2012年03月20日

春分の日

今日は春分の日。

地球暦からのメッセージを紹介します。
まずは昨日の。
................................................................................................................................

この度、地球は178°、太陽黄経358°を運行中です。

いよいよ明日、春分となり、一年の夜が明けます。
地球号は、光の錨(いかり)を降ろし、年度の基準となる太陽黄径0度という、
一年で最も大きなターミナルの“春分”という港へ到着します。

到着時刻は、日本時間で14時14分となります。
明日はあらゆることの選日にふさわしく、何をはじめるにも最適な日です。

火星にとって、内側で水星が一周廻る101日ごとのこの会合は、
お百度参りと同じ期間で、行いを整え、願を掛け、思いを成就させるサイクル。

野菜の種も100日すれば、種から花が咲き、実をつけることができます。
生後100日目では食べ物を口にする祝いの“お食い初め”をしますし、
約三ヶ月のこの周期は物事を定着させ、習慣付けていく周期です。

今取り組んでいることが結果となって現れるこのサイクルは、
体の新陳代謝も入れ替わり、新しい自分を作っていくようです。

“水星と火星の結び”となる本日の会合は、
“結び”=ムスヒ=産日ですから、新しいことを“生み出す日”です。

今日は、ひらめいたこと(水星)を、
実際に行動(火星)して、火と水の、カ・ミのリズムに乗ってみましょう。

................................................................................................................................

そして、今日のメッセージ。

地球暦が二十四節気の一つ「春分」をお知らせします。

「春分」は、太陽黄経0度のはじまりで、仲春の半ばの地点です。

今日から新年度の上半期がスタートします。
今日の太陽のある方向が「春分点方向」で、太陽黄経0度とされ、
一年を円として捉えた時の起点にあたります。

西暦では、1月1日の元旦で年が変わりますが、
生活に則した切り替わりは、現在でもこの新年度にあり、
新学期、クラス替え、人事の入れ替え、決算などが行われます。

桜が咲く間近のこの時期になると、はじまりの感覚がするのは
太陽を中心とした時の記憶が私たちのDNAに刻まれているからです。

一年を一日にたとえた時の、「日の出」の時に当たるこの時期は、
これからはじまる一年の行事や作事などのために、抱負を新たにし、
柱を立てるような過ごし方を心がけるとよいでしょう。

春の真ん中にいる今、一年を見渡して、取り組むべきことを宣言してみましょう。

───────────────────────────────────
ご来光を拝みましょう。
───────────────────────────────────

春分は一年を一日にたとえた時の「日の出」に当たりますが、
毎日の日の出の中でも、この春分(秋分も同様)は真東から太陽が昇るため、
一年の中で最もご利益のあるご来光と言えます。

この起点は太陽信仰の文明にとって一年のはじまりを意味する大切な時で、
太陽の光線が地球の球に対して、まっすぐに差し込み、北半球と南半球に
同量の光が当たり、昼と夜の長さが同じになり、陰と陽を同等に分つ、
バランスのとれたポイントです。

中庸・中道などの精神をもつ仏教でも、彼岸会は最大の仏教行事であり、
神社でも春季皇霊祭という歴代の天皇のまとめて奉祀する重要な忌日と
なっています。

今日は、日本では国民の祝日。
まずはご来光を拝み、今日一日の太陽を身近に意識することを心がけましょう。

───────────────────────────────────
光の通り道 レイライン
───────────────────────────────────

春分(秋分も同様)の太陽は、真東から昇り、真西に沈むため、
地上では東西のラインが強調されます。

ピラミッドや仏閣や社殿などは東西南北を意識して建築されていますが、
中でも真東に参道や鳥居を設けることは、春分のご来光を遥拝し、
天と地と光を通じて一体化させる意味を持ちます。

真東からご来光が昇るこの時は、農耕の文明にとっても農事の起点となり、
五穀豊穣、子孫繁栄の祈願の時です。

自分自身の生活環境の中に春分のエネルギーを取り入れることにより、
日本古来の太陽信仰の記憶がよみがえります。

今日は特別な場所で過ごすことよりも、産土、氏神などを祭り、地元、自宅
など普段の生活環境の中に、特別な日としての過ごし方を見つけてみましょう。

───────────────────────────────────
 あらゆることのはじまりに
───────────────────────────────────

一年の「日の出」と言える春分は、お日柄選びの中では最高の選日の時です。

たとえば、結婚、建物の竣工、会社組織の設立など、人生の土台に関わる
宣言をするのにふさわしく、一年の節目と物事の節目を重ね合わせる事に
よって、毎年、年とともに、はじまりを刻んでいくことになります。

また柱を立てるように宣言や決意をすることで、一年全体に影響を与えられる
時でもあります。

................................................................................................................................
転載終わり。

ということで、今日は新年度のスタートだという意識を頭の隅っこに置きながら、過ごしてみようと思います。




posted by マメコ at 10:34| 北海道 ☔| Comment(0) | 徒然・・・ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。