2014年10月29日

「サロン」という名の服

ソーイングの本ではないのですが、衣服に纏わる本を読みました。



安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて

安藤さんは、多治見にあるギャルリももぐさのオーナーさんだそうです。

ソーイングを始めてからせっせと布買いに励んでいて、我が家の布山は高くなる一方です。
気に入った布ほどなかなかハサミがいれられず。
布にピッタリのパターンに出会うまで大事にしていると言うのもあるけれど、
私の腕が上がるのを待っているというのも本当の理由だったりする。

別に特別な布というわけではなく、普通に手に入れた布ばかりですが、
温存して、また買って、の繰り返しです。(殆ど病気ね。^^)
『布は旬なうちに裁て!』と、
重々わかっちゃいるのだが...。

安藤明子さんが考案された『サロン』と言う名の太い筒状の布。
布を直線にカットして縫い合わせたもの。
捨てる部分も少ないです。
巻きスカートとして着るのが王道のようですが、マントのようにしたり、
男性も着用してたり、使い方は色々。

直線断ちの布、着る人の体に合わせて纏う服。
着物に近い感覚です。
立体裁断のパターンから作られる洋服とは、真逆の発想ですね。

単純な筒状の四角い布で、ここまで雰囲気が出せる事に、驚きました。
味のある布一枚で仕立ててあったり、組み合わせて縫ってあったり、重ねたり。
夏は素材で涼しく、冬は重ねて暖かく。
遠い昔の人は、織った四角い布をただ体に巻きつけて着ていたと思われますが、
そんな原型のような服なのかも知れません。

本には、こんな言葉が書かれています。

「最低限の手を入れて 衣服になるものをつくりたい」
「必要な始末を手を抜かずに 丁寧に」

HPの中(instagram)の安藤さんの着こなし例がとても素敵でした。
赤い靴下+トリッペンとか、もうすごくおしゃれ。

ソーイングの本にも、直線断ちで作れるものなど増えてきていて、
折り紙のような発想に、和のテイストを感じます。
最近はやっこさん風のはおりものをよく見かけます。
パーツも少なく、縫うのも直線だからとっても簡単(らしい)。
それでも、ちゃんと着るものになるという面白さ。

日本人の体型には、案外筒状のものや直線裁ちのものが似合うのかも。
本には寸法などは特に書かれていませんが、絵を参考にmyサロンを作ってみるのも
面白そうです。
無地の布に部分的に刺し子をしても、きっとかわいい。

安藤さんの「サロン」。
昔々の大和の装いを思い起こさせるような、そんな雰囲気が新鮮で、
真似してみたくなりました。
トリッペン、ますます欲しくなったゾ。





posted by マメコ at 17:04| Comment(0) | ソーイング本・パターン | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

寝言

こどもの頃から、「寝言をハッキリ、それも長く喋る」と、家族から聞かされてきましたが、
大人になってもそれは変わらないみたいです。
今朝オットに、「昨日どんな夢見た?」と聞かれました。

ところどころしか覚えてはいないのですが、
昨日はかなり大人数で集まっている夢を見ました。
その中に大好きなブロガーさんmさんが居て、「はじめまして〜」と挨拶をし、
憧れの人に会えてはしゃいでいたのを何となく覚えています。(夢の中の自分は若い設定)

オットによりますと、
「後ろ見えないから、ちょっとよけて下さーい」
と声を張り上げ、
「6・7・8・9...」と、数を数えていたそうな。
人数でも数えていたのかナ?(覚えていない)

前の日は戦闘モードの夢でした。
仲間たちと、「残念だけど、戦いは避けられそうにない」とか話していました。
戦わなければならない状況になって、黙々と準備をしていた気がします。
寝言で「ブルルン・ブルルン」とエンジンが唸るような音を出していたらしい。(オット談)
一体どこで何をやっているのだか...。^^

ちなみに、オットがよく見る夢は、「空を飛んでいる夢」だそう。
子どもの頃からよく見るのだとか。
羨ましいー。
そういえば、私はオットの寝言を聞いたことがないように思います。
長男もあまり寝言を言わないほうでしたが、
次男は私と同じハッキリ&長文タイプ。^^

録音して、私に自分の寝言を聞かせてやりたいと、オットは言います。
ぜひ聞いてみたいゎ。
そうしたら、夢を鮮明に思い出せるかも。
まぁ、起きてても寝言みたいな事ばかり言ってますけどね。
連日の私の寝言のせいで、オットは寝不足気味らしい。
すまない。






posted by マメコ at 16:29| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

蠍座の新月

おはようございます♪

今日は新月ですね。
これから、恒例の新月の願い事を書きます。

今回のまんまるハートさんのメルマガに、なるほど〜と思うことが幾つかありました。
以前不思議な友人もこの方のメルマガを引用していましたので、
私は安心してこのメルマガを読んでいます。^^

一部転載させていただきますね。
............................................................................................................

■ すみませんって言っている人は要注意


蠍座のテーマには、『深い絆』『罪悪感の解放』があります。
このふたつ、とても深い関係にあるのですよ。
あなたは、誰かになにかをしてもらった時、
そのエネルギーを、罪悪感で受け取ってしまっていませんか?

反射的に
「ありがとう(^o^)」ではなく、
「すみません」
という言葉が出やすい方は、その傾向強いかもしれません。

例えば
遠回りして、車で家まで送ってもらった時…
「(なんだか申し訳ない…)ほんと、すみません。。。
(やっぱり断ればよかったかな。。。)」⇒罪悪感

「(遠回りさせちゃうのは申し訳ないけど…助かる!感謝!)
ありがとう(^o^)ほんとうに助かります!うれしいです!」⇒感謝

この気持ちエネルギーの違いって、相手に伝わるのですよ。
もともと、相手が良かれと思って提案してくれたこと
罪悪感で受け取ると、相手に
「なんか…やめればよかったかなぁ。。。」という後悔の念が生まれがちです。

その反対、喜びの気持ちで受け取った時には
「うん^^ほんと、やってあげてよかった!また何かしてあげたいなぁ(^_^)」
とお相手は感じます。

1.何か相手のためにしてあげる
2.相手が受け取る
3.お互い嬉しい
4.私も何かしてあげたい
1.に戻る。永遠、ループ

「私はいつもしてあげるばかり。」
そう思いがちなあなたももしかしたら
この罪悪感受け取りが、クセになっているのかも、しれません。

1⇒2⇒3⇒4⇒1…のループは
繰り返すごとに、『深い絆』を生み出していきますよ。
どうぞこの さそり座新月に、感じてみてくださいね(^_^)

............................................................................................................

■ あなたにもしも『許せない』気持ちがあったなら…

蠍座の解放テーマには、『復讐』『残酷な批判』『破壊的願望』があります。

さそり座の、深くふかーく…執念深く…
が出ている感じで、なんだか…
怖いですね^^;
色に例えるとしたら、何色に感じますか?

「真っ黒!」という感じでしょうか。

そう、誰かを許せない気持ちや復讐心、残酷な批判、破壊的願望を心に持っていると、
「真っ黒エネルギー」がそこにある感じです。
真っ黒は、重たいですから、他のエネルギーの流れを邪魔してしまいます。
「愛・感謝・幸せ☆」そのイメージが、ピンク色だとしたら…
真っ黒エネルギーの場所にくると、停められてしまったり
濁ってしまったり、します。

だからね、その真っ黒エネルギーをなくしていくと
エネルギーの通り道が新しくできて
ぐるぐるスムーズに流れて循環していくのですよ。
⇒深いネガティブエネルギーを自分の中から解放するのは
とっても重要です。

さそり座テーマには『許し』がありますが、その『許し』って
他人のために許すのではなく
自分のために許すのです。

あなたには、許したくない出来事や、相手って、いますか?
母親だったり、父親だったり
信じていた友人や恋人だったり
もしいるとしたら…その出来事や人のこと、
「悔しくてたまらない!
私はこんなに苦しんだのに、そいつだけのほほんと生きちゃってずるい!
許したりするもんか!」
そのような、苦しい気持ちなのかもしれません。。。
だから、いますぐには出来ないかもしれないけれど

***************************

他人のために許すのではなく
自分のために許す。

***************************


このこと、感じてみてくださいね。
あなたの中の真っ黒エネルギーをなくしていくと
綺麗なエネルギーの通り道ができて
ぐるぐるスムーズに流れて循環していきます。
いっぱいたくさん一生懸命に「愛・感謝・幸せ☆」を自分に入れても
どこかでつっかかっていたら、満ちることは出来ません。

でも、ひっかかりなく、流れがスムーズであるならば
無理してがんばらなくても「愛・感謝・幸せ☆」が
あなたの中に満ちますよ。
そしてそれは、
あなたの現実へとつながっていくのです。
どうぞこの、さそり座新月に、感じてみてくださいね。

............................................................................................................  

転載ここまで。


長いこと『許す』が私のテーマにありました。
母への思いに苦しんできたのですが、
今年の7月の初めに、私はその呪縛から開放されたように感じています。

他人のために許すのではなく
自分のために許す。


本当にその通り。
私の中の真っ黒だったエネルギーが抜けていったら、
嬉しい事、ラッキーな事が色々起こりました。
「苦しい」が抜けたから、スペースが空いたから、
今度は『嬉しい』が入ってこれたのでしょうね。
流れてる〜と、実感しています。

以前不思議な友人に言われた言葉。

「誰も替わりにはやってくれないよ。
あなたがやらなきゃ、何も変わらないんだよ。」

苦しみは自分が作っていて、自分で解決できる(自分しか解決できない)って、
本当ですね。
あの人にもそう伝えてあげたい。
伝わっているかな?^^






posted by マメコ at 10:06| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

与えたものだけ

昨日は20℃まで気温が上がって暖かった札幌ですが、
明日の最低気温は4℃の予報で、まさかの雪マーク雪がつきました。
いよいよ来るのか!と、少々ビビッております。
北国に住んでいる限り仕方ないっちゃ仕方ない事だけど、
どうかお手柔らかに願います。

話は変わりますが、
とあるブログに書かれていた言葉に、妙に納得しました。

「あなたの与えたものが、あなたの受け取るもの」
「受け取れるものは、あなたが与えた分のみ」


それが宇宙のしくみだとか。
実にシンプル。
これほど公平な事はないですね。
覚えておこう。






posted by マメコ at 13:00| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

編み物

これからやって来る長い冬を、少しでも楽しいものにするために、
久しぶりに編み物に挑戦してみようかと、
編み棒や毛糸を少しずつ揃えて、本を色々借りています。

まずは簡単そうなミトンかレッグウォーマーを編んでみようと思うのですが、
4半世紀ものブランクがあるので、編み始めはどうするんだったか
どうしても思い出せず、ここは基礎から学び直しです。
基礎の本ですが、素敵な作例も載っていて実用的です。


大人のためのはじめての棒針編み ていねいな解説で必ず編める


地味な色の洋服ばかり着ているので、
小物くらいは、差し色になるキレイ色で!





posted by マメコ at 10:31| Comment(0) | 刺し子・刺繍・編み物 | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

保江さんの楽しい動画と、出雲の本

今日は朝から気持ちのいいお天気です。
昨日は台風19号の影響で寒気が流れ込み、11月並の寒さに震え上がりました。
堪らず、暖房を入れてしまった...。

保江邦夫さんの動画がまたまたアップされています。
前回同様、とても楽しいお話です。


『神様につながった電話』 出版記念講演会 前編

今回は、出雲と淡路島の旅のお話がメインです。
保江さんの周りに起きる事は、いつもグッドタイミングで繋がっていて、
いつだって結果オーライ。
こんな事ってあるんだ、の連続です。
この感じ、瀬織津姫のヤンズさんの本を読んだ時も、同じ印象を持ちました。
面白いです。

私は出雲には行った事がありません。
出雲どころか、西日本には過去3回しか行った事がないと気付きました。
中学... 奈良&京都(修学旅行)
高校... 広島&岡山(修学旅行)
20代... 福岡&大分(研修)
あらま。
個人の旅行で、行った事がなかった〜。^^
東日本&北日本人間です。

西日本で、行ってみたい所は沢山あります。
鳴門の渦を見に行きたいし、
仙酔島にも泊まってみたいし、
鳥取砂丘の砂のアートも見てみたいし、
本場の讃岐うどんを食べてみたいし、
四万十川にも行ってみたい。

元来パワースポットと言われる所に興味がなくて、神社仏閣などにも足が向かず、
行きたいと思うことも、呼ばれる事も全くなく、
今日まで生きてきましたが、(大げさ)
この動画を見ていたら、お話に出てくる出雲の本(ガイドブック)を無性に読んでみたく
なったのでした。


あたらしい出雲旅行

特に行く予定もないんですけどね。
先日、楽しみにしていたソーイングの新刊を書店に見に行ったら、
ピンとくる作品が載ってなくて、買わずに帰ってきたその後、
動画でこのガイドブックを知りまして、
たまたまソーイング本とピッタリ同じ金額だったので、
このお金はこの本に使ったほうが良いのかナ?
そう思ってポチった次第です。(こじつけ)

さてこの本、まず何と言ってもこの紙質が好みです。
写真もクッキリ&ハッキリではなく、趣があって素敵。
本の大きさも旅のお共に丁度いいですね。
私にはやや字が小さ目に感じますが、頑張って読みたいと思います。

P1140866(1).JPG

眺める楽しさと、

P1140865(1).JPG

読む楽しさが、たっぷり詰まっています。

じっくり読み込んだら、出雲に出かけたくなりそう。




posted by マメコ at 11:21| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする