2019年11月09日

冬支度とリフォームと器の話

こんにちは。
札幌は昨日雪が降り、少し積もりました。
タイヤ交換がまだなので焦る、焦る。(すぐ融けましたけど)

今年はいつもより早くディーラーさんにタイヤ交換の予約の電話を入れたのに、
その頃はまだ暖かかったので危機感がまるで無く、呑気に11月半ばの予約を取ってました。
どうかそれまで降らないで、と祈るしかありません。

タイヤに関しては失敗でしたが、
今年は珍しくいつもより早めに動いている事が幾つか。

増税前の滑り込みでプチリフォームを。
キッチンのガス台とレンジフードを交換しました。
レンジフードはどんなのでもよかったのですが、コンロはコレと決めていたのがありました。
我が家はガス派。
そして全面五徳に限る。

前々から心に決めていたのがハーマン(ノーリツ)のコンロです。
ネットで定価の6割引きで購入し、取り付け工事は地元の業者さんに依頼して、とてもリーズナブルに設置出来ました。
(北ガスで頼むと本体も工事費もえらく高かったです)


現物を見る事が出来ないまま購入に至りましたが、シンプルで丈夫そうで大満足。
今までの60cm から75cmへ天板サイズが大きくなりましたが、とくに問題なく使えています。
上部にあるつまみにもすぐに慣れました。
ステンレストップで五徳は3分割できるので、掃除もしやすい。

レンジフードはこれに。



レンジフードは工事が必要でした。
古いタイプと形状が異なるため、壁のタイルを一部剥がしてから設置しなければなりません。
設置後タイルの部分をアクリル板で覆って終了。
また標準だと目の高さに操作ボタンがきて鬱陶しかったので、高さを10cm上げて設置してもらいました。
高さ調節が出来るとは知りませんでした。
また、レンジフードは掃除がしやすく大きく進化していて、驚き。
なんせ今までのが23年も前のですから、隔世の感あり。
ただレンジフードの縁が無くなったので(掃除しやすいようにでしょうね)、今までのようにS字フックで小鍋を吊るす事が出来なくなりました。
皆さんどうしているんだろう?
何かいい方法を考えねば。

黒いレンジフードからシルバーに替わり、キッチンが明るくなりました。

※ 取り付け業者さんのお話によると、ガス台とレンジフードは今回のようにネットで購入して、取り付けは地元の業者さんに依頼するのが一番お得のようです。

10月には、屋根の塗装と押入れの改装、建具の交換など。
このため、秋のキャンプが全て流れてしまいましたが、
この機会にと大胆に断捨離出来たので、今年の大掃除はいくらか楽になりそうです。

早々と年賀状も買ってきました。
お正月の準備も開始。
2020年のおせちはお盆にのせたワンプレートおせちにしようと思い、半月盆や小皿や箸置きなどちまちまと買い足しています。

お正月用にと注文していた、箸置きが届きました。
早速開封。
丁寧に包まれていて、手書きのお手紙が同封されていました。

PB096528.JPG

ガラス製の瓢箪の形の箸置きです。
お正月用に、おめでたいゴールドとシルバーを2ケずつ購入。

PB096530.JPG

想像以上にカワイイ。

PB096539.JPG

ぷっくりした形とこの風合い、個体差があるのも手作りならではで、たまりません。(笑)

PB096537.JPG

ゴールドもシルバーも、どちらも眺めているだけで、おめでたい気分になります。





グリーンの入荷を待ち続けているのですが、
こうもかわいいと、全色揃えたくなりますね。

あと一つ、
すき焼き鍋を新調したいのですが、及源か岩鋳か釜定で迷っています。
餃子にも使える鉄鍋タイプのすき焼き鍋。
早く決めないと売り切れてしまうーと思いながら、まだ迷ってます。
急がないと。


数年前器づかいの達人「ほ助さん」のブログに出会ってから、モニター越しですが器の素敵な世界に触れて、ほんの少しだけ器に目覚めてしまいました。(笑)



家にはお返しでいただいお皿や伯母から引き継いだものが沢山あったので、自分の好みのお皿をあまり揃えずに適当に済ませてきました。
今更ですがその事に気付き、私は愕然としてしました。
これじゃいかんと、図書館で器の本を借り、ほ助さん情報やインスタなどから好みの器屋さんをリストアップ。
ほ助さんの真似はとても出来ないけれど、自分なりに器を楽しむようになってきています。
料理の本を眺めていても器に目が行き、
料理番組でも器が気になり、
お蕎麦屋さんや和食屋さんでも、お皿の裏をこっそり見たり。(失敬)

好みの器があると、それだけでテンションがあがりますね。
磁器や陶磁器の、扱いやすいお皿が好きです。
白山陶器さんのカタログを取り寄せもしました。
量産品は買い足すことが出来るので何より安心。
器を変えるだけで美味しそうに見えるのですから、これには家族も文句を言いません。ウヒヒ。

次第にうつわ作家さんにも興味を持つようになりました。
作家さんものは一桁違うものと思い込んでいましたが、案外普通のお値段+αで購入出来るものもあり、
根気よく入荷を待ち続け、この秋ようやくお迎えする事が出来たのがコチラです。

久野靖史さんの、しのぎ楕円皿。(磁器)

PB106545.JPG

一見錆のように見える部分は赤銅色でキラキラしていてとっても綺麗です。おまけに軽い。

PB106550.JPG

とても気に入ったので、色違いサイズ違いもいつか...。(これを器沼と言うらしい)


12月には憧れの作家さんの個展が札幌近郊で開催されると聞き、
気忙しい時期だけど、万障繰り合わせて何が何でも行くのだ、と今からとても楽しみにしています。





posted by マメコ at 11:11| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする