2012年04月14日

刺し子の糸

刺し子の糸を色々集めています。
ひと口に糸と言っても、色々特徴があります。

初めて使ったのが、オリンパスの糸でした。
やや太めの糸なので、あっさりした図案の時にはふっくら刺せていい感じでした。
次に使ったのがヌーミーズの糸。

P1080897(1).JPG

こちらはオリンパスより細めなので、一目刺しなど、細かい模様に向いているようです。

大かせの糸も欲しくなり、「小鳥や」さんと「飛騨さしこ」さんの色見本を取り寄せてみました。
やはりネット上と実物はかなり色が違います。

これは「小鳥や」さんの糸見本。
注文時にお願いしたら、無料で同梱していただけました。

P1080892(1).JPG

P1080953(1).JPG

朱赤(5)とグレー(21)と紺(2)を購入。
やや細めの糸です。

そして、こちらは「飛騨さしこ」さんの糸見本。(有料)

P1080893(1).JPG

P1080894(1).JPG

こちらは甘撚りでふっくら太目。
微妙な色味が多く、艶があってとても素敵な糸です。

P1080992(1).JPG

飛騨さしこさんは草木染の糸もあり、紫の糸を購入してみました。
落ち着いた感じの、いい紫です。
あとは赤系(43)と渋いグレー(23)を購入。(実物より白っぽく写ってます)
草木染はその都度色が違うようなので、気に入った色があった時は迷わずGO!ですね。
ちょっと割高なので、よくよく柄を吟味してから大事に刺そうと思います。

まだまだ欲しい糸がいっぱい。
次回は糸巻きの話を。





posted by マメコ at 09:43| 北海道 ☔| Comment(0) | 刺し子・刺繍・編み物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。