2015年06月12日

柚子の種

先日長男が、「手のひらにあったイボが増えてきた」
と言ってきました。
「イボ?」
どれどれと見てみると、手のひらにいくつか、指にも数個出来ています。

最近急に増えたとのこと。
私には、イボや魚の目、タコの区別がつかないのですが、
増えるのは「イボ」なんだろうか?
病院に行ったほうがいいんじゃない?

イボに効きそうな民間療法をぐぐってみると、
柚子やレモンの種が良さそうなことがわかりました。
種に多く含まれる「リモノイド」という成分がカギのよう。
種を砕いてオイルに漬け込み、患部に塗りこむという方法があるようです。
実際に柑橘類の種をオリーブオイルに漬け込んで、数週間でイボが消えた、
という話が海外在住の日本人の方のブログに載っていて、
試した人からも、効果があったという報告が複数寄せられていました。


早速冷蔵庫にあったレモンから種を取り出しまして、
軽く洗って擂り粉木で叩いて潰して、
手作り化粧品用のオイルに漬け込み、
息子に毎日塗るようにと渡しました。
すぐにどうという変化は見られないようなのですが、
気持ち乾燥してきたようで、今のところ新しいイボは出来ていないようです。

それから、イボにはハトムギ(ヨクイニン)。
ハトムギ茶を飲ませたり、
ハトムギご飯にしたり、私の老化肌にも良かろうと期待して、
せっせと試しているところです。


柚子は季節はずれだからなと思っていたら、
ネットショップで柚子の種(乾燥)を見つけました。
100g入りで400円くらいです。


P6110285(1).JPG


P6110286(1).JPG


先日読んだ「岩屋天狗」の本に、柚子がよく出てきました。
その昔、鹿児島の伊集院の地は、柚子の里だったそうなのですが、
島津の殿様が伊集院家を潰した際に、
伊集院にゆかりのある柚子は目障りだと言って、殆ど伐採してしまった...。
そんな記述がありまして。

柚子の種を焼酎などに漬けた手作り化粧水が、ちょっとしたブームなんですね。
昨年の11月から化粧品断ちをしているので、今は化粧水にも興味が無いのですが、
以前の私なら間違いなく作っただろう柚子化粧水。^^
柚子オイルが息子のイボに効果があったら、
私の目の下にある「ブツブツ」に試してみようかと思います。

では、早速漬けてみましょう。
まず皮をむきます。

P6110289(1).JPG

皮は薄く、簡単に剥けます。
中の種はわりとソフトで、ポロリと取り出せます。
そのまま食べてみてびっくり。
種そのものも酸味があってほろ苦く、
「リモノイド」の効果がバッチリ得られそうな、そんな力強さがあります。
これは効きそう。

この中身だけをアプリコットカーネルオイルに漬けます。

P6110300(1).JPG


P6110306(1).JPG

オイルにちゃぽんと入れて、完成です。
柚子の種に秘められたパワーはいかばかりか、
早速息子に試してもらいまひょ♪






posted by マメコ at 08:59| Comment(2) | スキンケア | 更新情報をチェックする