2020年02月22日

国際オーソモレキュラー医学会からの提言

国際オーソモレキュラー(栄養療法)医学会から、こんな緊急提言が出されています。

コロナウイルスの流行は、高用量のビタミンCによって劇的に流行を遅らせる、もしくは感染を止 めることができます。
過去数十年にわたり、ビタミンCの強力な抗ウイルス効果は、医療現場におい て活用されてきました。
しかしながら、ビタミンCによるこのような抗ウイルス効果、特にコロナウ イルスに対する効果的なアプローチは、メディアではあまり取り上げられることはありません。
身体がウイルスに攻撃された際、体の抗酸化能力および免疫力を最大化しておくことが、症状の軽 減や発症予防のために、とても大切です。
人間の体内の環境が最も重要なのです。重篤な疾患を治療 するよりも、予防に力を注ぐ方が容易であることは明確です。

「国際オーソモレキュラー医学会ニュース」 01177.pdf
オーソモレキュラー医学とは URL(https://isom-japan.org/

国際オーソモレキュラー医学会が推奨するウイルス感染の予防や症状緩和のための栄養療法は以下の通り。

ビタミンC:3,000mg /日 (またはそれ以上。分けて服用。)
ビタミンD3:2,000IU /日 (1日5,000IUで開始、2週間後から2,000IUに減量。 5,000IUは125μg、2,000IUは50μgに相当)
マグネシウム:400 mg /日(クエン酸マグネシウム、リンゴ酸マグネシウム、 マグネシウムキレート、または塩化マグネシウム)
亜鉛:20 mg/日
セレン:100 μg /日
※ビタミンC [1] と同時に、ビタミンD [2] 、


新型コロナウイルスは、高齢者や基礎疾患がある方のリスクが高くなると言われており、糖尿病や高血圧、心臓病などの基礎疾患を持った方々が重篤化する傾向にあるようです。
特に血糖のコントロールが良くないと免疫力が低下するため、感染を未然に防ぐためにも感染時の重症化を防ぐためにも、血糖値をできるだけ正常に保つことが大切のようです。

ビタミン・マグネシウム・亜鉛...。

以前保江邦夫さんが動画で、
『糖尿病はマグネシウム不足が原因』
とおっしゃっていました。
その対処法もお話されています。



こんな簡単に予防できる方法があるのに何故公にされないかと言えばやはりあれで、「インシュ〇ン」利権を手放したくない人たちがいるからって事のようです。
抗がん剤利権と同じですね。
医学の世界は闇だらけ。

このマグネシウムの話がとても衝撃的だったので、
早速アマゾンでマグネシウムワイヤーを購入して実験したのが、確か昨年の今頃。

P4214785.JPG
純マグネシウム99.9% ワイヤーφ1.6mmxL10m

それをコイル状に巻いてクエン酸を入れた水にポチャン。

P4194780.JPG

するとシュワシュワーとなりまして、水素(恐らく)が発生していました。
と同時に微量のマグネシウムも溶けだしているらしい。

P4194775.JPG

この水を飲んだり、ビールに入れてもっとシュワシュワさせたり、にがりを少し水に溶かして飲んだり、お豆腐をせっせと食べたり。
そんな事をして体にマグネシウムを取り込んでいましたが、あれから1年。
最近はお風呂でもマグネシウムを活用中。

マグネシウム入浴剤、エプソムソルトです。

P2226938.JPG

エプソムソルト シークリスタルス 8.8kg(2.2kgX4) 約58回分 入浴剤 岡山県産

お肌の乾燥や痒み、冷え、お腹の調子や、睡眠や、様々な症状に効果が期待できるそう。
塩ではないので、風呂釜も痛めません。
フレッシュロック(旧型・大)に入れて、(1袋2.2kgが収まります)マーナのお米計量カップ一を使用しています。

P2226928.JPG

マーナ極 お米計量カップ

エプソムソルト、体感は人それぞれでしょうが、
私の場合、調理中に油跳ねで負った火傷の痛みが早く引いたり、
雪かきでギックリ腰になりかけていたのがエプソムソルト入浴で改善したりと、気のせいではなさそうな回復を実感しています。
冷えも幾分和らいできた気もするし、オットも気に入っている様子。
マグネシウムはこれでオッケーにしておこう。

とにかく『予防』

北海道でもコロナの感染がジワジワ広がりつつある今、
サプリも利用しながら、ビタミンC・Dの摂取を特に心がけて未知のウィルスの予防に努めたいと思います。






posted by マメコ at 10:17| 北海道 ☔| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

キャンペーンのシェア


「中国人、及び2週間以内に中国渡航歴がある者の日本国入国禁止措置を求める」

キャンペーン。

http://chng.it/vwpxM6698h

まずは蛇口を閉めないと。
今のままでは駄々洩れ。
急げ急げ。







posted by マメコ at 09:55| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

願いをかなえる「縄文ゲート」の開き方

こんにちは。
札幌の12・1月は記録的な雪の少なさだったものの、2月に入ってからどっさり降っています。
連日の雪かきで背中や腕が痛くてすでにグロッキーですが、この雪は浄化の雪にも思えるので文句は言えませぬ。辛抱、辛抱。
一昨日は最低気温がマイナス17度まで冷え込みました。
マイナス17度」は、さすがに札幌でも滅多にないほどの寒さです。
本当に春が待ち遠しい。

さて、鳴霞さんの新しい情報です。VOL.18
中國全土で85都市が封鎖!2億5千万人か“隔離状態”に。



相変わらず日本のマスコミはクルーズ船のことばかりを伝えていて、肝心なこのウィルスの正体や、中国全土で起きている事を伝えませんね。
日本のどこかで感染者が出ていてもおかしくない状況ですが、きっとスルーなのでしょう。
検査が追い付いていないから、検査されずに別の病名で処理。
これが一番怖いですね。

独裁・隠ぺい・共産国家にべったりの関係を続けていると、痛い目に会うと思い知った2020年の日本の冬。
早くから警告を発していた坂東忠信さんや、経済評論家の渡邊哲也さんのバンブーカーテンの読みは凄いな、としみじみ思う。

そんなコロナ一色のこの一週間、
保江邦夫さんの、
『願いをかなえる「縄文ゲート」の開き方』を読みました。

P2126916.JPG

神様と繋がって長い間平和に生きていた、縄文人。
日本人の多くは「縄文人」の子孫で、その「縄文人」はレムリア大陸の子孫で、そのレムリアはシリウスの子孫なのだとか。(驚愕!)
西洋人の多くは、アトランティス大陸の子孫で、そのアトランティスは火星と木星の間にあったルシファー(破壊された星)の子孫。
そんな興味深いお話が満載の1冊でした。

保江さんは陰陽師の家系の方で、日本の大事なご神事である伯家神道の祝の神事を授かり、
あの湯川博士の最後のお弟子さんと言われるほどの高名な物理学者さんであり、合気道の師範でもあられます。
アンドロメダ銀河由来の魂で、そして何と遥か昔は、シリウスの宇宙連合の司令官でもあったとか。
その当時のお仲間が、今世で周りに集まって来ているのだそうです。
そんな保江さんが、まるで「神様の御用人」のようにあちこち動き回られている。
以前不思議な友人も、宇宙連合がナンチャラと言ってましたっけ。アニメの話みたいだけど、これ現実の話

巻末にはとじ込み付録がついていまして、陰陽師の家系に伝えられてきたという縄文の秘儀が公開されています。

P2126917.JPG

本を読み終えてから、
書かれているように、
手を合わせて深呼吸し、願いを明確にし、最大限丁寧にそれはそれは丁寧に、カッターで開封させていただきましたよ。

その秘儀はとても簡単な所作で行うのですが、
早速書かれていた通りに実践してみました。

まずは自分の願いを。
そして保江先生おすすめの文言を「5.7.5」で、そっと唱えてみました。
その他にも欲張って何パターンか。
届くと信じて、これを大真面目にやっております。


実は今密かに縄文ブームが来ているらしく、
こんなクッキー型が売られていました。

縄文と言えば、やっぱりこれ。『遮光器土偶』

P1316910.JPG

そして、『火焔土器』も外せない。

P1316912.JPG


P1316913.JPG
sacsacさん

オーブンの調子がイマイチなので、まだクッキーは焼いていませんが、
そのうちに挑戦したいと思います。


1月の保江さんの勉強会では、
プレアデスとシリウスの気になるお話をされていたそう。

今年になって、
かつてシリウスの司令官だった保江さんに、宇宙連合アシュタールからのメッセージが届いたお話。(大真面目)

今スピ系でとても人気のある某氏が、いずれ多くの人をあらぬ方向(プレアデス・アトランティス系)へ誘導してしまう可能性があるというのです。
なのでアシュタールから、彼とは一切関わるなとの指令が来たのだそうです。
何やら雲行きが怪しい...。
実は私も某氏の本を2冊持っており、動画も沢山見てきましたのでこの件は余計に衝撃的でした。

現在の地球はプレアデスでアトランティス系であり、左脳優先なのだとか。
スマホ、AI、5Gに代表されるような、最先端技術の今の世界。(神様と繋がれない世界)
シリウスはレムリア系であり、右脳優先。
これからの地球が目指したいのはシリウス系、かつての縄文の精神のような世界。(神様と繋がる世界)
アナタはどちらに行きたい(生きたい)ですか?と聞かれたら、勿論シリウス・レムリア(縄文精神)のほうと答えます。

神様と繋がれないアトランティス系の地球を私たちがこのまま選択してしまうと、神様に「ダメだ、こりゃ」とリセットボタンを押されてしまう可能性があるのだそうです。
過去にも地球は、そうやって何度かリセットされてきたのだとか。
この2020年が正念場。

保江さんの2月の勉強会ではコロナについてのお話もあったそうです。
やっぱり人工なの?


せっかくこの本で秘儀を教えていただいたので、コロナが早く終息するよう神様にお願い中です。
興味のある方はご一緒にいかがでしょう?


※ 2月から、保江さんの有料動画「月刊 保江邦夫」が始まっています。
bbb 私も会員登録して見始めました。
bbb ここで語られている内容は他言してはいけないそうなので、
bbb 興味がある方は是非ご登録の上ご視聴ください!
bbb (地球防衛軍に入隊出来るかも・笑)
  





posted by マメコ at 17:19| 北海道 ☔| Comment(2) | 読書記録+おすすめの本 | 更新情報をチェックする