2011年06月18日

蒸留水器がやって来た

まずは、気になる放射性物質飛散予測から。。。
http://www.witheyesclosed.net/post/4169481471/dwd0329


先日蒸留水器が届きました。
蒸留水器 台湾メガホーム社製 MH943シリーズ 「水瓶座の雫」
大きいとは聞いていましたが、想像以上のデッカサに驚きました。
炊飯器の胴回りとポットの背丈くらいでしょうか。
一度に4g作るのだから、この大きさもまぁ仕方ないのかな。。。


P1060754(1).JPG


まずは説明書の通りに組み立てて、中を洗って、2回試運転。
音はかなり大きいです。
そしてポットの上部(ファン)から温かい風が出てきます。洗濯物が乾きそうな勢い。^^;
暑い日には、人のいない部屋で働いてもらうのがベターでしょうね。
冬場なら暖もとれて一石二鳥かな。

1度の蒸留に6時間ほどかかりました。
この試運転2回の水は機械の洗浄も兼ねているので捨てます。
その都度中をキレイにして、いよいよ本番です。。。


P1060751(1).JPG


1時間後くらいから蒸留された水が落ちてきます。
一滴ずつポタポタ。。。
手間暇かけて蒸留されているのがわかります。
この様子を見ていると、1滴たりとも無駄には出来ないと思えてきます。
落ちたての水は人肌程度に温かいです。いわゆる白湯ですね。

肝心な味は、クセがなくてトロンとした感じで美味しいです。
お味噌汁に使ってみたら、家族もいつもと違う!旨い!と驚いていました。
蒸留水に半信半疑だった息子達もゴクゴク飲んでおります。

翌日は、ヤカンで沸かしたお湯から作ってみました。
6時間かかるのが5時間くらいに短縮出来ました。

1日一度の蒸留、習慣にしていこうと思います。
4gは家族5人で飲むとあっと言う間に飲みきってしまいます。
レビューで肌がきれいになったという書き込みがあったので、大いに期待して。。。

美味しくて安全な水を飲みたいと思うなら、何故水道水が塩素や薬品まみれになっているのかその原因を考えなければなりませんね。
家庭からの排水にも充分気を配りましょう。
油は流さない。
合成洗剤は使わない。
キッチンだけではありません。
洗濯洗剤・漂白剤・シャンプーリンス、水を汚す原因は沢山あります。





posted by マメコ at 10:46| 北海道 🌁| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。