2008年12月09日

長野のリンゴ

生協の個配で長野のサンふじが届きました。

P1010028(1).JPG

今シーズンの、キング・オブ・リンゴ!!と言えるほどの立派なリンゴです。

リンゴの中ではこの‘サンふじ’が一番好きです。
11月中旬頃から長野産のサンふじがこちらでも手に入るようになりました。

以前長野に住んでいた時は、休みの日に近くの集荷場で規格外の
‘サンふじ’を格安に沢山買ってくるのがこの時期の楽しみでした。

リンゴは青森が有名ですが、サンふじは長野産に限ります。
これ、ホント。(だと思ってます)

長野は夏の寒暖の差がとても大きいので、おいしいリンゴが出来るんだと聞きました。
味も歯ざわりも蜜の入りもピカイチ。

北海道では残念ながら青森産のリンゴばかり。(近いからですかね)
我が家では長野産を探して食べています。

P1010089(1).JPG

Lサイズの卵と比べてみました。大きさ伝わるでしょうか?
一番太いところ、いわゆる‘胴回り’を測ってみました。
33cm!!

P1010095(1).JPG

蜜もバッチリ。

今回のこの大当たりのリンゴ達。
1箱(3kg・8個入り)で、1.000円チョットです。
どれも大きくて蜜たっぷりで、とても美味でした。

ご贈答品より立派なくらい。

「リンゴはサンふじ〜、サンふじは長野〜」と覚えてくださいね。

P1010050(1).JPG

石けんを抜いてみました。
青リンゴの石けんです。
へたのところが細かいので、石けんには不向きだな。


posted by マメコ at 12:58| | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック