2012年02月27日

わの舞練習会と歩くスキー

先週の土曜日、「わの舞練習会」に参加して来ました。
8月末、千賀さんがおいでになった時から早半年。
久しぶりの「わの舞」で、すっかり忘れている部分も多々ありましたが、気持ちよく、楽しく、踊ってきました。

月2回、コツコツ練習されてきた皆さんは、やはりお上手です。
これからも都合がつく限り、参加したいと思います。

先週の木曜に、初めて歩くスキーを体験しました。
中島公園で道具のレンタルがあると聞き、主人と出かけてきました。
主人は2度目。スキーもそこそこ上手い。
私は初めて。スキーは後傾の万年へっぴり腰。

ただ歩くだけでしょ?と軽く考えていた私は痛い目に遭いました。
まず、歩くスキーの板は細くてエッジがありません。
バランスを崩すと、踏ん張りが利かないので、そのままステンと転びます。
一周わずか1`の間に5回も転んでしまいました。
ゲレンデで転ぶのと違ってかなり痛かったです。しばらく起き上がれないほどの衝撃...。
大人になっての転倒は、かなりダメージが大きいです。
尾てい骨を強打し、ひじを強打し、手首をひねり、もう泣きそうでした。

1周で沢山なのに、もうやめたいのに、主人があともう1周と言うので、渋々付き合いました。
2周目はさすがにコツを覚えたようで、転びこそしませんでしたが、私には向いてないなと痛感。
2足歩行はどうやら苦手。
(前世は4つ足か、鳥か、はたまた石だったか、と本気で思う...。)

モモの内側やアキレス腱や二の腕や、その日のうちに筋肉痛とも打撲痛ともわからない痛みに襲われました。
その痛みを抱えたまま「わの舞」に出かけたものだから、更に体はガタガタです。
日頃の運動不足がたたっているのでしょう。
この体、もうちょっと鍛えて大事に使わないとなと反省しました。

一度も転んでいない主人には、この辛さわかるまい。
次回は滝野すずらんに行きたいらしい。
お一人様で...。

※ 中島公園は、器具の無料レンタルがあります。




posted by マメコ at 09:51| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

BUMPの新曲

5月のBUMP OF CHICKENのライブに向けて、毎日予習に励んでいます。
1月に出た新曲の『グッドラック』(3丁目の夕日主題歌)をくり返し聞いています。




『グッドラック』も素敵な曲ですが、カップリングの『ディアマン』が好みでした。
アコギ一本の弾き語り。
艶のある藤君のいい声がガツンと迫ってきます。

実はここだけの話、不思議な友人に出会ってから(不思議な世界を知ってから)、
藤君はきっとわかる人なんだろうなと思いながら、BUMPを聞いています。
『カルマ』を聞いた時、歌詞をじっくり味わった時、ただただ凄いと感じました。
多くのファンが、藤君の描く世界や表現に感動して、彼を『神』と呼ぶのも、わかる気もします。
彼はきっと『メッセンジャー』なのだと、私は密かに思ってます。
音楽に乗せて、多くの人に大事な事を伝えている彼ら。
直球じゃないけれど、確かにメッセージが込められている、そう感じるのです。
熱烈なファンに怒られるかな。
私の妄想ですからお許し下さいね。

で、今回の『ディアマン』。
少年が以前好きだったシンガーの事、変わった少年、変われないシンガーの事などを唄っています。
その中の一節。

「何にも知らないんだ多分、全然足りないんだ、まだ」


この部分、私には
「みんな本当の事を何も知らないんだ、
気付いた人(目覚めた人)が全然足りないんだ、まだ」と謳っているように聞こえます。
多くの人の目覚めが必要な今だからこその、この歌詞。
そう思ったら、どうしたってそういう風にしか聞こえなくなるから困ってしまいます。^^
5月のライブで『ディアマン』聴けるかな。
楽しみです。

歌に込めて、ただ淡々と伝えようとするBUMPはやっぱり素敵だ。(妄想・妄想。^^)




posted by マメコ at 10:06| Comment(0) | 好きな音楽 | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

フランキンセンスの美容ジェル

手作りコスメの話。

最近よく利用している、手作りコスメの材料店 PEACH PIGさん。
発送が早いし、梱包も丁寧だし、おまけもいただけるし、手作りレシピも充実しています。
以前購入したローズマリーの精油がとってもいい香りで、それ以来のファンです。
オーガニックのハーブや、化粧品用の有効成分の品揃えも豊富で、何度もリピしています。
薬局グローバさんとこちらとで欲しい物が揃うので、本当に頼りにしています。

PEACH PIGさんのネットショップで紹介されていた、フランキンセンスジェルを作ってみました。

フランキンセンスは、イエス・キリストが誕生した際に贈り物とされた、と言われているそうです。
以前ある番組で、若返りの精油としてフランキンセンスが取り上げられていました。
シワやたるみに効くそうです。
これは、老化肌まっしぐらの私が試すべきハーブに違いない...。

P1080368(1).JPG

これがフランキンセンス。別名乳香。
ハーブというよりは樹脂が固まった物。何とも不思議な色・形です。
これを沸騰した湯を入れたガラス瓶に入れて、5分ほど湯煎にかけます。

P1080378(1).JPG

するとこんなモヤモヤッとした感じになりました。
完全には溶けません。

P1080371(1).JPG

これを濾して、温かいうちに保湿剤のベタインとトロミ付けのキサンタンガムを加えてよく混ぜます。

P1080390(1).JPG

すると、乳白色の液体になりました。。
ジェルと言うには少々とろみが足りない感じ。
もう少しキサンタンガムを加えてみようか。


P1080392(1).JPG

プッシュタイプのボトルに入れ替えたら完成です。
これは冷蔵庫に保管。

甘酸っぱいいい香り。
精油とはまた違った香りです。
シワやたるみの改善に期待して使ってみます。



posted by マメコ at 13:59| Comment(0) | スキンケア | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

BUMPのライブ♪

5月のBUMP OF CHICKEN 札幌ライブに行きます。
昨年12月にも札幌であったのですが、ライブハウスでスタンディングだったため、ちょと辛いかもと思い、見送りました。

5月の会場はきたえーる。アリーナは避け、座席を第一希望に。
先行予約、「座席指定、当選のお知らせ」が来ました。\(^o^)/
昨年末のライブハウス、息子の友人達が「先行予約特典付きのCDを購入して申し込んで、全滅だった」と聞いていたので、厳しいんだろうとは思っていました。
でもね、何故か当たるような気がしていました。
若者達には悪いけど、おばさんは行って来ますヨー。
ついてるナ。

BUMPを初めて聞いたのは今から5年くらい前のこと。
当時小学生だった息子が、友達から借りてきた本がきっかけでした。
佐藤 多佳子さんの大ヒット作、「一瞬の風になれ」全3巻。



一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-

借りてきた本人より、親の方が夢中になって読んでいました。
読まれた方も多いと思いますが、とても爽やかで素敵なストーリーでしたね。

本の中で、主人公の陸上部の高校生が、試合前にいつも聞いている曲として書かれていたのが、確かBUMP の『ダイヤモンド』。
どんな曲なんだろうと、レンタルしてきたのが最初の出会いでした。
後になって、BUMP OF CHICKEN の曲は前から耳にしていたんだ、と気付きました。

BUMPの曲は、歌詞もメロディーも大好きです。

『真っ赤な空をみただろうか』や、
『涙のふるさと』や、
『カルマ』や、
『車輪の唄』や、
『天体観測』や、
『プラネタリウム』や、
とにかく、名曲がいっぱい。

藤君の歌詞は深くて、独特の世界観があって、とっても素敵です。
以前、大好きなブログの管理人さんが、「BUMPの歌詞を理解できる日本人で良かった、日本語を使う民族で良かった」、そんな風に書かれていた事がありました。
藤君が描く含みのある歌詞は、想像力をかきたてられ、そのストーリーの意味(設定)を考えるのもまた楽しい。
丁寧に選ばれ、組み合わせられた言葉たちには、『魂がこもっている』と感じます。

隠れた名曲も多いので、しっかり予習しておきましょ。
藤君の透き通るような声を、一度生で聞いてみたかった。

5月が楽しみです。



posted by マメコ at 10:47| 北海道 ☔| Comment(0) | 好きな音楽 | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

「ガイアの法則」に感謝

『ガイアの法則U』を読み終えました。



ガイアの法則[II] 中枢日本人は[アメノウズメ]の体現者となる

読み応えのある素晴らしい内容でした。

読み終えて、
『新しい時代を牽引するのが日本人だ』と言われるその意味が、ようやく理解出来ました。
それは、日本という国土のある場所にも深い意味があるし、日本人が遠い祖先から受け継いだ遺伝的な資質によるものも大きいということ。
腑に落ちました。

一見進化したように見える現代の私たちは、宇宙の法則からかけ離れてしまっています。
そして、本当の幸せからも遠ざけられてしまっている。
まだ気付いていない人も多いかも知れませんが、そろそろ気付くべき時が来ているのではないでしょうか。

ぜひ、日本人や日本で暮らす多くの方に読んでいただきたいです!
是非!
きっと何かを感じるでしょう。
多くの人々が気付いた時、きっとこの世は素敵な世界に生まれ変わるのでしょうね。
個人の変化こそが、大きな変化をもたらすのだと思います。

宇宙や地球の法則と無関係に、このガイア(地球)で生きている人などいません。
ちなみにこの本は、前著「ガイアの法則」を読んだ前提で書かれていますので、2冊セットで読むことをおすすめします。
「ガイアの法則」はとにかくワクワク間違いなしです。これは本当に面白い。
そして、Uでは日本人の進むべき道が示されていると思いました。こちらはとても深い。

とにかく素敵な本です。




posted by マメコ at 10:02| Comment(0) | 読書記録+おすすめの本 | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

まるで、平成の『オイカイワタチ』

以前読んだ「オイカイワタチ」の本。過去記事はコチラ
昭和の時代に、金星の長老からのメッセージを受信し、あちこち動き回っていた、『オイカイワタチ』と呼ばれた方々がいたそうです。
彼らはワンダラー。
地球上にいる(らしい)多くのワンダラーの中で、特に重要な任務を担っていた日本人の一部のワンダラーを、「オイカイワタチ」と呼ぶのだそうです。
その「オイカイワタチ」である著者は、残念ながらお亡くなりになられましたが、その後を引き継ぎ、現在も動いている方はいるのかな、いたらいいな、と妄想していました。

まあやさん(旧スポッツさん)とそのお仲間の方達のブログを読ませていただいているうちに、ふと思いました。
まるで、平成の『オイカイワタチ』みたいだなと。
昭和の時代は富士山や諏訪などが主な活動場所でしたが、平成はやはり135度周辺がカギのようで、あの近辺で皆さん活動されているようです。
ありがたいです。

ちなみに、不思議な友人は『オイカイワタチ』については知らないと言っていました。
諦めの悪い私は、友人が知らない=存在しない、とは決して思いません。
友人が知らない事があっても不思議じゃないね、くらいに思っています。

『オイカイワタチ』の本に出てくる金星の長老は、サナンダ。(=キリスト意識とあります。)
とあるブログで金星人はすっかり悪者認定されていますが、私にはどうしても納得がいきませんでした。
先日友人に会った時にまず確認したのが、金星人の事。
友人の見解では、金星は悪じゃないと。
それより火星のほうが少々問題だそうです。
ん?今度は火星?^^;

「火星にはね、実はね、ク○ー○がいて。あんな事やこんな事が、モニョモニョ.....。」
まるで映画の世界のような話が、進行中だそう。
(かなりぶっ飛びですが、いつか公表される日が来るでしょう。)
ということで、金星の疑いが晴れて、一安心。

火星と言えば、3月に火星が地球に最接近します。

P1080360(1).JPG

これは地球暦の今日のピンの位置です。
写真がボケボケでちょっとわかりづらいですが、緑が地球で、右側(外側)にある赤いピンが火星です。
毎日一コマずつ、反時計回りに動きます。
これで見る限りでは3月5日.6日あたりが最も近付くようです。
全体像は、ブログ右側の『地球暦』でご覧下さい。      >>>>>>>

友人は、仲間達から「●●●はどのグループにも属さないからね」とよく言われる、と言っていました。
すかさず私は聞きました。
「それって宇宙種族って意味で?」
「そうだよ」
「!!!」

聞いておいて驚くのも何だけど、やっぱりというか何と言うか、凡人の私にはとても想像もつかない、スケールの大きな話のようです。
いつも隠密行動を共にしている、海外の仲間からそう言われているようなので、皆さん宇宙種族を代表してこの地球で力を尽くされているのかと、そんな風に妄想しました。
それ以上は突っ込んで聞きませんでした。(怖くて聞けやしない...。)

節分の少し前、友人から告げられた今年の私への『言葉』。
思わず嬉しくなるような内容でしたが、アナタの行動次第だからね、と一言釘を刺されました。
そうだね、行動あるのみ。
私は自分の周りのことをせっせとしないとね。

私の周りも、世の中も、どうか万事うまく事が運びますように。

『いつだって、万事良好だよ』

ソロモンのこの言葉のように.....。





posted by マメコ at 17:02| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

柿渋石けん

今年最初の石けん作り。
以前から気になっていた柿渋石けんに挑戦しました。

P1080347(1)(1).jpg

中1の次男が汗臭く、何とかせねばと彼の為に作った石けんです。
そろそろ加齢臭が気になる年頃の、大人にもどうかと。。。^^;

友人に汗の匂いについて相談したところ、柿渋石けんを勧められました。
効果抜群よー、って。(彼女のご家族で実証済みだとか)
ネットでも人気の柿渋石けん。
ちなみに、市販の柿渋石けんの中には柿のエキスが入ってないものもあったそうで、問題になっていたみたいです。

さて、柿渋といえば、昔から木材の塗装に使われているものです。
匂いが強いものですが、最近は改良され、無臭の柿渋のエキスが販売されていました。
柿渋に含まれる柿タンニンに消臭効果があるようです。

試しにこれを購入してみました。

P1080247(1).JPG

【ターナー】無臭柿渋【500ml】

匂いは殆どありません。
こげ茶色のサラッとした液体です。

いざ作ろうと思ったら、レシピがわからない。
あちこち検索してみたのですが、作った皆さん配合はマチマチ。
ただ、皆さんの数多くの失敗談から、柿渋エキスの投入のタイミングはトレース(とろみ)が出てからのほうが良さそうだと判断しました。
貴重な情報に感謝です。

お次は柿渋の量が問題。
水分の半量を柿渋エキスで作られたつわものもいらっしゃいました。
私にはとてもそんな勇気はありません。
塗料になるくらいだから、多すぎると体も染まるんでないかい?と思い、
今回は控えめに30ccで。

今回のレシピです。

オリーブオイル 230g
スィートアーモンドオイル 130g
ココナッツオイル 90g
パームオイル 90g
ひまし油 30g
シアバター 30g
精製水 204cc(柿渋30cc分差し引いています)
苛性ソーダ 78g (15%ディスカウント)
柿渋 30cc
精油:ペパーミント・グレープフルーツ・リッツアクベバ

いつものように材料を合わせ、トレース後に柿渋を投入した直後、
一瞬で濃いブルーグレーに変色しました。
(それまではきれいなクリーム色でした)

P1080250(1).JPG


何とも怪しげな色。

そして、型入れして24時間経過しますと、こんな感じ。


P1080260(1).JPG


茶色に落ち着いていました。これで一安心。
皆さんが仰るとおりの色の変化でした。
以前紫根石けんを作った時の色の変化を思い出します。

そして、カット&スタンプを押して今はこんな色で落ち着いています。

P1080353(1)(1).jpg

ペパーミントの香りのチョコレート石けんみたい。

解禁日は3月初旬頃。
次男が実験台。^^
楽しみですナ。





ラベル:柿渋石けん
posted by マメコ at 09:52| 北海道 ☔| Comment(3) | 手作り石けん | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

2012.立春

今日は立春。
暦の上では春。
北海道のみならず、今年の冬は日本中あちこちでかなり冷えているようですね。
豪雪地域の方々には心よりお見舞い申し上げます。
今年に入ってから、札幌はあまり雪が降っていません。(年末までは例年より多かったです)
おとなりの岩見沢で豪雪になってしまっているようです。
風向きなのでしょうか。
雪かきは本当に重労働です。そのご苦労、お察しします。

春の訪れが待ち遠しいですね。

昨日の節分の豆撒き、今年はちょっと違っていました。
豆まきの時の恒例の「掛け声」をしませんでした。
外に向って豆を蒔く事もしませんでした。
その代わりに、心の中で『鬼は〜内、福も〜内』と唱えながらお豆をポリポリ。

まぁやさんという方の面白いブログ(最近また移転しました)があるのですが、そのお仲間の方のちょっと変わったブログを毎日楽しみに読ませていただいています。
まるで長編物語を読むように。

最近、『鬼』について書かれていました。
魂という漢字の中に鬼が入るのは何故か?
鬼とは一体何なのか?

そんな面白い話題がありまして、鬼とは鬼の役割をして下さっている存在なのではないか?
結論として鬼=神(誰のなかにもいる神)の別の顔ではないか、とありました。
なるほど。。。

鬼は外にだけいるのではなく、自分の中にもいる。
自分の中にある鬼の部分に気づけよ、改めよ。
立春の前夜に豆撒きをし、気持ちを新たに大事な節目を迎えなさい。

「鬼は〜外」は、自分の中の鬼を外に出せってことかも知れないナ。
そんな風に思いました。


:追記:
記事の一部を削除しました。



posted by マメコ at 10:02| 北海道 ☔| Comment(2) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

ガイアの法則 [U] 本日発売

待ちに待った「ガイアの法則U」本日発売です。
数日前、近所の大型書店で予約をお願いしたら、「初回納入分は既に予約で一杯です」と言われました。
シマッタ、出遅れた。
残念だけど何だか嬉しい気もしました。
それだけ注目度が高いってことですね。

あちこちに電話をかけ、ようやく予約が出来たので、今朝開店と同時に購入してきました。

こんなに発売日を待ち焦がれた本は初めてです。

P1080298(1).JPG

ガイアの法則[II]

表紙もとっても素敵です。

あんまり私が『ガイアの法則』と騒ぐものだから、主人も少し興味を持ったようです。
「で、ガイアって何?」と聞かれました。 ありゃりゃ。^^;

ガイア。
それは地球です。
テラとも言いますね。

先日の『わの舞』には参加出来ず残念でしたが、この本で千賀さんの素敵ワールドに浸りたいと思います。






posted by マメコ at 09:40| 北海道 ☔| Comment(4) | 読書記録+おすすめの本 | 更新情報をチェックする