2010年11月17日

カラダの基本

入院中の母が、一時帰宅をしていました。
何度か帰宅練習をして、そしていよいよ退院へ。

入院当初からずっと背中の痛みを訴えておりました。
でも主治医の先生は、鬱からくる痛みだろうと言います。
初めはそういうものなのかなぁと私も思いましたが、眠れないくらい痛いのが本当に精神的なものからくる痛みなのか?
鬱が改善されてきているのに、痛みは強くなっている。
おかしいな・・・。

今年のはじめ、MRIを撮って、骨や神経に異常がないことは確認しました。
鍼やお灸にも通いましたが、一時的にやわらぐだけ。
いよいよ手に負えん、と言う事で夏に不思議パワーの友人に診てもらいました。
母が友人のパワーを受け入れるまでに少し時間がかかりました。無理も無い。

結果、肩甲骨のあたりの血管が詰まっており、わき腹から肋骨にかけて血が滞っていると。
血管自体も弾力が無く、動きが悪くなってきていると。
2回に分けて入念に秘密の治療をしてもらいました。^^;
そして、「内臓その他は一切異常なし、健康ですよ」、とお墨付きをもらいました。
良かったよかった。(友人の施術は血管の詰まりに効きます)

でも、最近また痛みが強くなってきました。
背中や肩を触ってみると、何だか痛い部分が盛り上がっています。
これはもしや体のゆがみ(骨のズレ)から来ているのではないかと思いました。

私自身、若い頃腰痛持ちで苦しんでおり、東京で骨盤矯正に通った経験があります。
骨盤の歪みや開きを矯正してもらいました。
この時、骨盤の大事さを学んだのでした。

痛み止めや鍼は対処法でしかありません。
根本的な根っこを治さないと痛みは繰り返します。

母にいい治療法はないかなと探していたら、筋肉のバランスを整えて骨を正しい位置に戻す施術をしてくれるところを見つけました。
札幌にもありました。ボキボキは一切無しです。

診断の結果、背骨が左側に湾曲していてその影響で左側の筋肉が緊張し、痛みが出ているのだろうと言われました。
MRIなどの部分的な写真では診断は難しいそうです。

全身のモアレ形態写真を撮ってもらいました。
こんな感じです。(これは、HPからお借りした画像です)

moaresyasinn.jpg

等高線のように体の高くなっている(盛り上がっている)部分が円が詰まって映ります。
母の痛い部分は見事に円が高く映っていました。

先生のお話では、骨の位置が4〜5割正しい位置に戻ると大抵の人は痛みを感じなくなるそうです。
100%戻らなくても快適な生活が送れるようになるのだそう。
痛みがとれるまで、根気よく通う事にしました。

こんな時には不思議といい情報が集まります。
ご近所の方からいいお話を聞きました。
以前、大病をされたその方がお世話になっている治療院を教えてもらいました。

「きっと背中に悪い血が溜まっているから、取ってもらいなさいね」と。
そのご婦人は、不思議系で色々わかるお方だと以前知ったのですが、ご紹介いただいた先生もなんと不思議パワー系だそう。
海外からも患者さんが来ているそうです。
そこは母の実家の近くでした。あらまぁ。
口コミの病院はなかなか知るチャンスがありませんので、本当にありがたい事です。

骨を正しい位置に戻しつつ、溜まった悪い血を流す。
これ、とっても効きそうです。
母の体調と相談しながら、二つの治療法を併用して行こうと思います。

骨が土台となり、血液が全身を巡る。
健康の基本の基は骨と血液だ。もっとこの基本を大事にしなきゃ。

年末にかけてきっと何か起きると感じている「プチ妄想家」としましては、何とも落ち着かない日々でしたが、今やどっしり腹が座った感じです。

先の心配よりも、今出来る事をする。
自分の直感を信じて、精一杯自分のため家族のために今を喜んで生きる、これでいいんじゃないかなぁと思います。




posted by マメコ at 10:43| 北海道 ☁| Comment(0) | 料理 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。