2013年11月30日

バタフライ・テーブル ダイジェスト

バタフライテーブルの製作工程を、まとめてみました。
(かなり長いです)

IKEAの素敵なテーブルを理想に掲げ...。

untitled.bmpikeabata.bmp

引き出しは難しそうだから、簡単な棚にして、
コロコロ移動できるようにキャスターを付けよう。
と、こんなアバウトな感じでテーブル作りがスタートしました。

図書館で木工の本を数冊借りてみたのですが、バタフライテーブルは
載っておらず、主人の指導の下、自分で設計図を書いてみました。
書き始めたのが、お盆過ぎのまだ暑かった頃。
市販されている天板(パイン材)のサイズを元に、
平面図を書き、構造やサイズなどを何度も修正しました。
実はこの作業、結構時間がかかっています。
おかげで、ほぼ設計図通りに出来上がりました。(当たり前か^^;)

P1120454(1).JPG

P1120453(1).JPG

上の設計図を元に木取り図を書き、ホームセンターで脚部分の木材をカットして
もらったのが9月初旬のこと。
少し涼しくなっていました。
脚部分には、丈夫で安価な2×4(ツーバイフォー)と1×4(ワンバイフォー)を
多用しています。

全ての木材にサンドペーパーをかけ、そして、柿渋を塗りました。

P1120460(1).JPG  
P1120501(1).JPG  P1120519(1).JPG


よく乾かしてから、
木材の保護のため、全てに亜麻仁油を塗りました。

P1120573(1).JPG

ここから組み立てに入ります。

P1120496(1).JPG

と、その前に部材を組み合わせてみて、木ねじのサイズや本数を確認し、
ねじを買いに...。
屋内用だからスチールのネジでいいんじゃないかと、一部に使用したのですが、
インパクトドライバーで「ガ.ガ.ガー」と一気に止めていく場合、
相当な力がネジにかかるそうです。
ネジ自体が折れる可能性もあるので、出来ればステンレスのネジを使ったほうが
いいと、ホームセンターで教わりました。
途中から、木の割れを起こしにくいステンレスのスリムねじに変更しました。

P1120895(1).JPG

今回、ダボ穴あけの部品も購入。(8mm用)
木ねじの穴をきれいに塞ぐためのものです。

P1120507(1).JPGP1120510(1).JPGP1120512(1).JPG

いよいよ組み立てです。

P1120522(1).JPG


まず、ダボ専用の錐で穴をあけます。(この作業、とっても楽しいです)
更に、その穴の中央にドリルで木ネジの下穴をあけ、
木工用ボンドで木材同士を仮止めして、
木ねじでガッチリ固定。

P1120525(1).JPG

穴をダボで塞ぎ、(ボンド付けます)

P1120532(1).JPG

あさりなしの薄いノコで、
飛び出した部分をカット。

P1120546(1).JPG

このくり返しです。
このチマチマとした作業、楽しくてついつい夢中になってしまいました。^^;

P1120561(1).JPG
 
このあさりなしのノコが、使いやすくてとっても便利でした。
ホームセンターで700円くらいで売っています。

コツコツ組み立てて、脚部分のパーツが完成しました。

P1120623(1).JPG

いよいよ金具で繋ぎ合わせていきます。

蝶番での取り付けは、全部で8箇所。
中央の脚とバタフライを支える両脇の可動脚との接続に小さめ4つ。
そして天板3枚の合体には大きめ4つ。
脚部分の蝶番は問題ないのですが、天板の蝶番のつけ方に悩みました。
蝶番の中心部分は膨らみがあり、そのままだと蝶番が浮いてしまいます。
この部分をどう収めたらいいのかわからず、
木材をカットしてもらったホームセンターで相談。
「彫るといいんだと思いますよ」と貴重なアドバイスをいただきました。
なるほど〜。

早速端材で試してみます。
ステンレス製の70mm蝶番。
重たい天板を支えるので、丈夫なステンレスを選びました。

P1120682(1).JPG


P1120661(1).JPG

このままだと浮いてしまうので、

P1120647(1).JPG

芯が当たる部分を、半円形に彫ります。

P1120659(1).JPG

収めるとこんな感じです。

P1120664(1).JPG

マスキングテープで仮止めして動きを確認。パタパタ。
天板の隙間もあかず、滑らかに動きます。
これでいいみたいです。

キャスターも端材で一度試して、木の端が割れないかを確認します。

P1120690(1).JPG

40mmの双輪キャスターを使用しました。
手前二箇所はストッパー付き。

P1120702(1).JPG


次に、本体の脚とバタフライ脚を繋ぐ蝶番を取り付けます。

P1120720(1).JPG

P1120699(1).JPG

ここは普通に取り付けてOKでした。

無事、左右の脚がつきました。

P1120798(1).JPG

P1120799(1).JPG

開閉もなめらか〜。
(天板の蝶番の出っ張りが当たる部分は、脚上部のレベルを下げています。)

P1120805(1).JPG

脚を閉じると、本体脚の間にすっぽり納まります。


この時点では、天板はまだ固定されていません。
乗っかっている状態です。
布地を痛める事のないよう、天板には念入りにサンドペーパーをかけました。
天板は、パイン集製材(18mm)です。

P1120617(1).JPG

そしていよいよ、3枚の天板を蝶番で合体します。

P1120881(1).JPG

彫った溝に蝶番をはめ込み、慎重に取り付けました。

P1120876(1).JPG

無事3枚の合体に成功。
3枚つながると、案外大きくて重たいです。
一人では持ち上げられないので、主人に手伝ってもらい、
本体脚のダボと天板にあけた穴をはめ込みました。(ピッタンコ!)、
さらに本体脚の裏側から木ねじでガッチリ固定。
ふ〜、出来た.....。 

完成です。

P1120901(1).JPG

P1120906(1).JPG

P1120907(1).JPG

P1120908(1).JPG

広げた状態で体重をかけても、ぐらつきは殆どありません。
想像以上にガッチリ、安定感があります。
脚部分に、2×4(ツーバイフォー)を使ったのは、大正解でした。
出来上がってみると全然ゴッツく感じず、頼もしくて丁度いいくらいです。^^

予算通りの、15.000円くらいで出来ました。
蝶番、キャスター、ステンレスの木ねじの追加購入が、高くついたかな。

木材カットは、ホームセンターにお任せでOK。
正確で早くて、おまけに安いです。
ワンカット50円で、今回の脚部分は8カット 400円で切ってもらえました。
木取り図にうまくまとめられれば、コストカットにつながると思います。
なので、インパクトドライバーと使いやすい小型のノコがご家庭にあれば、
充分作れると思います。

このテーブルが出来たおかげでソーイングの意欲が高まり、毎日何かしら
作業をしています。
コンパクトに畳まれている事は殆どありません。^^;
今のところ棚の下段には、ソーイングの本やパターンを、上段には細々とした
ものを収納しています。
木の色も、いい感じに濃くなってきているように思います。

これにて、「2013.秋のDIY祭り」はおしまいです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。





posted by マメコ at 16:56| Comment(4) | DIY | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

バルーンスカート

近頃すっかり、「ソーイングブログ化」しております。
バタフライテーブルが出来てから、作業がはかどる・はかどる。^^;

バルーン・スカートを縫いました。

P1130357(1).JPG

パターン:Hooray
布:ファブリーラブリー リネン(チャコール)

両サイドの裾にゴムを入れると、ふんわりバルーン型になる、
面白いパターンです。
可愛い系は私には似合わないので、今回ゴムなしで作りました。


P1130364(1).JPG


サイドに三角形の切り替えがあって、ポケットがななめに付いています。


P1130365(1).JPG

クッタリしたリネンで作ったので、着てみると裾下がりでスッキリしたライン。
個性的だけど、大人っぽくて素敵です。
Lサイズで作りましたが、身長168cmの私には若干丈が短めでした。
あと3cm長くしたほうが、バランスがいいかな。

生地を替えて何着も作っていらっしゃる方が多いのも、うなづけます。
とっても簡単なのに、カッコイイ。
丈をうんと長くしても素敵だろうし、ソフトウールで作っても素敵だろうし、
色々楽しめるパターンだと思います。

また作ります。





posted by マメコ at 11:56| Comment(0) | ソーイング | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

ジャスミンのブラウス

『縫いモチ』をキープし続けて、突っ走っております。
またまた一着完成しました。
C&Sさんの「てづくりでボンボヤージュ」から、
ジャスミンのブラウスです。


CHECK&STRIPE てづくりでボンボヤージュ



いや〜参った、参った....。
初級者にとってハードルの高いものに、うっかり手を出してしまいました。
胸元にタックが入っていて、カフスまでちゃんとあります。
既製品と違わない、きちんとしたブラウスです。
凝ったつくりなのはわかっていましたが、まさかこんなに難しいとは...。
今まで縫ってきた、かぶりものの楽チンお手軽チュニックとは、
別次元なのでした。(いや、ホントに)

えー、前置きが長くなりましたが、
初級者マメコ作、苦心の「ジャスミンのブラウス」でございます。
壁の色と被って、見づらいですね。すみません。

P1130325(1).JPG


P1130334(1).JPG

後ろはたっぷりのギャザー入り。

P1130336(1).JPG

平置きするとこんな感じ。

P1130349(1).JPG

裾はカーブしています。


私にとっての第一の難所、
前ヨーク(タック作り)。

P1130295(1).JPG

この前ヨーク。
どうしても仕様書通りにいかず、苦戦しました。
あらかじめタックを作っておき、それからパターンを当てて裁断するのですが、
何故か布からパターンがはみ出してしまうんです。
WHY? ありえない...。
結局どこが間違っているのかわからず、いくら考えてもキリがないので、
布サイズを変更して作り直しました。

第二の難所、衿。
衿は苦手...。

第三の難所、袖のカフス。

P1130347(1).JPG

片方、カフスの向き(合わせ)を間違えてつけてしまい、
最後に気づいてやり直しました...。ヤレヤレ
でも、袖のあきの処理やカフスのしくみを理解できたのが、今回最大の収穫です。

第4の難所、ボタンホール。
前回のヘンリーネックシャツではボタン穴が小さすぎたのと、位置がずれてしまったので、
今回は慎重に。

P1130317(1).JPG

P1130320(1).JPG

myミシンに薄物用のボタンホールがありました。
それでやっってみたら、前回よりきれいに仕上がりました。
これも大きな発見でした。

C&Sさんのサイト内のSEWING LESSONで、本より詳しい説明がアップされています。
こちらを存分に活用させていただきました。
この説明がなければ、恐らく完成までたどり着けなかったでしょう。

とにかくパーツが多くて、縫うのに3日もかかりました。
待ち針では上手くいかない箇所が多く、しつけをして縫いました。
読んで、理解して、縫ってみて、失敗して、ほどいて、また読み直して、
間違った箇所を理解して、また縫って。
久しぶりに頭を酷使したようで、脳みそが悲鳴をあげていました。
それでも出来上がってみたら、達成感は大きかったです。

生地は、ポプリさんのビンテージコットン、生成りの薄〜い生地です。
あまりに薄くて透けるので、何を作ったら良いのか決めかねて、しばらく寝かせていました。
何を血迷ったか、今回のブラウスに使ってみたのですが、洋服になってもやっぱり透けますな。
当たり前だよね。

このブラウスは、薄手でもハリのある生地のほうが
タックがビシッと決まって、素敵なブラウスになるかと思います。

早速試着してみると、

「うーん、
似合わない.....」
 (TT)

首元が詰まっていて、私には似合いませんでした。
これもモデルさんの着画を見て、うすうす予想していたことでしたが、
それにしても、これほど似合わないとはね。
苦労の甲斐もなく、残念すぎる結末でした..。

肩の感じとか、袖の長さやカフスの感じはとっても好みなので、
衿まわりだけアレンジ出来たらな、と思います。
あとアイロンがかけづらくて、タックにビシッとアイロンをかけようと思うと、
どうしても背中がシワシワになってしまうのが残念な点でした。

ちょっと頭を休めるために、
お次は簡単なパターンのユニークなスカートにとりかかっています。
ウエストは、ファスナーなしのゴム仕様で直線縫いのみ。簡単そう♪

ロックミシンが欲しい私は、
「ミシン、こんなに活用してますヨー」と、家族に猛アピールしているところです。
カットソーも縫ってみたいし、温存しているお気に入りの生地で作る時は、
ロックできれいに端の処理をしたいのです。
今の私のレベルでは、ロックミシンはかなりの贅沢品なので、
家族みんなに認めてもらうためにも、沢山縫って実績を作らなければなりません。
今のところ、自分のばかりだけど。^^;

ソーイング教室に通ってみたい、と思うようになりました。
衿のきれいな仕上げ方や、パターンのアレンジの仕方とか、
教わりたいこと、習いたいことが沢山あります。
自己流で間違っている部分もあるでしょうし、
きれいに仕上げるコツというのもあるんだと思います。

ロックミシンが先か、教室が先か.....。

夢は膨らむばかり。
とりあえず今は家庭用のミシンでどこまでいけるのか、
ニットも家庭用ミシンで縫えない事もないようなので、
今あるものを使って、やれるだけやってみようと思っています。
話はそれから。






posted by マメコ at 11:12| Comment(0) | ソーイング | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

ヘンリーネックシャツ

mionさんの、ヘンリーネックシャツを縫いました。
生地はぽぷりさんの、インディコ・スラブダンガリー。
真夏に届いたのですが、何か引っかかるような、きしむような、そんな違和感の
ある生地でした。
「スラブ」だからかな?
夏物にしたらストレスを感じそうなので、秋に着られるシャツに使うことにしました。

P1130255(1).JPG


P1130171(1).JPG
ボタンは黒蝶貝。(タカシマさん

初めての前開きで、おまけに新しいミシンになってから初めてのボタンホールです。
短冊部分がなかなか理解できず、ちょっと手間取りました。
そして、あちこちやらかしてます。

例えば襟の端ミシン、思いっきり落ちてます...。手でまつりました。
短冊部分の接着芯厚すぎました。ゴワゴワ。
ボタンホールの穴、ちょっと小さくしてしまい「キツキツ」です。(おかげで歪んで波打ってます)
ボタン位置を少し変更したら、間隔がずれてしまいまして...。
でも着てみると、あれやこれやも案外気になりません。(自分には見えないので)

失敗を重ねて数をこなして、慣れるしかありませんね。ファイト。

mionさんのパターンはワンサイズです。
普段Lサイズの私には小さいかなと思いましたが、
今回特にいじらず、そのまま作りました。
案外するっと着れます。
襟元がすっきりしていて、裾のカーブもいい感じです。
生地の引っかかるような感じは、思ったほど気になりませんでした。

白のリネンで丈を少し伸ばして、いつかリベンジしようかな...。
実はもう少しサラッとカッコイイ形の方が、好みです。
パターン探しは、まだまだ続くのでした。






posted by マメコ at 13:09| Comment(0) | ソーイング | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

あったか毛糸

寒くなってきましたね。
先日降った雪は、その日のうちに融けました。
来週まで何とか銀世界にはならずに済みそうです。
確か昨年は、11月23日に降った雪がそのまま根雪になってしまったように
記憶しています。
クリスマスまで根雪にならなかった年もあります。
色々です。
早めにタイヤ交換しておかないと。

日没が早く、冬の足音がヒタヒタと近づいてくるこの季節、実は一番苦手で
プチ・冬鬱になりがちです。
この時期は天気予報がとても気になり、いつ来るかとドキドキしています。
雪が降ったら降ったで諦めがつくと言うか、それはそれで雪道に慣れていくのですけどね。

こんな時こそ、気分が上がる事を考えよう。

ブラウスに使うボタンを待っている間、
何故かネットの毛糸屋さんに引き寄せられていました。
ちょうどイタリア製の珍しい毛糸がセールになっていて、
つい、つられてポチっと。
あまりにツボだったので、素通り出来ませんでした。
毛糸を買うなんて何年ぶりでしょう?
ひょっとすると、短大以来かも知れません。

購入先は毛糸ピエロさん。


P1130025(1).JPG


こちらは『BUBBLE』という名のついた極太の糸です。
太さがマチマチで、色もいい感じにムラがあって素敵です。
モコモコ・フワフワ〜。


P1130053(1).JPG


untitled.bmppiero.jpg

3玉でこんなスヌードを編む予定です。
ピエロさんから画像をお借りしました。


そして、こちらはアクリルの糸。
気に入った色が多すぎて絞りきれず、
5色も買ってしまいました。(他の色も素敵です)


P1130030(1).JPG


P1130095(1).JPG


ビロードのような面白い風合い。
何を編むかはこれから考えるとします。

素敵な素材に出会った時は、「迷わず、行ってもよろしい!」
そう決めています。

久しぶりの編み物。
手軽な小物で楽しもうと思います。





posted by マメコ at 12:37| Comment(0) | 刺し子・刺繍・編み物 | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

手芸用はさみ

先月完成したバタフライ・テーブル、大活躍しています。
折り畳まれる事も無く、ずっと広げっぱなしです。
息子に、「別にバタフライじゃなくても、良かったんじゃね?」
と言われました。
そうかも...。

今は、初の開きのあるブラウスを製作中です。
前立てや衿の工程を理解するのに少々手こずりましたが、
もう少しで完成しそうです。
只今ボタン待ち。

裁断する時の印付け(合印 あいじるし)は、今まではチャコペーパーやしつけ糸で
していました。
が、今回から切り込みを入れるやり方に変えました。(こっちのほうが断然簡単)

P1120963(1).JPG

縫い代部分に2〜3mmの浅い切り込みを入れるため、よく切れる小ぶりなはさみを
購入しました。
美鈴さんの キルトカットはさみです。(125mm)

P1120974(1).JPG

P1120973(1).JPG

ケースにピンクのステッチが入っているところが、ニクイ!

P1120982(1).JPG

つくる楽しみさんで購入しました。

手芸用のはさみは用途別に種類が沢山あって、選ぶのに随分悩みました。
他にクロバーのカットワークはさみ(青)と、ヘンケルスの刺繍バサミ(黒)が
候補に挙がりましたが、
きれいなローズピンクカラーでケース付き、後はレビューが決め手になり、
美鈴さんのこちらのはさみにしました。

実際切れ味がよく、とても使いやすいです。
おまけに可愛いいので、大満足。






posted by マメコ at 10:52| Comment(0) | ソーイング・グッズ | 更新情報をチェックする