2018年07月31日

100円ショップのケーキ型

夏休み 大人の自由研究。

ダイソーで、ケーキの丸い型(内径116mm×高さ58mm)と目が合った、
ある日の午後。


P7272791.JPG

底が外れるタイプ。
底が外れるという事は、
筒状になる、
という事は、、、

以前、SOTOのシングルバーナーの風防に、クッキー型を使うアイデアが広まっていたのを思い出しました。
ひょっとすると「Pot Stand Y 」の風防に使えるかもと、キャンプ脳発動。


P7202584.JPG

Pot Stand Yの脚を開いた直径は確か約11cm、この型の内径は11.6cm。
ヨシ、多分イケル。


で、ギリギリ入りました。


P7312917.JPG

しかし高さが足りず、鍋底がむき出し。
火元は守られているけれど、肝心な鍋底は風が通り抜けていきます。
これじゃ風防にならないか?

少し底上げをしてみましょう。
風防の下にすき間があるほうが、酸素の供給がされてしっかり燃焼すると言う話をどこかで聞いたような。
下にWクリップを挟んですき間を作ってみます。
小さいクリップだと高さが出ないので、大き目(挟み口25mm)を使いました。

クリップの内側を使い、外側は倒します。

P7312902.JPG


P7312904.JPG


これはWクリップの利点。


P7312907.JPG


なべ底とほぼ同じ高さになりました。


P7312926.JPG


お財布への優しさはピカイチのこの風防、その実力やいかに。


残った底部分の丸い板も使い道が色々あります。
鍋敷き、チョイ置きトレー、フタ、
固形燃料を使う時には、カーボンフェルトの上に敷いて汚れ防止に。


P7312949.JPG









posted by マメコ at 12:00| 北海道 ☔| Comment(0) | MYOG(キャンプ道具) | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

アルスト 断熱マット&燃料入れ&二刀流

札幌も30℃超えの暑い日が続き、早くもバテ気味です。(これしきで情けない)

北海道の小中学校も夏休みに入りました。
いつもは静かな美笛キャンプ場も夏休み中は混んでいるようなので、休みが明けるまで出撃は控えようと思っています。

さて、今日もアルコールストーブ周りの話です。
前回のTrail Hutさんの五徳
使用後はアルストの熱が伝わり五徳の脚部分が熱くなっていたので、マットを用意しました。

スパッタシート又はカーボンフェルトと呼ばれる、耐熱&難燃シートで、フェルトのような風合いです。

P7272762.JPG

スパッタシート カーボンフェルト F-350 【防災】


五徳のサイズに合わせて丸くカットし、


P7272752.JPG

アルスト一式を、ステンレストレーに乗せて使います。

このマット、焚き火台の下に敷いて使う事が出来るくらい頼もしい素材らしく、
熱の伝わり問題はこれで解決です。


▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼


続いて、アルストの燃料容器。
アルコール燃料は、500mlのアルコール容器からトランギアのフューエルボトル(300ml)に移し替えています。

P7272766.JPG

trangia(トランギア) フューエルボトル オリーブ 0.3L

ただ、300mlとはいえ500mlの容器と殆どサイズが変わりません。
もう少し小型のボトルを探してみました。


P7272767.JPG

FREELIGHT PP Bottle with Scale cap(100ml)

FREELIGHTさんのアルコール用ミニボトルです。
ALCOHOL FUEL(アルコール フューエル)と印字されていて安心感があり、本体にもキャップにも目盛りがあるので、使用量&残量がわかります。


P7272776.JPG


吸い戻しが出来るとの事でやってみましたが、上手く吸えませんでした。


P7272782.JPG

先端がトランギアの底にはわずかに届かないので、傾けても一気に吸い取れず、また戻ってしまう。
何かコツがあるのかな?
残った燃料はトランギアのフューエルボトルに楽に戻せるので、この点はヨシとします。
フタはねじ込み式になっています。


▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼



最後にもう一つ。
Trail Hutさんのこの五徳は、固形燃料も使えるそうです。いわゆる二刀流ですね。
Trail Hutさんのブログに、飲料缶をリメイクした受け皿の紹介がありました。

しかしながら金属加工はどうも怖く、缶のリメイクは私には難しそう。
家の中を探してみたら、受け皿になりそうないい物がありました。

紅茶缶のフタです。

P7252718.JPG


P7252720.JPG


直径7cm弱のフタが、

P7252750.JPG


「Pot Stand Y」にシンデラフィット!!!(裏返して使用)


P7252732.JPG


ダイソーの25g燃料を乗せると、こんなサイズ感です。

P7272788.JPG

これなら、ホームセンターで売っている30gもいけそうです。
母が紅茶党なので、紅茶の空き缶はポツリポツリと出るし、ジャムのフタなんかも使えるかもしれませんね。
アルストより更にお手軽な固形燃料。
これでチーズフォンデュを...、と夢が広がります。


更に更に、
直火式エスプレッソメーカーをガス台に乗せる時に使うリングが、この五徳に丁度いいサイズでした。

P7252736.JPG


安定感がグンと増します。

P7252748.JPG


「ピッタリ!」を見つけるのはとてもエキサイティングな事で、(2度ほど)小躍りしたのは言うまでもありません。
ほんと、楽しい。
アルスト愛が止まりませぬ。







posted by マメコ at 09:00| 北海道 ☔| Comment(0) | MYOG(キャンプ道具) | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

夏用ブランケット

先日の楽天セールの戦利品、コットンブランケットが届きました。
柄違いで2枚。


P7232685.JPG


P7232710.JPG


今治産の大判(80×172)のブランケットです。
アウトドを意識したこの色柄に、一目惚れしました。

コットンブランケットと言えば、ペンドルトンが有名ですが、
私たちにはあのカラーリングはちと派手過ぎる。(^^)
播州織のブランケットが第一候補でしたが、30%offになっていたこちらに決定。


思いがけず、サーマレストの枕とも色が合いました。

P7232712.JPG


厚手なので、この夏家でもアウトドアでも活躍してくれそうです。








posted by マメコ at 11:06| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

理想の五徳に出会ったかも

おはようございます。

どうやら北海道の梅雨も明けたようです。
本来北海道に梅雨は無いのですが、今年はずっと雨が続いていました。
そんなジメジメが続いていた最中、Pinterestでビビビッと来るアルコールストーブ用の五徳に出会い、気分は晴れ晴れ。

Trail Hut さんの五徳です。
数種類の五徳の中から、トランギアに最適そうな「Pot Stand Y」を選びました。


P7192527.JPG


P7192532.JPG

佇まいが美しく、一目惚れでした。


お行儀よく収まっている3枚の脚を開いていくと、

P7202612.JPG


P7202616.JPG


五徳に変〜身。

P7202561.JPG

この展開する感じ、何故かガンダムを思い出します。

とても丁寧な作りで、畳むとコンパクト。
エバニューのチタンの五徳と比ベてみると、こんなサイズ感です。


P7202566.JPG


素晴らしい。


トランギアを乗せてみると、ぴったり、しっくり。


P7202572.JPG


安定感が増すように、絶妙な形状になっているのだと思われます。


P7202574.JPG


また、底上げされているおかげで、熱でテーブルを傷める心配も減りそうです。



念願の火消蓋もバッチリ被せられました。

P7202584.JPG


good!

エバニューのチタンの五徳も、軽くて美しくて良いのですが、

P7202579.JPG


途中で火を消すには、一旦五徳をどかしてから蓋を被せないといけません。
熱々になっている五徳を炎の上で持ち上げるには、ペンチなどを使って挟むしかなく、これが私にはかなり怖いのです。
その点、火消し蓋が簡単に被せられる「Pot Stand Y」は安全&安心です。


シェラカップや、

P7202593.JPG


エバニュー(EVERNEW) チタンカップ400FD の収まりもバッチリ。

P7202606.JPG

よい、よい。

因みに風防は、EPI(イーピーアイ) ウインドスクリーン A-6502を使用します。

キャンプで手焙煎をする時に使っているものです。

P5091341.JPG

イワタニのミニカセットコンロもギリギリ覆えるサイズ。
やや大きくて重たいですが安定感はバッチリ。
オートキャンプなので、しばらくはこれでヨシとします。

UL系の道具には、知恵と工夫、そして何より優しさが沢山詰まっていますね。
そんな丁寧に作られた道具を手にすると、何とも言えず幸せな気持ちになります。
アウベルクラフトさんの手回し焙煎機と同じくらい、こちらの五徳に感動しました。
大事にガシガシ使わせていただきます。

五徳のケースも作ってみました。




posted by マメコ at 09:00| 北海道 ☔| Comment(0) | キャンプ道具 | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

ベルギーから、「風になる♪」

ベルギーの街角。
素敵なアレンジの、「風になる」。

https://www.youtube.com/watch?v=5sNnwjgYWLE&list=RD5sNnwjgYWLE


今夜は、ベルギーとイングランドの3位決定戦ですね。

ベルギー、頑張れ!




posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

アルコールストーブのケースを自作

雨降りの午後、ちまちまと小物ソーイングなど。
トランギアのアルコールストーブに、ケースを作ってみました。








使用した生地は、厚手のナイロンオックス生地。





丸い形の小物を縫うのは少々難しいのですが、四角より丸い方が収まりがいいし、何たってかわいいよね?と無理くり丸形にしてみました。
ナイロン素材はちっとも伸びないので、カーブを縫うのに大苦戦。
それでも小さなものは作っていて楽しく、半日で完成しました。


カネゴ〜ン。




火消蓋に付けた持ち手が出っ張る分、高さに余裕を持たせて作りましたが、もう少し背を低くしても良かったかな。





◆◆ ◆◆◆ ◆◆


久しぶりに晴れ間が見えた日、美笛でデイキャンプしてきました。
美笛についたら生憎の曇天、時々晴れ。
贅沢は言いません。


P7122467.JPG


久しぶりに2日連続の晴れ予報だったので、
美笛は沢山のキャンパーさんで賑わっていました。
ソロのおじ様が、ツインピルツタイプのテント(多分海外幕)を張っていたり、若者3人組がコンパクトでかっこいい空間を作っていたり、皆さん思い思いの世界感を醸し出していて、そんな様子をチラチラっと眺めるだけでも、とても楽しいのでした。


珍しく湖畔近くのグッドポジジョンが空いていたので、今回は砂地に張りました。

昼食は焼き肉をして、後はただただ、ノンビリ。


P7122473.JPG


先日プチ改良をしたコーヒーバネットとカリタのウノトールで、コーヒーを淹れてみました。
コーヒーバネットのシリコン加工は、ばっちりでした。(^^)/



P7122478.JPG


P7122486.JPG


バネットはお湯の落ちが良く、かと言って薄いコーヒーになるわけでもなく、とっても優秀。
同じコーヒーを使っているのに、ウノトールの方より美味しく感じます。

さてと、アルストの試運転をば。


P7122493.JPG


アルコールをほんの少し入れて、着火。

P7122489.JPG


日中の屋外では火が付いているのかよく見えず、一瞬火傷しそうになりヒヤリ。
ちゃんと燃えていました。

この五徳を乗せると、火消し蓋が被せられません。
火を消すために熱々の五徳を持ち上げるのは、ちょっと危ない感じがしました。(ワタシ的に)
アルコールを使い切る調理法なら、この五徳は最高なのでしょう。

数分の燃焼でしたが、アルストの底はかなり熱くなっていました。
下に敷いたステンレスのトレーもアッチッチです。
何か下に敷くものを探そう。

winpy jijiiさんの最新動画は、アルストの五徳の話し。

やっぱりそうか〜。
火消蓋が使える五徳を探すかな。







posted by マメコ at 16:00| 北海道 ☔| Comment(0) | MYOG(キャンプ道具) | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

コーヒーバネット ずれ防止プチ改良

こんにちは。

大雨の爪痕が徐々に明らかになり、自然の猛威におののくばかりです。
被害に遭われた方、被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

札幌も蒸し暑かったり、大雨が降ったり、急に冷え込んだり、おかしな天気が続いています。
そんな中、キャンプ道具のプチ改良をしてみました。
私たちがキャンプでコーヒーを淹れる時に良く使うのは、ユニフレームのコーヒーバネット。
針金で出来たドリッパーです。


P7072359.JPG

ユニフレーム UNIFLAME コーヒーバネット

これ、いつから家にあっただろう?と、思い出せないくらいの古株で、
きっとこの先も壊れず錆びず、ずっと使い続けられるようなそんな気がしています。
単純な作りですが、美味しくコーヒーが淹れられ、携帯にもとっても便利。
そんな頼もしいバネットにも、一つ弱点があります。
接地部分が少ないため、マグカップなどの上でツルッと滑りやすいんです。
大き目のマグだと安定しなかったり。


P7072356.JPG


風が強く拭いたり、うっかり手が当たってしまうと、ひっくり返ったりもします。
ここだけが、唯一残念。

そこで、マグの上での安定感をアップさせるために、ずれ防止にシリコンチューブを装着してみました。


P7072363.JPG


4mm(内径2mm)のシリコンチューブ(モノタロウさんで購入)を9cmにカット(3本)して、上側から通していきます。
内径2.5mmも試しましたが、2mmがジャストかなと思いました。
この時、オイルをチューブの中に少量垂らしておくと、スルスルっと通ってくれます。
(SOTOの310バーナーのシリコン装着と同じ)


P7072381.JPG


マグに乗せてみると、吸い付くようなフィット感。
ガタツキもなく、安定感が増しました。


P7072383.JPG


少し厚みが出ますが、コンパクトに畳めます。


P7072387.JPG


バネットでヒヤッとした事のある方は、ぜひお試しください。
楽しいコーヒータイムを。 






posted by マメコ at 12:00| 北海道 ☔| Comment(0) | MYOG(キャンプ道具) | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

しんちゃん、お疲れ様

クレヨンしんちゃんの、しんのすけの声を27年に渡り担当してきた声優さんが、先週の放送分をもって降板されました。

声優の矢島さんは、実は中学2年(川崎市のM中)の時の同級生です。
彼女は多分同期で一番、いえM中卒業生一の出世頭かと。^^
9期下には、川崎フロンターレのJリーガーもいたのですがね。
矢島さんは当時演劇部で、弁論大会の彼女はまるで何か乗り移ったかのような、そんな迫力がありました。

しんちゃんの声が矢島さんだと知ったのは、随分後になってから。
控えめな印象だった彼女が、おふざけな5才児のしんちゃんを演じている、そのギャップに驚きもしたし、感動しました。
多分みんなも誇りに思っていたことでしょう。

あのしんちゃんの声がもう聴けなくなるのは、寂しい限りです。

長い間楽しませてくれてありがとう。
お疲れさまでした。







posted by マメコ at 17:10| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする