2012年09月28日

映画『天地明察』

昨日、映画『天地明察』を観てきました。
なかなか面白かったです。
ただ、長かった。。。

出だしのテンポのいい展開が、特に良かったです。
ベテラン俳優さんたちの、味のある演技が光っていました。

時は、江戸時代前期。
主人公の安井算哲は、幕府の碁方。(将軍に囲碁を教える仕事)
出世や富には興味が無く、囲碁の傍ら、算術や星の観測に熱中する若者です。
そんな算哲に、若き4代将軍「家綱」の後見人である会津藩主/保科正之は、800年前に中国からもたらされた今の暦を改める(改暦)大仕事を命じます。
その当時使われていた暦は正確ではなく、致命的なのは食(日食)がずれてしまうこと。
当時の暦は、生活はもとより、宗教、政治、経済にまで影響を及ぼし、暦を司る者が国を治めるほどの重要な意味を持っていおり、その実権は朝廷が握っていました。
改暦の必要はないと突っぱねる朝廷と対立しながらも、算哲は10年以上の歳月をかけて、暦のずれの原因を突き止め、新たな暦「大和暦」を完成させます。

地球が丸いことも地動説も一般的に知られていないこの時代に、独自の暦を作ることがいかに大変なことだったか。
算哲の作った大和暦はのちに貞享暦(じょうきょうれき)として、朝廷に採用される事となります。
この貞享暦(じょうきょうれき)が、日本初の暦「和暦」となりました。

この映画は9.15から公開されていますが、日本中が沸いた、5/21の「金環日食」前後の封切だったら、さぞ盛り上がったでしょうね。
惜しいです。

個人的には、星の動きや太陽や月、地球の動きが、わかりやすい映像で表現されていたら、もっとスケールの大きなものになったのに、と少し残念に思いました。
贅沢かな?
もちろんALLCGでオッケーなので。
エンドロールで流れた映像の一部が、宇宙をイメージできて、この映画の中で一番好きだったりして。^^;

この映画を見ると、きっと北極星を探したくなります。
探し方はコチラhttp://hokkyoku-sei.netやコチラで。http://homepage2.nifty.com/turupura/guide/mark/hokkyokusei.htm
北の空です。
カシオペア(M字型)や北斗七星(柄杓型)を見つけると、わかりやすいようです。
お試しあれ。





ラベル:天地明察
posted by マメコ at 10:12| Comment(0) | 映画・ドラマ | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

シューズフィッター

気に入って買ったのに、箱にしまわれたままの靴があります。
デザインと履きやすそうなソールが決め手で一目ぼれしたのに、小指が当たって少し痛いのです。
結局あまり出番がなくて、しまい込んでいました。

私の足は24.5cm。
もう上のサイズがない場合が多いので、多少痛いのをガマンして履くのはこの世の定め、と思ってずっと生きてきました。(泣)
慣れるまでの辛抱だと、若い頃は耐えられました。
でもこの年になると、見た目より快適さを選びたい。我慢はしたくないものです。
どうして買ったんだろう?
あの時は、イケル!と思ったのでした。
甘かったです。。。

この秋にはなんとか履きたいな、と思っていたら、
シューズフィッターというもので、手持ちの靴を伸ばせる事がわかりました。
これです。


シューズフィッター 2ヶ組 66140

長さも、幅も、おまけに当たるところもピンポイントで伸ばせるそう。
早速2足組みを購入して、靴に入れてみました。
伸ばしすぎるとどうにもならなくなるので、毎日少しずつ伸ばすのがコツのようです。

P1090803(1).JPG

1日目。
長さを少し、幅も少し伸ばしてみる。
まだ少し横がキツイかな。
2日目。
幅だけを、もう少し広げて伸ばしてみる。
いい感じ。でも少し小指が当たる。
3日目。
小指の部分にポッチを差し込んで、ピンポイントストレッチ。

おぉぉぉっ!
するっと履けて、痛くない。
ここらでやめておこう。

やり過ぎは禁物です。
気になるところがあったら、その都度また伸ばせばいいのかも。

唯一の不満は、穴の位置が微妙な(数も少ない)ところ。
もうちょっと穴が上だったらなとも思いましたが、そういう時は工夫して、何か間に挟めばいいのかも知れません。
右と左で足のサイズが違って、靴選びにお困りの方にも良いかもしれませんね。
次男がまさにこのパターンです。

女性用は最大26cmまで使えるそうなので、我が家では主人と次男と3人で使えます。
長男は大足(28cm)なので、男性用じゃないと無理のようです。

という事で、お蔵入りになりそうだった靴が復活して、得した気分です。
やった。






posted by マメコ at 10:43| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

ありがたいご来光

今朝は早起きして、秋分の日の「ありがたい日の出」を拝む事ができました。
我が家から日の出が確認できたのは、5:30少し前。
2階の息子の部屋から見ました。
息子はお日様に勝利を誓って、部活の試合へと出かけて行きました。

P1090793(1).JPG

真東からゆっくり昇ってくる朝日。
ありがたさ満点です。お天気で良かった。
早起きも、たまにはいいものです。
輝くばかりの朝日を浴びたら、体のスイッチが入ったのでしょうね。
寝直そうと思っても、眠れなくなってしまいました。

今頃眠気が襲ってきていますが、今日は昼と夜とがちょうど半分で、陰陽のバランスのいい1日のようです。
そんな年に2回しかない貴重な日なので、頑張って起きていようと思います。
せっかくなので、夕日も見ておこう。



posted by マメコ at 12:54| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

明日は秋分の日

ここ2.3日で、札幌もようやく涼しくなってきました。
9月に入ってからも30℃超えが続いた今年の暑さは、本当に洒落にならなかったです。

さて、明日は秋分の日。
一年かけて、太陽の光のエネルギーは強弱を繰り返していますが、
9.19の彼岸の入りから1週間は、光のバランスがちょうど釣り合うのだそうです。
昼と夜とが半分。(春分の日も)
明日はお彼岸の中日です。
ご先祖様への思いが通じやすくなるそうです。

先祖供養の某ブログによりますと、

昼間=コノ世=御霊(みたま・魂)が肉体を持つ期間。
夜間=アノ世=御霊が隠れている、お隠れになる期間。
コノ世とアノ世の長さが均等になるのは、年に2回しかありませんので、特殊な期間とします。
霊的には、太陽軌道の影響を受けて切り換わる、特殊な分かれ目の期間、裂け目の期間だと思います。

だそうです。
1年に4度、季節の大きな節目「春分・夏至・秋分・冬至」がありますね。
この節目の4日は、自分の誕生日、家族の誕生日と同じくらい、何か特別な感じがします。
そういえば、世間で騒がれている2012.12.21は、冬至にあたります。
何が起きるのか、何も起きないのか。。。興味津々です。

暦といえば、先週公開された映画「天地明察」。
ぜひ見に行きたいと思っています。
ますます空が好きになるかも知れません。

本日の『地球暦』さんからのメルマガをご紹介します。

秋分(春分も同様)は真東から太陽が昇るため、一年の中で最もご利益のある
ご来光と言えます。

太陽の光線が地球の球に対して、まっすぐに差し込むため、北半球と南半球に
同量の光が当たり、昼と夜の長さが同じになり、陰と陽を同等に分かつ、
バランスのとれた大切なポイントです。

まずはご来光を拝み、太陽を身近に意識することからはじめましょう。

●○● 秋分は中道の象徴 ●○●

仏教における彼岸は祖先を祀る他にも、精神的に特別な意味合いを持っています。
ブッダは厳しい苦行と快楽という両極を体験した上で、真理を探していましたが、
ある時、苦行している最中に、歌を歌いながら通りかかった農夫に、

“弦は強すぎると切れる、弱いと弱いでまた鳴らぬ、
程ほどの調子にしめて上手にかき鳴らすが良い”

と言われ、雷に打たれるような思いで真理を悟りました。

ブッダが悟ったことは、“無常”である、全てが変化し続けているというシンプルなことです。
変化するという事実を認めないこと=「無知」が「迷い」を生み、
「迷い」が「欲望」を生み「欲望」が「執着」を生み、「執着」が「苦しみ」を生むという
心理的な構図に気がつき、“両極端に走らない「中道」が大切なのだ”と、
ブッダは35歳で悟りへの鍵を手にしました。

中道を行くと言うことは、アンバランスや偏り(かたより)を認めることでもあります。
中道は、真ん中で静止し、動かないことではなく、
変化の動きの中で、常にバランスを意識することです。

風に吹かれ、揺れる木々のように抵抗しないというのは、
自然のあり方の基本スタンスかもしれません。

惑星もそれぞれにブレ(離心率)を持っており、偏りを持っています。
それは、抑揚やグルーヴのようなものであり、偏りは常に中心(芯や軸)を
意識している動きでもあります。


明日は次男の部活の試合のため、5時起きの予定。
「一年の中で最もありがたい、日の出」を拝む、絶好のチャンスです。
気合を入れて、早起きしよう。
ちなみに明日の札幌の日の出は、05:22、日の入りは17:32だそうです。(by 国立天文台)
本当に昼と夜とが半分に近いですね。
陰と陽のバランスのとれた、良い1日となりますように。

とあるチャレリングメッセージで、「月によるものではない部分日食が起きる」という話がありました。
それは秋分の日あたりに起こるかもしれない。。。(明確ではないらしい)
月じゃなければ、一体何が太陽を遮るのか?
太陽から目が離せませーん。(^^;)

お日様に感謝。
ご先祖様に感謝。




posted by マメコ at 10:39| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

『龍の髭』

龍の髭と言えば、渋谷にある台湾料理店『龍の髭(ひげ)』さん。
リーズナブルで、メニューも豊富で、大きな円卓で合い席、そんな気軽なお店。
もう20年以上も前の古い話ですが、仕事帰りに友達とよく食べに行っていました。
懐かしいな。
今もあるみたいですね。
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13001719/

実は、私には『龍のひげ』があります。(もちろん自称☆)

もう何年も前のことですが、ある日あごと左耳の中間辺りに、白いヒゲが1本生えているのに気づきました。
私はそれをとても『イイモノ』に感じ、以来『龍のひげ』と名づけ、大事に育てています。
うっかり抜いてしまわないように、顔を拭く時は特に気をつけていました。
今回はよく育ち、確か6cmくらいまで成長していたと思います。
普段は皮膚にぴったり密着しているので、人には気づかれません。
美容師さんも気づいていないし、普段気にしないと、自分でも見えません。

それが、昨日抜けてしまっていることに気づきました。
いつの間に?
なんだか妙に淋しい。。。
その「ヒゲ」は、いつもいつの間にか抜けてしまい、そしてまたいつの間にか生えているのです。

息子達に知られると、きっと寝ている隙に抜かれるので、ずっと内緒にしてきました。
次男の友達に、まゆげが一本だけ白くてビヨーンと伸びている子がいるそう。
気になって抜きたい息子、抜かせない友達。
その子も、その一本を大事にしているみたい。
わかるな、その気持ち。
人に触らせたくない、その気持ち。
大事にね。^^;




posted by マメコ at 12:28| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

「みすや針」のお針さん

久しぶりに刺し子の話。

刺し子をはじめる時、刺し子専用の糸と針を揃えました。
糸は色々なメーカーさんの糸を使ってみて、好みの糸がわかってきました。
針はオリムパスの刺し子針をずっと使っていたのですが、針先が太いため、
晒し2枚重ねの花ふきんを縫うには、通りが悪く、ストレスを感じていました。

他の針も試してみようと探したところ、京都の「みすや針」さんにたどり着きました。
1651年、宮中の御用針司となり、400年の歴史を持つ、針の専門店です。
http://www.misuyabari.jp/

みすやさんの針は使いやすいと、刺し子ファンの方のみならず、お裁縫をされる方々の
評判もとても良かったので、刺し子針とくけ針を2種類、
そして針の保存に桐の小箱を注文しました。

針は桐箱に収められ、丁寧に和紙に包まれて届きました。
京都の『雅』な雰囲気が伝わってきて、それだけでテンションが上がります。

P1090734(1).JPG

冊子が同封されており、原寸大の針の一覧が載っていました。

P1090740(1).JPG

ネットショップには針のサイズ表記はありますが、いま一つサイズがつかめずにいました。
これがあれば、手持ちの針と比較しやすくて、とても参考になると思います。

P1090744(1).JPG

今まで使っていた針(左側2本)と比べてみると、みすやさんの針は、針先がとても細く、見るからに刺しやすそう。
刺し子の太目の糸も、針穴に楽に通せました。
試しに晒しに刺してみましたが、気持ちいいくらいスーッと針が通ります。
これには感動しました。
道具は大事ですね。

ちなみに、刺し子針はネットショップには掲載がありませんが、問い合わせてみたところ、
大小各1本の2本セットで、52円で分けていただきました。

こちらのお針さんは、古くなったら土に埋めていいのだそうです。
それまで、桐箱に保管しながら大事に使おうと思います。

余談ですが、針といえば、
太平洋戦争後、終戦を知らずにフィリピンのジャングルで30年間たった一人で暮らしていた、小野田少尉のお話を何かで読んだ事があります。
欲しかったものとして、針と糸をあげていらっしゃいました。
それ以来、防災リュックにミニ裁縫セットを入れています。





ラベル:みすや針
posted by マメコ at 10:57| Comment(0) | 刺し子・刺繍・編み物 | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

夜空 ☆

8/31の満月(ブルームーン)を過ぎ、日々月が欠けてきていますね。
毎晩寝る前に窓を開けて、夜空を見上げるのが日課になっています。
今回は、来るだろうか?と、密かに楽しみにしています。^^;
昨日のお月さんは黄色く、とてもキレイに輝いていました。

今日の「幸福への近道」の照さんのブログに、UFOの記事がありまして、思わず嬉しくなっちゃいました。
照さん、近々日本上空のあちらこちらで、このUFOが見られる気がしているのだそうです。

本当ですか?
うふふ。
来るでしょうか?
うふふ。。。
楽しみですね。

札幌は、今日も30度超えの暑い一日になりそうですが、
空気は澄んでいて、爽やかな風がカーテンを揺らしています。
最近の夜空は、とっても綺麗ですよ。

誰がなんと言っても、アホだと笑われても、私は毎晩夜空を見続けるのだ!
ささ、皆さんもご一緒に! (^^;)





posted by マメコ at 11:29| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

昨日の講演会

昨日、札幌で行われた浅川嘉富氏の講演会に行ってきました。
こういう講演会というものに参加したのは初めてです。

今回のテーマを見て、どうしても出かけたくなりました。

宇宙人が伝える「人類誕生の真相とその後の歩み」 
人類はいかなる形で誕生し現在に至っているのか? これから先、どんな未来が待ち受けているのか? 
希望の星「アルス」の誕生を前に「産みの苦しみ」を体験している我々が、いま一番知りたいことは「人類誕生の経緯」と「待ち受けている近未来」である。  


会場には200人くらいいらしていたでしょうか。
初めての参加者は1割程度で、熱心なリピーターさんが多いようでした。
約3時間の講演でしたが、内容はちょっと中途半端なものに感じました。
講演中、ぼやいている時間が3割ほど、脱線も多く、テーマに関する部分は3割ほど。
以前某ブログの管理人さんが、「参考にならない」とおっしゃっていた理由が少しわかりました。

浅川氏の著書は、2年前に
[UFO宇宙人アセンション]真実への完全ガイド を読んだのみ。
浅川氏のHPは、時々読ませていただいています。
(龍蛇族系の2冊は、只今図書館で予約待ち中。)

経歴や本の印象から、勝手に「知的な紳士」を想像していましたが、実際の氏は、
ちょっと怒りっぽいおじいちゃん、と言った感じ。(^^;)
直近のHPを読んで来た人が少ない事に、かなりご立腹で、感想メールが少ないこともご不満のご様子で、その件でお小言が延々と続きました。
リピーターさんは慣れっこなのかもしれませんが、初心者の私は、思い切りズッコケてしまいました。

受け付けでアンケート用紙と次回の講演会の予告のチラシをもらったのですが、そのチラシに書かれていた内容がこれまた凄い。
そこには、
「宇宙の窓」「人類の歴史の窓」「霊的世界の窓」「現代の窓」
この4つの窓を関連性をもたせながら、自らの体験をもとに、わかりやすくお話できるのは世界で唯一浅川氏のみであろう!

と書かれていました。

この一文を読んだだけで、ん?と、違和感を感じてしまいました。
(スタッフさんが勝手に書いたのかな)

本当にわかっている人は、慎重で謙虚で、怖さを知っているから目立つ事などしません。
そういう地味だけれど本当に力を持った人がいることを、知ってか知らずか、「世界で唯一」などと大きく出ているところに、ちょっとビックリです。
昨日の講演で、深い話は特に出ていませんでした。
何せ、ぼやきや脱線が多くて。。。
人類の起源はサラリと。
結局は誰それから聞いた話、が多いんだな、そんな印象でした。

意外なことに、浅川氏の語る近未来は、以前私も読んだ本
 オイカイワタチとは何か 宇宙からの黙示録

 宇宙船 天空に満つる日
の内容に似た世界観のようでした。
私はこの本を読んだ時、希望を感じたのですが、浅川さんがおっしゃるお話からは、どうも悲観的な印象を受けてしまいました。
何でだろう?
最初から斜めに聞いてたから、そう聞こえたのかな?
それか、私の読み方が浅かったのかもしれません。
過去記事はコチラ。
● オイカイワタチとは何か 宇宙からの黙示録
● 宇宙船天空に満つる日

この本の著書の渡辺大紀氏と浅川氏はお知り合いだそうで、本にも浅川氏のお名前が出てきていたことを思い出しました。
本に書かれている、地軸のずれによる大変動を、未来に起きる事と断言されていたことも、驚きでした。
不思議な友人から陰と陽の地球の話を聞いて以来、地球に起きる絶望的な大変動を語る人は、決して悪意などはないけれど「陰の地球」を見ている人、そう思うようになりました。
以前(2011年12月の時点で)友人は、「それ(絶望的な大変動)は私達には起きない事だ」と言っていましたので。
これこそ、パラレルワールドなのだと思っています。
そちらに焦点を合わせちゃいけないとも聞きました。
私は実際に何が起きるのか知りませんが、それは絶望的ではないことだと信じたい。
その日まで、ただ普通通りに生活していればよいことかと。
良い変化なら、すぐにでも「WELCOME」です。

浅川氏は、地球を襲う大変動を見届けてから、肉体を離れ、恐らく次は神界へ行くのだそうです。
神界って。。。
そこは至福の世界だそうで。
そうでしょうね、何とも羨ましい限りです。
ならば、未熟な私は、まだまだ厳しい修行が続くはずだ。。。

信じるも信じないも、話を聞くも聞かないも、本を読むも読まないも、自由意志ですから、自分に合ったほうを選べばいいとは思います。
ただ、話半分に思っておくのが、丁度いいのではないかな。
それにしても、意外に寝ている人がチラホラいて、ちょっと不思議でした。
私の隣の女性も舟を漕いでいました。
暑い中お金を払って聞きに来て、何で寝ているんでしょうね。

立派な過去世をいくつもお持ちで、守護霊さんがすごい方で、今世大企業の重役につかれていた方のお話だからといって、
全てが正しいとは限らない。
これが私の正直な感想です。

1回聞いたくらいで、わかったような事を言うな!とお叱りを受けそうですが、
「世界で唯一の・・・」を感じられなかった、私のぼやきです。

期待が大きかった分、ぼやきも大きくなりました。
でも、いい体験をさせていただいたと思っています。





posted by マメコ at 10:47| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

今日は講演会へGO!

今日も朝から蒸し暑いです。
午後から、浅川嘉富氏の講演会へ行く予定です。

島国日本に暮らしていると、小さな視点でしか物事を考えないクセがついてしまいます。
今日の講演では宇宙規模のスケールの大きいお話が聞けるのではないかと、
とても期待しています。

さて、最近車でよく聞いている高橋優さん。
お顔は,南こうせつ氏と嵐の櫻井君を足して2で割ったように見えて仕方なく、(^^;)
アルバムを聞いていると、斉藤和義氏に通じる部分も多いように感じ、パワフルだけど優しくて、とっても好みです。
「少年であれ」でファンになりましたが、この曲も素晴らしいのです。
http://youtu.be/W7lZ5_ChKaE

お若いのに、凄いな、と思うのです。
そうそう、世界中の札束、シュレッターにかけちゃいましょうよ。

「先進途上国」

本当だね。見せかけだけの先進国。
大人たちは本当のことを隠してばかりで、嘘ばかりで、こんなに日本をダメダメにしてしまったけど、
まだ間に合うのかな?

麗しき国に生まれたことに感謝しつつ、
この先どう生きればいいのか?
そんな事を考えさせられます。

今日の講演で、何かヒントが見つかればいいです。





posted by マメコ at 09:42| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする