2015年07月11日

亜麻畑

木曜日に、当別町の亜麻畑を見に出かけてきました。
自宅から1時間ちょっと。

当別は、のどかな田園風景が広がる、きれいな町でした。
途中、開校123周年の古い学校がありました。(弁華別小学校)
現在北海道最古の、現役の木造校舎だそうです。


P7090417(1).JPG


趣のある校舎。

P7090422(1).JPG


P7090426(1).JPG

(アートフィルターで遊んでます)


亜麻畑は全部で4箇所に点在しています。(青山地区はまだ咲いていませんでした)
ぐるりと回って、写真を撮ってきました。(10時半頃)


P7090429(1).JPG


P7090434(1).JPG


P7090431(1).JPG
ブルーの小花がとっても涼しげです。


今日咲いた花は、午後には散ってしまうのだそう。
翌朝また新しい花が咲くそうです。

札幌から亜麻畑の写真を撮りにきていた亜麻に詳しい女性から、
色々話を聞くことが出来ました。
これで満開のちょい手前だとか。
12日の亜麻まつりの頃、ちょうど見頃ではないかとのことでした。

この亜麻は亜麻仁油(健康食品)用に栽培されている亜麻で、リネンになる茎は廃棄されてしまうそうです。
勿体ないようにも思えますが。
毎年種を撒いて収穫し、翌年は場所を変えるのだそう。(輪作)
ここは前年は麦が植えられていたのでしょう。
ところどころ麦の穂が顔を覗かせていました。

我が家で種から育ててみた亜麻は、観賞用の多年草です。
こちらは3〜4年花を咲かせてくれる品種。
先月発芽して少し伸びてきたのを庭に植えたところ、
ヘナヘナになって、枯れてしまいました。
6月は急に気温が下がったのと、水遣りなど過保護過ぎたのがいけなかったみたいです。
亜麻畑の土はカリカリに乾燥していましたが、亜麻たちはとても元気。
亜麻は乾いた土地のほうが合うのかも。

P7090430(1).JPG


P7090443(1).JPG
(アートフィルターで、少々どぎつくなった亜麻ちゃん。^^)

ダメ元で庭に直播した観賞用の種(多年草)が、今頃になって芽を出しました。
今年は花が咲くまでにならないだろうな。
先日の亜麻紡ぎ体験で、茶色の種(1年草)をいただいてきたので、
来年それも蒔いてみようと思います。
来年こそ、亜麻の咲く庭に!






posted by マメコ at 09:33| Comment(4) | リネン&ヘンプ | 更新情報をチェックする