2015年05月30日

種まき

夏至に向かって、庭の雑草たちが元気一杯伸びています。(雑草天国)
回覧板やゴミ出しに出たついでにやる、朝の雑草抜き。
気付けば1時間近くもやっていたりします。(キリがない)
先週裏のお宅のお庭がやけに明るいなと思ったら、
一面黄色のタンポポ畑になっていました。
すでに種となって飛んでしまったみたいで、今は茎だけが残ってる。
うちでも大発生するのは、時間の問題ね〜...。
おぉ、こわいっ。

雑草の生える面積を少しでも減らすため、今年は宿根草の苗をいくつか植えて、
レンガで区切ってみたり、少し庭に手をかけることにしました。(長いこと放置)
やり始めたら勢いがついてきて、宿根草を種からも育ててみることに。
種まき専用ポットと種まき専用の土を用意して、買ってきたばかりの種と、
引き出しにしまいっぱなしで、発芽期限がすでに切れている(!)古い種など、
3種類を撒きました。(ダメモト)


P5260186(1).JPG


P5260177(1).JPG
種まき:5/26

ものによっては種が3粒しか入っておらず、
ポットも土も余ったので、
亜麻(フラックス=リネンの原料)を植えてみるかと、これまた種を購入。
購入先は、亜麻の里さん。http://www.amanosato.jp/index.htm


P5270187(1).JPG

リナム・ペレネという品種です。
こちらは種がたっぷり入っています。
スタッフさんのお庭で採れた種も、同封されていました。
ポストカードの裏に、育て方が書かれています。


P5280191(1).JPG
種まき:5/28

表面が乾かないよう、濡れティッシュを被せています。

今回商品に、
「亜麻を紡ぐ体験教室」の記事が同封されていていました。
茎から繊維を取り出して、手紡ぎで糸を作り出す、そんな体験が
出来るのだそうです。
数年前から札幌近郊の当別町などで、亜麻の栽培(産業用)が盛んに
なってきています。
亜麻の種から採れるオイル(亜麻仁油)や、焙煎した食用の種が、
健康食品として販売されています。
残った茎はどうしているのかな、と思っていました。
亜麻の茎から糸が出来るまでの工程に興味があったので、
7月の体験教室に申し込みました。

リネンの産地は、フランスやリトアニア、ベルギーなどが有名ですが、
戦前は北海道でも亜麻の栽培が盛んだったそうで、
札幌には麻生(あさぶ)という地名があります。
ラベンダーが育つ気候は、亜麻栽培にも向いているそうです。

産業用の亜麻の花は、あまり長く咲かないようです。
今回送っていただいたのは観賞用の亜麻で、花を楽しめる品種だそう。
風に揺れる姿が涼しげな、フラックス。
青くて小さな、かわいい花が咲きます。

ama10.jpg
画像お借りしました。

毎日シュッシュッと霧を吹きかけ、
早く芽が出ないかと、楽しみに待っているところです。
(発芽まで10〜14日)








posted by マメコ at 09:41| Comment(2) | 北海道 LOVE | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

歴史ミステリー

お久しぶりでございます。

しばし、歴史探訪の旅に出ていました。
と言っても、本の中。

甑島(こしきじま)在住の『K』さんのブログで紹介されていた本を読みました。

ダウンロード.jpg

室町幕府を倒し、その後に□□政府を作った集団が、かつて存在していたという
謎めいた話です。
日本の歴史から抹殺されたその集団の中心人物が、「岩屋天狗」ことヤジローどん。

ヤジローどんは1300年代にインドネシアから琉球に渡来したアラブの高僧、
真穂梁夢(マホラム)という人物の子孫であり(6代後)、アラブの血を引いていたとあります。
また、ヤジローどんは「ザビエル」を日本に連れてきた人物で、通訳をこなし、
地動説や仏教とキリスト教の違いなどでザビエルを論破。
それが彼が早々に日本から引き上げた理由だったと書かれています。
その出来事の片を付けに(ザビエルの敵を討つかの如く)来日したのが、
弟子の「ルイス・フロイス」。
信長に異国の血が混ざっている点を突いて、信長をそそのかし、
鉄砲武器を与え、ヤジローどんこと「岩屋□□」の存在を日本史から消す事を進言。
江戸幕府はそのことにひたすら尽力し、それが300年の鎖国に繋がった。
信長も秀吉も家康も皆ヤジローどんの子どもで、
西郷さんまでもがヤジローどんの子孫、
そんな驚きの内容が綴られています。

『上』は西郷さんの所謂『征韓論』(偽説)の話がメイン。
薩摩の英雄でありながら謎が多く、今も尚お顔さえもはっきりしない西郷さん。
日本の歴史からヤジローどんの全ての記録が消されているため、
西郷さんは祖先ヤジローどんの存在(足跡)を朝鮮に見出す為に、朝鮮行きを志願していた。
それを、大久保利通によって『征韓論者』に仕立て上げられ、
後の西南戦争へと繋がって行った...。

父方のご先祖様(鹿児島)は、西南戦争で西郷さんと共に戦ったと叔父から聞いていて、
私の高祖母にゆかりのある土地を中心に、この本の話が展開していることも
あって、大変興味深かったです。
ご縁のある土地の「歴史ミステリー」として、鳥肌たちまくりになりながら、
読みました。
ただ、文章が難しくてルビもなく、チンプン・カンプンな部分多し...。

歴史の改竄はどの時代にもあったのでしょうけれど、
この本の展開はやや突飛で、もう何が何だかの世界です。^^
でも、歴史ミステリーとしては最高に面白い!

今も鹿児島には、弥五郎どん祭りというものあるそうです。
そのモチーフは、まるでヤジローどん。岩屋天狗さんのよう。
http://www.kagojinjacho.or.jp/birthplace/post-30.html
ヤゴロウどんとヤジローどん。
ヤジローどんは、実在したのでしょうか...。

アラブの高僧「マホラム」。
『まほろば』はマホラムから転じたのかな、とふと思いました。
昭和の懐かしのヒット曲「コーヒールンバ」という歌に、こんな歌詞がありましたね。

「昔アラブの偉い お坊さんが
恋を忘れた あわれな男に
しびれるような 香りいっぱいの
こはく色した 飲みものを教えてあげました
やがて心うきうき とっても不思議このムード
たちまち男は 若い娘に恋をした 」


コーヒー店主の主人曰く、イスラムの高僧がコーヒーを世界に広めたという話は、
コーヒー業界では通説なのだとか。

と、そんな歴史ミステリーとアラブのお坊さん話に繋がって、
ニヤニヤしていた1週間なのでした。

追記:不思議な友人に「岩屋天狗」の信憑性を尋ねたところ、
   「実在しないと思う」との返事がきました。  






posted by マメコ at 10:54| Comment(2) | 読書記録+おすすめの本 | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

深宇宙探訪記

「深宇宙探訪記」上・中・下3部作を読みました。

P1160195.JPG

1回延長して計4週間、必死に読んだのですが、
『下巻』の30ページくらいを残して時間切れ。
泣く泣く返却しました。
『下』だけまた借りよう。
とにかく長かったー。

3冊それぞれ主人公が違います。
『上』はマゴッチ氏の体験記。
UFO目撃から、自分の意思によるUFOへの搭乗&操縦、
そして母船への搭乗などが淡々と綴られています。
まるで「アミ小さな宇宙人」の大人版のような印象でした。
『中』はバズアンドリュースの体験。SF映画のような展開。
『下』はロシア人マイカのストーリー。
彼は大昔に起きた宇宙戦争に於いて「善」の中心的役割だった人物。
『中』と『下』は、彼らの体験をマゴッチさんが聞き取り、書いたものです。
この3人の男性は、それぞれ別の場所で小型宇宙船に乗り、
地球外の存在の手引きにより同じ母船に乗り合わせています。(この時点では面識なし)
そして、母船から飛び出した旅の先で、
目が眩むほど眩しい金白色の光の存在と対面する、というストーリー。
(ザックリ過ぎるか...)

今回読んだのは『深宇宙探訪記』3部作ですが、
『上』『中』は『オスカー・マゴッチの宇宙船操縦記』と内容が同じかも
知れません。

ダウンロード (1).jpg  41vIQYgB0kL._SY344_BO1,204,203,200_.jpg



私が「宇宙探訪記」に夢中になっている頃、
主人は映画『ガーデイアンズ・オブ・ギャラクシー』を借りてきて見ていました。

ダウンロード.jpg

登場人物もストーリーも全く違いますが
『ガーディアンズ(守護者)』でシンクロしていた事が、妙に可笑しかった。

本山よろずや本舗さんでも紹介されています。
宇宙の友人たちという項目にあります。http://homepage2.nifty.com/motoyama/
宇宙に惹かれる方には興味深い本かもしれません。

この本に書かれているのは、
物語ではなく『体験記』なのでしょうね。






posted by マメコ at 09:30| Comment(0) | 読書記録+おすすめの本 | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

今年の桜

今日のGoogleの絵、面白いですね。

inge-lehmanns-127th-birthday-5712482031108096-hp.gif

『美しき緑の星』に続く、ディスクロージャーのような気がする〜。^^


さて、
今年は3週連続でお花見に出かけたのですが、
空振り続きでした。

1週目(4/23)
千島桜を見に近場の某研究所へ。

P1160117.JPG
1〜2分咲き。

P1160122.JPG
可愛いデコイに逢えたから、よしとする。


2週目(4/30)
車で30分くらいの桜の名所へ。

013.JPG
遠目だときれいですが、散ってる盛り〜。


3週目(5/7)
これは北上するしかないという事で、ソメイヨシノの並木を見に
車で1時間半、北へとひた走る。
咲いていれば圧巻の眺めのはずで、タイミング的にもバッチリのはずが、
今年は殆ど咲かずに終わったそう。(野鳥による被害だとか)
道に花びらさえ落ちていない、桜見物と相成りました。

3回とも見事に外し、これは一体どうした事かねと主人と首をひねっていたら、
庭の桜が満開を迎えました。
一気に咲いた模様。(5/8)

029.JPG

028.JPG

ほぉー、かわいらしい。
4年前害虫被害に遭い、殆どの葉っぱをたべられてしまって、それ以来少ししか
咲かなくなってしまった庭の桜。
今年雪解けを待って、枯れた枝を大胆に切り詰めたので、
花は諦めていたのですが、いつも以上にきれいに咲いてくれました。
ありがとね。
これは、嬉しい誤算でした。

家の前の小さな公園の八重桜も満開。

021.JPG

022.JPG

025.JPG

(E-M10で撮影)

灯台下暗しでやんした。






posted by マメコ at 09:35| Comment(4) | 北海道 LOVE | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

フロントタックブラウス

ブラウスを縫いました。

042.JPG

パターンはfilerさんの、フロントタックブラウス。(サマーver.)
生地はリネンシャンブレー。
W巾、1mで何とかとれました。


033.JPG

襟元がポイントで、前のVの部分が少し裏返るようなデザインになっています。


038.JPG
脇にダーツ&タック、

037.JPG
前裾にもタックと、とても面白い作りです。


040.JPG
背中にもタック。

039.JPG
袖部分

0.1cmコバステッチの箇所が多くて、しつけが大変でしたが、
それ以外はとても簡単。

168cm、Lサイズで作成。
着てみると、丈は丁度よく、身幅はややゆったり。
肩がコンパクトに見え、袖口が少し上を向いた感じになり、
好みのカタチでした。
ダーツやタックが効いていて、フワッとしながらスッキリ見えます。
ただ、胸元のあきがちょっと広いので、
少し詰めたほうが落ち着くかな。
あと、アイロンがかけづらい形なので、
シワになりにくい生地で作るといいかも知れません。

041.JPG

色んな生地で作りたくなる、素敵なパターンでした。
久々に、大・満・足。






posted by マメコ at 14:07| Comment(2) | ソーイング | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

ロックミシン、初仕事

遂に、
遂に、ロックミシンを動かしました。(今頃です)

まずは端切れで試し縫い。

P1160207(1).JPG

きれいな縫い目と、メスの切れ味のよさにビックリ。
思わず主人を呼びました。
美しい仕上がりのこの感動を、分かち合いましょうぞ。

見ててね、実践いくよ。
まずは、肩の2箇所を縫ってみました。
糸もかがり幅などの設定も、届いた時のまんまです。(メスはロック)
想像していたより音は静かで、淡々と布を送ってくれまして、
端の始末の早くて美しい仕事っぷりは、それはそれはお見事でした。

一同「おぉーっ!」 パチパチ

P1160211(1).JPG


私はフットコントローラーを踏んだだけ、
本当にあっという間でした。
凄いわ、ロックマン。

やっと動かしてあげられて、ホッとしましたョ。
取り敢えず、一歩前進。







posted by マメコ at 11:49| Comment(4) | ミシン・ミシン周り | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

素敵な映画

ハートの贈りものさん情報で、映画「美しき緑の星」を、ネットで見ました。
やっと見れたーって感じです。

https://vimeo.com/126904846(日本語字幕つき)

異星人(人間)の視点で描かれた、地球の話です。

1996年のフランス映画なのですが、事実上の発禁状態になっており、
ネット上に上がっても、何度も削除され続けてきた幻の映画。

進化した星から、地球の様子を見にやってきた彼ら。
耳鳴り、水を介して交信、切断(リセット?)...。

この映画を削除し続ける理由が、正直私にはよくわかりません。
何を今更...。
どこがそんなに不都合なのだろう。

興味のある方は急いで見てくださいね。


5/8追記

『美しき緑の星』削除されてしまったようです。

この映画の内容は、一般に知られては困るとわざわざ言っているようなものですね。
放っておけばいいのに。


おっ、再アップされてます。

https://vimeo.com/127164322

また消されても、
vimeoサイト内で「美しき緑の星」で検索してみて下さいね。




posted by マメコ at 18:21| Comment(2) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

「この世に不可能はない」

政木和三さんの「この世に不可能はない」を読みました。



政木さんは、大阪大学を拠点に40年間科学者として生きてこられた方です。
大阪大工学部の全学科を学び、醸造学科、建築土木学科、医学部でも学ばれたと
言うのだから、天才としか言いようがない。

自動炊飯器、瞬間湯沸かし器、自動ドア、CTスキャンなど、
発明品の数は3.000件にものぼるそう。

そんな天才学者さんが、生命体(魂)の無限の力について書かれています。
人間が持つ無限の力。
誰でも持っているはずなのに、その力を引き出せている人はほんの僅か。
政木先生は、自分の過去世をご存知で、(大物揃いでぶっ飛びます^^)
人の過去世もわかり、予知能力までお持ちだとか。

脳波についての興味深いお話がありました。
人間の脳波には、ベータ波、アルファ波、シータ波、デルタ波の四つがあります。

私たちが普通に生活しているときの脳波は、18ヘルツくらいで、これはベータ波なのだそう。
リッラクス状態で15ヘルツくらいに下がり、
さらに13ヘルツ以下に下がるとアルファ波となり、肉体的な感覚が薄れ、
精神的な感覚に近づいていく。
11ヘルツ以下のアルファ波になると、超能力と呼ばれるような力が現れ、
スプーンが曲げられる状態になるのだとか。
脳波がさらに下がり、8ヘルツ以下になった状態がシータ波。
瞑想の極地に達したときの精神状態。
更に4ヘルツ以下のデルタ波になると仮死状態に近づく。

脳波がシータ波になった時、人間は無欲の状態になるのだそう。
この時、初めて生命体のエネルギーが発生し、不可能を可能にするような
不思議現象が起きてくるのだとか。
無欲な状態でなければ、シータ波にはならない。

なるほど〜。

物欲・食欲、自己顕示欲、
欲にも色々ありますが、
この世は、そんな欲を掻き立てる情報であふれていますね。
情報に流されて踊らされて、シータ波に近づく余地などないって感じ。
そういう私も、欲張りを慎まなければいけないナと思います。
だけど、意欲(気力)だけは欲しい。

このブログにたまに登場する、不思議な友人。
彼女は一見普通のお母さんですが、面白い秘密を色々持っています。
テレポーテーションしたり、人の体を癒したり、色々見えたり、まさかの記憶を持っていたり。
お嬢さんも(かつて次男の同級生)ユニークで、小学校の給食の時間に立て続けに
スプーン2本を曲げてしまって、大騒ぎになったことがありました。
それ以降は、危険なのでマイ箸持参。
友達の顔をぼんやり見ていると、その子の目を通してその子の経験した事
(家での事など)が見えてしまう事もあるそうで。
これは、息子を通じて我が家の諸々も駄々漏れって事...。^^;

見えてしまうことで色々苦労があったと聞いていたので、
大変な役目だなと思いつつ、
彼女と私たちは一体何がどう違うのだろうと思っていました。

今回政木先生のこの本を読んで、そうか、脳波の違いもあるのかもと
妙に納得しました。
家系や魂の出身など、霊とうの違いもあるでしょうが。
脳波と呼吸の関係も書かれており、
彼女がよく、「深い呼吸を心がけて」と、アドバイスしてくれたことを思い出しました。

原発再稼動だとか戦争だとかは、『欲』に目のくらんだ人たちがやりたい事。
自分さえよければいい、そう考える人が減って、
生きていくのに必要なだけあればいい、そう思う人が増えたら、
この世界はもっと住み良くなるのだろうと思うのですよ。

この地球をこれ以上傷つけずに、子どもたちに残していく為にも、
大人たちは「欲」をかかずに生きていかないと、ですね。

今日は『こどもの日』、小さな鯉のぼりを出していた頃が懐かしく思えます。






posted by マメコ at 11:18| Comment(2) | 読書記録+おすすめの本 | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

襟元

「自分に似合う服を着たい!(作りたい)」

その一心で、ソーイングに挑戦しております。
私の場合、自分に似合うかどうかは、
「襟元のあきと肩のボリューム」が最重要ポイントじゃなかろうかと
睨んでいます。
首が長い、背高族のアラフィフ。
少しでもソフトに見せたいとは思うけれど、無理があったり似合わなかったりで、
願望と現実はイコールではないと言うことに、いい加減気付いていくわけです。

それでも、今の自分(気分)にピッタリくるような洋服を着たくて、
それは一体何なのか?と考えれば考えるほど、さっぱりわからなくなってきた。

昨年こんなトップスを見かけ、

gi-236-lsh-28-7.jpglsh-28-nk3-8a.jpg
(TAKANNAさんより画像お借りしました)

似たようなパターンを探してみると、filerさんに近いカタチがありました。
今裁断に取り掛かっているパターン。
どちらも襟が少し立ち上がるような形です。
途中、「デフォルトのままでいいのだろうか?」と、
ふと不安が頭をよぎり、念のため襟元だけのサンプルを作ることにしました。
狭い場合は後から広げれば済みますが、広い場合はアウト。
広過ぎるあきで以前大失敗した事があるので、ここは慎重に行っておこう。

端切れから襟パーツと身頃の一部を切り出し、手縫いで作ってみました。


P1160176(1).JPG


実際着て(かぶって)みると、左はあきが広過ぎで、右は襟が立ち上がり過ぎ。
うーむ。
右はまるで裃(かみしも)のような、シャキーンとした印象。(い、いかつい...)

図形の解釈だとか、数学的な思考スキルが極端に低い私は、
この形のどこをどう操作したら、自分の理想の形が生まれるのか、
そこがわかりませぬ。
身頃の襟を詰めた場合、襟のパターンはどう操作したらいいのだろう?
立ち過ぎの襟を寝かせる(ソフトにする)には、一体どこをどうすれば?
「???」ばかりで、頭がショートしそうです。

自分好みの服を手に入れるのは、なかなかに難儀なことで...。







posted by マメコ at 10:24| Comment(2) | ソーイング本・パターン | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

組み合わせてみる

5月になりました。
例年ならこの時期はまだうすら寒い札幌なのですが、最近は妙に暖かいです。
1ヶ月以上季節がずれている感じ。
昨日はまさかの26℃まで上がりました。(暑かったー)
昨日お花見に出かけたのですが、この陽気のおかげで大部分が散っておりました。(TT)
カメラデビューも、惨敗...。
来週は北上して、お花見リベンジです。

さて、
そんなおかしな陽気に助けられ、ようやく洋服など縫ってみようかという気に、
なって参りました。

お店の商品や、素敵なハンドメイドのブログにお邪魔していつも関心するのは、
生地とパターンの組み合わせがバッチリ合っているという点。
当たり前と言えば当たり前ですが、
「パターンに合った布を選ぶ」
「布にあったパターンを選ぶ」
という基本の「キ」が、素人には難しかったりします。

センスなし子の私は、まずこの組み合わせでつまづき、散々悩み、
そのままトンズラ〜、これが今までのパターンでした。

好みの布(のはず)、好みのパターン(のはず)が沢山手元にあるのだから、
より取り見取りと思いきや、
好き同士をくっつけても、「ピッタリ」とはならないから、アラ不思議。
生地が厚かったり、薄かったり、柄がパターンのイメージに合わなかったりと
原因は様々ですが、どうもしっくり来ず、進めない。(融通が利かない)

いつも「あーでもない、こーでもない」と考えてばかりいるのですが、
それでは埒が明かないので、
視覚的にわかりやすくして、頭の中を整理してみようと思い立ちました。

昨年作った罪庫リスト、布一覧

P1140972(1).JPG


P1160161(1).JPG
(更に増えて...)


この生地サンプルの上に、重ねられるミニパターンを作ってみました。
本やパターンのイラストを、透ける紙に書き写したものです。


P1160172(1).JPG


P1160168(1).JPG


布一覧に乗せると、こんな感じになります。

P1160075(1).JPGP1160074(1).JPG

P1160163(1).JPGP1160164(1).JPG

うっすら透ける感じ、伝わるでしょうか。

生地を引っ張り出したり、パターンをあれこれ引っ張り出さずに、
布一覧とミニパターンで、組み合わせを考えてみてはどうかと。
(不精にもほどがアル)

懐かしの「リカちゃんの着せ替えごっこ」のような、組み合わせごっこ。
これが案外楽しいのです。
ようやく1つ2つ組み合わせが決まり、ボチボチ動き出しました。
まずは袖付け要らずの、簡単な半袖から。







posted by マメコ at 13:36| Comment(0) | ソーイング本・パターン | 更新情報をチェックする