2012年02月07日

まるで、平成の『オイカイワタチ』

以前読んだ「オイカイワタチ」の本。過去記事はコチラ
昭和の時代に、金星の長老からのメッセージを受信し、あちこち動き回っていた、『オイカイワタチ』と呼ばれた方々がいたそうです。
彼らはワンダラー。
地球上にいる(らしい)多くのワンダラーの中で、特に重要な任務を担っていた日本人の一部のワンダラーを、「オイカイワタチ」と呼ぶのだそうです。
その「オイカイワタチ」である著者は、残念ながらお亡くなりになられましたが、その後を引き継ぎ、現在も動いている方はいるのかな、いたらいいな、と妄想していました。

まあやさん(旧スポッツさん)とそのお仲間の方達のブログを読ませていただいているうちに、ふと思いました。
まるで、平成の『オイカイワタチ』みたいだなと。
昭和の時代は富士山や諏訪などが主な活動場所でしたが、平成はやはり135度周辺がカギのようで、あの近辺で皆さん活動されているようです。
ありがたいです。

ちなみに、不思議な友人は『オイカイワタチ』については知らないと言っていました。
諦めの悪い私は、友人が知らない=存在しない、とは決して思いません。
友人が知らない事があっても不思議じゃないね、くらいに思っています。

『オイカイワタチ』の本に出てくる金星の長老は、サナンダ。(=キリスト意識とあります。)
とあるブログで金星人はすっかり悪者認定されていますが、私にはどうしても納得がいきませんでした。
先日友人に会った時にまず確認したのが、金星人の事。
友人の見解では、金星は悪じゃないと。
それより火星のほうが少々問題だそうです。
ん?今度は火星?^^;

「火星にはね、実はね、ク○ー○がいて。あんな事やこんな事が、モニョモニョ.....。」
まるで映画の世界のような話が、進行中だそう。
(かなりぶっ飛びですが、いつか公表される日が来るでしょう。)
ということで、金星の疑いが晴れて、一安心。

火星と言えば、3月に火星が地球に最接近します。

P1080360(1).JPG

これは地球暦の今日のピンの位置です。
写真がボケボケでちょっとわかりづらいですが、緑が地球で、右側(外側)にある赤いピンが火星です。
毎日一コマずつ、反時計回りに動きます。
これで見る限りでは3月5日.6日あたりが最も近付くようです。
全体像は、ブログ右側の『地球暦』でご覧下さい。      >>>>>>>

友人は、仲間達から「●●●はどのグループにも属さないからね」とよく言われる、と言っていました。
すかさず私は聞きました。
「それって宇宙種族って意味で?」
「そうだよ」
「!!!」

聞いておいて驚くのも何だけど、やっぱりというか何と言うか、凡人の私にはとても想像もつかない、スケールの大きな話のようです。
いつも隠密行動を共にしている、海外の仲間からそう言われているようなので、皆さん宇宙種族を代表してこの地球で力を尽くされているのかと、そんな風に妄想しました。
それ以上は突っ込んで聞きませんでした。(怖くて聞けやしない...。)

節分の少し前、友人から告げられた今年の私への『言葉』。
思わず嬉しくなるような内容でしたが、アナタの行動次第だからね、と一言釘を刺されました。
そうだね、行動あるのみ。
私は自分の周りのことをせっせとしないとね。

私の周りも、世の中も、どうか万事うまく事が運びますように。

『いつだって、万事良好だよ』

ソロモンのこの言葉のように.....。





posted by マメコ at 17:02| Comment(0) | 不思議な話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。