2019年09月28日

函館 プチ旅  前編

先週、2泊で函館に行ってきました。

P9175740.JPG

今回はキャンプではなく、ホテル泊。
函館のベイエリアに1泊、2泊目は湯の川の温泉ホテルの夕朝食付き(バイキング)プラン。

函館は実に25年ぶりで、夫は2度目、私は4度目です。

25年前オットと来た時は、ハリストス正教会などを見て回って五島軒でカレーを食べて、函館山に上って夜景を楽しんで、といった感じの定番コースだったと記憶しています。

今回の旅で周りたいポイントは、
オットは五稜郭と、塩ラーメン、北海道初のコーヒー焙煎の美鈴コーヒーさん、もう一軒美味しいコーヒーが飲めるカフェ。
私は夕日の見えるカフェと、和食器のお店。
2人共通で、函太郎寿司、トラピスト修道院、帰りに大沼キャンプ場の下見。

あまりに久しぶりの函館なので、今回は函館関連本を数冊読み込んで下調べ。
実際とても役立ったのがコチラの本でした。

P9226235.JPG
旅行ガイド (ことりっぷ 函館)

巻末に付いてきた函館MAPが大当たり!
どんな地図より函館市内の名所が細かく載っていて、この地図を頼りにあちこち回ることが出来ました。

P9226233.JPG

他の本からの情報も書き足して、印をつけたり付箋に定休日や営業時間を書き加えて貼っておきました。

P9226230.JPG

3日の間でこの地図を何度開いた事かというほど、大活躍。


それでは旅のスタートです。

1日目

朝9:30出発です。(いつもながらのスロースタート)
5時間くらいかかると予測して、オットと1時間ずつ交代で運転。
中山峠→洞爺湖→豊浦→長万部→八雲→函館 ルートで、高速は使わず下道をひた走ります。

洞爺湖を見下ろすように立つウインザー城のお姿を左に見上げながら、豊浦へと下って行くと海が見えてきました。
海沿いの道を走り、途中山側にそれた後は、再び海沿いを走ります。
とってもいい眺め。

長万部で美味しいカニ飯を食べたかったものの、リサーチ不足でドライブインでカニ弁当をテイクアウト。

P9175684.JPG

P9175688.JPG

味の付いたパサパサしたカニ弁で、かなり残念な結果となりました。

P9175690.JPG

しっかり調べておくんだった。

長万部〜八雲間は信号もあまりなく、ひたすららまっすぐな道。ついついスピードが出過ぎてしまいます。
八雲を抜けて森町に向かう途中、前方に駒ヶ岳がドーンと見えてきました。

P9175707.JPG

大沼を過ぎ、ようやく函館市に入りました。

この時点で14:30。
家を出てから5時間、想定通りでしたがやはり函館は遠いのでした。
函館駅を過ぎると、異国情緒あふれる古い建物があちこちに見られます。

本日宿泊のホテル「HakoBA」さんの少し手前に、函館市地域交流まちづくりセンターがありました。
まずは車を裏の駐車場に停めさせてもらって情報取集をば。

P9175730.JPG

こちらの建物は大正時代に建てられたそうです。
元はデパートだったそうで、とてもいい雰囲気です。

P9175726.JPG

P9175727.JPG

P9175722.JPG


この建物には日本最古の手動のエレベーターがあります。

P9175720.JPG

見ていると、係りの方が4階まで乗せてくれました。

P9175709.JPG

内部もレトロ。

P9175710.JPG

趣のある素敵なエレベーターでした。(募金箱がエレベーター内にあります)

1階の案内所でパンフレットなどをいただき、「drip drop」さんでコーヒー豆を購入。
一番煎りの深い、マンデリン・トバコにしました。

ついでに、市電の1日乗車券(600円)も一緒に購入。

P9185870.JPG

明日は市電を利用して五稜郭まで行く予定。
この1日券はスクラッチタイプの一日乗車券で、使用日を削って使います。

さて、ホテルに向かいましょうか。
まちづくりセンターから数分の所に今日のお宿、「HakoBA」さんはあります。



Hakoba さんは2年前に出来た新しいホテルで、以前銀行だった建物をリノベーションしたそうです。
シェアホテルとなっており、2棟に分かれています。
赤茶の建物はドミトリータイプの「DOCK棟」、ベージュの建物はホテルタイプの「BANK棟」。

P9185872.JPG

P9185918.JPG

P9185907.JPG

函館港が目の前。
ホテル前の道を上ると、函館で人気の素敵スポット八幡坂。
金森倉庫まで数分、ホテルの2軒隣には函館で超有名なバーガーショップ、ラッキーピエロ本店。
ここは観光には最高の立地ですね。

HakoBAさん前の路上に車を停めて、チェックイン前に八幡坂や他の坂を見て回るとします。
なかなかに急な坂です。
冬は人も車も登るの大変だろうなと思いつつ振り返ると、

P9175741.JPG

いい眺め。(イマイチ伝わらないか)

P9175748.JPG

外国からのお客さんも多数いらしていて、(ハングルは聞こえなかった)皆さん撮影を楽しんでいました。
坂の上にはカフェや甘味処など。

P9175751.JPG

案内もカワイイ。

P9175736.JPG

P9175755.JPG

オットのお目当ての元町珈琲店さんを見つけて喜んだものの、あいにくお休みでした。

P9175743.JPG

16時過ぎ、ホテルにチェックイン。
後ろの山は、見事な夜景が見られる函館山。

P9185926.JPG


P9175774.JPG

絨毯の色柄といい、とってもカッコイイ内部。

P9175771.JPG

私たちはホテル棟のツインルーム。

P9175767.JPG

P9175765.JPG

ホームページの写真通りですが、天井が高い分とても広く感じられ、明るく清潔で気持ちのいいお部屋でした。
サニタリールームも広々。
朝食付きプランで2人で諭吉さん1枚くらい。
とってもリーズナブルで大らかで、素敵なホテルです。

建物内には共有スペースの書庫や、

P9175847.JPG

シェアキッチン、

P9175833.JPG

屋上テラスなどがあり、自由に利用できます。
外国の方や、お子さん連れの若いご夫婦、私たちと同じくらいの歳のご夫婦など、利用客は様々なようでした。

部屋で少し休憩してから、今日のこれからの予定の作戦会議を。

日没で閉店する「ティーショップ夕日」さんに今ならギリギリ間に合いそう!という事で急いで向かいます。
ホテルから5〜6分で「ティーショップ夕日」さんに到着。
こちらは日本茶のお店で、海を眺めながら美味しいお茶をいただけます。

木造のピンクの建物。

P9175799.JPG

外観はラブリーですが、店内はとても落ち着いた雰囲気です。
本日の日没は17:48分だとか。1時間弱滞在できそうです。
海側の席が一つ空いていました。
とても居心地のいい席です。

P9175789.JPG

ぜんざいセットが売り切れだったので、私は葛プリンセット。

P9175786.JPG

オットは冷たい煎茶セット(あられつき)にしました。

P9175785.JPG

素晴らしい眺めを見ながらいただくお茶は最高でした。
もうしばらくここに座って海を眺めていたいくらしでしたが、店主さんの「そろそろ閉店になります」のお声で、席を立ちました。

P9175821.JPG

お店を出た頃には、空がきれいなピンク色に。

P9175819.JPG

夕日に照らせれたティーショップ夕日さん、それはそれは可愛らしくしばしウットリ。


さて、ホテルに戻りましょう。

P9175828.JPG

まずは最上階(DOCK棟)のテラスに直行します。
きれいな眺めに間に合いました。

P9175840.JPG

夏だったら、キッチンで何か作ってテラスで食べるのもとっても楽しそう。
ビールも美味しかろう。

P9175844.JPG


18:40頃部屋に戻り、今夜の夕飯の打ち合わせ。
オットが行きたがっていたラーメン屋さんが、19:00閉店だとこの時初めて気付くのですが、あとの祭り。
第二希望のラーメン屋さん、湯の川の「一文字」さんへ向かうとします。(車で15分くらい)

二人とも一番人気の塩ラーメンを注文。
目の前で炙られた厚めのチャーシューが、とっても柔らかくて香ばしくて美味。
麺も細目で好み、スープも美味しい。
大満足でした。
この後もベイエリアで何か食べる予定で、餃子は我慢しておきました。
次々とお客さんが来て、大繁盛の一文字さんでした。

ホテルに戻って、ホテルから50mくらい先のコインパーク「タイムス末広町第2」に駐車。
24時間停めて400円と格安。(11台)
長時間停めるなら、こちらが断然おすすめです。

夜のベイエリアを散策。

金森倉庫

P9175854.JPG

P9175857.JPG

P9175852.JPG

大好きなあじさいラーメンが、こんな近くにもあった!

P9175858.JPG

夜のベイエリアを満喫し、ホテルに戻ります。

明日は五稜郭観光。






posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 北海道 LOVE | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

夏の記録

先週末から急に空気が冷たくなってきました。
トンボの群れはまだ見かけないけれど、すっかり秋の空気に入れ替わった感じです。

さて、この夏の諸々を随分溜めこんでおりましたので、一気に書き出したいと思います。
この夏はキャンプには行かれず(車の修理が長引いたため)、ほぼご飯ネタ。

---------------------------------------------------------------------------

蕎麦の『此花』さん。(南区・藤野) 食べログ 

こちらは、黒松内のそば粉を使用されているそうです。
丁寧なお仕事ぶりがよーく伝わってきて、それだけで嬉しくなりました。
器も素敵で、オットも母も感激していました。

写真が見当たらず。
初回は、梅おろしそば+とろろそば+鴨せいろ
2度目は、せいろをいただきました。
蕎麦の風味がしっかり感じられて美味しい。

母がとても気に入り、車いすを使っている伯母たちを誘って介護タクシーで再訪。
伯母たちも喜んでくれたそうです。
昼のみの営業ですが、次から次へとお客さんがやって来る人気店。
そろそろ新蕎麦の時期ですね。
また行こう。

---------------------------------------------------------------------------

山菜とうどんのお店 『うどん山菜 塩屋』さん (南区・簾舞)

P7035387.JPG
山菜定食

P7035385.JPG
塩屋定食

P7035386.JPG
海鮮塩セット

うどんは黄色みがかっていてモチモチ。
山菜定食の山菜はどれも味付けが違って、飽きずに食べられます。
塩屋定食は山菜もうどんも付いてきて、お得感一杯。

「塩屋」さんというだけあって、外には塩作りの機械がありました。

帰りにかわいらしいパン屋さん、『ラ・ビスタ』さんに寄って、角食を購入。
レーズン酵母でじっくり発酵させたパンは美味。
塩屋さんに来た時は、また買って帰ろう。

---------------------------------------------------------------------------

フレンチレストラン 『マッカリーナ』さん (真狩村)


札幌が記録的な猛暑に襲われていた8月の初旬、
母の傘寿のお祝いに、神奈川から姉・弟・姪っ子がお祝いに集まってくれました。

初日はなごやか亭のお寿司を持ち帰りにしてもらい、家で賑やかに食事。
暑さには強い神奈川チームですが、クーラーのない我が家の蒸し暑さに相当参っていました。
扇風機3台回しても、人数が多いからか暑い暑い。(本気でクーラー欲しい)

翌日は、野菜が美味しい事で有名な真狩村(ニセコ近く)のマッカリーナさんへ。

洞爺湖サミットでファーストレディが食事をした事でも話題にもなったお店です。
真狩温泉隣の駐車場に車を止めて坂を50mくらい下って行くと、マッカリーナさんはあります。
窪地のためレストランから羊蹄山は見えません。
上のほうにある真狩温泉のほうが絶景かもしれません。

P8015468.JPG
こちらは併設するホテル棟。

予約をしていたものの、しばらくロビーで待つことに。

P8015449.JPG

横に長く作られているレストランの中に入ると、窓から林の緑が目に飛び込んできます。
落ち着いた感じですが堅苦しさはありません。

まずは食前酒で、乾杯。

P8015457.JPG

前菜
色とりどりの野菜の美しさと美味しさに、皆感動しながらじっくり味わいます。

続いては季節(旬)の野菜。(写真撮り忘れ)
細長くカットされたブロッコリーが2本カッコよく盛り付けられた一皿でした。
その斬新さに、「おぉー」と歓声が上がります。^^
味の濃いブロッコリー、まずはそのままで。
エシャロットとベーコンのソースをかけると更に美味。
家でも早速真似して長くカットして茹でてみましたが、マッカリーナさんのように美味しくは出来ませんでした。
茹で方にコツがあるのでしょうね。

P8015459.JPG
スープはビシソワーズ。
なめらかで美味しい。

そしてまたまた写真撮り忘れの、シャルキュトリ。(生ハムとメロン他)
私はメロンが苦手です。
なんで生ハムにはメロンなのかといつも思います。
イチジクじゃダメなのかな?それか桃とか。

P8015461.JPG
メイン。
私は魚で、他5名はお肉に。
熱々の鋳物の鍋に野菜(ナス・ビーツなど)が入っていて、そこからお皿に取り分けるという演出。
お肉チームはお肉が厚めなため切りづらそう。かなり苦戦していましたね。

P8015463.JPG
デザート。

この後に美味しいコーヒーとクッキーが出ました。

目でもたっぷり楽しみ、お腹もいっぱい、母も皆も大満足のようでした。

この後、近くの湧水の郷のお豆腐屋さんに寄ったり、ニセコの高橋牧場に寄って羊蹄山ドーンを眺めて姪っ子の写真撮影会を。
ニセコは札幌より湿度が低い分涼しく、快適でした。


---------------------------------------------------------------------------

イタリアン 『セレーノ』さん (豊平区・平岸)

たまには新規開拓をと、やってきたセレーノさん。

先客は1組。
二つあるBOX席の一つが空いていました。
オーダー時や配膳の際は愛想はないけれど、お会計の時にはにっこり笑ってくれると言う噂のママさんは、皆さんがおしゃる通りのキャラでした。^^

生パスタとマルゲリータノランチセットを注文

P8225495.JPG

モチモチの生パスタはとっても美味でした。(写真撮り忘れ)
ピザはとっても大きくボリューミーで、どうぞどうぞとオットと譲り合うほど。
ただ、セットのアイスコーヒーが微妙で一口しか飲めなかったのが残念でありました。

---------------------------------------------------------------------------

カフェレストラン『ヴィーニュ』さん  (南区・藤野)

此花さんがお休みだったため、以前どなたかのブログで紹介されていたこちらのお店に初訪問。
エルクの森にある隠れ家的レストラン。
パークゴルフ場がメインで、ワイナリーやガーデンもあります。
奥まった場所にこんなお店があったのかとちょっと驚きましたが、レストランはとても賑わっていました。

P9055620.JPG

パスタセットを注文。(道産小麦100%のオリジナル生パスタ)
オットはジェノベーゼ。

P9055619.JPG

私は噴火湾ホタテとベーコンのブルーチーズクリーム のパスタ。

P9055615.JPG

生パスタはモチモチでとても美味しく、写真ではお上品な盛りにみえますが、お皿が深い分丁度いいボリューム感。
他に、パンとサラダ・飲み物・ケーキがセットで付きます。

お店を出ると散策コースの案内が目に入りました。
食後の散歩をする事に。

こちらは自由に歩いていいそうです。

P9055621.JPG

P9055633.JPG


階段を登って行くと、開けた所に出ます。可愛らしい小屋がポツンと建っていて、とても不思議な空間。

P9055629.JPG

このお庭の先には、広大な敷地のパークゴルフ場がありました。
開放感がすごい。
プレイをしていたおじ様たちの話によると、このような素晴らしい環境のコースはまず他にはないそうで、おまけに空いているからここは最高だよと。
熊が出たと騒ぎになってたのは、実はこのあたりだったらしい。ワイルドだゎ。

散策コースは一部パークゴルフ場を突っ切って、更に登っていくとブドウ畑に出るそうです。
今回は時間の関係で、途中で引き返してきました。
お花目当てなら、6月頃が一番きれいかも知れませんね。

ヴィーニュさんは食後の散策の楽しみが付いてくる、素敵なところでした。








posted by マメコ at 11:14| 北海道 ☔| Comment(0) | 美味しい北海道 | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

クラリオン星から来た少年

久々に楽しい動画をみました。
クラリオン星からやって来たという、日本の小学3年生の男の子のお話。
この少年、清々しくて最高にかわいいです。
是非、ご覧くださいまし。

https://www.youtube.com/watch?v=4EOn8jvrpOs&feature=youtu.be

この少年の願いは、25歳で日本の総理大臣になる事だそう。
私たちのこの日本をなくさないために、そうしたいのだそうです。
有難くて泣けてきます。
その目的のために、今の内からこうして活動をして、皆さんに顔を覚えてもらうようにしているのですって。
計画性もバッチリ、素晴らしいゎ〜。

こんな宇宙意識を持った子供たちが大人になって彼らの時代が来た時、経済戦争や兵器を使った戦争なんてものは時代遅れで、民族間の争いも世の中からなくなっていくでしょうね。
楽しみだゎ。
ガチガチの思考の大人たちは、邪魔をしないように、スケールの大きな彼らを応援しましょう。
この日本を末永く存続させられるよう、ジジ・ババ達もお手伝いしますょ。

少年の話によるとこの地球には、
純地球人・地球人と宇宙人とのハイブリット・純宇宙人の、3パターンの人々が存在しているらしい。
だけど、見た目ではわからない。
さてさて、自分はどれになるのかなぁ?







posted by マメコ at 19:44| 北海道 ☔| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする