2012年02月14日

BUMPのライブ♪

5月のBUMP OF CHICKEN 札幌ライブに行きます。
昨年12月にも札幌であったのですが、ライブハウスでスタンディングだったため、ちょと辛いかもと思い、見送りました。

5月の会場はきたえーる。アリーナは避け、座席を第一希望に。
先行予約、「座席指定、当選のお知らせ」が来ました。\(^o^)/
昨年末のライブハウス、息子の友人達が「先行予約特典付きのCDを購入して申し込んで、全滅だった」と聞いていたので、厳しいんだろうとは思っていました。
でもね、何故か当たるような気がしていました。
若者達には悪いけど、おばさんは行って来ますヨー。
ついてるナ。

BUMPを初めて聞いたのは今から5年くらい前のこと。
当時小学生だった息子が、友達から借りてきた本がきっかけでした。
佐藤 多佳子さんの大ヒット作、「一瞬の風になれ」全3巻。



一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-

借りてきた本人より、親の方が夢中になって読んでいました。
読まれた方も多いと思いますが、とても爽やかで素敵なストーリーでしたね。

本の中で、主人公の陸上部の高校生が、試合前にいつも聞いている曲として書かれていたのが、確かBUMP の『ダイヤモンド』。
どんな曲なんだろうと、レンタルしてきたのが最初の出会いでした。
後になって、BUMP OF CHICKEN の曲は前から耳にしていたんだ、と気付きました。

BUMPの曲は、歌詞もメロディーも大好きです。

『真っ赤な空をみただろうか』や、
『涙のふるさと』や、
『カルマ』や、
『車輪の唄』や、
『天体観測』や、
『プラネタリウム』や、
とにかく、名曲がいっぱい。

藤君の歌詞は深くて、独特の世界観があって、とっても素敵です。
以前、大好きなブログの管理人さんが、「BUMPの歌詞を理解できる日本人で良かった、日本語を使う民族で良かった」、そんな風に書かれていた事がありました。
藤君が描く含みのある歌詞は、想像力をかきたてられ、そのストーリーの意味(設定)を考えるのもまた楽しい。
丁寧に選ばれ、組み合わせられた言葉たちには、『魂がこもっている』と感じます。

隠れた名曲も多いので、しっかり予習しておきましょ。
藤君の透き通るような声を、一度生で聞いてみたかった。

5月が楽しみです。



posted by マメコ at 10:47| 北海道 ☔| Comment(0) | 好きな音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。