2013年05月25日

5月の満月

今日は満月です。

最近知ったのですが、5月の満月は1年の中で一番パワフルだそうで。
夏至前だからなのかな?

昨晩のお月様はとてもきれいでしたね。
昨夜はカーテンをせずに過ごし、
何度も窓を開けて、月光をたっぷり浴びました。
この時期の夜の空気、気持ちいい〜。

以前不思議な友人から、
月には倭人がいるって聞いて以来、
あそこに誰かいるの?と
不思議な気持ちに包まれながら月を眺めています。
ロマンを感じます。

先日、その友人から、
お仲間サイキック(ハワイ在・R氏)の個人セッションの案内をもらいました。
今月末札幌に来るから、興味があったら受けてみないと。
自分のハイヤーセルフやガイドからのメッセージを聞かせて貰えるようでした。(通訳付き)
R氏の話は今までにも何度か友人から聞いていたので、親近感を持っていました。
ところが改めてR氏の経歴を聞くと、親近感を通り越して「ひぇーっ!」の鳥肌ものでした。
正確なリーディングとおだやかな人柄で、日本でも人気がある方だそうです。
来日するとすぐに予約で埋まってしまうらしく、リピーターさんも多いのだとか。
R氏は、以前どこかの星で自分のクローン2体と対面させられたことがある、という
かなりのぶっ飛び話を友人から聞いたことがあります。
そんなお人が、まさか●●の末裔とは。。。
イヤイヤ、マイッタ。

お値段を聞いて更にビックリ。
通訳込みの料金だから仕方ないけれど、少々高額でした。
どうしてこの手のものって、お高いんでしょう?
原価はかかってないのに、、、と小売を営んでいるサガで、ついそう思ってしまうのです。
ある意味、『スペシャルな技術料』と言えるのでしょうけれど。
友人は「決して高くはないよー」と言います。(ここに少々ギャップを感じる)

諭吉が何枚もだなんて、高いです。私にとっては高い。
欲しいロックミシンが買えるお値段。
リコー「GR」が遠のいてしまうお値段。

息子たちの教育費がかかる今、
私の「知りたい」気持ちを満たすために、その金額を出していいものか決心がつかず、
今回は断念しました。

今後の人生の道しるべになるのなら、
自分だけでなく家族にとってもプラスになるのなら、
本当は物欲を封印してでも行った方が良かったのかも知れないけれど、
今回はちょっとタイミング的にも悪かった。
せっかくのいい機会だったけれど、
そうやっていつもチャンスを逃しているような気もするけれど、
それも私の感覚の一つだから、まぁ仕方ない。

ミシン貯金&GR貯金に、リーディング貯金も追加するかナ。





posted by マメコ at 11:40| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

ブラックワークの針山

柿渋を塗ったウッドボウルを使って、針山を作りました。
柿渋の過去記事はこちら。 

P1110084(1).JPG

『BLACK WORK』という刺繍に初挑戦です。

以前一目ぼれした、こぎん刺しの針山をイメージして
作ってみました。

576_1.jpg 
倉敷意匠さんより


こぎん刺しや刺し子から、シンプルでかっこいいBLACK WORKに繋がり、
洋書を2冊購入したのが昨年の事。

・・・・


刺し方(刺す順番)がよくわからず、何度もトライしては挫けて、
そのままになっていました。

昨日再びやる気に火が付き、少しの刺繍で形になる針山を、
一気に完成させました。

白のリネンに黒の刺繍糸2本取り。
ランニングステッチで刺しました。
クロスステッチ用の目が拾いやすい生地を使いましたが、それでも上手く
刺せないので(私の問題)、水で洗うと溶ける、方眼シートを張っています。

P1110014(1).JPG

刺すとき多少堅さがありますが、一目一目確実に刺せるので、
このお助けグッズは本当にありがたい。

P1110013(1).JPG

方眼1マスは約1.8mm。
何度もやり直しているので、ボツボツ穴だらけ。

P1110015(1).JPG

完成後はしばらくお湯に漬けて、方眼シートを溶かします。


今回の図案は、こちらの本から。



Made in France: Blackwork


日本語バージョンも出ています。


日本語版(刺繍糸と布つき)

洋書の方がボリュームがあって、おすすめだと思います。
殆ど写真と図案なので、英語力は特に関係なし。
ただ、日本語の方にしか載っていない柄もありました。

テーブルクロスやブランケットなどの大物から、シューズケースや栞などの
小物まで、様々なアイテムに刺繍されていて、とても見応えがあります。

P1110105(1).JPG


P1110111(1).JPG


P1110106(1).JPG


P1110112(1).JPG


図案も沢山載っています。

P1110108(1).JPG

面白いのが虫のモチーフ。
8角形の模様は、なるほど虫っぽくて、バッタのイメージにぴったり。

P1110110(1).JPG

P1110109(1).JPG

BLACK WORKの本は色々出ていますが、
この本の図案は、日本伝統の「こぎん刺し」や「刺し子」に通じるものがあるように思います。
白地に黒の潔さと幾何学模様がマッチして、とってもかっこいいです。
最初は、刺し方がさっぱりわからず眺めるだけでしたが、
「ダブルランニングステッチ」で、解決しました。
(裏も表も同じようになります。)
少しコツがわかったので、他の柄にも挑戦してみよう。

大事にしたい一冊です。

ただですね、最近目の焦点が合わなくなってきていて、
所謂これが老眼なんだろうな〜と
厳しい現実を突きつけられているところ。
今まで出来ていた細かい作業が、少し苦痛になってきてたりします。

手芸や工作に使える、ライト付きのルーペが出ているそうなので、
そんな文明の利器も活用してみようかと思っています。









posted by マメコ at 10:22| Comment(0) | 刺し子・刺繍・編み物 | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

リコー「GR」

今日は新月です。恒例の新月の誓いをツラツラ紙に書き出しました。
半年くらい前から続けているのですが、
この作業、自分の中でいい区切りになっているような気がしています。

昨日今日と、札幌は久しぶりによいお天気。
ようやく「春がきた」と実感できるようになりました。
桜はこれから。(例年よりかなり遅れています)

そんな春の訪れと共に、カメラ欲しい病が再発しています。
昨年の今頃は、「シグマのDPMerrillが欲しい!」と騒いでいました。
その後、私にはどうも使いこなせそうにない事がわかり、
ならば、ペンタックスK-01はどう?となり、
でもやっぱり携帯性も外せないと、今度は所謂高級コンデジに傾き、
結局、どれも決め手に欠けているように思えてしまい、
欲しいけど決められないスパイラルに迷い込み
そのうちカメラ熱も下火。。。。。 (いつものパターン)

冷却期間を置いて、この春の新製品の面々を眺めていたら、
ついに見つけました。
これ、これだ!
こんなカメラが欲しかったのよー。

untitled.bmpGR.bmp

リコーの「GR」
とっても魅力的です。

詳細は、GRスペシャルサイトや
http://www.pentax.jp/japan/products/gr_special/
GRブログへ。
http://www.grblog.jp/
そして、価格.comでせっせと情報収集。
http://kakaku.com/item/K0000502110/

単焦点なので、ズーム機能はついていません。
だけど、何年も前から欲しかった「コンデジなのにボケる」を実現した、
夢のような機種のようです。
「GR」はコンデジなのに、、SONYのNEXシリーズや、ペンタックスのK-01と同じような、
APSサイズのセンサーを積んでいるらしい。
それでいて、コンパクト。
(確かDPmerrillの時も、そんな事言ってたナ)
少し前までは、リコーの「GRDW」が最終候補でした。
お店で触ってみて、軽さや片手で操作できるボタンの配置に、使いやすさを感じました。
GRDWのお値段もグングン下がってきていたので、そろそろ決めようと思っていた時に、
この「GR」の登場です。(リコーさんのいけず)
コンパクトで、一眼並みの写りとくれば、そりゃ理想のカメラだ。
*「GR」は、前回の「DPMerrill」のような扱い辛さがなさそうなところが『ミソ』です。

APSセンサー搭載の単焦点は、富士フィルムの「X100S」や、ニコンの「COOLPIX A」が、すでに発売されています。
夏ごろにはキャノンからも、APSセンサーのコンデジが出るらしい。
http://digicame-info.com/2013/05/aps-cpowershot.html
こちらは、ズームで一番乗り?
今年は、コンデジAPS祭りだ。(ワッショイ!)

ただ、コンデジでもハイエンドモデルと言われる機種は、お値段もハイクラスです。
コンデジが進化して、一眼並みの性能を積むようになると、
お値段も一眼並みに跳ね上がってしまう。
ここが少々、いえ、かなり痛いところです。
コンパクトには替えられないが、しかし。。。

今使っているコンデジは6年目で、
写りもイマイチになってきました。
ブログに写真をアップすることは少なくなりましたが、
店のHP用の写真を撮る予定があります。
腕がない分、そこはカメラに助けて貰わないと。
そろそろ買い換える、いいチャンスです。

日系トレンディーのカメラのページを読むのが、割りと好きで、
こんな記事を読むと、ますます「GR」への期待が高まります。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130422/1048862/?P=2

発売は今月末。(5/24)
お値段が落ち着くまでは、しばし様子見で。
引き続き口コミを読んで、作例を見て、それからじっくり考えよう。
皆さんからの投稿画像が出てくるのが、楽しみです。
ワクワクしますね〜。

進化を続けるカメラの世界、日本の技術って本当に凄いですね。

コンパクトなGRを持って、大自然の中へGO!
そんな幸せな妄想に浸るのも、なかなか楽しいのダ。^^;






posted by マメコ at 14:18| Comment(0) | カメラ | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

カシュクール・ポンチョ

薄手のはおりもの、カシュクールポンチョを縫いました。

P1100912(1).JPG

パターン : many drops
リネン・シングルガーゼ インディゴ染め : 布もよう

素敵なソーイングブログで紹介されていて、ずっと憧れていたパターンです。
前々回のオープン時にようやくgetできた、いわば戦利品。

パターン販売の時に生地も一緒に購入すれば良かったのですが、うっかりして
機会を逃してしまいました。
これは是非ともリネンのシングルガーゼで作らなきゃ。
イメージにぴったりの、インディコガーゼを「布もよう」さんで見つけ、やっと形に出来ました。

P1100906(1).JPG

本当はもっと深い紺色なのですが、色が飛んでしまってます。


P1100749(1).JPG


P1100746(1).JPG

こんな透け具合。
夏のはおりものに、涼しげでいいナ。

リネンのシングルガーゼはシャリっとして、とても素敵なのですが、
生地の端からどんどんほつれてきて、作業が大変でした。
そして、目が粗いため、生地が暴れるったらありません。
まっすぐに整えたつもりでも、ちょっと引っ張るとすぐに歪んでしまいます。
おかげで裁断で痛いミスをして、えらいこっちゃになりました。
後ろ身頃とヨークの縫い目を、折りふせ縫いで隠す予定だったのですが、
ミスのためそれも断念。
ロックミシンで始末したら、仕上がりもきれいなんでしょうね。
この生地はとても好みなので、少々悔いが残りますナ。

針は9号で、糸は90番を使用しました。
ダダダッーと直線縫いで仕上げます。
袖つけもないから、あっという間に縫えます。
難所があるとしたら、私の場合はどんどんほつれてくる布端との戦いだったかな。
あと、ヒモ作りにも苦戦しました。
どうやってもうまくひっくり返せないので、
4つ折りにして、表からのステッチかけ、これで解決。

P1100902(1).JPG


P1100898(1).JPG


とてもゆったりしています。
もう少しヨーク部分が前後に長いほうが、着た時の収まりがいいように感じました。
(あくまでも私の印象です)
その分身頃をちょっと短く詰める。
そのほうが、ギャザーがきれいに見えるし、腕も落ち着くような気がします。

地直しで一度水洗いしただけなので、まだ多少生地にハリがありますが、
何度も洗っているうちに、クタッと柔らかになるようです。
シワを作ってあえて縮めてみるのもいいのかな。

家族の感想は、
「作務衣みたいだね」
「陶芸家さんみたい」

うーむ。
私もそう思ったョ。。。

「脱・作務衣」を目指して、組み合わせを考えましょう。
それにしても、毎日毎日寒いこと。。。(ブルッ)
早く暖かくなってオクレ。









posted by マメコ at 10:24| Comment(0) | ソーイング | 更新情報をチェックする