(1).JPG
(ポスターは、発泡スチロールの大きなパネルに貼り付けてみました。)

今朝届いた『惑星通信』はこんな内容。

一部転載します。

新年、明けましておめでとうございます!

今日の新月から、旧暦の“睦月”がはじまります。
元旦に“明けましておめでとうございます”という、あいさつをするのは、
“日=太陽”と“月”が重なる新月、“日+月=明”の時であり、
日と月が“結び”ついた“睦月”のはじまりが、目出度いからです。

月を元にした一年のはじまりの日、今日が『元旦』です。

初夢はどんな夢でしたか?
元旦にあたる今日は、これからはじまる一年へ向けてのビジョンをつかみ、
宣言する最高のタイミングです。一年の計は元旦にあり!

今日は、太陽と月が同時に昇り同じ位置にある新月の時です。
呼吸を整えて太陽と月に意識を合わせましょう。

西暦での元旦である1/1は単なる日付けの区切りですが、
旧暦の元旦は、太陽と月の位置関係におけるリセットの時です。

今日は“はじまり”の日を身近に感じるために、お水とりなどオススメです。
“はじまり”を一杯のお水から感じてみるのもよいでしょう。
また神社のほかに、自分の特別に思う場所へ、新年のお参りにいくのもいいですね。
今日は特別な一日をお過ごし下さい。


地球暦が朔弦望の一つ、“睦月の朔(さく)”をお知らせします。
今日の朔の日を朔日(ついたち)として、旧暦の一番目の月、睦月がはじまります。
今月は三十日間(丗日=みそか)で、次の朔となる新月は2月22日になります。
新月の日は、太陽と月が同時にのぼる日で、一ヵ月という“新しい月”がはじまる時です。
新月は、あらためて決意や宣言などすることによって、
満月に向かって現実化していく働きがあります。

※新月=インプット・種まき、満月=アウトプット・収穫

新月は太陽-月-地球が直線的に並び、最も潮汐力が強く、
朝と夕方に潮が満ちて、昼と深夜に引いています。
波の起伏が激しい新月の時は物事のリセットや浄化に最適な時です。
毎月“月が立つ”日となる新月の朔日(ついたち)は、月並み(月次・月例)
の行事を身近に作るとよいでしょう。

春のはじまり、初春のこの一ヵ月はどんな印象になるでしょうか。


転載終わり


ちなみに今日の水星(青)・金星(黄色)・地球(緑)・火星(赤)はこんな配置です。
右上の茶色いのは土星です。

P1080241(1).JPG

今はまだ、スケールが大きすぎてピンと来ませんが、毎日続けると何か感じるものがあるかも知れません。






posted by マメコ at 17:27| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする