2017年01月31日

ミネラルの話

今から15年前、父をガンで亡くし、
その後母が鬱になり、
信頼できる友人からの助言のおかげで、
医療のインチキや、薬の怖さを知ることが出来ました。

我が家では何か不調が出た時、
極力不自然なモノ(薬)を避けて、自然なもので改善する方法を選びます。
インフルエンザワクチンの怖さを聞いてからは、打っていません。
自分たちの体に元々備わっている、自然治癒力に期待しています。

肩こりが辛いと訴えるオットと、久しぶりに陶板浴に行ってきました。
ゆっくりじんわり芯まで温まって、コリもほぐれた様子。
体を温める事、免疫力を上げる事、極力余計な(薬、添加物、化学物質など)
ものを体に入れない事が大事かなと思います。

昨年春から、オットと毎朝『希望の命水』(ミネラル水)を飲んでいます。
72種類以上のミネラルがバランスよく含まれているそう。
2リットル入りを定期購入し、
一人分30ccをコップ一杯の水で薄めて飲んでいます。(酸っぱいので)
2人で飲んで、1ヵ月で少し残るくらい。
この命水は、以前misaさんのブログで何度か紹介され、
サンプルをいただく機会がありました。
その時は、同封された書類を殆ど読まずに終了。(ゴメンナサイ)
その後社長さんのぶっ飛びブログのファンになり、(社長さんブログはコチラ■ )
二度目のサンプル試飲の機会に恵まれました。
この時は、書類を隅から隅までじっくり読みました。
『足りないものを補い、要らないものを排出する』
このシンプルな説明に、定期購入を決めたのでした。

原発事故以降、健康について考える事が増えました。
自分たちの健康ももちろんですが、息子たちの将来を考えると、
色々心配になってしまいます。
口に入れるものを真剣に選んでいかないと、そのツケが回ってきそう。
なので、ご飯を炊くときに混ぜたりしています。

私たち夫婦には特に目に見える変化はないのですが、
(爪が伸びるのが早くなったと実感するくらい)
長男にハッキリとした変化がありました。

実は一昨年の6月、長男の左手にイボが出来まして、
イボにいいという民間療法を試してみました。
残念ながら効果なし。(過去記事
その後半年以上皮膚科に通院して、何度か液体窒素で取ったり、
体質改善のためと処方された、ヨクイニン(ハト麦)を飲んでいたのですが、
なかなか改善されず、その間もイボは少しずつ増えていきました。

ハードな毎日を送っていたので、抵抗力が落ちているのではないかと思い、
昨年の5月頃だったか、試しに命水を朝食前に30cc飲まてみたところ、
3日目くらいから少しずつイボが小さくなっていき、
1週間後にはすっかりきれいになっていました。
ポロリと取れるとかではなく、自然消滅した感じでした。

これには息子本人も大層ビックリした様子。
液体窒素の治療はかなり痛いものらしく、
再発予防のためにも、疲れを感じる時などは時々命水を飲んでいます。
以降、イボは出来ていません。
また出来たとしても、命水で解決するだろうと思えるので一安心。

ミネラルは見えないところで、私たちの体の中を日々整えてくれているのだろうと
思っています。
微量ミネラルは、偏った何かを摂るのではなく、絶妙なバランスこそが大事だそうで。

命水の会社JESさんで、無料サンプルがいただけるキャンペーンが始まりました。
http://www.j-smc.co.jp/meisui-sample.html

最近読ませていただいている脳神経科のお医者さんのブログでも、
ミネラルと脳の関係について書かれていました。
鉄欠乏や、亜鉛・マグネシウムなど、
微量でも欠かすことの出来ないミネラルの大事さについて。
大いに納得できる内容でした。
原発事故による〇尿病の予防にも、ミネラルが決め手になるような話を別の場所で
読みました。
今の日本人に足りないのは(必要なのは)、やはりミネラルなのかもしれません。

命水の他に今も続けているのは、
水素風呂と、就寝時にバイオラバーアイマスク。
時々、タカダイオン。
たまに陶板浴。
そして、炊飯器にはいつも姫川薬石。(気に入っているので。^^)

他には油や調味料を見直したり。
グルテン・フリーにも興味がありますが、
こちらはなかなか実践できずにいます。
後は深い呼吸を心がけて。

健康で、毎日機嫌よく暮らすことが出来れば、
それで十分幸せかと。💮





posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする