2012年04月30日

刺し子のふきん「十字花刺し」

チクチクすること2週間。
ようやく刺し子のふきんが完成しました。
一目刺しのふきんです。
これは十字花刺しという柄。

P1090104(1).JPG

初めに横にただひたすらに刺しまして、
お次に縦にまたまたひたすら刺しまして...、これで十字。

P1090023(1).JPG

お次は斜めに十字の端をつなぐように刺しまして、

P1090032(1).JPG

最後に逆方向からもナナメに刺しますと、

P1090043(1).JPG


こんなカワイイ柄が出きるというワケ。
この柄を考えた昔の人の想像力って本当にすごいです。
刺し子には他にも沢山素敵な柄があるんですよ。
楽しみが続きます。

P1090106(1).JPG

前半は単調で飽きますが、徐々に柄が完成してくるとヤル気が出てきます。
後半は夢中になります。
十字の出来(目)が大切だったと、斜めに刺していく時になって気付きます。
その時にはもう手遅れですが...。(TT)
針目の乱れは置いておいて、達成感はかなり大きかったです。

これは、下絵書きが肝(キモ)ですな。
今回雑な下絵 のため、間隔はバラバラだし針目も揃いませんでした。
きっちり正確に5mm方眼を晒しに書けたなら、完成度も高かろう。

P1090013(1).JPG

今回は「小鳥や」さんの細めの糸を使いました。糸はかなり消費。
おかげで薄手の晒しが、ずっしり、丈夫になりました。
糸の色が違えば印象もかなり違いそうです。
他の柄を一通り刺したら、色違いでまた刺してみるかな...。








posted by マメコ at 10:08| Comment(0) | 刺し子・刺繍・編み物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。