2020年09月14日

「世界を救う計画」byトランプさん

見応えがある動画3本建てです。

2017年の夏、
トランプさんはどこに出向き、誰に会い、何をしていたか?
サウジアラビア→イスラエル→バチカン...。
表のニュースでは知らされていない事があまりに多く、裏ではこんな事が起きていたのかと鳥肌が立ちました。
そうやって、時間をかけてコツコツと、確実に悪どもを締め上げてきたトランプさんチーム。お見事です。
もう勝負はついているみたいですね。(悪あがきはしばらく続くようですが)


part1



part2



part3



子供たちを救うため、この世界を救うため、勇敢に闘うトランプさんは現在74歳。
身の危険がある中、とても大変な職務を実行されています。
日本から応援しています。

トランプさん、チームの皆さん、

本当に、ありがとう。


反トランプの急先鋒だった、あの『CNN』までが、
行方不明の子供たち救出の件を伝えたそうです。
もはや陰謀論でも何でもなく、権力者&著名人たちによる凶悪事件が、徐々に表に出始めている模様。

https://www.cnn.co.jp/usa/35158901.html

https://breaking911.com/breaking-u-s-marshals-find-dozens-of-missing-children-in-georgia/


保江邦夫さんも講演会で、子供の誘拐事件とアド〇〇クロムについて触れていました。
https://www.youtube.com/watch?v=8StDOOrn_-Q (全15の13で)
ただこの件に関しては、巷に溢れる情報の2割が本当との事。残りの8割は尾ひれ背びれがついている...と。
確かに某望月〇ソコ氏の弟さんとかその上の人やお仲間や、おかしーと思う人はうじゃうじゃいます。
おかしなご商売をされてますので、引っかからないようにお気を付け下さい。
彼らは某宗教系の方なんじゃ?と睨んでいます。


イギリス新国王関連の調査で、イエスの話が出てきました。
https://www.youtube.com/watch?v=eLu6R2Oiijs

ポルトガルでぶどう畑を営んでいた人間、イエス。
「水を葡萄酒に変えた」は、ここからきているみたいです。
干潟を歩いているイエスを丘の上から見た人が、水の上を歩いていたかのように見間違えた話、
2人のイエスがいた、
などなど。

動画のpart3の終りの方で少しイエス・キリストについて触れられていますが、そもそもK教こそが壮大な嘘ではないかと感じています。
K教に限らずですが、大衆に恐れを与えて支配(洗脳)する宗教は、支配者にとって好都合なツールなのだと思います。
バチカン(カトリックの総本山)が悪の枢軸って事だけで、充分お察しいただけるでしょ。
日本も他人事ではなく、某宗教団体が国会議員をはじめ各省庁にも入り込んでいるそうで、宮内庁や皇室にまで入ってしまっているというから驚きです。(ご本人より、そのお父上が問題)

創造主や八百万の神々の存在を信じている身としては、そもそも一神教はどうなの?と思う訳です。
私の中で、信仰と宗教は別物です。
神様は自然の中にいらっしゃる、お天道様も神様と思っています。
崇めるのではなく、感謝する存在。

偶像崇拝は違和感があるし、悪魔崇拝など鬼畜の所業でしかないのだけど、
なぜこんなにも長い間このヒトモドキの悪事が見過ごされてきてしまったのか、大人たちは少し考えてみた方がいいかも知れません。







posted by マメコ at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

ビーツ

9月になってからも暑い日が続いていますね。
札幌も昨日は33℃くらいまで気温が上がりました。
蒸し暑くて、もうバテバテです。

数年前から、夏にビーツを食べるようになりました。
『食べる輸血』と言われるほど、鉄分や葉酸が豊富な野菜です。
サトウダイコンの変種でほうれん草の仲間なんだそう。

P8277726.JPG

輸血と言われるのも納得の、真っ赤(濃いピンク)な色。

P8277727.JPG

P8277730.JPG

この赤い色素は「ベタシアニン」と言い、高い抗酸化力を持つ成分なのだそう。

あまりスーパーでは見かけないビーツですが、
5月過ぎから長野産のビーツが自然食のお店で、
8月になると北海道産のビーツが札幌のお隣の江別や、ニセコの道の駅などで販売されます。
ちょっと遠いけれど、行ったついでにまとめ買いします。

ビーツを使った料理と言えば、ロシア料理のボルシチが有名。
ボルシチは家族皆あまり好きじゃないので、
我が家では、スムージーにしたり、スープにして飲んでいます。
茹でてサラダに加えみるのも良さそうです。

土っぽい風味が特徴のビーツですが、
スムージーやスープにすると割と抵抗なく飲めます。
人参1本、生のビーツ1.5cmくらいの輪切りをざく切りに、バナナ1本、100%オレンジジュース適量をミキサーにかけて、最後に氷を入れて更にガガガーと撹拌。

P8277735.JPG

P8277739.JPG

エネルギーが湧いてきそうな、キレイな色のジュースが完成です。








posted by マメコ at 10:33| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

女帝 小池百合子

図書館で予約していた『女帝 小池百合子』をようやく読み終えました。

P9077771.JPG

まるで、ホラー小説のようでした。

ここに書かれている事は恐らく本当の話で、
今現在東京都のトップに君臨しているこのヒトは、
家庭環境や容姿にコンプレックスを抱き続けた少女時代の反動なのか、
68歳になる現在も尚嘘をつき続け、自分にスポットライトが当たる事だけを一番の喜びとして生きているのだろうと思います。

芦屋のお嬢さんが、そもそも嘘。
大ぼら吹きの父親、コンプレックスだった容姿、華やかな従妹と張り合ってきた少女期。
このあたりが、嘘をつくことを恥と思わない土壌を作ってしまったのかな。

公職選挙法違反になる、経歴詐称問題。
「日本人女性初のカイロ大学卒、それも首席」
これも嘘。

エジプトで同居していた年上の女性の話は、とってもリアルでした。
見栄を張って高級住宅街に部屋を借り、バイトに明け暮れた日々。
ロクに勉強もせず、頻繁に男性が訪ねて来る生活。
アラビア語もまともに話せず、授業にもついていけず、留年して日本に帰ったはずが、
どういう訳だかだ「卒業」したことにしてしまい、新聞にまで取り上げられ、ケロッとしていられるメンタルの持ち主だという点が、この人の全てを物語っているように感じます。

限りなくクロに近いのですが、いえ真っ黒なのですが、何故かこれがまかり通って今の地位を得ています。
利害関係で繋がる日本のマスコミやエジプト政府まで味方につけて、
「カイロ大卒業」という真っ赤な嘘を正当化し、お墨付きを得ている。(ODAのお返し?)
日本の大学やアメリカの大学の学歴詐称だとすぐにバレるでしょうが、
エジプトってところが、アラビア語を理解する人が日本に殆どいないってところが、今まで嘘がばれずにきたポイントだったのでしょう。
それにしてもすぐにバレそうなこの嘘を見抜けずにこの人に権力を持たせている日本の政界のマヌケさを、この件は象徴しているようにも思います。

この動画、良くまとまっています。



お父さん譲りの口から出まかせで、「日本人女性初のカイロ大学卒」の偽の経歴を引っ提げて、キャスター、そして政治家、そして大臣、今じゃ都知事二期目です。

その実態は、自分ファーストで、人々の暮らしを守る事など全く興味のない政治家。
阪神淡路大震災で被災した地元からの陳情には平気で冷たい態度をとり、
拉致被害者家族の前では耳を疑うような無神経な暴言を放ち、
環境大臣時代には、水俣病訴訟に無関心、アスベスト被害者にも平然と嘘をつく。
そんな仕事っぷりでも何故だか防衛大臣にまでなりました。

嗅覚の鋭さだけを武器に、時の権力者にすり寄ってのし上がって、ここまで来た。
細川さん、小泉さん、小沢さん、石破さん、二階さん。
次に狙うは、初の女性総理大臣?
冗談じゃない。
この人の嘘を放置し、持ち上げて利用した周囲の政治家やマスコミが、いかに国民を欺いてきたかという事がよくわかります。

女帝。
張りぼての女帝、というよりモンスターがしっくりくるかな。
いつか嘘はばれますよ。
「日本人女性初のカイロ大学卒」の、その嘘がバレた時の事をどのように想定しているのだろう。
ここまで細かく検証されてしまっては、流石に言い逃れなど出来ないように思います。
「この嘘は、これからもばれる事はない」と、本気で思っているのでしょうか?

読み進めていて、思わず「ギャー」と悲鳴を上げた箇所がありました。
元東大助教授で政治学者の男性との、叶わなかった恋。
その人は後に参議院議員となり、厚生労働大臣も務めました。
前の東京都知事でもあります。
彼が失脚し、その後小池さんが都知事になったこの因果は、偶然なのでしょうか?
小池さんは、かなりの復讐マニアみたいですけど。(^^)

人のために働く気持ちなどサラサラない政治家。
平気で嘘をつき、簡単に人を裏切り、そして冷酷で残酷。
まるでサイコパス。
政治家の地位に居て欲しくない人。
1ミリも信じてはいけない人だと認識しました。
周りが不幸になるだけでしょうね。(北海道も悲惨ですが)

いつまでこの「小池百合子 (ウソッパチ) ショー」に皆さん付き合うのかな?

この本は夏にとても話題になったはずなのに、今ではすっかりトーンダウンしてしまいました。
来年のオリンピックが終わるまで(正式に中止が決まるまで)は、開催地のトップの学歴詐称問題は日本の恥でしかないと上の人が思っても不思議じゃありませんね。

真実を語ってくれた元同居人の早川さん(仮名)、著者の石井妙子さんに感謝します。
この方たちの勇気ある行動が、実を結びますように。







posted by マメコ at 10:08| 北海道 ☔| Comment(0) | 読書記録+おすすめの本 | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

NAOTの靴

札幌の「D&DEPARTMENT HOKKAIDO」で開催されている、NAOTの受注会「NAOTキャラバン」に出かけてきました。
コロナの影響により、6月の札幌開催は延期となりましたが、
中止ではなく『延期』との発表だったので、この札幌キャラバンをずっと心待ちにしていました。

NAOTの靴は、4年前に購入した「オルガ」を愛用中。

P3011534(1).JPG

P3011537(1).JPG

履きやすくて、足裏がとても気持ち良いのです。
初日から靴擦れすることなく履けました。沢山歩いても疲れない。
私のオルガはベルトタイプなのですが、最近のはボタンタイプに変更されていて、着脱が楽になっています。
ベルトを、ボタンタイプに変更してもらう事も出来るのだそう。

59712169_o13.jpg
(画像お借りしました)

開始時間の11:00を少し過ぎた頃に入店。
ずらりと並んだNAOTの靴たち。
どれも素敵で、テンションが上がります。
すでに数名の方がフィッテイングされていました。

今回のお目当ては、「ダニエラ」と「クララ」。

「ダニエラ」の黒と、
59297144_o6.jpg
(画像お借りしました)
「クララ」の明るい茶色を履かせていただきました。
62953393_o8.jpg

どちらも履き心地はとっても良かったです。
「クララ」は、希望のこげ茶のサイズがなくて試せず。
同じ型でも革の色によって、風合いや硬さが若干違うとのお話。実際そんな印象を持ちました。
サイズ違いのサンプルで雰囲気は確認できましたが、どうも決め兼ねてしまい、今回は「ダニエラ」の黒にしました。
こげ茶のクララが試せていたら、勢いで2足大人買いしていたかも。

59297155_o10.jpg
(画像お借りしました)

明るい茶のクララもとっても良かったのです。
カジュアルな色・形ですが、実際履いてみると足がシュッと見えて大人っぽくて素敵でした。
ただ、明るい茶色の靴のこれからの時期の出番を考えるとうーむとなりまして、こちらは来年の春以降の楽しみにとっておくことにしました。
こげ茶をどうするか、今悶々としてます。

黒のクララを試されている方がいましたが、黒もシックで素敵。
クララは全色欲しいかも。
ダニエラの明るい茶色(Chestnut)も可愛かったな。
サイズを確認できたので、今後は安心してオンラインで購入出来ます。
※オルガとダニエラとクララは、サイズ感も革の感じも同じだそう。

ダニエラの黒に決めてふと顔を上げると、
1階で雑貨を見ていると思っていたオットが、向うの方でフィッテイング中。(メンズもあります)
履き心地の良さを実感したそうで、ダニエラのこげ茶をお買い上げ。
あらやだ、色違い。

エコバッグいただきました。

P9077775.JPG

今回は受注会で、1週間後くらいに商品が届くそうです。
沢山歩ける、NAOTの靴。
色違い、形違いで何足も欲しくなるのも頷けます。
冬靴(雪靴)を作っていただけないかな?
札幌では、そのような要望が多く寄せられているそうです。

スタッフさんは爽やかで気持ちのいい方ばかり。アドバイスもとても参考になりました。
受注会に来れて良かった。
札幌での会期は5日までです。

D&DEPARTMENT HOKKAIDOby 3KG さん2階
会期 9/3.4.5
11:00-18:00




posted by マメコ at 10:17| 北海道 ☔| Comment(0) | おしゃれ | 更新情報をチェックする