2011年03月11日

今後の地震について

未曾有の大災害になってしまった今回の大地震。
ここ札幌でも体験した事のない、長い揺れが何度も来ました。
被災された多くの方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて、政府から原発について発表がありました。
福島原発で、炉心を冷却できない状況が発生しています。
充分注意が必要なようです。

リーマンさんの記事から転載させていただきます。

東北、関東圏の人々は今日から、
ワカメ類、納豆、豆乳、大豆プロテイン、根昆布なら1日に1個。味噌汁。
などなどの海藻類、大豆類の摂取を、1週間だけ心がけること。自分が手に入る物だけで良いです。
過剰な摂取は、害に成るので不要です。適量を少しが良いです。
適量のヨード成分を体内に蓄積することによる、放射能への警戒です。


ソ連のチェルノブイリ事故の時も、上記の摂取をしていた人は、後年の症状が軽症で済みました。
これは、もしかの場合に備えた対策であり、原子力事故だけではなく、地磁気の被曝への対策でもあります。
上記の成分と、蒸留水の飲料は、最善です。 転載ここまで。

東海アマさんのツイッターでは地震発生の早い段階から「福島第二原発」の危険警告を発していました。
ニュースより、正しく早い情報が得られます。
東海アマさんブログはこちら

富士山ニニギさんでは、今回の地震から東海地震に繋がる可能性を指摘しています。

今すぐ出来る備えとして、

お風呂の水は満タンに。
飲み水を汲み置く。
携帯はフル充電に。
大き目のビニール袋は何かと役立つ。
食料の備蓄は言うまでもありませんね。
水を使わない食事、お餅は意外と便利です。

横浜の姉と未だ連絡がとれていません。
電話も携帯もメールもダメです。

伝言ダイヤルに一言残しておいてくれたら安心です。

【災害用伝言ダイヤル】
◆被災者の方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.「1」を押す
3.自宅の電話番号を押す。
4.伝言を録音する。

◆安否を確認したい方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.「2」を押す
3.安否を確認したい方の電話番号を押す。
4.録音された伝言を再生する。


その他、拡散希望 メッセージがありました。


演劇 私は消防隊員です。被災地の皆様、貴方達を助けるために我々の同胞達も頑張っています。必死に頑張っています。緊急車両に道を開けてあげて下さい。逃げたいのは皆同じです。でも、貴方達は逃げれます。私たちは今逃げる道を無くした人達の救助に向かっています。開けて下さい


演劇 地震・津波の被害を受けられなかった地域の方へ。向こう一〇日間ほど、休日・夜間の病院受診は出来るだけ控えて下さい。かつて無い規模で、全国の病院から医師・看護師等が被災地に交代で派遣されることになりそうです。居残り組も中々休養が取れません。内服薬切れなどにもご注意下さい


被災地の救援の妨げとなる行動を慎む事が大事ですね。

自然の猛威にはこうも人間は無力です。
日本中どこでも揺れる、という覚悟を持っていようと思います。
次に大きいのが来たら、広範囲が被災地になる可能性もあります。
そうなってしまったら、恐らく救援は来ません。

富士山ニニギさんが、以前から警告していました。
「サバイバル生活の準備をせよ」と。
キャンプ用品、食料、水、塩。
そして、放射能漏れによる被爆のダメージから身を守るためのラジウム鉱石について。

今まで聞いてきたことがいよいよ現実味を帯びてきました。

自分の身は自分で守る。
これに尽きます。
備えておきましょう。




posted by マメコ at 23:57| 北海道 ☁| Comment(0) | 日本・世界の話    | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。