2008年11月03日

鮭まるごと一匹解体ショー

先日、友人から鮭一匹いただいちゃいました。
それも、丸ごと一匹です。

魚といえばいつも切り身を買って食べてる我が家。
最近小型のホッケを大量にさばいたものの、大型の鮭ともなるとどうにも不安がよぎる。

おまけに最近包丁の切れ味が悪い。
友だち曰く、「大丈夫よ〜、キッチンバサミでチョキチョキやっちゃって〜」だって。
へ?そんなアバウトでいいの?

聞いてみると、道内に住むご両親が鮭釣りにはまっているらしい。
今年、もう何度も鮭が送られてきて、何匹もさばいたのだとか。
頼もしい友よ。

P1000408(1)(1).jpg

早速新聞紙を広げ、あまりの大きさにしばし見とれる。
デカイ。食材というよりも、生き物だぞ!!という迫力がある。

まずはウロコをとらなきゃ。
ペットボトルのキャップを使うと簡単、とのアドバイスをいただき
ジョリジョリこすってみる。
オォ〜、包丁の背でやるより飛び散らないし簡単に沢山とれること。
さすが、師匠!

包丁を入れてみます。
あまりにリアルなもんで、顔を隠し、手を合わせてからそぉっと解体。
そしたら、ナント!! 
オスだと聞いていたお腹から、キラーン!!とイクラちゃん(筋子)。

P1000412(1)(1).jpg

初めて知ったのですが、一匹に二腹入っているのですね。
勉強になります。

P1000417(1)(1).jpg

無事三枚におろし、骨を抜いて下処理終了です。
ここまでの所要時間は45分ほど。
大変疲れました。(興奮しすぎ)

全てが終わった頃に息子たちが帰って来ました。
ちょっと休んでから、いくらの醤油漬けもやっちゃおう。




posted by マメコ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック