2013年10月18日

バタフライ・テーブル (6) 完成

地味な作業を積み重ねること、約2ヶ月。
(正確には、構想1ヶ月弱・作業1ヶ月強。)
ようやくバタフライ・テーブルが完成しました。


P1120901(1).JPG


P1120906(1).JPG


P1120908(1).JPG


P1120907(1).JPG


P1120909(1).JPG

60cm×90cmのカッターマットを載せても余裕の大きさです。


P1120918(1).JPG

片側だけ広げても使えます。


出来上がりサイズ

折りたたみ時
横幅  49cm  奥行き 80cm 高さ 83cm

開いた時
横幅 135cm 

片側を開いた時
横幅 91.5cm

天板と脚本体部分は、木ねじで裏側から止めました。
その前に、ダボでも固定しています。
主人には「それ、ムダじゃない?」と言われましたが、
私はぜひともやってみたかった、一つなのです。

ダボは穴埋めに使うだけにあらず。
連結にこそ、力を発揮するのじゃ。


P1120709(2).JPGP1120711(2).JPG


本体足部分の上部にダボ錐で穴をあけ、ダボを打ち込みます。
天板裏にもダボ穴を空けまして、両方を合体させます。
この部分、何と言いましても、穴あけ位置が『肝』なのです。
この穴(4箇所)が一つでもずれると、天板ははまりません。

P1120631(1)(2).JPG

ダボ専用のマーカーも売っていますが、家にあるもので何とかできないものかと、
画鋲を使ってみたり、洋裁用のチャコペーパーを使って写してみたり、
色々試してみました。
最終的には厚紙で型紙を作って、双方に印付け。
そんな苦労の甲斐あって、バッチリはまったのでした。めでたしめでたし。
マーカー、買おう.....。

手作り化粧品用のビーズワックスと亜麻仁油で、
ワックスも作りました。

P1120691(1).JPG

ビーズワックス 3 : 亜麻仁油 7 を、湯煎にかけます。

P1120808(1).JPG

オイルの方が多いのに、出来上がりは「カッチカチ」です。
こちらは、おいおい塗っていこうと思っています。

長かったけれど、楽しい作業でした。
9月半ばから1ヶ月もの間、リビングが作業場と化していましたが、
主人も息子も、よく辛抱してくれました。
特に苦情もなく、これは助かりました。

ソーイング専用の作業台が出来たので、
これからはいつでも気兼ねなく服作りに没頭出来ます。
木工もソーイングも、『正確に、丁寧に、根気強く...』は同じですね。
初めから無理だと諦めることなく、ちょっと難しい物にもチャレンジしたいと思います。

主人から、「オットマン作って!」とリクエストが来ました。
今なら勢いで作れそうな気がしています。
でも、これから私はソーイングに没頭する身なので、
「自分で作ったら〜、
手は貸せないけど、アドバイスなら出来るよ」と、
いつかの言葉をお返ししておきました。

完成をイメージする事、作業行程をイメージする事、段取りをする事、
丁寧に作業すること。
私にとってはどれも苦手な事でしたが、一つ一つ進んでいけば、
一歩一歩完成に近づく事を、身をもって学んだ気がします。
大雑把なO型気質の私でも『やれば出来るんだ』と、
感無量.....です。
この感動を忘れないでおこう。

DIY、最高〜!

途中画像をいくつか端折ったので、ダイジェスト版にまとめました。




posted by マメコ at 10:10| Comment(2) | DIY | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

愛さんとチューナー体験

札幌は、朝から強い雨が降り続いています。
そして何より寒いです。
昨日より10度も低く、只今5度くらい....。
冬のような寒さです。

先週の土曜日、マドモアゼル愛さん主催のチューナー体験に出かけてきました。
昼の2時過ぎに伺ったのですが、既に15名ほどの方がいらっしゃいました。
愛さんの他に2名のスタッフがいらしていて、簡単な説明を受け、
チューナーの音と振動を、味わってきました。

愛さんのブログの大ファンです。
愛さんは星読みをされる方なので、流石にものの見方が宇宙的視野と言うのか、
懐が大きくて、優しさに溢れています。
世の中の事と宇宙のこと、バランスよくわかりやすく発信して下さる数少ない方だと
思います。

どちらかに偏っている人が多いです。
優越意識過多で、自分の知らない事=存在しない事と決め付ける頑なな方も
多いですよねー。
3次元意識が強すぎて、見えない世界を全否定する石頭さんは、
もはや時代錯誤も甚だしく、惜しいなぁと思う事、よくあります。
(誰とは言いませんが、おじちゃまに多いカモー)
反対に見えない世界の話ばかりも浮世離れしていて、どうもピンと来ない。
愛だけじゃ生きていけないゎー。
でも、どちらも現実に存在する話だから、丁度いい塩梅が大事なのだと思います。(^o^)
その点愛さんは柔軟で、本当に素晴らしいのです。
これからの心の持ち方、愛さんのブログで勉強させていただいています。

さて、チューナーですが、
購入予定でいた528Hzのチューナーは、いい音なのですが、思ったほど振動はなく、
528Hzプレミアムという大型(お値段も倍近く)のほうが振動が強く、
体に当てた時気持ちよく響きました。
新製品の「振動美人」は528の半分の、264Hzと、1/4の132Hzの2本のセットです。
こちらはさらに振動が大きいので、首のコリなどに当てるとマッサージ効果がより
感じられました。
他にも目の下のクマにあてたり、シミに当ててみたり、腕の血管に当ててみたり、
あちこち存分に試させていただきました。
1度でどうなるものでもないでしょうが...。(^^;)
首のコリは、そもそも頚椎2番がずれていてのコリだとわかっているので、
整体に通って治療すべきものです。早く行かなくっちゃ。
それでも、随分と肩が軽くなりました。

愛さんから、使い方や母の病気への効果についてのアドバイスもいただきました。
ブログの文章そのままの、とても優しい方でした。
色々な方との会話を聞いているのも心地よく、あっという間に2時間が過ぎていました。

チューナーは、アルミ製だそうです。
お風呂の中でも使えるし、体に直接当ててもいいし、人に向けて鳴らしてもいいし、
何にでも使えるそうです。
置いてあるだけではだめで、叩いて音を鳴らして振動させて、初めて効果が得られるそうです。
一つ手に入れるなら、
まずは528Hzのプレミアム(大きいほう)がおすすめ、とのことでした。

プレミアムは、手持ちの現金をオーバーしていたので、
少し考えることにして、会場を後にしました。

不思議な友人に話したら、
「ものに頼っちゃダメだってー」って、言われてしまうかな?

実は、不思議な友人も面白いツールを使っているんです。
金属製で、一つはドーナツ状の環。
もう一つは確か、細長いU字状のもの。
どちらも銀色でした。
私や母の、手足の指先の血管の詰まりを治すのに使ってくれたのですが、
その時はドーナツ状のほうを使っていました。

素材は何?と聞いたら、「ナイショ...」だそうで。
驚く事にこの謎のツールは、地球上に5セットしかないと、
当時彼女は言っていました。

話をチューナーに戻しますが、youtubeに、美容チューナーの使用前・使用後の動画が
アップされるそうなので、楽しみにしています。
私の目の下のクマは、一度ではビクともしませんでしたが、
チューナーの効果を確信できたら、
それこそ、購買意欲が一気に湧き上がるかも知れません。
ちなみに、女性のスタッフさんは、お肌ピッカピカでとてもきれいでした。
いつも持ち歩いているとおっしゃっていました。
お若い方でしたが...。

ということで、もう少し考えてみようと思います。

愛さんにお会いできて、光栄でした。
ありがとうございまいした。






posted by マメコ at 14:17| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

バタフライ・テーブル (5) 

秋のDIY祭りも、いよいよ終盤。

(写真多いです。)

本体脚部分にキャスターを取り付けまして、

P1120702(1).JPG
(手前の二つは、ストッパー付きにしました。)


バタフライ脚部分の、蝶番を付けました。
ここは、彫らずに普通に付けてOK。


P1120699(1).JPG

P1120738(1).JPG

P1120720(1).JPG


天板は、乗っけているだけです。


P1120727(1).JPG


お次は最大の山場、バタフライ脚と本体脚の合体です。
単体では安定感の悪い、片方だけキャスターの付いたバタフライ支え脚。
微妙な高さ調整が必要なため、出勤前のオットの手を借りました。


P1120805(1).JPG

上手くいったみたい。
本体脚の間に、バタフライ支え脚が納まります。
真ん中にくる天板左右4箇所にも蝶番を取り付けました。


P1120798(1).JPG

脚を開くと、こんな感じです。
支え足開閉の際、天板に付けた蝶番の軸部分が当たるので、支え脚の上部の一部を
数ミリ削りました。

P1120799(1).JPG

両側を開くと、こんな風。


P1120801(1).JPG

正面。


この後は、天板三枚を合体させ、中央天板と脚を木ネジで固定して、
中段に棚板を取り付ける予定です。
そして、天板にオイルを塗って完成です。
ゴールまで、あと少し!

その6完成編へ続きます。








posted by マメコ at 10:15| Comment(0) | DIY | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

10月10日 秋の日

昨日の札幌は、最高の秋晴れ。
とても気持ちのいい、一日でした。

主人が紅葉を観に行こうと言うので、手稲経由で赤井川村(キロロスキー場近く)へ
出かけてきました。

行きに、家の近所のおにぎり屋さんでお昼を買って行ったのですが、
お会計が1.010円で、思わず笑ってしまいました。
「10月10日に、1.010円だって〜。」

途中、小樽港を見下ろす高台で一休み。


P1120751(1).JPG

息子たちがまだ小さかった頃に来た以来なので、実に10年ぶりくらい。
でも、この辺りは全くと言うほど変わっていませんでした。

トンデンファームでベーコンやソーセージのお土産を買って、
動物達に和んで、


P1120755(1).JPG

P1120757(1).JPG


山中牧場でソフトクリームを食べました。
ここのソフトはあっさりしていて、とても美味しいです。


P1120762(1).JPG


帰りは札幌湖〜定山渓を抜けて、たっぷり自然を満喫してきました。

P1120775(1).JPG
(札幌湖 山の間に夕日が挟まった図)


昨日10月10日は、カミの月のカミの日でした。
10月10日の過去記事。

そう意識していたせいか、
空も太陽も、海も山も木も風も、全てがありがたく感じられました。
カミサマ、ありがとう。

そして今日は、不思議な友人が言っていた、
「10月11日から新たな扉が開いて 新たな次元に向います」
の11日です。
この言葉の意味を噛み締めて、10月は過ごしたいと思います。

明日12日は、札幌でマドモアゼル愛さん主催の「528HZの音叉の(チューナー)体験会」が
ありますので、出かけてこようと思います。
とってもいいタイミングです。

そして翌13日は、私達夫婦の結婚記念日です。
我が家では、うっかり忘れる事の多い記念日No.1なのですが、
主人にはいつも感謝しています。
魂の幼い(いい年をした)私を、長い目で見守ってくれる辛抱強い人なのです。
ありがたや〜。(^^;)


先日のハモネプで聞いて以来、四六時中口ずさんでいる、
中島みゆきさんの「糸」。

なぜめぐり逢うのかを 私たちは何も知らない
いつめぐり逢うのかを 私たちはいつも知らない
どこにいたの?
生きてきたの?
遠い空の下
ふたつの物語

縦の糸はあなた
横の糸は私
逢うべき糸に出逢える事を
人は仕合わせと呼びます


とても深い歌詞です....。






posted by マメコ at 10:37| Comment(0) | 北海道 LOVE | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

バタフライ・テーブル (4) 金具お試し編

いよいよ金具の取り付けに入ります。
その前に、ちょっとお試し。

今回のバタフライテーブルは、蝶番が肝です。
天板には大きめの蝶番が4ヶ、脚には小さめの蝶番が4ヶ、
全部で8箇所付く予定です。

奥行き80cm×巾45cmの天板には、ステンレス製の76mmの蝶番を片側2箇所ずつ、
裏側に取り付けます。

P1120682(1).JPG


ステンレス製は、さすがに丈夫そうで、頼もしいかぎり。
垂れ下がる天板は少々重いので、丈夫な蝶番に頑張ってもらわないといけません。
しかし、そのまま置くと、こんな風に浮いてしまいます。
これでは、ネジでしっかり固定できない...。


P1120661(1).JPG


軸を木の外側に出すと、開いた時に天板の間に隙間が出来てしまいます。
蝶番の中央の軸(棒状)の膨らみ、この部分をどう収めたらいいのだろう...?
木工の本で調べてみても、参考になるような「蝶番の付け方」は載っていませんでした。
テーブル天板の場合、扉のつけ方とは少し違うようなのです。
木材をカットしてもらったホームセンターで、少しアドバイスをもらいました。
「彫ったらいいんだと思いますよ」

なるほど、「彫る」のですね...。
端材で試してみます。
半円を削るように、彫刻刀で彫ってみました。


P1120647(1).JPG


溝にはめると、こんな感じ。


P1120654(1).JPG


無事に収まった...のかな?
マスキングテープで仮止めして、折りたたんだり、

P1120664(1).JPG

ひっくり返してみます。

P1120669(1).JPG

隙間もあかず、フラットになりました。
このやり方でいいみたいですね。

この蝶番の取り付けが、最大の山場かも知れません。(汗)
もう少し「彫り」の練習をして、それから慎重に位置決めしようと思います。

お次はキャスター。
こちらも端材でお試しです。


P1120690(1).JPG


40mm双輪キャスター、平付けタイプです。
38mmの角材に仮止めしてみました。
ねじの位置が木の端にくるので、割れる心配があったのですが、大丈夫でした。
これでいけそう。

ということで、とりあえずお試しはクリアしたので、
次は本番です。
大雑把なO型を封印して、慎重に、慎重に進めます。

その5へ続きます。




posted by マメコ at 09:12| Comment(0) | DIY | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

天秤座の新月とこれから

明日10月5日は、新月です。

先ほど不思議な友人から届いたメールに、とても嬉しい事が書かれていましたので、
一部ご紹介させていただきます。

先月に続き、今月も特別な月の動きとなります。
10月2日、伊勢神宮内宮の遷宮式典。(「遷御」の儀)
5日は外宮の遷宮式典、そして新月です。
10月10日、(+)カミの月の(+)カミの日から、
意識は左から右寄りとなります。(脳)
心臓は左より。
「良心」は右寄りとなります。
10月11日から新たな扉が開いて/新たな次元に向います。
現在、一見問題、不安があるように思える事も、よい方向に向います。

転載ここまで。

カミの月のカミの日。
関連過去記事はコチラ。
友人曰く、毎月11日は窓が開く日だそうです。

彼女はずっと一貫して「どんどん良くなって行くよー」と
伝え続けてくれました。
だからいつでも、「大丈夫」そう思ってこれたのです。
今回のメッセージは特に具体的で、いつもと違う印象を受けました。
確か2011年の年末、次元の変化について訊ねた時は、
「もうしばらくは、この次元で体験して学ぶことがあるんだよ」との返事が
返ってきましたので、まだまだ先のことなんだ、と少々がっかりしたものでした。
なので、今回のこの知らせには、正直ちょっと驚いています。

新しい次元とは一体どんなものなのか、私には想像もつきません。
一気に何かが変わるのか、それとも少しずつ変わっていくのかもわかりませんが、
でも、これから私達が体験するであろう変化は、
みんながずっと待っていた、素敵な事なのだと思います。
楽しみですね。

新月を機に、また新たに目標を立てようと思います。






posted by マメコ at 20:41| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

散歩

先月、息子が通う大学(夏休み中)におじゃましてきました。

雪の残る3月、入学の諸手続きで構内に入りましたが、
散策するのは初めてです。
主人と探検気分で、ぐるりと一周してきました。

夏休み中とあって、学生さんの姿はまばら。
ベビーカーを押して歩くご夫婦や、観光客の方、ランニング中の方、
学生さん以外の人々とすれ違いました。
(自由に出入りできます)

広大な敷地。
木々が生い茂る、素敵な空間です。
まるで一つの町のようです。

P1120583(1).JPG

ここが、息子たち(1年生)が通う校舎のようです。
2年生から各学部に分かれますが、1年のうちは皆ここで講義を受けるのだそうです。


P1120585(1).JPG

風格のある建物。理学部だったかな。
学部毎、建物のイメージが違っていて面白いです。

P1120576(1).JPG

ポプラ並木。

天気が良かったので、1時間半ほど散策しました。
それでもまわりきれないほど広いのです。
たまに見かける学生さんたちは、自転車で移動しています。
雪の時期はどうするんだろう?
みなさん歩くのかしら?

主人の通った大学のキャンバスも東京の中では広いほうだったようですが、
ここは桁違いだと驚いていました。
私は都心の短大だったのでキャンパスと呼べる空間はなく、建物のみでした。(さびしぃー)

こんな素敵な環境で学べること(過ごせること)、羨ましいと思いました。
後期も、1日1日を大切にね。







posted by マメコ at 09:33| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

バタフライ・テーブル作り (3)

「丁度いいのが売っていないなら、作ってしまえー」と、
勢いで始めたソーイング専用テーブル作り。
とりあえずイメージ図を書き、設計図もどきを書き、
完成までたどり着けるのか本人にもわからないまま、
材料を揃えていったのが、9月初めのことでした。
あれから1ヶ月。
私以外誰も完成を楽しみにしておらず、気楽に進めてきたましたが、
だんだん形になってきました。

毎日少しずつ作業をしています。
自作の設計図で作り始めたので、自由度は高い反面、
悩みだしたらキリがありません。
組み立ての順番はどうすればいいのか、強度を持たせるにはどこを補強したら
いいのか、木材の前で、頭を抱えたこともありました。
うーむ...。サッパリワカラン。

何度も確認してやっているつもりなのに、逆さまにくっつけてしまい、
余計な穴があいていて、塞いだところが数箇所あります。
インパクトドライバーが上手く使えず、空回りしたり、ねじ山をなめてしまう
こともしばしば。
主人に 「HELP ME 〜!」と泣きついて、
やっと脚パーツが完成...。

P1120623(1).JPG


ここからいよいよ、後半戦に突入です。
本体脚部分(+棚板)、バタフライ脚部分2脚、天板3枚
これらを合体させていきます。

今は天板にサンドペーパーをかけています。

P1120617(1).JPG

パインの集成材です。
安い部材ですが、やすりかけを丁寧にしたらしただけ「スベスベ」になるので、
ひまさえあれば天板をなでて、サンドペーパーをかけています。
お気に入りの布地を傷めてしまうことのないよう、ここは徹底的にやります。

この後は、脚部分と中央天板の合体&天板3枚の蝶番付け、
本体脚とバタフライ脚の蝶番付け、
そして、キャスター付けの予定です。
天板がフラットになるような蝶番のつけ方を調べたり、
キャスターを平付けにするか鬼目ナットでのねじ込み式にするかなど、
まだまだ考ることが沢山ありそうです。

もう一息のような気もするし、まだまだのような気もします...。
短気を起こさないように、ボチボチやっていきます。

その4金具編へ続きます。



posted by マメコ at 11:06| Comment(0) | DIY | 更新情報をチェックする