2012年07月22日

大人のラジオ体操

夏休みが始まったところも多いでしょうか?

長男の高校は19日から夏休みに入っています。
とはいえ、受験生なので、毎日お弁当を持って夏期講習に行っています。(ご苦労様〜。)
次男の中学の休みは26日からです。

夏休みの朝といえば、ラジオ体操ですね。
近頃話題の、「大人のラジオ体操」に励んでいます。

P1090617(1).JPG

DVD付き 実はスゴイ! 大人のラジオ体操 (講談社の実用BOOK)

スロトレもたま〜にやりますが、ラジオ体操はいいですね。
何といっても簡単。
音楽がかかると勝手に体が動き出します。

このラジオ体操の起源は1928年(昭和3年)。
国民保健体操としてスタートしたそうです。
当時は日本の平均寿命も今ほど長くなく、「国民全体の健康を願って作られた体操」で、
1951年に今の形になったのだそうです。

ラジオ体操は、
「現在巷にあふれる新しいどんなワークアウトプログラムも、このクオリティには遠く及びません」
と書かれてあります。
「簡単で、誰にでも出来て、調子がよくて、気持ちがいいもの」
というコンセプトのもと、一つ一つの動きが練りに練って作られているのだそうです。

短時間で全身運動ができ、有酸素運動と無酸素運動が同時にでき、運動の基本的な動きが全て組み込まれていて、ケガをしない安全な動きで作られている、のだそう。

ナルホド。
ラジオ体操がこんなに深いなんて、今まで知りませんでした。
確かに1度やるだけで、体はほぐれるし、代謝がアップするような気もします。
脇腹を伸ばしたり、体を反らせたり、普段やらない動作が、
苦しくも辛くもなく、あっという間に一通り出来てしまう。
3分くらいのラジオ体操。
朝と夜と2回、曲に合わせてしっかり曲げ伸ばしすると、本当に気持ちいい。

付属のDVDを見なくても、きっと大人の方ならどなたでも楽々出来ますが、
ただ、少しだけ子どもの頃に覚えた動きと違う箇所があります。
そこをDVD通りに忠実にやると、効いてるなと実感します。

最近少し凹み気味だったので、
「ラジオ体操第一♪」の掛け声とお馴染みの音楽が、
なんともテンションが上がって楽しく感じられます。




posted by マメコ at 10:51| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする