2013年11月25日

ジャスミンのブラウス

『縫いモチ』をキープし続けて、突っ走っております。
またまた一着完成しました。
C&Sさんの「てづくりでボンボヤージュ」から、
ジャスミンのブラウスです。


CHECK&STRIPE てづくりでボンボヤージュ



いや〜参った、参った....。
初級者にとってハードルの高いものに、うっかり手を出してしまいました。
胸元にタックが入っていて、カフスまでちゃんとあります。
既製品と違わない、きちんとしたブラウスです。
凝ったつくりなのはわかっていましたが、まさかこんなに難しいとは...。
今まで縫ってきた、かぶりものの楽チンお手軽チュニックとは、
別次元なのでした。(いや、ホントに)

えー、前置きが長くなりましたが、
初級者マメコ作、苦心の「ジャスミンのブラウス」でございます。
壁の色と被って、見づらいですね。すみません。

P1130325(1).JPG


P1130334(1).JPG

後ろはたっぷりのギャザー入り。

P1130336(1).JPG

平置きするとこんな感じ。

P1130349(1).JPG

裾はカーブしています。


私にとっての第一の難所、
前ヨーク(タック作り)。

P1130295(1).JPG

この前ヨーク。
どうしても仕様書通りにいかず、苦戦しました。
あらかじめタックを作っておき、それからパターンを当てて裁断するのですが、
何故か布からパターンがはみ出してしまうんです。
WHY? ありえない...。
結局どこが間違っているのかわからず、いくら考えてもキリがないので、
布サイズを変更して作り直しました。

第二の難所、衿。
衿は苦手...。

第三の難所、袖のカフス。

P1130347(1).JPG

片方、カフスの向き(合わせ)を間違えてつけてしまい、
最後に気づいてやり直しました...。ヤレヤレ
でも、袖のあきの処理やカフスのしくみを理解できたのが、今回最大の収穫です。

第4の難所、ボタンホール。
前回のヘンリーネックシャツではボタン穴が小さすぎたのと、位置がずれてしまったので、
今回は慎重に。

P1130317(1).JPG

P1130320(1).JPG

myミシンに薄物用のボタンホールがありました。
それでやっってみたら、前回よりきれいに仕上がりました。
これも大きな発見でした。

C&Sさんのサイト内のSEWING LESSONで、本より詳しい説明がアップされています。
こちらを存分に活用させていただきました。
この説明がなければ、恐らく完成までたどり着けなかったでしょう。

とにかくパーツが多くて、縫うのに3日もかかりました。
待ち針では上手くいかない箇所が多く、しつけをして縫いました。
読んで、理解して、縫ってみて、失敗して、ほどいて、また読み直して、
間違った箇所を理解して、また縫って。
久しぶりに頭を酷使したようで、脳みそが悲鳴をあげていました。
それでも出来上がってみたら、達成感は大きかったです。

生地は、ポプリさんのビンテージコットン、生成りの薄〜い生地です。
あまりに薄くて透けるので、何を作ったら良いのか決めかねて、しばらく寝かせていました。
何を血迷ったか、今回のブラウスに使ってみたのですが、洋服になってもやっぱり透けますな。
当たり前だよね。

このブラウスは、薄手でもハリのある生地のほうが
タックがビシッと決まって、素敵なブラウスになるかと思います。

早速試着してみると、

「うーん、
似合わない.....」
 (TT)

首元が詰まっていて、私には似合いませんでした。
これもモデルさんの着画を見て、うすうす予想していたことでしたが、
それにしても、これほど似合わないとはね。
苦労の甲斐もなく、残念すぎる結末でした..。

肩の感じとか、袖の長さやカフスの感じはとっても好みなので、
衿まわりだけアレンジ出来たらな、と思います。
あとアイロンがかけづらくて、タックにビシッとアイロンをかけようと思うと、
どうしても背中がシワシワになってしまうのが残念な点でした。

ちょっと頭を休めるために、
お次は簡単なパターンのユニークなスカートにとりかかっています。
ウエストは、ファスナーなしのゴム仕様で直線縫いのみ。簡単そう♪

ロックミシンが欲しい私は、
「ミシン、こんなに活用してますヨー」と、家族に猛アピールしているところです。
カットソーも縫ってみたいし、温存しているお気に入りの生地で作る時は、
ロックできれいに端の処理をしたいのです。
今の私のレベルでは、ロックミシンはかなりの贅沢品なので、
家族みんなに認めてもらうためにも、沢山縫って実績を作らなければなりません。
今のところ、自分のばかりだけど。^^;

ソーイング教室に通ってみたい、と思うようになりました。
衿のきれいな仕上げ方や、パターンのアレンジの仕方とか、
教わりたいこと、習いたいことが沢山あります。
自己流で間違っている部分もあるでしょうし、
きれいに仕上げるコツというのもあるんだと思います。

ロックミシンが先か、教室が先か.....。

夢は膨らむばかり。
とりあえず今は家庭用のミシンでどこまでいけるのか、
ニットも家庭用ミシンで縫えない事もないようなので、
今あるものを使って、やれるだけやってみようと思っています。
話はそれから。






posted by マメコ at 11:12| Comment(0) | ソーイング | 更新情報をチェックする