2014年09月25日

雲海テラス.....

一昨日の秋分の日に、トマムの雲海テラスへ行ってきました。
我が家は自営で連休がとりづらいので、
いつもの、弾丸&日帰りツアー。

前日早めに寝まして、夜中の1:30に起きて、2:00過ぎに自宅を出発。
4:45発の始発のゴンドラに余裕で乗れる‘ハズ’でした。
真夜中の一般道はガラガラで、札樽道の北広島ICから高速に乗り、
これまたガラガラの夜の高速をかっ飛ばしました。
千歳JCで道東道に入り、トマムICまで。
ここも楽勝かと思いきや、この道東道がクセものでした。
高速なのに、まさかの片側1車線。
SAやICの付近だけ2車線に広がり、あとはひたすら1車線。
灯りもない高速は反射板だけがやけに目だって、おまけに狭くて圧迫感アリアリ。
カーブに急坂に、長ーーいトンネルが続き、走りづらいったらありません。

SAでチョクチョク休みながら安全運転で走っていたら、トマムICについたのが
まさかの4:20でした。
ここでようやく目が覚めて、焦りだす私たち。
ICから星野リゾートトマムまでは5分弱くらいなのですが、
ホテルの敷地内で迷ってしまいました。
目立つ案内板もなく、ホテル棟まで行ってしまい、慌てて引き返して
ゴンドラ乗り場の駐車場に着いた時には、すでに4:35。
オヨヨ。

ここで私はウールの靴下を履いてブーツに履き替え、ダウンを持ち、
主人はオーバーズボンを履き、アワアワと乗り場へと駆け出しました。

すでに人だかり。
ゴンドラチケットを買うのに並んでいると、
只今の待ち時間は約1時間となっております、云々のアナウンス。
シマッタ....、日が昇ってしまう。
世の中的には連休最終日と言う位置づけだったらしく、
夜明け前だというのに、人・人・人でした。

P1140597(1).JPG

仕方ない、並ぶしかないよね、と長い列に並んでいる間に、
無情にも夜が明けた....。



ちなみに、私たちが並んでいた頃、
雲海テラスでは、こんなに素晴らしい秋分の日の、日の出が見られたそう。

IMG_0740 (530x314).jpg

雲海仙人さんのブログから、写真お借りしました。
http://www.snowtomamu.jp/blog/2014/09/so-rising-sun.html
キレイ...。
私たちも、見たかった...。


さて、そんな見事な日の出があった事を知らない下界では...、

P1140599(1).JPG

ゴンドラ待ちの長〜い列が続いています。
夜明け前はとても寒く、ストール&手袋&ダウンを着込んでちょうどいいくらい、
風がないのが幸いでしたが、待ってる間はかなり冷えます。
すぐ後ろに並んでいた大学生のお兄さん3人組は、うっかりの軽装で、
相当寒かった様子。
それでも気丈に明るく耐えてました。
そんなこんなも、きっといい思い出になるネ。
もう少しだ、頑張れ。

P1140603(1).JPG
(皆さんは、こんな格好)

外で40分以上は並んでいたでしょうか。
ゴンドラ乗り場の建物の中に入ると、チケットと交換で乗車券が渡されました。
この乗車券が、雲海の絵ハガキでした。
切手不要の粋なハガキで、上のテラスの雲海ポストから投函出来るのだそう。


P1140646.JPG

凄い迫力。
こんな雲海に出会えた人は、さぞかし日頃の行いが良いのでしょうね。


P1140604(1).JPG

建物の中でも更に20分くらい並び、ようやく4人乗りのゴンドラに乗りました。
大学生3人組の次の男性2人(大人)と相乗りになったのですが、そのうちの1人が
これまたうっかりさんで、まさかの短パン....。
3人組よりさらに寒そうダ。
会話から社用で来ていたと思われるのですが、しきりと「甘かった」を連発。
目の前だけど、見てないフリを通しました。^^

途中、すれ違う下りのゴンドラにお客さんが乗っているのに気付き、
全てが終わったことを、私たちは悟ることとなりました。
ううっ...。
雲海もナッシング?

振り返ると、下界にうっすら雲海。

P1140610(1).JPG

絵葉書の雲海がいかに凄いかがわかります。
熱気球が上がっているのが見えました。
ゴンドラはグングン登り、ようやくテラスに到着です。


   ▼
   ▼
   ▼



ほぉぉぉーっ、
beautiful〜♪



P1140619(1).JPG


そこには、うっとりするような景色が広がっていました。
遠くの山並みのシルエットが、なんと美しいこと。
すでに6時を回り、すっかり日も昇っていますが、この絶景にしばし見とれました。
自然の美しさ、この地球からのギフトに、 ただただ『ありがとう』

P1140647(1).JPG

テラスでは、ブルーの雲海ポストがお出迎え。

P1140622(1).JPG


上の階から、メインの雲海展望カフェを見下ろす図。
テラスは3層構造になっていて、一番上のテラスではヨガをしている人たち。

P1140623(1).JPG

空は抜けるように青くキレイだし、あんまり気持ちがいいので、ヨガのポーズを真似ながら
何度も何度も深呼吸しました。
聞こえてくるのは、ゴンドラの音と、楽しそうな声だけで、
こんな朝早くから山の上に沢山の人がいるという、
ここは、非日常の不思議な空間でした。

随分高く上ってきたけれど、日差しのおかげで思ったより暖か。
ゴンドラ待ちで後ろにいた大学生のお兄さん3人組が、貸し出しの
赤い防寒ジャンパーを嬉しそうに着ていたのが、妙に微笑ましい。
良かったね、暖かそうだ。


P1140644(1).JPG

各フロアに椅子やテーブル、ソファなどが、沢山用意されていて、
思い思いにリラックス出来る感じがこれまたgoodです。


テラスの先に散策路があり、裏側に回ってみると、

P1140634(1).JPG

向こうの山に雲海が広がっているのが見えました。
(写真ではよくわかりませんね。)

更に上に行くとトマム山頂までの登山道があります。

P1140636(1).JPG

赤ジャン3人組は、元気に山頂を目指して登って行った模様。^^
道が狭く足元が滑るので、私たちは途中で引き返しました。

雲海展望カフェで、

P1140652(1).JPG


雲海ソーダと雲海カフェラテを飲みながら、帰りのゴンドラ最終までノンビリ過ごしました。

P1140657(1).JPG


上のテラスを見上げるとこんな感じ。

P1140661(1).JPG


雲海最大発生中には、この柵の下あたりまでブワァーと雲海が上がってくるみたいです。

P1140649.JPG

それにしても、よくぞここにテラスを作ろうと思ったなと、
その目の付け所に、ただただ感心しました。
一度は傾きかけたトマムが息を吹き返したのですから、素晴らしいことです。

下りのゴンドラが8時最終なので、2時間くらいテラスに居ましたが、
あっという間に感じられました。

雲海テラスの営業は10/27まで。
営業時間:4:45〜7:00(最終下車8:00)

駐車場に戻り、少しだけ休憩して、帰りは高速を使わず、4箇所の道の駅に寄りながら
のんびり帰ってきました。
最後の道の駅、長沼の「マオイの丘」は物産市で大賑わい。
りんごや新米や野菜など、地元の美味しい秋の味覚を格安に購入しました。

眠くてフラフラになりながらも、平均年齢50歳オーバーの中年夫婦は、
無事に家にたどり着く事が出来ました。

雲海は、またいつかリベンジしようと思います。
今度は日の出に間に合うように余裕を持って。
でも、こんな過酷な弾丸観光は、もうこれっきりにしたい。
この日の走行距離330km。
流石にカラダに堪えます。






posted by マメコ at 09:10| Comment(14) | 北海道 LOVE | 更新情報をチェックする