2019年07月14日

パブリックコメント

経済産業省が、
韓国に対する輸出貿易管理令の一部を改正する政令案について、パブリックコメントで国民からの意見を募っています。
(7/1〜7/24まで)

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=595119079&Mode=0

私も書いてきました。
「大賛成」と。

「W・G・I・P」

この言葉をご存知でしょうか?

これは、「War Guilt Information Program」 の略です。
大東亜戦争後の昭和20年から、サンフランシスコ講和条約発効によって日本が主権回復を果たした昭和27年までの7年間の占領期間に、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が占領政策として行った、

戦争への罪悪感を日本人の心に植えつける宣伝計画
です。

詳しくは、関野通夫さんのこちらの本に書かれています。




多くの方がご存知のように、日本には日本人と見分けのつきにくい「かの国」の人たちが沢山います。
戦後GHQが彼らをうまく利用したのでした。

駅前の一等地にド派手なパ〇ンコ店。普通に考えたらおかしな事ですよね。
在〇には特権があるとか年間凄い金額が流れているとか、
帰化した国会議員が某政党には沢山紛れ込んでいるとか、
その弊害はキリがないほどです。
ヤレヤレ。

また、マスコミの乗っ取られぶりは今や周知の事実。
かの国のダメージになる報道や日本の国益に沿う報道はなるべくスルー。
偏向報道やりたい放題です。
ヤレヤレ。

2008年に起きたリーマンショック。
アメリカ発のサブプライムローンに端を発するリーマンブラザーズの経営破綻。
原因は諸々ありますが、
リーマンブラザーズ経営破綻の直接的な引き金を引いたのが実はかの国だったと、今回の件で知りました。
これは、日本では殆ど報道されなかったそう。
そんなこんなで、世界中から信用を失っているかの国の銀行。
その信用保証を、実は日本の銀行がしているのですって。
これも初耳でした。
銀行もビジネスとして行っている事ですが、「信用状」というのだそうです。
かの国では、日本の銀行のお墨付きを得る事で海外との取引が成り立っているわけです。
もし、この信用状の保証が停止したら...。

そんなおんぶにだっこ状態なのに、捏造の歴史でいつまでも日本に難癖をつけてくるのは、一体どういう思考回路で?
よくわかりませんね。
ベトナムのライダイハン問題に、彼らはどう答えるのだろう?

それにしても、幼少期から熱心に反日教育をして日本を敵視している国を、よりによって「ホワイト国」に認定していただなんて、ブラックジョーク過ぎて笑えませんよ、まったく。
日本人のお人好しも度が過ぎると、本当に危ないと思っています。
脱亜論」にもあったように、
やはり付き合う相手はよくよく考えた方がいいのかも知れませんね。

嘘つきとはもう付き合えないよ、という事で粛々と対処して欲しいと切に願います。
信用を得るのには時間がかかるけれど、失うのは一瞬ダ。

騙したり、陥れたり、呪ったり、恨んだり、裏切ったり。
これは〇流歴史ドラマでよく見かけるパターンですが、
21世紀の今も同じような事を延々と繰り返していることに、ただただ驚くばかり。ある意味おめでたいのかもね。
こんなに情報が溢れている時代に生きているのに、ネガティブな感情に雁字搦めの人生に疑いを持つことはない?
子どもや孫の世代にも、捏造の歴史を継承させていくおつもりか?
それで幸せ?

そんな空気の中で生きるなんて、考えるだけでゾッとします。
早く自国の嘘に気付けばいいのになと思います。

戦後教育で自虐史観を刷り込まれ、私たちは日本人としての誇りを奪われ続けてきましたが、それもそろそろお終いにしないとね。
教科書では教えない、日本の本当の歴史を私たちに早く公開して欲しいものです。
今回の件は、日本人のまあるい愛国心にポッと火を灯す、そんな出来事になるのかも知れません。

宅急便の箱がきれいなまま届くとか、
レジに並んでいて嫌な思いをする事はめったにない、とか、
公共の場のトイレが綺麗で気持ちがいい、とか、
ゴミ出しのルールをみんなで守っているとか、
日々当たり前の光景も、ありがたい事ばかり。

かの国や日本国内にいる反日にやられっぱなしの日本ではありますが、
龍神様の背中の上で、(友人談)
宇宙に届く日本語を話す、(友人談)
そんな日本に日本人として生まれ育ったことに、心から感謝。






posted by マメコ at 11:17| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする