2012年05月21日

金環日食

世紀の天体ショー、素敵でしたね。
札幌は朝から雲ひとつ無い快晴。晴れ
金環にはならず部分日食でしたが、珍しく息子達も早目に起きてきたので、登校前に皆で日食を見ることができました。
食の最大の時は夕暮れののようにやや暗くなり、空気もヒンヤリしていました。
月や太陽のさらに向こうに、プレアデス星団とも一直線に並んでいるのかしらん?と、はるか宇宙を想像して見ました。

今朝の地球暦さんからのメッセージです。

───────────────────────────────────
今日は、金環日食です。
───────────────────────────────────
地球号の巡る円盤に対して、月は5度の傾きを持っています。

そのため、新月や満月のように、太陽に対して直列しても毎回日食や月食となる
わけではありませんが、傾きの交わる“交点”で、新月や満月を迎えると、
太陽-月-地球の芯が重なり、串が通ったように地球の一部分に陰が落とされます。

地球に落された月の陰の中に入った場所では、太陽と月が完璧に重なって見えるため
日食となります。

今回は月の距離が40万5848kmとほぼ最遠値で、見た目に小さいため、
太陽が黄金のリングのようになって見えることから、金環日食と呼ばれています。

───────────────────────────────────
日本各地で観測されます
───────────────────────────────────
日食や月食は、地球上でも限られた場所、限られた時間に起きる天文現象です。

今回は、日本の龍体をなぞるように、太平洋側で多く観測することができます。
(日本海側では観測できません)
食の最大は、東京7:34、和歌山7:28、鹿児島7:22となっております。

太陽黄経60度の小満を迎えた朝の太陽に月が重なる一瞬、
日と月の2つの大きな針が重なり、時が一瞬静止するようです。

肉眼では黒いレンズを通しての金環の観測できますが、
木漏れ日の陰なども円形になります。

国内での金環日食は、1987年9月23日に沖縄で見られてから25年ぶりで、
次回は18年後の2030年6月1日に北海道となります。


次回はここ北海道なのですね。

6月4日には部分月食。
http://www.astroarts.co.jp/special/20120604lunar_eclipse/index-j.shtml
そして、6月6日には金星の日面通過も観られます。
天体ショー、目白押し。

金環と金星と『金』が続きますね。
友人が言っていた、「今年は金色のものを身につけるといいよ」の言葉を思い出し、金色のアクセサリーを引っ張り出して身に着けました。
今年は『金』がキーワードなのかも.....。






posted by マメコ at 10:41| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

シルバー磨き

久しぶりにアクセサリーの話。

2年前ビーズバランスさんのキットで作った、ラブラドライトのブレスレット。
↓ これは当時の写真です。

P1050222(1).jpg

P1050231(1).jpg

革ヒモと、ラブラドライドの白と、シルバーのキラキラと、とっても好みの組み合わせで、今も一番のお気に入りです。

1年ぶりに出してみたら、あらあら。
保管状態が悪かったため、ドヨーンと黒ずんでいました。
作りたては、キラキラのオーラを放っていたのですが....。

P1090169(1).JPG

さて、どうする?
シルバー磨きを使うべきなのか。
天然石が混ざっているし、こういう場合どうしたらいい?

ビーズバランスさんのサイトを覗いてみましたら、天然石とシルバーを一緒に漬けられるクリーナーがありました。
ジュエリーウォッシングリキッド
(革や布はNGです)

P1090179(1).JPG

幸いこのブレスレットは、革ヒモとシルバー部分が取り外せます。
(メンテナンスの事を考えると、有難い仕様です)
この液体の中に、シルバーと石の部分をチャポンと入れて30秒ほど漬けまして、その後付属のフックで引き揚げて、ユラユラ2分ほどふり洗い。
そして、水洗いをして乾いた布で水気をふき取って終了。

P1090174(1).JPG

写真ではわかりづらいのですが、あっという間にキレイな輝きが戻りました。
今後はきちっと密封して、しまうとしよう。


* おまけ *
余談ですが....、
節分祭の時、友人がこんなことを言っていました。
「今年は、金色の物を身につけるといいよ」と。
体も温まるそうです。

ゴールドとは言っていませんでした。
あくまでも「金色」でいいみたいです。






posted by マメコ at 11:36| Comment(0) | 天然石&アクセサリー | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

面白い雲

昨日の札幌の空は、朝からとても賑やかでした。
朝7時ごろ、藻岩山方面にいかにも!な、何か隠れていそうな雲がいくつも浮かんでいました。
ヤヤヤッ...。
でも、少しするとその雲はもう消えていて、次はこんなのがお出ましに。

P1090185(1).JPG

ボケててちょっとわかりづらいですが、オシャレ〜なライン入りの、親子のような雲でした。

藻岩山と手稲山の間をよく飛んでいるョ、と友人から聞いた事があります。
そう、不思議な雲が浮かんでいるのを見るのはたいていアチラ方向...。
そして夕方にはいくつも龍のような雲。

今日の空はいたってノーマルです。
ちょっぴり残念。
マタノオコシヲ...。



posted by マメコ at 10:59| 北海道 ☔| Comment(2) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

陰と陽

いつも読ませていただいている、天下泰平さんのブログ。
天下泰平さんのおかげで「わの舞」を知る事ができたし、健康に関する情報も参考にさせていただいています。
いつも感謝してます。
でも最近の記事の、本の紹介とその著者の能力者の話に「?」と感じました。

これから出版される「2013年からムー大陸の再浮上が始まります」という本。
なになに、ムーが再浮上?
ムーに関してはとても興味があります。
かつて沈んだとされるムーの入り口が日本にある、と友人が言っていましたから。
でも、「?」と感じたのはそのあと。
大災害の予言。
これを本に書いて広めてしまうって、ちょっとどうなのかな。
まぁ、本を書くのも読むのも、その人の自由です。
でも、私はこの本は読みたいと思いませんでした。
ご本人はご自分が受け取ったビジョンを基に、「今も意識の変化ができていない人々」へ、警告の意味を持って発信されるのでしょう。
「今からでも遅くないから変われ!」と。
でも、だからって、あまりにちょっと、これは..。
もしかしたら、彼もまた「陰の地球」を見ているのかも、そんな風に思いました。
私が言うのは大変生意気でお叱りを受けそうですが、とにかく嫌な感じがしました。

地球に起きる恐ろしいビジョンを語る人たちは、沢山いますね。
それに対して以前友人はこんなことを言っていました。
「彼らは決してうそを言っているのではないけれど、かと言って正しくもない。
あちら(陰の地球)に起きる事を、こちら(陽の地球)で起きるかのように言っているだけ。
そんな怖い話を振りまいて、それを多くの人が読んで、恐怖感を持つ。
そんな恐怖の集合意識こそ恐ろしい事、それを引き寄せるから」と。
「そんなことが書かれた本もブログも、読まなくていい、読まないほうがいい」とも。

以前不思議な友人から聞いた陰と陽の地球の話。過去記事はコチラ
かなりぶっとびな話なので、にわかには信じてはもらえないでしょう。
正直あまりにも奇想天外で、私も最初わけがわかりませんでした。
でも、正反対の内容をあちこちで目にするたびずっと疑問に思っていたのが、「陰と陽」この二つの地球の存在の話ですっきりしました。

「災いは忘れた頃にやってくる。」
この事は頭におきつつも、それはそれとして備え、別な事にエネルギーを使いたいものです。

今年3月にその友人がくれたメッセージ。

「今年はすべてにおいて自分自身(神)の意識が今まで以上に大きく左右します。
想像もつかないような大きな大きな素晴らしいエネルギーの働きを感じられるでしょう。
良いことも、一見悪いことに思えることも全ては計らい事です。
今後も、いつも「氣」持ちよくいられるよう息・活き・生きる、生活をしてね。」


私はこんな風に表現してくれる友人が大好きです。
彼女の話にはいつも優しさと厳しさと温かさがあります。
怖い予言より、断然こっちのメッセージのほうがいい。
私はその「大きな素晴らしいエネルギー」を受け取るつもりでいます。

「自分達は決して目立ってはいけない。地味にしてるのがイチバンよー」
彼女はよくこう言います。
これを聞いた時、そうなんだろうなと思いました。
目立ってしまっては動きづらいし、狙われるものね。
だから、「本物」がフナイ氏のところで紹介されるなんて、本を出すなんて、そんなのありえないわ。
そう思ってしまいます。

友人の自慢みたいになってしまいましたが、
友人からもらった沢山のヒント、それを基準に私なりに真偽のチェックをしています。
いつだって、惑わされないぞ!と思ってます。

ネガティブな「予言」なんて、要らない!

と、吠えてみたくなりました。


posted by マメコ at 11:57| 北海道 ☔| Comment(2) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

刺し子のふきん『六つ割七宝』

またまた刺し子。

「六つ割り七宝」という柄を刺しました。

P1090139(1).JPG

P1090137(1).JPG

糸の交差する箇所を空ける以外はとくに難しいところはなく、ご覧の通りの大きな柄なので、らくらく・スイスイ刺せました。

P1090145(1).JPG

P1090146(1).JPG

刺しやすく、とても好みの柄なので、柄を一回り小さくしてもう一度刺してみようと思います。
きっとそのほうが賑々しくてかわいいと思います。
丈夫にもなるし。
図案は、刺し子図案処さんで購入(ダウンロード)しました。
珍しい図案が沢山あります。http://ilovesashiko.com/shippo

今回はナスカさんの、ベリーのような紫(no.17)の糸を使いました。
パール感のある華やかな糸です。

P1090088(1).JPG

P1090095(1).JPG
NASKA 刺し子糸・col.17

艶があって、見てるだけでエネルギーが湧いてきそうな色。
太さは、「オリムパス」や「飛騨さしこ」さんのと同じくらい。
この色は、古典柄にもモダンな柄にも合うと思います。

:おまけ:

伝統柄に「七宝」がありますが、この六つ割の方が可愛らしい雰囲気があります。
そして「花七宝」という柄もあるようです。
こんな柄。
img_424500_616562_0.jpg   

これ、どこかで見た模様...。
そうです、「フラワーオブライフ」...。
うーん、と思わずうなってしまいました。
これも今度刺してみよう。






posted by マメコ at 09:27| Comment(0) | 刺し子・刺繍・編み物 | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

「金環日食」を皆で観よう!

5月21日の朝、お天気なら「金環日食」や「部分日食」が日本中で観られるようです。
(札幌の食の開始は6時半頃、最大は7時50分頃)

eclipse_map_s(1).jpg
astroartsさんよりお借りしました。

この本州にかかるベルト(金環食帯)上は、完全な円(金環日食)で見えるようです。
ちょうど、レイラインに沿っているように見えますね。
偶然でしょうか? 不思議です。

北海道で見られるのは部分日食のようですが、それでも晴れることを願って、太陽観察用の双眼鏡を準備しました。

P1090128(1).JPG

TO-PLAN 太陽観察専用オペラグラス

薄い紙タイプと悩みましたが、この双眼鏡は倍率3倍という事で、こちらに軍配。
雑誌の付録みたいな感じで、いささかおもちゃっぽい質感です。
でも返ってそれが、子どもの頃のようなワクワク感を盛り上げてくれます。
太陽が出ていないと、覗いても何も見えません。真っ暗。
照明器具の明かりも見ても何も見えません。
で、太陽を観ると、グリーンがかった黄色にハッキリ・クッキリ見えます。
当日が楽しみです。

5/21の金環日食に続き、6月6日は金星の日面通過が観られるそうです。
天下泰平さんで詳しく解説されていて、とても参考になります。

龍神様の背中の、この日本列島を見事に横断する「金環食帯」。

map-world-m_gif20mini.gif
 国立天文台サイトよりお借りしました。

今回の日食は世界中で観られるわけではなく、主な観測地は日本のようです。
この時期に、多くの「日ノ本の民」がこの日食を観る意味が、ひょっとしたらあるのかも知れませんね。
そんな気がします。
世紀の天体ショー、大いに楽しみましょう。

この天体ショーが始まりの合図になるのかな....。
日食を見上げる多くの人の目に、何か違う物も見えやしないかと、密かに妄想中。^^;
あるかな、ないかな。

5/21・6/6 日本中晴れるといいですね。




posted by マメコ at 10:09| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

わの舞講習会へ行って来ました

5/2、札幌で開催された「わの舞 講習会」へ行って来ました。
講習会への参加は、昨年8月以来2度目です。

前回は踊りを覚えるのに精一杯でしたが、今回は数回の練習の成果(?)か、踊る事を楽しめました。
(暑くて、少々辛かったけれど...。^^;)
千賀さんの動きを間近で見れて、「御柱の舞」の最初の足の動きは、なるほどこうやるんだと理解できました。
次回の自主練習会でしっかりマスターしようと思います。

講習会では、とても幸せなことに千賀さんのお隣でした。
たまたま、本当にたまたま座っていた場所からそういうことになりまして...。
小心者の私には恐れ多い事で、恐縮してしまいました。(内心ドキドキ..)

私は「わの舞」に何故惹かれるのか...?
それは多分、
「宇宙と繋がりたい、昔の記憶を取り戻したい...」そんな思いがあるのだと思います。
その思いを叶えるために「わの舞」の踊りがしっくりくるように感じているのかもしれません。
不思議な友人から色々教わって、不思議な世界を知ったけれど、何かが足りない。
彼女に聞けば、大概の事は話せる範囲で教えてくれます。
でも「教えて」ばかりはそろそろ卒業しないと、と思っています。
自分で体験して体感する、その実感が欲しい。
千賀さんは、『本来誰でも、アンテナがまっすぐ立っていれば、宇宙と繋がれる』と仰っていました。
『誰でも』ですって。
だから、自分自身で繋がりたい。
私は今のこの時期、その必要性を強く感じています。

何より踊り自体が神性で心地いいので、これからも続けたいと思っています。
皆で輪になるから楽しいし、感じるもの、響くものがあるのだと思います。

体の正中(軸)を意識し、正しく筋を通してこそ大地と繋がり、宇宙と繋がることが出きる、と千賀さんは何度もおっしゃいます。
そのためには体の力を完全に抜いて、大地に全身を委ねること。
私は体のあちこちに余計な力が入ってしまいます。
自分では抜いているつもりですが、抜けていない。
完全に力を抜く、というのは簡単なようで意外と難しいです。
呼吸を深く、吐く息を長く...これも意外と難しい。
以前不思議な友人から、
「瞑想とかするより、深い呼吸を心がけるほうが大切だよ...」
と教わった事があります。
深い呼吸が、自律神経を整えると。
そう、深い呼吸はとても大事...。

そして、わの舞を正しく踊るためには、体のバランスがとれるようにある程度鍛える必要があると感じました。
運動不足&筋力不足で、足元がフラついてばかりいました。
これじゃ、アカーン。(TT)
でも、体の力を抜く事も深い呼吸を心がけることも、多少体を鍛える事も、全部日常生活上必要なことです。
やらないと、せっかくの練習がムダになってしまう。
この際全部やりましょう。
ついでに痩せてみましょう。

何度も何度も踊って、いつか頭を使わなくても自然に体が動いて踊れるようになったら、何かを感じ取る事ができるのかも知れません。
そのために家でも地味〜に練習しています。
自分の体にしっかりアンテナを立てて、そうやって宇宙の流れに乗りたいと思っています。
普通の主婦が、実はこんなこと考えてるなんて、自分でも可笑しくてとても人には言えません。
だから、言えない事はここに書いてます。
主人も時々引いてます。無理も無いか。^^;
だけど、これ私の本音。☆★☆

わの舞の帰りの運転中も何ともホワーンとした、幸せな気持ちに包まれていました。
輪になって踊る事。
知らない人たちと輪になって手を繋ぐ事。
大人になってからもそんな体験が出きるって、とても素敵な事だと思います。
そんな同じような想いを持った方達とまた踊れる日を、楽しみにしています。

遠路はるばる、札幌までいらして下さった千賀さん、
主催してくださったOさん、参加された皆さん、本当にありがとうございました。

久しぶりにお会いした千賀さんは、
若返っていらっしゃるように見えました...。

いつか不思議な友人を誘って参加出来たらいいなと思っています。
「わの舞」を見て、彼女はなんて言うだろう。



posted by マメコ at 10:49| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする