2012年11月30日

後ろ下がりプルオーバー

ソーイング2作目完成しました。

P1100356(1).JPG

季節を先取りするのもほどがあるだろう、な夏物です。
今着られる物も作りたいのですが、作りたい物を優先した結果コレになりました。
今朝の札幌は、氷点下の冷え込み。
試着したら鳥肌がたちました。。。ブルッ

P1100339(1).JPG

裾の形が面白い、後ろ下がりプルオーバー。
ソーイングブログで人気の、mionさんのパターンです。
生地は、Pres-deさんのコットン・ネイビー ピンストライプ生地。
パーツは、前身頃、後ろ身頃、袖のカフス2枚、襟ぐりのパイピングの5パーツのみです。

P1100345(1).JPG

袖は見ごろとつながっている、流行りのドルマンぽい形。
着てみると、袖は肘のあたりまできます。
超ゆったりな身幅。
こちらのパターンはフリーサイズのため、背の高い私は今回身丈を5cm伸ばしましたが、
ちょっと長くしすぎたようです。
小柄な人にはかなり大きい、ゆったりパターンだと思います。

P1100321(1).JPG

P1100353(1).JPG

袖のカフスが面白く、襟ぐりのパイピングの付け方も独特で作業しやすかったです。
ちょっとのっぺりする気がするので、小さなポケットを付けようかな、と思っています。
ユニークなデザインにトライできるのも、手作りならではですね。
次回、袖をもう少し伸ばし、身幅を気持ち細くして、
また別の生地で作ってみようかと思います。
楽しく作れるパターンでした。







posted by マメコ at 10:28| Comment(0) | ソーイング | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

石油ストーブ

昨日北海道を襲った爆弾低気圧。
ここ札幌も大荒れで、雷が鳴り、湿った重たい雪が積もりました。

そして、室蘭、登別方面で起きた大規模停電。
冬の北国での停電は、本当に困ります。
停電対策に、石油ストーブをもう一台買い増ししました。


TOYOTOMI 対流型石油ストーブ 「コンクリート24畳~木造17畳」 KS-67E(W)

コロナとも迷ったのですが、トヨトミは火力調整が出来るので、こちらに決めました。
小さいタイプとあまり価格差がないようなので、大きいタイプに。
本当は薪ストーブが夢ですがね。。。
今回の停電は、他人事じゃないなと痛感しています。
1日も早く復旧するよう祈っています。




posted by マメコ at 16:35| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

惑星テープ

我が家は自営業で、ネットショップも細々とやっています。
商品の発送があるので、テープやシール類など、お店で使えそうなのや、
使わないだろうけれど素敵なものを見ると、つい集めてしまいます。

吉祥寺にある文房具のお店『サブロ』さんのネットショップで
こんなテープを購入しました。

P1100221(1).JPG

文房具柄のテープです。
万年筆やコンパス、定規にホッチキス、カッターナイフ。
全部で16柄の文房具が描かれています。
どれも渋くて、かわいいのです。

P1100193(1).JPG

封筒に押されたスタンプもおしゃれです。
お店のこだわりが伝わってきます。

商品を発送する側として、
お客さん目線で商品を受け取ることは、とても勉強になります。
見習いたいものです。

他のお店でこんなものも見つけました。
『惑星柄』のマステ(マスキングテープ)です。

P1100199(1).JPG


P1100215(1).JPG

これはもう、ツボすぎ。
他に植物や動物の柄がありましたが、私はこの惑星柄が一番好みでした。
あちこちに、ペタペタ貼りたくなります。

今日は満月。
一月の中で、一番エネルギッシュな日です。
新月の願い事をした日から、もう半月が経ったのですね。
本当に早いものです。

地球暦さんより。

満月の時は、西の空に太陽が沈むと、東から月が昇るという関係になっています。
太陽と月の関係が、地球を中心にシーソーのように180度に開き、
互いの関係が最も強調された時です。


冬の夜空は空気が澄んでいて、とてもきれいです。
新月に願った事を思い出しながら、今日の満月を眺めたいと思います。




posted by マメコ at 10:01| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

チュニック 試作の巻き

ようやくエンジンがかかり始めた、ソーイング。
先日試作の一着目が完成しました。
少しばかり、うさと風。(と、自己満足)
うさと展で見たプルオーバー、とてもシンプルな作りでした。
作れるかも・・・。
そんな大それた妄想を抱き、似たような生地で作ってみました。

P1100268(1).JPG

パターンは『maille』さんの、サイドフレアプルオーバー。
今流行りの、サイドが長めのフレアータイプです。

洋服作りは短大以来なので、実に四半世紀ぶり。
そんな、初心者同然のくせに、欲張ってアレンジしてみました。
丈を伸ばしてチュニックにし、前身ごろだけセンター切り替えにして、伸び止めも兼ねて
アクセントにしました。
センター切り替えにすることで、生地に(要尺)余裕が出ます。
生地が足りない時は、この方法で乗り切る事ができるかな。

P1100185(2).JPG

生地は、「生地の森」さんの格安生地。
生成りのダブルガーゼです。

このダブルガーゼ、なかなかに厄介でした。
生地が歪み、伸び、ほつれやすい、縫いづらい。
いきなりダブルガーゼを使っってしまったところが、大きな過ちでした。
初心者ほど、初めはいい生地、縫いやすい生地を使うべしという鉄則、
すっかり忘れてました。(ケチった。)
慣れない上に余計な手間がかかって、苦戦しました。
例え試作でも、生地選びは大事なのでした。

生地の風合いと色のせいでしょうか、
それ、寝巻き?のような、気の抜けたユルユル感がどうも否めません。
何だかね、ドリフの聖歌隊にも見えて、笑ってしまいます。

先日うさと展で購入したストールを巻いてみると、
こんな感じ。

P1100264(1).JPG

やっぱりダメか。。。
一枚で外に着ていく勇気はありませんが、先日雪の降る中、ストールをグルグル巻きにし、ロングカーディガンをはおって、なるべく露出を抑え(隠し)、スーパーに行ってしまった。
うひひ。
ダブルガーゼなので、とても柔らかくて温かかったです。
部屋着時々ちょっとそこまで着、にするとしよう。

裁断は、『オルファのロータリーカッター』で。
過去記事はこちら
気持ちいいくらいスイスイ・スパスパ切れました。
伸びやすい生地の2枚重ねも、なんなく切れて、ストレスなし。
カッターマットも秀逸です。
切れ味のいいカッターのおかげで、マットに多少傷がつくかと思いきや、
そのような様子もありませんでした。
この「オルファ」のコンビ、最強かもしれません。
苦手な裁断が気軽に出来るのは、とってもありがたい事です。

裁断〜縫製まで、延べ2日。
初心者でも縫える、やさしいパターンです。
このパターン自体は、とても素敵だと思います。
次回はパターンに合った生地、大人っぽいリネンで作ってみようと思います。

一枚縫って、少し自信がつきました。
只今違うパターンで2枚目を縫製中です。
布山だけではなく、パターンの小山もあるので、この勢いでジャンジャン縫っていこうと
思います。




posted by マメコ at 15:42| Comment(0) | ソーイング | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

2013年の手帳

2013年の手帳を購入しました。

P1100187(1).JPG



星ダイアリー2013

普段手帳は使わないのですが 石井ゆかりさんのだし(筋トレもオススメ)、星の事など色々載っているので、読み物としても面白いかなと思い珍しく購入しました。
星座に疎いので、これを機に少し勉強してみよう。
最近知った『ボイドタイム』も載っていて、一目でいつからいつまでなのかわかります。
これは便利です。

先週不思議な友人から、新月の願い事etcのメールを貰ったのですが、
新月についてこんな説明がありました。

新月は文字通り、新しい月の始まりです。
新月の日、その月のテーマに沿って、常に新しいスタートを切る。
先月までのをリセットする為にも、願いをたてるのは、よい区切りになります。

願い事の書き方について、アドバイスをもらいました。
我が家には受験生がいるのですが、
例えばこんな書き方もいいそうです。
「●●が▼▲大学に受かって、大喜びしている私!」
完了形にその時の気持ちをプラスすると、尚いいのだとか。
人の事でも、自分がそのことで喜んでいるという書き方はOKだそうです。

私は、「月にお願い事をしてはいけない」、と思っていました。
願った分必ず取り返しがある、と某サイトで言われていたのが、
ずっと引っかかっていたのです。
逆に新月の願い事を勧める人もいて、どっちが本当なのか正直わかりませんでした。
願い事を否定するその超有名サイトは、友人の話とよく似ているところもありますが、
違う点も多々ありまして、
「このRって人、本当のところどうなんだろう・・・?」と思ってきました。
以前何度か思考を読み取られているような、妙な感覚がした事もありました。
これで、はっきりしたかな。
その人物を、「闇側」だという人も多いので、もう見ないでおこう。

彼女が大丈夫だよって言うのだから、間違いない。
新月の願い事は、私の中で晴れて「マル」となりました。
早速あれこれ書き出しました。
不思議とスッキリ、いい気分になりました。
私たちの体は、月と密接なつながりがありますから、月のリズムに乗るのは、
自然な流れなのかも知れませんね。

さて、ここからが本題です。

3月に彼女が言っていた、
「想像もできないくらいの素晴らしいエネルギーの働き・・・」
あれはどうなったか、聞いてみました。
「12月12日の新月の日が、キーワードになるよ」との返事。
だから、今回新月の案内を送ってくれたのだとか。
彼女は、そのエネルギーをすでに感じているそうです。うひゃー。
凡人の私は、まだ何にも感じられません。

2012年12月12日。
数字が並ぶこの日、今年最後の新月と重なります
(訂正します。新月は13日でした。お許しを・・・)
多くの人が、その素晴らしいエネルギーを感じられるといいですね。
楽しみです。





posted by マメコ at 11:37| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

柿渋染め

昨日、札幌は初雪が降りました。
過去100年で最も遅い初雪だそうですが、一面銀世界になりました。
このまま根雪になってしまうのかな。トホホ。。。

先日のうさと展があまりにも心地よくて、いまだにその余韻に浸っています。
ソーイング熱も盛り上がってきまして、実はチュニック一着完成しました。
うさと風でもあり、わの舞風でもあるかな。(いい過ぎ)
早速家で着ています。^^
なかなか気持ちいい。

一枚布を消費したので、また一枚購入。
これじゃ、いつまでたっても布山がなくならないのですが、
柿渋染めのリネンを見つけてしまい、またもや物欲に負けた、というわけです。

P1100101(1).JPG

淡いやや渋めのオレンジで、THE・天然色!といった感じ。

P1100099(1).JPG

「きじ屋さん ぽぷり」さんで購入。

耳までかわいいのです。
想像していたよりやや薄手で透けるため、軽いはおり物を作る予定です。
只今、お目当てのパターンショップさんのOPEN待ち。
今なら、勢いで何枚も作れそう。(簡単なのに限るけど)
ようやく、エンジンかかってきました。

以前石けん作りに使った柿渋が残っていたので、
刺し子用の晒しを染めてみました。
液に漬ける&干すを数日繰り返したら、こんな色になりました。

P1100115(1).JPG

色はこれ以上濃くはならないのかな。
ちょっとゴワゴワした質感になりました。

そしてもうひとつ。
fogのウッドボウル(メープル無塗装)にも塗ってみました。
サンドペーパーで軽く表面を整えて、柿渋液を布に沁み込ませて塗りました。
塗っては乾かすを10日ほどくり返し、日の当たる場所にしばらく放置。

すると、
とってもいい感じのあめ色になりました。

P1080620(1).JPG


P1080728(1).JPG

想像以上の良い色で、艶も出ました。
下が元の色です。
無臭タイプの柿渋ですが、少しだけ匂いがつきます。
食品には使えないかも知れません。(以前は角砂糖入れに使ってました。)
針山の土台にしたら、さぞかし可愛かろうと思います。いつか・・・の話ね。

柿渋は、屋外の木製品に防虫防腐のために塗るのが王道なのでしょうが、
無臭タイプなら、こんな使い方もOKだと思います。





posted by マメコ at 10:03| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

はったい粉のロールケーキ

久しぶりにお菓子の話。

はったい粉のロールケーキを焼きました。

P1090958(1).JPG

「はったい粉」は、大麦を煎って粉にしたものです。
先月、はなまるマーケットで大麦の特集をやっていました。
大麦は、食物繊維の中の水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維のバランスがとても良いのだとか。
水溶性の食物繊維が多いのが、大麦の最大の特徴だそう。
女性の大敵、●秘の強い味方になる、と言っていました。

早速大麦を食事に取り入れています。
大麦は、お米売り場に置いてあります。(押し麦として)
白米に混ぜて一緒に炊いたり、あらかじめ茹でておいたのを、スープに入れたり、
お味噌汁に入れたり、鍋焼きうどんに入れたり、汁物なら何にでも入れて食べています。
プチプチ・モチモチ、不思議な食感ですが、私は違和感なし。
おなかには効果覿面でした。

お菓子作りにも使えるのが、先ほどの「はったい粉」です。
「むぎこがし」又は、「こうせん」とも言うそうです。

P1100035(1).JPG

きな粉に似た、いい香りです。(きなこは大豆を煎って粉にしたもの。)
自然食品のお店で150円くらいで売っていました。


いろいろな粉でつくるお菓子の本 (マーブルブックスデイリー・メイドシリーズ)

この本の中のロールケーキを焼きました。
栗の渋皮煮を使うレシピだったので、先日作った渋皮煮を使いました。

P1090974(1).JPG

香ばしく、栗ともよく合って美味しかったです。
どちらかと言うと、和のテイストかな。
はったい粉+砂糖+塩少々を少量の熱湯で溶いた「練りはったい」というのも
簡単に作れて、おなかの調子を整えてくれます。
ホットケーキやクッキー生地に混ぜても、香ばしくて美味しそうです。

昔からある「はったい粉」。
私には新鮮な食材でした。





posted by マメコ at 11:13| Comment(0) | 手作りパン・手作りお菓子 | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

うさと展

昨日、うさと展へ行ってきました。

P1100004(1).JPG

10時少し過ぎにまほろばさんに到着しましたが、店内は既に混みこみ。
主人はお客さんの多さに驚いて、近くの図書館で待機する事に。
私は初めてのうさとの服なので、少々浮き足立って、キョロキョロ。
とりあえずグルッと一回りして一点一点手にとって見ていたら、いいなと思ったトップスやジャケットは、すでに無くなっていました。
全て一点ものなので、いいなと思ったらまずはキープ&試着、これが肝心なようでした。

1時間半ほどウロウロして、決めたのが、ストールとワイドパンツの2点です。

まずはストール。
ヘンプ100%です。

P1090984(1).JPG

P1090979(1).JPG

初めてヘンプ100%の布に触れました。
これがヘンプなんだ、としみじみ。
ツヤがあって、色合いも風合いも好みでした。
使い続けるうちにくったりしてくるそうです。
楽しみです。

お次はパンツ。
こちらはコットン100%です。

P1090994(1).JPG

P1100002(1).JPG

P1090976(1).JPG
ザックリした、こんな生地。

パンツは、ヘンプ100%の新作のワイドパンツと、かなり悩みました。
ヘンプのほうが、生地が上質に感じました。しかもコットンとお値段は同じです。
ますます悩む。
スタッフの方もヘンプのほうを勧めて下さったのですが、「うさとの服」初心者の私は、無難なデザインのこちらを選びました。

無難といってもこちらもかなりのワイドで、迫力があります。
身長168cm、ムダに大きい私がはいて丁度良い丈なので、思い切りロングです。
布の落ち感がよく、ストンとスッキリした綺麗なラインです。
パターンが優秀なのでしょうね。
家でもガンガンはくとしましょう。

帰る途中、ヘンプのほうにすれば良かったかなー、と少々後ろ髪引かれました。
布の風合いがとても良かったし、とっても凝ったデザインでした。
履き心地も良かった。。。
やや袴風だったので、着る機会がないかも、とためらってしまいました。
でも、新品だからハリがあってワイルドに感じただけで、着ている内に生地も馴染んで、くったりといい感じになって行くのかも?なんてあれこれ思ったり。
あのパンツがどうしても忘れられなかったら、もう一度行ってみようと思っています。
もう売れてしまっているかも知れませんが。

お客さん同士の会話で、わの舞や、ガイアの法則の話が聞こえてきました。
うさとの服に惹かれる人は、きっとわの舞にも惹かれるのでしょうね。
うさとの服は、「わの舞」にピッタリだと思います。
どちらもゆったり自然体で、太古の匂いがしますので。^^
今度練習に行く時には、このパンツを履いて行くかな。。。

ワイドパンツはわりと簡単に自作出来るようなので、ロングキュロットのパターンを注文してみました。
自分に合ったパターンがあれば、リネンで作ったりウールで作ったり、色々楽しめます。
きのうの「うさとの服」のあのオーラが、私の脳裏に焼きついているうちに、縫い縫いするとしましょう。

自然素材の服はやっぱりいいな、と改めて感じた「うさと展」でした。
どれも素敵で、自然な色合いや風合いは、想像以上でした。
店内の様子をしばらく眺めていた主人は、お客さんが楽しそうだった、と言っていました。
皆さんニコニコと嬉しそうに、手に取っていたそうです。
そう、なんとも幸せな空間でした。

次回もまたおじゃましたいです。
年4回の開催だそうですので、次は2月頃になるのかな。

※ うさと展は、11日までやっています。
  札幌市西区の自然食品のお店、「まほろば」さんの2Fが会場です。
  




posted by マメコ at 11:11| Comment(0) | リネン&ヘンプ | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

マック、大量閉店?

「マクドナルド失速、110店舗閉店」
というニュースが流れてました。

以前「腐らないバーガー」の話に触れました。
過去記事はコチラ

あれ以来、気持ち悪くてマックは食べなくなりました。
アメリカ人が腐らない様子を撮り続けた動画や、チキンナゲットの製造過程の動画を見たことがあります。
かなりショッキングな映像でした。
あれを見てしまったら、子どもにマックを食べさせる親はいなくなるでしょうね。
腐らないポテトだって、食べてはいけない怪しい何かで出来ているのでしょう。
あれが食べ物ではないとわからないのは人間だけだそうで、虫たちさえ素通り。

そんなこんなで、マックは大量閉店で、今後は宅配に力を入れていくのだそうで、商魂逞しい事です。

健康に関して言えば、この世は悪意に満ちている、日々そう感じています。
未だにインフルエンザのワクチンの接種を勧める人と、打つ人がいる。
ワクチンは危険だとあちこちで言われているのに、不思議でたまりません。

薬を飲むと1年間くらい肝臓に溜まってしまい、体の外へ排出されない、そう不思議な友人から聞いたことがあります。
いい水を沢山飲んで、極力体の外へ出すしかないそうです。
鬱で大量の薬が処方されていた母へのアドバイスとして、話してくれました。
友人に薬のリストを見せると「これもこれも。必要ない薬だけど」と言われました。
この話を聞き、薬を減らして欲しいと主治医の先生に頼みましたが、そう簡単にはいきませんでした。
「全部必要な薬です」と、きっぱり断られてしまいました。

薬の効果を実感できない私は、友人の見立てを信じました。
先生にもプライドがあるから、これはもう病院を替えるしかないなと思った矢先、
薬の副作用とみられる症状が出て、母は救急搬送。
大変な事態となり、ようやく先生は考えを軟化して、薬を減らしてくれました。
飲んでも一向に良くならず、飲まなくても何も変わらない。
一体、あの大量の薬は何だったのでしょう?
恐ろしい世界でした。

鬱の薬は、百害あって一利なし。
勝手にはやめられず、徐々に量を減らしていかなければならない、そんな薬です。
やる気の起きない人にやる気を起こさせる、元気にさせる薬とは、まるで〇せい剤みたいです。
抗がん剤も同様に。
父の闘病中はこういう薬害を知らなかったので、申し訳ないことをしました。
無知が招いた事でした。

薬を飲むとき、ワクチンを接種するとき、治療を受ける時、安易に考えず医療を過信せず、慎重すぎるくらいに警戒したほうがいいと思うようになりました。

悲しいかな、地球規模で病気の元を撒き散らすグループがいるのですから恐ろしい事です。
だから、一般小市民は自分や家族の身は自分たちで守る覚悟で、
『まるっとお見通しだぞ!』と逞しく生き抜いて行きましょう。






posted by マメコ at 14:45| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする