2010年08月14日

マヨさんの考察

昨日で我が家の夏休みは終わり。
プール&温泉と、家でノンビリ〜と、映画、であっという間に終わりました。
北海道に越して来て10年目の夏。
今年は珍しくこの時期にも関わらず暑い毎日。

このお盆休みがあけて、日本がいや、世界が大変なことになってなければいいと願います。

以前三峡ダムの事を書きましたが、そこ以外にも中国甘粛省(かんしゅく)の土砂災害、
ロシアの山火事〜核施設への延焼・各国大使館閉鎖&撤退、アメリカの財政破綻危機、
などなど、テレビでは流れないニュースがネット上では囁かれています。

詳しくは、浅川嘉富氏のブログへどうぞ〜。

これからきっと世界規模で食料不足になるでしょうね。
少しずつ備蓄を始めようと思います。
日本人はパニックになりやすい質で、納豆やバナナが売り切れになるほどの洗脳民族ですから。 ^^;

さて、先だってのキムヒョンヒ来日騒ぎから今度は韓国併合100年の菅総理(アカン総理)の談話。
李王朝の文献を韓国政府へお渡しするとか。

ここで、韓国がどういうお国か、まずはおさらい。

長くなるので「韓国は“なぜ”反日か?」のサイトをご覧下さい。
背筋が凍る隣国の怖さをじっくりお勉強しましょう。
自国の惨めな歴史をずっと国民に隠し続けて、日本を常に敵視し、その日本に「賠償」という名のたかりをし続ける国。
歴史認識などあるのかないのか、あっても真実などどうでもいいというご都合主義の国。

「チャングムやチュモンや冬ソナ」にはドップリはまり、楽しませていただきましたが、
それとこれとは別の話。

マヨの本音のマヨさんの考察はいつも鋭く、(とても難しくて半分もわからない)今回のア・カン総理や政府の発表の裏読みをされています。
興味のある方はググッテ下さいまし。(リンクは貼りません。)

他に、
マヨのぼやき。
シバちゃんのため息。
日本歴史捏造研究所も秀逸です。☆






posted by マメコ at 16:37| 北海道 ☀| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。