2015年09月30日

釧路川 カヌーの旅 後編

前回からの続きです。

2日目もいいお天気に恵まれました。☀
用意してきたフリースなど必要ないくらい、朝からポカポカ陽気。
三香温泉さんをチェックアウトして、
カヌーの集合場所『ナヌーク』さんへ向かいます。

カヌー体験は様々なプランが用意されていますが、
中でもナヌークさんはガイドさんとは別の艇で、
「自分たちでカヌーを漕いで川を下る」というプランがあり、
「自分で漕ぎたい」オットの希望にマッチしました。

釧路川は全長154km、屈斜路湖から始まり、太平洋へと流れ込んでいます。
ナヌークさんの釧路川のカヌー下り(半日コース)には、コースが3つ。
屈斜路湖スタートの『源流(上流)コース』、『中間コース』、
そして、『釧路湿原(下流)コース』。

私は写真などで良く見かける、こんな蛇行した釧路湿原コースが希望でした。
なだらかで景色を楽しめて、運がよければタンチョウ鶴やエゾシカに出会える、
そんなまったりしたコース。

content_photo1_7.jpg
画像お借りしました。

しかし、オットは『源流コース』に魅力を感じていたようで、
結局オットの希望の、屈斜路湖出発『源流(上流)コース」』に決定...。(うむ)

宿から10分ほどでナヌークさんに到着。
ナヌークさんご一家は、とてもユニークな生活をされています。
冬季以外は、なんとバスにお住まい。
そこが今日の集合場所。

ガイドをして下さるのはご主人ですが、
奥さんの経歴がこれまた凄いのです。
北大の修士課程を出られた才女で、研究テーマは、「熊」。
熊、「クマ」だそうです。
三香温泉のご主人も、
「あの一家はワイルドだからね〜」とおっしゃっていました。
でも実際お会いしたお二人はとても静かな方で、ワイルドというより、自然体。
バスに住んでいらっしゃるとは思えない、そのギャップがまた面白かったです。
お借りしたおトイレは野性味溢れていまして、期待を裏切りませんでしたョ。^^

今までのカヌーの経験などを聞かれ、諸々記入後、
服の上からドライスーツを着ました。
手首・足首・首元、全てピターッと閉じる完全防水。
靴も履き替えます。
カメラ・貴重品などはドライBOXに入れて、カヌーに固定。
今までカヌー2回、シーカヤックを1回体験しましたが、
こんな重装備は初めてです。

物々しい支度に、私はだんだん口数が少なくなっていきました。
「気楽に来てしまったけれど、もしかして間違えた?」

支度を終え、カヌー2艇を車に積んで、湖畔へと向かいます。
オールの握り方、方向の変え方などを一通り教わり、いよいよ湖に出ます。
私は前、オットが後ろで舵取り。

先生の後ろについて右旋回、左旋回、枝の下をくぐるなど、
同じコースを辿る練習を湖で小一時間ほどしました。
これがなかなか難しい。
二人の息が合わないのか、思った方向へ上手く進めず、つい大回り。
度々先生から遠ざかってしまうのです。
あらら...。
こんなんで川に出て大丈夫なのかな。
「今日はこのまま湖の上でいいです...」と、何度も言いかけました。
オットも珍しく弱気になり、同じような気持ちでいたらしい。

しばし休憩。

kussyarokanu2IMG_1967.jpg


休憩後先生から「今度はご主人だけで漕いでみましょうか」との指示。
するとですよ、
さっきまで迷走を続けていたわが艇が、
先生の後ろを上手に付いて行くではありませんか。
「?」
迷走の原因は、つまりは、私だ...。 
その様子を見て、先生も安心したのでしょう。
「それじゃ、これから川へ出ましょう」

いよいよ、屈斜路湖から釧路川へと出て行きます。(ドキドキ)
想像していたより川の流れは穏やかで、一安心。
浅瀬かと思えば、急に深くなっていたり、川の表情はコロコロ変わりました。
始めは緊張でガチガチでしたが、
だんだん遠くを見る余裕も出てきました。
舵取りのオットの合図に合わせて、右や左、カーブに合わせてカヌーは順調に
下って行きます。

前を行く先生は、静かに優雅にオールを操って漕がずに進んでいるのですが、
私たちはチャポンチャポンと音を立て、水しぶきを浴びながら、
忙しくオールを動かし続けていました。
途中、迷走して枝に突っ込んだり、葦の草むらに乗り上げたりなどは想定内。^^
バック・バック、右旋回しながらバックのつもりが、何故かクルリと1回転。
笑い転げながら向きを変え変え、下っていきました。フー。

そろそろ終点。

あぁー、楽しかった。
源流コースは、大自然を満喫できる気持ちのいいコースでした。
「このまま湖の上で...」なんて、弱気な事を言わなくて本当に良かった。


下っている途中は、カメラを取り出す余裕などなく、
両手でしっかりオールを握って、実に真剣そのもの。
(湿原コースなら撮影可能との事でした)

私たちが下ってきたのはこんな所です。

P9240841(1).JPG

その先。

P9240843.JPG


P9240837(1).JPG

終わってみれば、
「源流コースにして良かったね」などと、余裕の発言まで飛び出していました。
コツを掴んだら、カヌーで川を下るのは最高に楽しいと思います。
もっと川の上に居たいくらいでした。
機会があれば、中間コース&湿原コースのロングコースにも挑戦して
みたいものです。
先生、ありがとうございました。

11:30、ナヌークさんに別れを告げ、
屈斜路湖畔の東側に位置する砂湯へ移動。
ここは、湖畔のきわの砂を掘るとお湯が出てくる珍しいスポットです。
確か、22年前にも来たのでした。懐かしいね。

早速掘ってみます。
温かい。
場所によってぬるかったり熱かったり。
少し掘るだけでお湯が出てきます。

中国人の観光客の方が近づいてきて、「シャシン トッテモイイデスカ?」と、
何故だか、お湯に浸かった主人の足を撮って行かれました。^^

P9240845(1).JPG

帰りは阿寒湖へ寄って、足寄経由で再び道東道に乗って家に帰りました。
阿寒湖を出たのが15時頃でしたが、20時には家に辿りつきました。

お天気に恵まれたこの2日間。
行きたかった所、見たかったもの、やりたかった事、
全部叶った旅になりました。

快く送り出してくれた、母や息子たち、
みんな、ありがとう。
そして、この旅の言い出しっぺのオットにも感謝。
2日間で800`、よく走ったねー。
遠かったけれど、楽しい旅でした。
お疲れ様〜。







posted by マメコ at 09:53| Comment(0) | アウトドア | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

釧路川 カヌーの旅 雲海編

前回からの続きです。

前の日、早めに布団に入ったものの、
疲れている割に目が冴えてしまい、おまけに枕が合わず、
なかなか眠れませんでした。
AM4:00の目覚ましで起きましたが、どうも寝た気がしない...。
ボーッとしながら防寒対策に色々着込んで、津別峠の展望台へ。
その頃は辺りはまだ真っ暗でした。(4:20)
どうか、どうか、雲海に出会えますように。(祈)

津別峠までは、宿から20分ほどの距離。
峠を登っていく間にだんだんと空が明るくなり始め、
途中小鹿に遭遇。
ピョーンと軽やかに跳ねて、目の前を横切って行きました。
あーびっくりした。
おかげで目が覚めた。

更にグネグネ道を上がっていくと、
視界が開けた所から、ま・さ・かの雲海がチラリと見えました。
「おぉーっ!出てる出てる!」
逸る気持ちを抑えつつ、頂上を目指します。
頂上には駐車スペースが数十台分用意されており、
既に大勢の人が日の出を待っていました。(4:40)

ついに、
ついに、
念願の雲海と、ご対面。

   
   ▼
   ▼
   ▼
   ▼



unakaiIMG_1949.jpg

ワォ〜。

モクモク。
モクモク。
雲海大発生中でございます。

「凄い」の一言です。

P9240747(1).JPG

この雲の厚み、伝わるでしょうか。
山の向こう側も雲の海が広がっていて、
まるで生きているような、そんな迫力がありました。

そうこうするうちに日が昇り、朝日と雲海の見事なコラボに再び感動。(5:05)

P9240781(1).JPG

beautiful〜♪

P9240799(1).JPG

神々しい。

時間と共にだんだん雲海が消えて行くのがわかり、
雲の下から屈斜路湖が見えてきました。
この雲の真下(手前)が、和琴半島(三香温泉さん)近辺になります。

P9240811(1).JPG


私たちが立っていた後ろには、町営の立派な展望台がありました。

P9240791(1).JPG

この上の展望デッキは早朝は閉まっているのですが、
有料のガイド付きツアーに申し込んだ方だのみ、
特別に展望デッキから雲海を見ることが出来るそうです。
上からの眺めは、更に更に美しいのだろうと思います。
まぁ、下からでも十分雲海を堪能できたので満足ですが、
ちょこっとだけでも上がらせて欲しかったナ...。
この場所は、星も綺麗に見えるでしょうね。


位置関係を、地図でおさらいしておきましょう。
左側が屈斜路湖、右が摩周湖。
屈斜路湖中央下の赤丸印が三香温泉さん。
その左側の赤丸印が津別峠です。

kussharo-unkai-map.jpgsirusi.jpg
この辺りでは美幌峠が有名ですが、津別峠より標高が低いため、
峠が雲海にのみ込まれてしまう事もあるようです。
なので、雲海を見るなら、迷わず津別峠へGO!GO!GO!

屈斜路湖の雲海に関するまとめサイトはコチラ

昨年残念な結果に終わったトマムの雲海テラスにも、
もう一度行ってみたくなりました。
9月1日に、「Cloud Walk(クラウドウォーク)」という新しいデッキが
新設されたようです。
このアイデアが、これまた凄いゎ〜。


峠には一時間弱滞在しまして、刻々と変わる雲の様子をしばらく眺めていました。
雲海を見られて、本当に良かった〜。
ラッキーでした。
もう、大・満・足。
たっぷり朝日も浴びたし、体も冷えてきたので宿に戻ります。

朝食までしばらく時間があったので、昨夜暗すぎて入るのを断念した
露天風呂に入ることに。
この時間(6時)は宿泊客のみの利用なので貸切です。
峠で冷えた体を、ゆっくり温めることが出来ました。

朝食もこれまた美味しく、ボリュームがありましたが残さず完食。
朝食後、オットは少しの間仮眠。
私は寝たら起きられなくなりそうなので、
身支度をして頑張って起きていました。

少し早めにチェックアウトして、今回のメインイベントの
カヌーの待ち合わせ場所へ。

後編に続きます。






posted by マメコ at 14:47| Comment(2) | アウトドア | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

釧路川 カヌーの旅 前編

シルバーウィークの後半に、屈斜路湖に1泊して、
釧路川でのカヌー(2日目)を楽しんできました。

事前にわかっていた事ではありますが、
札幌から釧路&屈斜路湖への1泊2日の旅は、very・very・ハード。
2日間で、800`の旅となりました。
息子に、「お母さん、それ学生もやらないよ」と言われる始末。やっぱりそうだよね

1日目、釧路経由で屈斜路湖へと向かいます。
釧路の和尚市場でお寿司を食べたいとのオットの希望により、
ちょっと遠回りになりますが、このルートに決定。

朝8:00前に家を出て、一般道で夕張インターへ。
夕張で道東自動車道に乗り、釧路方面へ、東へ東へひた走ります。
北海道の背骨である日高山脈を越すので、何度も長いトンネルを通過し、
ようやく抜けた先は、十勝、帯広。

P9230694(1).JPG

雄大な景色が広がり、ホッと一安心。このあたりで10:30。
道東道終点の白糠インターを通過したのが、12:30。
釧路到着、13:15。
交代で運転して休み休み行きましたが、ここまでが実に遠いのでした。

釧路を訪れたのは、22年ぶり。
和尚市場で食べた絶品お寿司が忘れられず(オット)、
4半世紀の時を経て、再びやって参りました。

P9230699(1).JPG

市場はそんなに変わっていないのですが、中国人観光客の多さに驚きました。
オットが楽しみにしていた握り寿司のコーナーは無くなっていて、
変わりに賑わっていたのが、勝手丼。

温かいご飯を購入して(サイズ色々あります)、好きな寿司ネタを選んで乗せて
もらうというシステム。
ホタテや鮪やサーモンや甘エビやサンマ、色んな種類があります。(やや割高)

P9230703(1).JPG

うーん、外国人観光客相手に、いい商売をされていると言った感じかな。
オットは少々残念な様子でしたが、お味自体は満足でした。

せっかくなので、フィッシャーマンズワーフに少し立ち寄って、
久しぶりに太平洋の海を眺めました。

P9230711(1).JPG

おっと、もうこんな時間。
14:50、屈斜路湖を目指してここから国道391を北上します。
この道は釧路川とほぼ平行していて、とても走りやすい道でした。
連休最終日なのに、道はガラガラ。

途中の塘路湖がとても綺麗だったので、一旦休憩。
そういえば、前に来た時はこの塘路湖でカヌーをしたのでした。
懐かしいね。

P9230717(1).JPG


17;00、今夜の宿、屈斜路湖の『三香温泉』さんに到着。
客室4部屋の、こじんまりとした静かなお宿です。
湖までは車で5分ほどの距離ですが、残念ながら宿から湖は見えません。

35年前に脱サラしたご主人が始められた宿だとか。(札幌から)
夕食には珍しいキノコ料理やサーモンが出まして、どれもとても美味しく、
ペロリと完食しました。

sankouen2FullSizeRender.jpg

食後やお風呂上りに、コーヒーをいただきながらノンビリできる、
こんな素敵なスペースがあって、夜はストーブが焚かれていました。
本が沢山あって、とてもいい雰囲気。
宿のご主人が「先生」と呼んでいた、関西からの男性のお客さんは、
今日で5泊目だとか。
温泉に入って読書して、また温泉に入って夕食までのんびり、
そんな旅もいいな〜。(我々は移動ばかりで...)

P9230736(2).JPGP9230737(2).JPG


sankouenFullSizeRender.jpg


内湯も温泉ですが、露天風呂は最高。
温泉通ではない私にも、このお湯はいいとわかりました。
(夜は暗すぎて怖い)
近くにキャンプ場があって、日帰り入浴のお客さんも結構来ていました。
(日帰り利用は夜7時まで)
宿泊客は19:00以降に入ると、ほぼ貸切となります。

翌朝は早起きして津別峠の雲海を見に行く予定なので、早めに就寝。
チェックインの際、宿のご主人から「ここ最近は雲海出ていないようですよ」と、
聞いたのですが、ダメ元で決行です。

津別峠は宿から20分ほどで行かれる距離にあり、
しかもこの辺りでは一番高い峠。
屈斜路湖の東側にある摩周湖(霧の摩周湖)の辺りから、屈斜路湖あたりの
広い範囲に雲海が広がるようです。

実は昨年の同じ頃、トマムの雲海を見に行って玉砕した私たちなので、
雲海はリベンジでもあります。過去記事はコチラ

早起き出来るかな...。
雲海編に続きます。




posted by マメコ at 14:55| Comment(0) | アウトドア | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

葦原さんの講演会

先週の土曜日の話になりますが、「黎明」の著者である葦原瑞穂さんのお話を
聞いてきました。

講演までに黎明上下巻を読んでおこうと思っていたものの、
上巻の前半の難しい箇所で足踏み状態に陥り、
結局上巻の1/3くらいしか読めずに当日を迎えることとなりました。
お隣に座っていた方曰く、前半の難しいところは飛ばして良いらしく、
後半からがとても面白いそうです。
あらま、これからじっくり読むとしましょう。

アワ歌、ホツマツタエ、フトマニ。
聞いたことがある程度の認識だった、言霊や文字のお話などを中心に
神話の世界の神々の話やムーやアトランティスの話など興味深い話が
続きました。
特に、アワ歌。
ネガティブな思いを持ったり言葉を発した時、このアワ歌を歌うことで、
天がそれを取り消して下さると言う話は印象的でした。
以前は限られた人しか歌うことを認められていなかったそうですが、
現在はどなたでもOKとの事。

早速家に返ってから、節をつけて、アワ歌を歌ってみました。
毎回違う節になりますが、それもまたよし。

「ア」で始まって、「ワ」で終わるアワ歌。
全部で48音。

アカハナマ イキヒニミウク フヌムエケ
ヘネメオコホノ モトロソヨ
ヲテレセヱツル スユンチリ シヰタラサヤワ

葦原さんが3回アワ歌を歌われた時、私はその間とても暑くなりまして、
その事をお隣の方に話したら、葦原さんのエネルギーが強いからでしょうねと
言われました。
なるほど。
鈍い私が感じるくらいだから、相当なエネルギーだったのでしょう。

そして、
自分自身が幸せ(心が平和)であることが、何よりかにより大事な事で、
家族の幸せに繋がり、
どんどん周りへ広がって行くとおっしゃっていました。

それが、
地域のためになり、
日本のためになり、
世界のためになり、
地球のためになり、
ひいては宇宙全体に影響すると、
全く同じ話を、友人から聞いたことがあります。

結局はこれに尽きるみたいですね。
日々地球上の70億もの人々から発せられる想念の一粒一粒が、
集合意識となって、この世の現実を作り上げていると言う事。
だから、まずは自分の幸せから始めよう。

また、日本語とインドのサンスクリット語、この二つは神様に届く特別な言語
だというお話もありました。
以前不思議な友人も、「日本語は宇宙に鳴り響いている」と言っていました。

講演終了後、黎明にサインをいただき、握手をしていただいて帰ってきました。
葦原さんおすすめの鳥井玲さんの「言霊」なども数冊借りてみました。
日本語を話すありがたさを、改めて噛みしめて読みたいと思います。










posted by マメコ at 16:12| Comment(2) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

サファリハット

シルバーウィークのプチ旅行用に、帽子を購入しました。
カヌーに乗る時にかぶるので、サファリハットに。

P9200691(1).JPG

最近アウトドアショップ巡りが続いていたので、帽子はすぐに見つかるだろうと
思っていましたが、季節柄冬物のニット帽系が売り場を占めるようになっていて、
ハット系でピーンと来るのに、なかなか出会えずにいました。
やっと見つかってもサイズ切れとか。
別に帽子は無くても構わないヨ、と私は思っていたのですが(似合わないし)、
気分を盛り上げるためにもあったほうが良いでしょと、オットが私より熱心に
探してくれたおかげで見つけたのが、このMAMMUT(マムート)の帽子です。
サイズも残っていました。

P9200687(1).JPG

赤い刺繍がとてもかわいくて、サイドにはトレードマークのマンモス柄。
ベージュとブラウンとで迷って、帽子被ってます感が薄い(気がする)ブラウンに
しました。
こっくり深みのある、いい茶色。
生地にほんの少し光沢があって、とっても気に入っています。
帽子1つで、アドベンチャー気分が盛り上がるものですね。^^
父ちゃん、ありがとう〜。

シルバーウィークは、北海道もお天気に恵まれそうです。



posted by マメコ at 15:28| Comment(0) | アウトドア | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

秋の味覚

秋の味覚の最大の楽しみ、いくらの醤油漬けを作りました。


P9160663(1).JPG

筋子をほぐす専用の網の上でコロコロ転がして、膜を取り除きます。

P9160666(1).JPG

5分ほどでほぐれて、イクラに。

P9160669(1).JPG


出汁しょうゆとお酒1:1で一晩漬けて、完成です。

P9180682(1).JPG


ご飯がすすむこと。
今年も美味しくいただきました。





posted by マメコ at 18:06| Comment(0) | 美味しい北海道 | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

とうもろこし狩り

昨日、とうもろこし狩りに行ってきました。
場所は,札幌市南区の八剣山果樹園さん。http://www.hakkenzan.jp/index.html

P9170679(1).JPG

去年たまたま近くを通りかかって、とうもろこし狩りが出来ることを知りました。
無農薬のとうもろこしが、一本80円。
畑に入って、自分でもぎます。
昨年のとうもろこしはとても大ぶりで、欲張って15本くらいもいだのですが、
今年は日照不足のせいで、生育が遅れているとのこと。
それでもじっくり選んで、8本収穫させていただきました。

P9170677(1).JPG


P9170678(1).JPG


家に帰ってから、首元が傷だらけになっているのに気付きました。
どうやら、葉が当たって擦れたみたいです。
昨年は上のほうの葉は枯れていたので、通路をすんなり通ることが
出来たのですが、今年は葉っぱが青々していたため、
葉を掻き分けて進む度に葉が当たって少々痛かったのでした。

P9170674(1).JPG


早速蒸して食べました。
甘くてとっても美味。
こちらでのとうもろこし狩りは、今月末まで出来るようです。




posted by マメコ at 14:31| Comment(0) | 美味しい北海道 | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

シロクマワッペンと、焚き火テーブル

近頃『キャンプ行きたい熱』が燃え上がっていて、
アウトドア雑誌などを眺めるのが楽しみの一つになっています。

困った事に『ソーイング熱』はすっかり冷めているわけですが、
キャンプと絡めた何かなら作れそうな気がしています。
10月の妄想キャンプ用に(オットのOKが取れていない)、
フリースのひざ掛けなど作ってみたらどうかと、ワッペンを注文しました。
(肝心の生地はこれから)

ネイチャーと言えば、モチーフはやはり『シロクマ』!

P9060656(1).JPG


優しくおどけた雰囲気のシロクマ君には巡りあえず、
ややワイルドなこれを選びましたが、そんなに怖くもなく、まぁ良かった。
9cm×5cmと大きめです。
もしもキャンプが無しになったら、
一体何に使えばいいのかわからない、そんなアイテムですゎ。


ユニフレームの焚き火用サイドテーブルも届きました。
程よい大きさ&高さで、何より丈夫そう。
両サイドの木部がなかなかgoodです。

P8280643(1).JPG


キャンプ♪  キャンプ♪









posted by マメコ at 10:01| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする