2014年05月11日

映画 『 A2-B-C 』

母の日ですね。
札幌も朝から良いお天気で、
只今外は25℃くらい。
初夏のような陽気です。

さて、巷では漫画『美味しんぼ』最新号の「鼻血」が、話題になっていますね。
石原さんまで出てきてワーワーと。

私が今まで鼻血を出したのは、物心付いてからは確か2回だけ。
1度目は高校生の部活中、暑い体育館の中でのぼせました。
2度目は数年前、リフォームした部屋に入った時の事。
暫くの間換気をし、匂いもしなくなったのでもういいだろうと部屋に入った瞬間、
人生2度目の鼻血が、前触れもなく突然ツゥーと出ました。
体は化学物質に対して敏感に反応するんだなと、
少々怖く思ったものでした。
子どもはよく鼻血を出すものですが、いい大人はそうそう出さないですよね。

福島で原発事故が起きて、
それでも大丈夫だと言い続ける人々。
反対に、危ないから逃げろと言い続ける人々。
自分の目で見て確かめたわけではないので、
どちらが本当なのか、わかりませんが、私個人の感覚ではクロ。
『トーキョー』(の資産価値)を守るために必死でごまかしてるだけ、
ずっとそう思ってきました。
なので、今も食材の産地には気を遣っています。
次男が高校生になり、給食の牛乳を飲まずにすむようになって一安心。

チェルノブイリの原発事故後のデータ、
子どもたちの体に起きた事、
いくらでもネットで見ることが出来ます。
石棺で覆ったチェルノブイリでさえあの被害です。

目に見えない放射能を「安全です.問題ない」と暢気に構えて甘く見ている現状は、
とても恐ろしく感じます。

前置きが長くなりました。
福島原発事故の放射能被害、被曝の現実・事実を追ったドキュメンタリー映画
『 A2-B-C 』が、日本でも公開されるようです。
日本在住のアメリカ人監督が撮った映画だそう。
星月夜☆さんのサイトで知りました。
http://ameblo.jp/hoshitukiyoru7/entry-11846595493.html


予告編

公式サイトはこちら。http://www.a2-b-c.com/intro.html

放射能問題は様々な思惑があり、真実はなかなか見えてきませんが、
美味しんぼであの騒ぎですから、この映画にもきっと横ヤリなど入るのでしょうね。
勇気ある行動を起こされた方々に感謝・感謝です。
美味しんぼもこの映画の内容も、どう受け取るか、その先は自分で判断するしかないですね。
札幌でも上映されたら見に行きます。
日本中に上映の輪が広がるよう、祈っています。

追記:5/14
こんな漫画もありました。
http://www.moae.jp/comic/1f/1








posted by マメコ at 14:13| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする