2008年12月11日

ロレンツォのオイル

昨晩、懐かしい映画を見ました。


206ef1bb.jpg


今から15年以上も前に見た映画 ロレンツォのオイル/命の詩 です。

ご存知の方も多いでしょうが、ざっとあらすじを。

難病に冒された一人息子のために、両親が自ら猛勉強し、研究者の力を借りて息子の体に必要な「奇跡のオイル」を作り上げるという実話です。

以下 Wikipedia より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひとり息子であるロレンツォの難病を治すことの出来る医師が居ないと
知った両親は、医学的知識が無いにもかかわらず自力で治療法を探すことを決意。

治療法を見つけ出すため、手の尽くしようがないと信じる医師、科学者、支援団体らと衝突する。
しかし医学図書館に通い詰め、動物実験を参照し、世界中の研究者や一流の医学者らに問い合わせ、さらに自ら副腎白質ジストロフィーに関する国際的シンポジウムを組織するに到る。

そんな努力にも関わらず、息子の様態は日々悪化する。
彼らは食事療法として特定のオイル(実際にはエルカ酸とオレイン酸のトリグリセリドを1:4の割合で配合したもの)に関する治療法を思いつく。
100以上の世界中の会社に問い合わせた結果、適切な方法で蒸留することが出来る定年間近の英国老化学者を探し出す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このオイルは「ロレンツォのオイル」と呼ばれ、同じ苦しみを抱えた
患者の間で広く用いられるようになっていきます。

薬としての「ロレンツォのオイル」は、オリーブ油の成分(オレイン酸トリグリセリド)と、
菜種油の成分
 (エルカ酸トリグリセリド)を4:1で混ぜたものです。

この話は1992年に「ロレンツォのオイル/命の詩」として映画化され、アカデミー賞を獲得するなど大評判を得ました。

ロレンツォは5歳のときに発症し、今年30歳で亡くなったそうです。

水と同じくらい、油はヒトの体に欠かせないものです。
石けん作りで色々な油のことを知るようになり、
美肌やアトピー・健康にオメガ3を含む油がいいなど、油について少しだけ知りました。
科学の知識は全くありませんが、以前よりとても興味深く見ることが出来ました。
オススメです。





posted by マメコ at 15:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック