2012年09月02日

昨日の講演会

昨日、札幌で行われた浅川嘉富氏の講演会に行ってきました。
こういう講演会というものに参加したのは初めてです。

今回のテーマを見て、どうしても出かけたくなりました。

宇宙人が伝える「人類誕生の真相とその後の歩み」 
人類はいかなる形で誕生し現在に至っているのか? これから先、どんな未来が待ち受けているのか? 
希望の星「アルス」の誕生を前に「産みの苦しみ」を体験している我々が、いま一番知りたいことは「人類誕生の経緯」と「待ち受けている近未来」である。  


会場には200人くらいいらしていたでしょうか。
初めての参加者は1割程度で、熱心なリピーターさんが多いようでした。
約3時間の講演でしたが、内容はちょっと中途半端なものに感じました。
講演中、ぼやいている時間が3割ほど、脱線も多く、テーマに関する部分は3割ほど。
以前某ブログの管理人さんが、「参考にならない」とおっしゃっていた理由が少しわかりました。

浅川氏の著書は、2年前に
[UFO宇宙人アセンション]真実への完全ガイド を読んだのみ。
浅川氏のHPは、時々読ませていただいています。
(龍蛇族系の2冊は、只今図書館で予約待ち中。)

経歴や本の印象から、勝手に「知的な紳士」を想像していましたが、実際の氏は、
ちょっと怒りっぽいおじいちゃん、と言った感じ。(^^;)
直近のHPを読んで来た人が少ない事に、かなりご立腹で、感想メールが少ないこともご不満のご様子で、その件でお小言が延々と続きました。
リピーターさんは慣れっこなのかもしれませんが、初心者の私は、思い切りズッコケてしまいました。

受け付けでアンケート用紙と次回の講演会の予告のチラシをもらったのですが、そのチラシに書かれていた内容がこれまた凄い。
そこには、
「宇宙の窓」「人類の歴史の窓」「霊的世界の窓」「現代の窓」
この4つの窓を関連性をもたせながら、自らの体験をもとに、わかりやすくお話できるのは世界で唯一浅川氏のみであろう!

と書かれていました。

この一文を読んだだけで、ん?と、違和感を感じてしまいました。
(スタッフさんが勝手に書いたのかな)

本当にわかっている人は、慎重で謙虚で、怖さを知っているから目立つ事などしません。
そういう地味だけれど本当に力を持った人がいることを、知ってか知らずか、「世界で唯一」などと大きく出ているところに、ちょっとビックリです。
昨日の講演で、深い話は特に出ていませんでした。
何せ、ぼやきや脱線が多くて。。。
人類の起源はサラリと。
結局は誰それから聞いた話、が多いんだな、そんな印象でした。

意外なことに、浅川氏の語る近未来は、以前私も読んだ本
 オイカイワタチとは何か 宇宙からの黙示録

 宇宙船 天空に満つる日
の内容に似た世界観のようでした。
私はこの本を読んだ時、希望を感じたのですが、浅川さんがおっしゃるお話からは、どうも悲観的な印象を受けてしまいました。
何でだろう?
最初から斜めに聞いてたから、そう聞こえたのかな?
それか、私の読み方が浅かったのかもしれません。
過去記事はコチラ。
● オイカイワタチとは何か 宇宙からの黙示録
● 宇宙船天空に満つる日

この本の著書の渡辺大紀氏と浅川氏はお知り合いだそうで、本にも浅川氏のお名前が出てきていたことを思い出しました。
本に書かれている、地軸のずれによる大変動を、未来に起きる事と断言されていたことも、驚きでした。
不思議な友人から陰と陽の地球の話を聞いて以来、地球に起きる絶望的な大変動を語る人は、決して悪意などはないけれど「陰の地球」を見ている人、そう思うようになりました。
以前(2011年12月の時点で)友人は、「それ(絶望的な大変動)は私達には起きない事だ」と言っていましたので。
これこそ、パラレルワールドなのだと思っています。
そちらに焦点を合わせちゃいけないとも聞きました。
私は実際に何が起きるのか知りませんが、それは絶望的ではないことだと信じたい。
その日まで、ただ普通通りに生活していればよいことかと。
良い変化なら、すぐにでも「WELCOME」です。

浅川氏は、地球を襲う大変動を見届けてから、肉体を離れ、恐らく次は神界へ行くのだそうです。
神界って。。。
そこは至福の世界だそうで。
そうでしょうね、何とも羨ましい限りです。
ならば、未熟な私は、まだまだ厳しい修行が続くはずだ。。。

信じるも信じないも、話を聞くも聞かないも、本を読むも読まないも、自由意志ですから、自分に合ったほうを選べばいいとは思います。
ただ、話半分に思っておくのが、丁度いいのではないかな。
それにしても、意外に寝ている人がチラホラいて、ちょっと不思議でした。
私の隣の女性も舟を漕いでいました。
暑い中お金を払って聞きに来て、何で寝ているんでしょうね。

立派な過去世をいくつもお持ちで、守護霊さんがすごい方で、今世大企業の重役につかれていた方のお話だからといって、
全てが正しいとは限らない。
これが私の正直な感想です。

1回聞いたくらいで、わかったような事を言うな!とお叱りを受けそうですが、
「世界で唯一の・・・」を感じられなかった、私のぼやきです。

期待が大きかった分、ぼやきも大きくなりました。
でも、いい体験をさせていただいたと思っています。





posted by マメコ at 10:47| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする