2012年04月15日

糸巻き

またまた刺し子の話。
刺し子糸を巻いてみました。

P1080851(1).JPG

「かものはし」に見えるのは私だけだろうか?(笑)

刺し子を始めて、困ったのが糸の扱い。
売られている糸は少量(40m)や大かせ(150m以上)や様々。
初めは少量の糸を購入し、説明通りに輪を広げた状態で半分にカットして使いました。

P1080867(1).JPG

こうすると長さも適度で扱いやすいのだけれど、どうしても糸継ぎの回数が多くなります。
その分糸の無駄が出るし、裏が見苦しくなる。
なので初めから切らずに、糸巻きに巻いてその都度適当な長さにして使う事にしました。
今はとにかく色んな刺し子糸が欲しいので、糸巻きにお金はかけたくない。
何か使えそうなものはないかと家の中を探していたら、懐かしいものが出てきました。

P1080862(1).JPG

リネンクロスをロープに干すときに使うクリップです。
店でリネンクロスを売っていた頃の商品なので、多分8年くらい前のもの。
かわいくてそこそこ売れたのですが、ちょっと使いづらく実用的ではないため家に引き揚げていました。
その後特に使い道がなく、ずっと戸棚の中にしまい込んでいた模様。(忘れてました)
糸巻きの代用として使えるかも!


P1080929(1).JPG

とりあえず小かせの4色を巻いてみました。
なかなかいい感じ。処分しなくて良かった...。
使いやすいかどうかは置いておいて、このとぼけた見た目に大満足です。







posted by マメコ at 08:34| 北海道 ☔| Comment(0) | 刺し子・刺繍・編み物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。