2015年08月04日

棚ぼたレンズ

先月オットと、未だ嘗てない大喧嘩をしました。
クダラナーイ理由だったのですが、
私にとってはムカムカが収まらない、そんな出来事でした。
連日の蒸し暑さも手伝ってか、不眠が続いてどっと老け込んだ気がします。
マイッタ・マイッタ。
オットはよく眠れていたようで、これがまた癪に障るったらありゃしない。

ケンカをすると、買い物をしてストレス発散(憂さ晴らし)に励みます。
こういう時は相当気が大きくなっているので、少々危険。
ほとぼりが冷めた頃、「実はあの時、○○買ったョ」と事後報告をして、
オットに「ギョット」されるのだけれど、
今回もまぁ仕方ないと思って諦めて欲しい。

春から使い始めた、ミラーレスカメラ(ダブルレンズキット)。
キットのレンズでも今までのコンデジとは違った写りをしてくれたので、
そこそこ満足していましたが、
明るい単焦点のレンズの写りはそれとは別物らしく、レビューでも高評価。
私もいつかは単焦点...、そう思っていました。

そこへ、
まさかのチャンス到来です。(!)



OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

カッカしながらも、コレをポチリました。

早速写してみると、噂通りの実力でした。
レンズでこんなに違うのかと、ビツクリです。
味があると言いましょうか、
空気感が違うと言うか、
長年憧れていた『背景のボケ』が味わえまして、
味気ない取扱説明書でさえ、かっこよく見えるような...。^^

P8020453(1).JPG

明るい単焦点レンズは、やっぱり凄い。
家の中の何でもないものをあれこれ写して、1人感動に浸りました。
デジイチはこうでなくっちゃ。
単焦点レンズはズームが出来ないため、自分が動いたり回り込んだりするので、
写真を撮るいい勉強になるようです。
これで、myカメラの真価をより発揮できそう。

せっかくだから、オットを一枚撮ってみるか。
2割り増しに写るかナ。






posted by マメコ at 11:21| Comment(0) | カメラ | 更新情報をチェックする